Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/07/28
Update

映画『サバハ』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。殺人事件の真相を暴く牧師が新興宗教の裏を追う!

  • Writer :
  • 鈴木めい

殺人事件の真相を暴く牧師の奮闘記『サバハ』!

韓国映画『サバハ』は、キリスト教から仏教まで古典的かつ広義な宗教構造を要素に含むオカルト・ミステリー。

ある新興宗教の設立経緯とその背景、そして関連する殺人事件の真相を暴こうとする、一人の牧師の執念と奮闘記を描いています。

主演は「神と共に」シリーズや『暗殺』で知られるイ・ジョンジェ。また『それだけが、僕の世界』『スタートアップ!』のパク・ジョンミンが共演するほか、日本からは田中泯が出演しています。

脚本・監督は人知を超えた悪霊や悪魔の存在をリアルに描く才能を持つチャン・ジェヒョン。『プリースト 悪魔を葬る者』の監督でもあります。

映画『サバハ』の作品情報


Netflix『サバハ』

【公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
SVAHA:THE SIXTH FINGER

【脚本・監督】
チャン・ジェヒョン

【キャスト】
イ・ジョンジェ、パク・ジョンミン、イ・ジェイン、ユ・ジテ、チョン・ジニョン、イ・ダウイ

【作品概要】
宗教問題研究所の所長である主人公の牧師が、いわくありげな新興宗教「鹿野苑」を調べるうちに発覚する女児大量虐殺事件。幅広い宗教要素を織り交ぜて描かれる、人間が抱く恐れや自責、防衛といった利己的な心理を複雑に捉えた宗教オカルト・ミステリー映画です。

「神と共に」シリーズや『暗殺』(2015)のイ・ジョンジェが主役の牧師役を熱演し、新興宗教内における四天王の一人チョン・ハナン役を『それだけが、僕の世界』(2018)『スタートアップ!』(2019)パク・ジョンミンが演じています。

監督・脚本は『プリースト 悪魔を葬る者』(2015)のチャン・ジェヒョン監督。「畏れ」に対して人が抱く不安や心理を丁寧に描いています。

映画『サバハ』のあらすじとネタバレ


Netflix『サバハ』

1999年。双子の女児の赤ん坊が寧越に生まれます。

双子の姉クゴは生まれ出た際に、容姿も醜いことから名もつけられることなく“それ(クゴ)”と呼ばれ、医師からも「長くは生き長らえないだろう」と判断されます。また妹グムファは、母親の胎内にいた時に足をクゴに噛まれていました。

“悪鬼”として生まれたクゴの様相に父親は自死を遂げ、母親も出産から一週間後には死去してしまいます。

2014年。医師の判断とは裏腹に、双子の赤ん坊は成長しともに生き続けていました。

グムファは足に傷跡を残しつつも祖父母と暮らしていましたが、“悪鬼”扱いのクゴは犬小屋が立ち並ぶ庭の奥の掘っ立て小屋で、獣同然に育てられていました。

祖父母は村人たちにクゴの存在を知られないように隠していましたが、夜にはクゴの赤ん坊のような鳴き声が聞こえていました。

その頃、パク・ウンジェ牧師は「宗教問題研究所」を立ち上げ、宗教の自由が認められている韓国において、怪しげな新興宗教の不正を白日のもとに晒すことを生業としていました。

ある日、ウンジェは鹿の絵をロゴマークに置く新興宗教「鹿野苑」の存在を知り、捜査を始めます。そして自身の弟子ヨセフを入信者として道場へと潜入させ、「鹿野苑」の怪しい点がないかどうかを調べさせていました。

やがて、「鹿野苑」は教祖を「将軍」と呼び、仏の守護神にして東西南北を治世する“四天王”(広目天・持国天・増長様天・多聞天)を崇める宗教であること、各拠点の道場はそれが建つ“方角”に対応して四天王を崇めていると判明。

元々は“悪鬼”である四天王を崇める宗教は珍しく、ウンジェは興味を掻き立てられます。

一方、陸橋で車両事故が発生。その際に警察は、トラックが衝突したことで一部が崩れた橋脚のコンクリート内から、女子中学生のミイラ化した遺体を発見しました。

女子中学生のミイラ死体事件を担当する刑事のファン班長は、容疑者として「鹿野苑」において“持国天”と呼ばれる男キム・チョルジンに目をつけます。しかし逮捕に向け動き出した直後、チョルジンは首吊り自殺を遂げてしまいました。

一方、ファン班長による「鹿野苑」の道場への捜査に偶然居合わせていたウンジェは、「鹿野苑」と殺人事件の関係性を知ったことで捜査を続行。チョルジンについても警察の知人を通じて調べ、彼が少年刑務所に入っていたことを知ります。

また宗教の構成要素を“教祖・信者・経典”と信じる彼は、「鹿野苑」の経典の存在に目をつけます。もし経典が不認可のものであった場合、韓国仏教会を通じて圧力をかけることが可能になるからです。

夜、ウンジェはヨセフとともに江原道の道場へと不法侵入。道場内を調べていくうちに、“持国天”の経典を見つけ出します。

経典を調べてみると、その大半は初期仏教の内容を編集したものである一方で、“降魔経”の側面も持ち、“蛇”を殺すことで“獣=悪鬼”が仏を守る神となる四天王の姿も記されていることが分かります。

また「鹿野苑」の信仰内容の起源が、キム・ジェソクという教祖が広めた「東方教」であることも知ったウンジェ。

“本物”であったと語り継がれているジェソク。一方でウンジェが調べてみると、ジェソクはかつて少年刑務所を支援していたこと、彼は刑務所から“父親を殺害した4人の青年”を養子に迎えていたこと、その養子の一人が例のチョルジンであったことが判明します。

また「鹿野苑」の経典を調べ直すと、“降魔経”にはジェソクの4人の養子の出身地・氏名と対応した人物の名が記されていることも判明。

そして仏画に描かれた“後光”から、4人のうちチョルジンを含む3人はすでに“入滅”していること、唯一“広目天”を担う者チョン・ナハンだけが生き残っていることも推理しました。

以下、『サバハ』ネタバレ・結末の記載がございます。『サバハ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


Netflix『サバハ』

一方ナハンは、グムファの自宅を突き止め、彼女を殺害しようとしました。しかし偶然が重なってナハンは殺害に失敗したばかりか、同じく偶然クゴの異貌も目にした彼は、あまりの恐ろしさにその場から逃げ出しました。

その後、ナハンの居所を見つけ出したウンジェは、ジェソクの邸宅に向かったナハンを尾行。邸宅内への潜入を試みたものの空振りに終わり、ナハンに捜査資料も奪われてしまうという結果に終わりました。

また、1985年にジェソクが会ったチベットの高僧ネチュンテンパが現在来韓中と知ったウンジェは、ジュソクに関する情報を得るためにネチュンテンパへ会いに行きます。

「ジェソクは弥勒菩薩であり、悪と戦う善の化身であり、その証として手の指が12本あった」「彼は不死身であり、1899年生まれだが2014年現在も存命である」と語るネチュンテンパ。

またネチュンテンパは、1985年にジェソクへ神託を伝えたこと、それは「ジェソクが生まれた100年後にあたる1999年、自身の天敵となる“蛇”が生まれ、その天敵が血を流した時にジェソクは亡くなる」というものであったと明かしました。

奇しくもその日はクリスマス。ウンジェはふと「この世に新たな王(イエス・キリスト)が生まれた」という神託を知ったヘロデ王が、ベツレヘム中の幼い男児を殺害したという『マタイによる福音書』の一節を思い出します。

そして、これまで“四天王”が起こしてきた殺人事件はどれも「1999年にジェソクの故郷・寧越で生まれた女児」を標的としていること、神託を恐れたジェソクは殺害対象の女児たちを“蛇”と信じ、例の経典を通じて“四天王”に殺害を指示していたことを推理しました。

ウンジェはファン班長に連絡し、自身の捜査結果と推理を共有。ジェソクが“四天王”こと養子たちを通じて、10年以上にわたって該当する女児たちを殺し続けていることを伝えます。

また経典に書かれていた謎の番号も、すべてが「1999年に寧越で生まれた女児」に該当する81人全員の住民登録番号であったことも判明します。

その頃、ナハンは「1999年に寧越で生まれた女児」の一人であるグムファを拉致・殺害しようとしていましたが、グムファから“悪鬼”として生まれ落ち、それ故に平穏な来世に至ってほしいと感じていた双子の姉クゴの存在を聞かされ、先にクゴを殺害するために家へ向かいます。

しかしナハンが掘っ建て小屋で目にしたのは、“悪鬼”ではなく“菩薩”の姿をしたクゴでした。

自身の母がかつて歌ってくれた子守唄を聞かされ、クゴが“本物”だと確信したナハン。対してクゴは彼に、養父にあたる人間が“印”である12本の手の指を持つかを確認し、その“印”を持っている真の“蛇”を殺すように導きます。

疑念を何とかして晴らしたいナハンは、生命維持装置によって辛うじて生き長らえている養父ジェソクの元へ。そしてジェソクの手の指を確認しますが、そこに“印”はありませんでした。

ナハンはジェソクの弟子を長年務め、近年は彼の介護を担っていたドンスにクゴから聞かされたことを明かしますが、ドンスは“蛇”の甘言に騙されたのだと答えます。

しかしドンスは「見せたいものがある」とナハンを象のいる納屋へと連れ出すと、象ともども彼を猟銃で撃ちました。

その頃ウンジェも、ジェソクの元に駆けつけていました。しかしベッドに弱々しく横たわる老人はジェソク本人とも、宗教の在り方に疑念を抱くウンジェが探し続けている“本物”とも思えませんでした。

やがて戻ってきたドンスは、ジェソクを殺害。その光景を目撃したウンジェは負傷したナハンを抱えてヨセフと合流すると、ドンスを追いました。

ドンスに追いついたウンジェは、「キム・ジェソク」と呼びかけます。ドンスこそが、“本物”の「東方教」の教祖ジェソクだったのです。

その場を車で去ったジェソクでしたが、後部座席にはナハンが潜んでいました。

不死身のみならず不老の肉体を手に入れ、1985年以降も外見が変わることのなかったジェソクは、“四天王”が養父と信じていた人間も自身の信者に過ぎなかったことを明かします。

不老不死となったが故に誰よりも生に執着したジェソクの身勝手な目的によって、何の罪もない女児たちの命を殺めてしまったと改めて実感したナハンは、ジェソクの首をシートベルトで絞め上げます。

車は横転し大破。それでも死ぬことのなかったジェソクに対して、瀕死のナハンはクゴの導き通り、ガソリンで濡れたジェソクの体にライターで火を点けます。

全身を覆う火に悶え苦しみながら、“永遠の灯火”とは程遠い末期を遂げたジェソク。一方で使命を果たし終えたクゴも、無事に逃げ出せた妹グムファに抱かれながら亡くなりました。

“本物”であったはずなのに“蛇”へと堕ちてしまったジェソク、そして“蛇”によって数多の罪業を犯しながらも、最後には菩薩に導かれ“蛇”を打ち倒せたナハンを見届けたウンジェ。

雪の降る聖夜を車で走りながら、ウンジェは“顔を覆い、人々の前に姿を現そうとしない神”に心から問いを投げかけ続けました……。

映画『サバハ』の感想と評価


Netflix『サバハ』

本作で描かれる新興宗教「鹿野苑」では、教祖の周りに存在する四天王がキーパーソンとして描かれます。

教祖が父親のようにふるまい保護することで、少年院にいた4人の青年たちを自分の意のままに育て操っていた事実。

教祖に救われたが故に従う四天王の一人、チョン・ナハンも心寂しい存在であり、彼の心の根底にあるのは売春婦であった母親からの愛への飢えと承認欲求だったのです。

しかし、いくら経典を信じ実行していても、自分が殺めた子供たちの亡霊に自責の念から逃れることはできませんでした。

ナハンもまた弱く保護されるに然るべき存在として描かれる、母親の膝枕に甘えるシーンでは、母親が歌う子守歌の調べに哀しみが漂います。

宗教色の強い内容もあいまって、音響効果の素晴らしさが際立つ印象の本作。実際、第40回青龍映画賞では音楽賞を受賞しています。

祈りのオームの音色や、子守歌の調べが映像美とともに耳に残り、余韻をもたらします。また劇中で何度も同じメロディが強弱やアレンジ違いで多用されているのもとても印象的です。

「教祖」であるキム・ジェソクは、チベットの高僧ネチュンテンパから自身の運命にまつわる神託を聞かされていました。その実現を阻止するために陰で人を操り、多くの女児を殺害していたのです。

自分の身を守るためだけに何の罪もない子供たちを殺し続けてきた人生を思うとき、人は既にわかり得た未来へと生きていくことが怖い生き物なのかもしれないと考えさせられます。

大事なものは目に見えない、明日がわからないからこそ人生には希望がある、ふとそう思わせる映画のラストでした。

まとめ


Netflix『サバハ』

本作が取り上げるのは、一個人の預言の実現を阻止するためだけにできあがった経典と、それに基づく残忍な事件。

そしてそれらは、執念な捜査を行ったパク・ウンジェ牧師のような努力がなければ、新興宗教という隠れ蓑によって発見されることはありませんでした。

実際の現実に預言の実現があるか否かはわかりませんが、ネチュンテンパが「この世のすべてはつながっている」と語ったように、仏教の教えに基づくのであれば、全てのものごとは因果応報であるということを示唆した作品であるように思えます。彼を演じた田中泯も、凄まじいオーラを纏って演じています。  

また作中では、日本のオウム真理教についても言及がありますが、オウムも元々はヨガ団体であったものがやがて新興宗教団体となり、多くの曲解に満ちた終末思想へと辿り着き、その果てに多くの命を奪ったことで知られています。

新興宗教が持つ危うさを本作では警告するとともに、教祖の存在とその一人の人間が抱える利己的な欲求や不安の解消のためだけに、活用されてしまう教え(経典)の怖さについても視聴者に理解を投げかけています。

現在の世の中では、永遠の命はありません。そして、明日という未来に起こることを完全に把握している人もいないでしょう。

限りある命であり、未知なる明日であるからこそ、見えないものを信じ、今日という日を大事にし命を大事にできる、そんな基本的なことを複雑な要素の中にも逆説的に訴えている作品となっています。

宗教色が前面に押し出される分、好みは分かれる内容かもしれませんが、作品としては素晴らしい出来となっています。

仏教やキリスト教に造詣の深い人であれば、一つ一つのシーンが示唆するものやオマージュされているエピソードを拾える楽しみもあるかと思います。

また、韓国の宗教についての背景や考えを理解できる作品ですし、ミステリーとしてもお楽しみいただけます。是非、ご覧下さい。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ベル・カント』ネタバレ感想と評価。渡辺謙×加瀬亮らは原作小説とテロ事件が生んだ“絆”に向き合う

映画『ベルカント とらわれのアリア』は2019年11月15日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー公開! 2001年に出版され、PEN/フォークナー賞とオレンジ賞(現在のベイリーズ賞) …

ヒューマンドラマ映画

映画『ホテルローヤル』あらすじと感想解説。キャスト波瑠の可愛らしさが原作者の桜木紫乃の世界観を活かす

映画『ホテルローヤル』は11月13日全国順次ロードショー 映画『ホテルローヤル』は、発行部数90万冊の桜木紫乃の直木賞受賞小説『ホテルローヤル』を映画化したヒューマンドラマです。 監督を務めたのは、安 …

ヒューマンドラマ映画

映画『東京物語』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【小津安二郎の最高傑作】

山田洋次監督の最新作『家族はつらいよ2』は、現在2017年5月公開にむけて好調撮影中。 その第1作目となる、『家族はつらいよ』は、1953年公開の『東京物語』のリメイク版なのはご存知でしょうか? 映画 …

ヒューマンドラマ映画

実写映画『蜜蜂と遠雷』あらすじネタバレと感想。キャストの松岡茉優×松坂桃李らが若きピアニストとなって音楽と向き合う

映画『蜜蜂と遠雷』は2019年10月4日(金)より全国ロードショー公開 恩田陸のベストセラー小説を『愚行録』などで知られる石川慶監督が映画化。 松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士、斉藤由貴、鹿賀 …

ヒューマンドラマ映画

『バカ塗りの娘』あらすじ感想と評価解説。堀田真由が青森の伝統工芸《津軽塗》の美に魅せられた漆器職人を演じる

映画『バカ塗りの娘』は2023年9月1日(金)より全国公開 塗っては研いでを繰り返す青森の伝統工芸・津軽塗を題材に、不器用な女性が津軽塗職人の父との暮らしの中で自身の進む道を見いだしていく姿を描く『バ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学