Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/11/24
Update

映画『ライフ・イット・セルフ』ネタバレあらすじと感想。ダンフォーゲルマン監督の緻密な構成は観客の心へと力技で迫る

  • Writer :
  • 西川ちょり

立ち上がって前に進めば愛をみつけられる

大ヒットTVドラマシリーズ「THIS IS US/ディス・イズ・アス」のダン・フォーゲルマンが脚本・監督を手掛けた『ライフ・イット・セルフ 未来に続く物語』が2019年11月22日より日本公開されました。

ニューヨークとスペインを舞台に、人々を翻弄する人生の過酷さを描きながら、それでも前に進めば愛を見つけられると謳い上げる感動のヒューマンドラマ。

「スター・ウォーズ」シリーズのオスカー・アイザック、『her 世界でひとつの彼女』のオリビア・ワイルド、『ペインアンドグローリー』のアントニオ・バンデラス、『20センチュリー・ウーマン』のアネット・ベニングが共演で、ある1つの事故をきっかけに翻弄されていく2つの家族の様を描いています。

スポンサーリンク

映画『ライフ・イット・セルフ 未来に続く物語』の作品情報


(C)2018 FULL CIRCLE PRODUCTIONS, LLC, NOSTROMO PICTURES, S.L. and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2019年公開(アメリカ映画)

【原題】
Life itself

【監督】
ダン・フォーゲルマン

【キャスト】
オスカー・アイザック、オリヴィア・ワイルド、マンディ・パティンキン、オリヴィア・クック、ライア・コスタ、アネット・ベニング、アントニオ・バンデラス

【作品概要】
テレビドラマシリーズ「THIS IS US/ディス・イズ・アス」(2016~2019)の企画・脚本・製作総指揮を手掛けたダン・フォーゲルマンが脚本・監督を務めたヒューマンドラマ。

ニューヨークとアンダルシアを舞台に2組の家族の運命が交錯し、空間、時間を越えてつながる壮大な物語で、ボブ・ディランの曲が大きなモチーフになっています。

映画『ライフ・イット・セルフ 未来に続く物語』あらすじとネタバレ


(C)2018 FULL CIRCLE PRODUCTIONS, LLC, NOSTROMO PICTURES, S.L. and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED.

【第一章 ヒーロー】
学生時代に出会い、大恋愛の末に結ばれたウイリーとアビーは、第一子の誕生を間近にし、幸福の絶頂にいました。

アビーはボブ・ディランが1997年に発表したアルバム「タイム・アウト・オブ・マイン」について熱く語り、そんなアビーをウイリーは満面の笑みを浮かべて愛しそうに見つめていました。

しかし今、ウイルはやつれ果て、セラビストのドクター・モリスに定期的にセラピーを受けているのです。

その日はいつになくアビーの話をたくさんしたウイル。幼い頃に両親を交通事故で亡くして、たちの悪い叔父に引き取られたこと、虐待を受けて育ったがある日銃を手に入れ叔父の両膝を撃ったこと、猛勉強して大学に入りそこでウィルという友人を得たこと、「信頼できない語り手」について書くと卒論のテーマを興奮した調子で報告に来た時のことなどを。

「今日は随分アビーのことを話してくれたわ。これはいい兆候よ」とドクター・モリスは言い、ウイルをみつめました。

ウイルは長い間入院しており、セラピーを受けることを義務付けられていました。実はアビーをウイルの両親に紹介し、一緒に食事をした帰り、話に夢中になっていたアビーは道路に飛び出しバスに轢かれて亡くなってしまったのです。

お腹のあかちゃんは奇跡的に助かったのですが、アビーを失ったという現実を受け止められないウイルは、その子にも頑なに会おうとしませんでした。

そして彼はドクター・モリスの目の前で拳銃自殺してしまいます。

【第二章 ディラン・デンプシー】

(C)2018 FULL CIRCLE PRODUCTIONS, LLC, NOSTROMO PICTURES, S.L. and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED.

奇跡的に生まれてきたウイルとアビーの娘は、ディランと名付けられ、ウイルの両親に育てられました。

6歳のときに祖母が亡くなり、7歳のときに大切な友だち(愛犬)を失います。祖父が一人で育て上げ、ディランはその日21歳になりました。

ロック少女に成長した彼女はバンドを組んでライブハウスで歌っていました。

ライブ終了後、ディランは自身を盗撮した女の携帯を奪ってたたきつけ、弁償しろとせまる女にパンチを食らわしました。

誕生日の夜、彼女はひとり、街のバス停の椅子に座っていました。

【第三章 ゴンザレス一家】
スペイン・アンダルシアのオリーブ農園で働くハビエル・ゴンザレスは、実直な働き者です。雇い主のサチオーネは、他の者が熊手で収獲しているのにひとり丁寧に素手で収穫し、2倍働く彼の勤勉さを認め、彼を畑の作業長に抜擢しました。

彼にはレストランで働いているイザベルという恋人がいました。昇給したハビエルは「君を養える」と彼女に求婚します。

息子のロドリゴをさずかり、幸せに暮らす3人でしたが、ハビエルが仕事で出ている時を見計らい、度々サチオーネが家を訪れるようになりました。

ロドリゴは彼にすっかりなつき、地球儀をお土産にもらって大喜びです。

サチオーネの父親は、大金持ちでしたが、妻や息子に冷たくあたり、サチオーネが16歳のときに母親がなくなると、彼をあっさり見捨てたのでした。そんな父が急逝し、莫大な財産がサチオーネに残されました。父はまさか自分が死ぬとは思わず遺書も何も残していなかったのです。

複雑な生い立ちのため、孤独に生きてきたサチオーネはゴンザレス家の暖かさとイザベルの優しさに惹かれたのでした。

しかし、いつもより早く帰ってきたハビエルは彼に地球儀を返し、家に来るなと追い返します。

サチオーネからアメリカ・ニューヨークの話をたっぷり聞かされていたロドリゴは、サチオーネとニューヨークに行きたいと言い出します。

ハビエルは家族でニューヨークに旅行することにしました。セントラルパークやタイムズスクエアなどを訪れた彼らは興奮した面持ちでバスに乗っていました。

ロドリゴはバスの前の方に行きたがり、乗客にかわいらしく挨拶をしながら父とともに移動してきました。

運転手が愛らしいロドリゴに一瞬気をとられた時、バスは女性を轢いてしまいます。お腹の大きな女性が倒れて血を流しており、男性が取りすがっていました。ロドリゴはその様子を全てフロントガラス越しに見てしまいました。

ロドリゴはそれから何年も苦しむこととなります。

ロドリゴの状態は次第にひどくなっていき、心配したイザベルは専門医にみせようと夫に相談します。ハビエルは金がかかると応えますが、2人はサチオーネに治療費を出してくれるよう頼むことにしました。

原因はやはり事故のトラウマでした。しかし、時間をかければ必ず治りますと医師は話してくれました。

治療のおかげで次第に元気を取り戻すロドリゴ。ハビエルは何もできない自分にいらつき、妻の制止も振り切り、家を出ていってしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ライフ・イット・セルフ 未来に続く物語』ネタバレ・結末の記載がございます。『ライフ・イット・セルフ 未来に続く物語』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

【第4章 ロドリゴ・ゴンザレス】
母の愛とサチオーネの支援のおかげでロドリゴはすくすくと成長し、ある日ニューヨーク大学から合格通知を受け取ります。

しかし、母の体調が悪いことを知り、彼は入学を延期することにしました。母は重い病気を患っていて、様々な治療を受けましたが、一向に回復しません。

母はロドリゴを呼びました。「もう十分、支えてくれた」そう伝えると、彼を大学に送り出すのでした。

ニューヨーク大学に入学したロドリゴはスポーツに勉学にと目標を達成し続け、年上の彼女もできました。

ある日、彼女から妊娠したと聞かされ、呆然とします。ところが、それはエイプリルフールのジョークでした。種明かしされてもエイプリルフールというもの自体を知らない彼は呆然としたままです。うそだと悟った時にはもう彼は彼女と分かれる決心をしていました。

その頃、ハビエルはサチオーネからイザベルはもう長くないという手紙を受け取っていました。彼は出ていく際、サチオーネに二人を託し、近況を手紙で伝えてくれと頼んでいたのです。

ハビエルは病室を訪ね、イザベルと久しぶりの再会を果たしました。二人の男に見守られてイザベルは息を引き取りました。

まもなくロドリゴも悲しい知らせを受け取りました。

誕生日の夜、母アビーに思いを馳せていたディランはベンチで一人泣いていました。

ジョギングで通りかかったロドリゴは心配して彼女に声をかけました。「大丈夫?」

以来、2人は数十年、離れることなくずっと共にいることとなります。

【第五章 エレーナ・デンプシー・ゴンザレス】
ロドリゴとディランの間に生まれた娘エレーナ・デンプシー・ゴンザレスは、作家となり自著である自伝的作品『人生そのもの』を書店のイベントで朗読していました。

父ロドリゴが最後に母から聞かされた言葉の部分を彼女は読み上げました。

「よく聞いて。私達は人生の荒波を乗り越えてきた。これからもそう。それが人生、“生きる”ってことよ。想像以上に過酷な試練。それに立ち向かい、前に進めば愛をみつけられる。私の人生、物語は、私が消えても続いていく。あなたと共に」

スポンサーリンク

映画『ライフ・イット・セルフ 未来に続く物語』の感想と評価


(C)2018 FULL CIRCLE PRODUCTIONS, LLC, NOSTROMO PICTURES, S.L. and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED.

冒頭、「信頼できない語り手」という概念を、実際に映像としてたたみかけてくるダン・フォーゲルマンの容易ならざる語り口にすっかり驚かされます

と同時に、彼が企画・脚本・製作総指揮を担当した大ヒットテレビドラマシリーズ「THIS IS US/ディス・イズ・アス」(日本ではNHKで放映)の特に第一話のラストを思い出し、いかにも彼らしいと納得した方も少なくないでしょう

ある意味トリッキーでエキセントリックな表現方法でもありますが、それはまた作家として“物語を語る”ことへの真摯な態度だともいえます。

物語を語ること、主人公を設けること、人々の人生を想像し作り上げ奈落の底に落としたり、あるいは幸せの絶頂に置くこと、そうしたものを書く、描く、作り上げることの意味を問うたメタフィクション的な一面を持った作品でもあるのです。

「THIS IS US/ディス・イズ・アス」でダン・フォーゲルマンは、第一話を成功させるために、決してネタバレをしてはいけないとマスコミに釘をさしたそうですが、本作に関しては、そういうことはなく、物語の展開はだいたい想像のつくものとなっています。

それでも、時間や国境を越えて、二組の家族が交錯し、結びついていく展開は圧巻で、5章に分かれたストーリーの構成の見事さ、旨さにうならされることになります。

これでもか、というほどの過酷な試練を与えられる人々。その描写は時にサディスティックでさえありますが、人生のもうひとつの局面である“愛”が描かれる時、エモーショナルに心をうち震わさずにはいられません。“緻密な構成とともに恐ろしいほどの力技を持って、映画は観るものの心へ、心へと侵入してくるのです。

まとめ


(C)2018 FULL CIRCLE PRODUCTIONS, LLC, NOSTROMO PICTURES, S.L. and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED.

オリヴィア・ワイルドが演じたアビーは「信頼できない語り手」をテーマにした卒論を書きますが、教師からは低評価を受けます。

また、オリヴィア・クック演じるところのディランとアレックス・モネールが演じたロドリゴが出会うちょっと前のシーンで、アビーが好んだボブ・ディランの「メイク・ユー・フィール・マイ・ラブ」が、当時、批評家から一般大衆向けでアルバムに不似合いだと酷評されたという事実を説明するナレーションが入ります。

そしてこの『ライフ・イット・セルフ 未来に続く物語』は、アメリカ公開時、批評家からは酷評を受けました。

しかし、アビーの論文をオスカー・アイザック演じる夫が愛したように、「メイク・ユー・フィール・マイ・ラブ」を今でも多くの人が愛しているように、ダン・フォーゲルマンの『ライフ・イット・セルフ 未来に続く物語』は一般の観客から圧倒的な支持を得たのです。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『グラン・トリノ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

孤独な老人と人生に迷う少年。2人の出会いが生んだ感動の物語。 クリント・イーストウッドの最高到達点『グラン・トリノ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『グラン・トリノ』の作品情報 …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『ありふれた悪事』あらすじと感想レビュー【ソン・ヒョンジュ】

1987年―韓国激動の時代―、一人の平凡な刑事が、大統領直属の情報機関による陰謀に巻き込まれていく衝撃作『ありふれた悪事』をご紹介します。 モスクワ国際映画祭で、主演男優賞と最優秀アジア映画賞の二冠を …

ヒューマンドラマ映画

パッドマン5億人の女性を救った男|ネタバレ感想と内容解説。インド女性の悩みに立ち向かった男の実話!

映画『パッドマン5億人の女性を救った男』は、2018年12月7日(金)よりTOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー! 2000年代のインドで、衛生的でかつ安価な生理用品の開発・普及に奔走した男 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・サークル』あらすじネタバレとラスト考察。原作との違いは

デイヴ・エガーズの原作を新鋭ジェームズ・ポンソルトが映画化。SNSを題材にしたサスペンススリラー『ザ・サークル』をご紹介します。 エマ・ワトソン、トム・ハンクスらがこれ以上ないはまり役で熱演。誰もが落 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブギーナイツ』ネタバレ感想とあらすじ。ポルノ産業の裏側解説と共に人々の心の葛藤を描く

バート・レイノルズが復活を遂げた映画 80年代以降低迷の時期を迎え、かつての大スターの凋落を揶揄するように、ラズベリー賞のノミネートと受賞を繰り返していたバート・レイノルズ。 その彼が再評価されるきっ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP