Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『希望の灯り』あらすじネタバレと感想。旧東ドイツで描かれる悲哀と希望

  • Writer :
  • 河合のび

2019年4月5日より公開の映画『希望の灯り』

旧東ドイツにある巨大なスーパーマーケットを舞台に、そこで働く従業員たちの悲哀に満ちた日常と微かな希望を描いた映画『希望の灯り』。

悲しみという苦痛に喘ぎながらも、それでも生きていく人々の姿に励まされるヒューマンドラマです。

映画『希望の灯り』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『希望の灯り』の作品情報


(C)2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH

【日本公開】
2019年(ドイツ映画)

【原題】
In den Gängen

【原作】
クレメンス・マイヤー

【監督】
トーマス・ステューバー

【脚本】
クレメンス・マイヤー、トーマス・ステューバー

【キャスト】
フランツ・ロゴフスキ、ザンドラ・ヒュラー、ペーター・クルト、アンドレアス・レオポルト、ミヒャエル・シュペヒト、ラモナ・クンツェ=リブノウ、ヘニング・ペカー、マティアス・ブレンナー、クレメンス・マイヤー

【作品概要】
旧東ドイツ出身である作家クレメンス・マイヤーが書いた短編小説『通路にて』を、同じく旧東ドイツ出身であるトーマス・ステューバーが映画化。

旧東ドイツにある巨大スーパーを舞台に、そこで働く人々のささやかな日常を描いたヒューマンドラマ映画です。

監督には、中編映画『犬と馬のこと』初長編映画『ヘビー級の恋』に続き、クレメンス・マイヤーとの映画制作は本作で3度目となるトーマス・ステューバー。

脚本には、『おれたちが夢見た頃』『夜と灯りと』などで知られ、多くの文学賞を獲得してきた作家であるクレメンス・マイヤーです。

口下手な主人公クリスティアンを演じたのは、『未来を乗り換えた男』で主演を務め、本作ではその名演によって2018年ドイツ映画賞・主演男優賞を受賞したフランツ・ロゴフスキ。

そして主人公が恋する女性マリアンを演じたのは、『さよなら、トニ・エルドマン』で知られる女優のザンドラ・ヒュラーです。

本作は、第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品されました。

映画『希望の灯り』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH

体のあちこちにタトゥーを入れている口下手な青年クリスティアン。

彼は旧東ドイツのライプツィヒ近郊、周囲には広大な畑地とアウトバーンがある巨大なスーパーマーケットで在庫管理係として働き始めます。

倉庫内における飲料セクションの管理責任者である中年男ブルーノに、仕事のやり方やフォークリフトの乗り方など様々なことを教わりながら、クリスティアンは新たな仕事環境、そして風変わりで、けれど心優しい従業員の人々へと慣れてゆきます。

やがて、彼は飲料セクションと棚越しで隣接するお菓子セクションで働いている、年上の女性マリオンに恋をします。

コーヒーマシーンが置いてある店内の休憩所で、二人はしばしば会うようになり親しくなりますが、異なるセクション、異なる勤務時間のせいでどうしてもすれ違いがちでした。

ある日、クリスティアンはベテラン従業員である中年女性イリーナから、マリオンが既婚者であること、彼女を傷付けないでほしいことを忠告されます。

落ち込むクリスティアンを、同じくその恋心を察していたブルーノは励まします。

ある日の休憩中、クリスティアンはブルーノから、東ドイツ時代のスーパーについて聞かされます。

現在クリスティアンたちが働いているスーパーの建物は、かつて国営のトラック運送会社が経営されていました。

ブルーノをはじめ、店長のルディ、従業員のユルゲンとクラウスは元々その会社でトラック運転手として働いていましたが、ドイツ統一によって会社はなくなってしまい、その後開店したスーパーにそのまま従業員として働き始めたのです。

やがて、クリスマスの季節がやって来ます。クリスマス・イブの営業後、スーパーでは従業員だけのクリスマスパーティーが開かれました。

クリスティアンはマリオンに、スーパーに来る前にやっていた仕事について語ります。

クリスマスの後、二人は勤務時間が変わったことで以前よりも会えなくなり、久しぶりに会っても、マリオンはクリスティアンを突き放します。

そこには、かつてあれ程親しく接してくれていた彼女の面影はありませんでした。そして間もなく、マリオンは仕事に来なくなりました。

以下、『希望の灯り』ネタバレ・結末の記載がございます。『希望の灯り』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH

かつての悪友たちの元に顔を出し、酒を浴びるように飲むクリスティアン。その荒れようは、スーパーでの仕事にも支障を来すようになっていました。

見兼ねたブルーノはクリスティアンに、マリオンの夫は彼女を大切にせず、時には暴力も振るうことを伝えます。

クリスティアンは花束と酒を手に、マリオンの自宅を訪ねます。そこで入浴中のマリオンの姿を目にしたものの、彼女に気付かれてしまいその場を後にします。

ある日の仕事終わり、クリスティアンはブルーノの自宅に呼ばれます。彼は、かつて少年刑務所に服役していた過去をブルーノに告白します。

一方ブルーノは、ドイツが統一される前の東ドイツ時代、彼曰く「楽しい時代」への郷愁を語りつつも、クリスティアンに「お前はいい奴だ」「皆もそう思っている」と励まします。

その後、マリオンは仕事に復帰し、以前のような明るさを取り戻しました。そしてクリスティアンとも、以前のような親しい関係へと回復しつつありました。

ところが、ある事件が起こります。ブルーノが自殺したのです。

休憩所でベテランの従業員たちが彼の死について語る中、マリオンは涙を流しながらその場を立ち去りました。

ブルーノに代わって飲料セクションの担当責任者となったクリスティアンは、すでに一人前の従業員となっていました。

マリオンはブルーノから教わった、フォークリフトを操作することで発生する波のような音をクリスティアンに教えます。

ブルーノが教えてくれた波の音を、二人はずっと聴き続けていました。

スポンサーリンク

映画『希望の灯り』の感想と評価


(C)2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH

人間は多くの、それも複雑な感情を持ち合わせています。その中でも、人間が生涯で最も抱くこの多い感情こそが「悲しみ」なのではないでしょうか。

その理由は、「生きる」という行為そのものが、すなわち「何かを失う」という現象に通じているためです。

本作の背景として描かれているドイツ統一によって、それまで東西に隔てられていたドイツの人々は再会することができました。

しかしその一方で、東ドイツという時代、ブルーノにとっての「楽しい時代」は失われました。

そしてブルーノやベテラン従業員たちのように、その喪失によって心が傷付けられてしまった人々が存在するのです。

主人公クリスティアンやマリオンもまた、何かを失ってしまった過去を引きずりながらも現在を生きています。

本作に登場する人々は悲しみを知っているからこそ、他者に対しても優しく、けれども立ち入り過ぎないように接します

その接し方は、マリオンに立ち入り過ぎてしまったクリスティアンのように、ある意味では正しく、誰にも何も伝えることなく自殺してしまったブルーノのように、ある意味では誤ったものであることを、本作は物語を通して提示しています。

喪失した過去と、喪失への悲哀。そして自己の悲哀、他者の悲哀とどう接してゆくのか

人間にとって余りにも普遍的なテーマを、映画『希望の灯り』は優しく、丁寧に描いているのです。

まとめ


(C)2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH

映画『希望の灯り』には、否定しようがない程に、あらゆる悲しみに満ちています。

しかしながら、その悲しみに苛まれながらも、主人公をはじめとする登場人物たちはスーパーでの仕事を通して、悲しみに耐え忍びます

そして、遺されたものと小さな幸福に励まされながら、懸命に生き続けるのです

人生における喪失の悲哀と共に生き続ける人々の姿を真摯に描いた映画『希望の灯り』を、ぜひご鑑賞ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画ボストン ストロング|あらすじと感想。実話キャストにジェイクの演技力は

実話映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。 2013年、実際に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。その被害に …

ヒューマンドラマ映画

映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」より新春2022年のご挨拶!編集長の河合のびです

謹賀新年2022年 新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞ、日本映画、洋画、アジア映画、インディーズ映画などのお供に、 「Cinemarche」をご贔屓いただけましたら幸いです。 編集部と …

ヒューマンドラマ映画

向井理映画『いつまた君と』キャストとあらすじ!舞台挨拶や試写会は?

俳優・向井理さんの実の祖母の手記を映画化! 戦中・戦後の激動の時代を生き抜いた全ての家族の物語『いつまた、君と 何日君再来』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『いつまた、君と 何 …

ヒューマンドラマ映画

『このまちで暮らせば』あらすじ感想レビュー。“ご当地映画”の傾向と特色を紐解き解説!

高橋秀綱監督作品『このまちで暮らせば』 最近、映画の中で土地柄を強く前に出した映画が多い。 フィルムコミッションが定着したこともあるが、下手な宣伝キャンペーンより映画のスクリーンに街並みを写しこむこと …

ヒューマンドラマ映画

映画『おろかもの』キャスト。南久松真奈は担任教師・吉岡秀子を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学