Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ラサへの歩き方 〜祈りの2400㎞』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

新年の挨拶に初詣は行かれましたか?今回ご紹介する『ラサへの歩き方〜祈りの2400㎞』は、五体投地(ごたいとうち)という、巡礼の姿を描いた作品。

チベット民の巡礼の祈り姿は、あまりに途方もないロード・ムービー、きっと、あなたの心を揺さぶるはずです!

 

スポンサーリンク

映画『ラサへの歩き方 〜祈りの2400㎞』の作品情報

ラサへの歩き方 〜祈りの2400㎞
『ラサへの歩き方~祈りの2400km』

【公開】
2016年(中国映画)

【脚本・監督】
チャン・ヤン

【キャスト】
ヤンペル、ニマ、ツェワン、ツェリン、セパ

【作品概要】
チベットの小さな田舎村から、聖地ラサとカイラス山へ向かう2400キロの巡礼の旅を、実在のチベット民の出演で描いたロードムービー。

監督は、『こころの湯』『胡同のひまわり』のチャン・ヤン監督です。

映画『ラサへの歩き方 〜祈りの2400㎞』のあらすじとネタバレ

ラサへの歩き方 祈りの2400km
『ラサへの歩き方~祈りの2400km』

親族の葬儀を終えたヤンペルは、死ぬ前に聖地ラサへ行きたいと家族に話します。

それを聞いた老人や子ども、妊婦を含む村人の3つ家族が同行することが決まりました。

広大な自然の中どこまでも続く一本道、巡礼する家族たちの荷物を積んだトラクター。

その運転手を除いた全員が、「五体投地(ごたいとうち)巡礼」の出発するのです。

腹部を保護する厚手のエプロンと、手を板で保護した巡礼の姿の彼らは、日中は祈りを繰り返して歩き、夜は道端にテントを張って眠りにつきます。

老若男女、同じように祈りの歩調を合わせ、誰のことも急かしたりすることはありません。

祈りの道中に、車に乗った見ず知らずの中年男から、五体投地の約束事に口うるさく指導する者がいても、その言葉の通りに、やり直すことも大切な巡礼の禊です。

その後、大切な荷物を乗せたトラクターが、事故にあい壊れてしまいます…。

以下、『ラサへの歩き方 〜祈りの2400㎞』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラサへの歩き方 〜祈りの2400㎞』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

すると、今度は、ヤンペルたちが荷車を引きますが、その際に歩いた道を後戻りして、また、五体投地を行うのです。

決してズルはしない、彼らの正直な生き方こそが祈りそのものです。

やがて、念願の聖地ラサに到着。他に訪れた巡礼者たちも、ヤンペルたち同様に苦行の巡礼を成し遂げてきたのでしょう。

さらに、ヤンペルたち一行は、西方にある聖山カイラス山に向かう、ただただ、祈りの姿のみがそこにあるのです。

スポンサーリンク

映画『ラサへの歩き方 〜祈りの2400㎞』の感想と評価

ラサへの歩き方 祈りの2400km
『ラサへの歩き方~祈りの2400km』

チベットの山奥にある小さな村で生活する3つの家族。彼らが聖地ラサと、聖山カイラスの巡礼に向かう様子を描いた作品です。

しかし、2400キロメートルもの距離を、ただ歩くのではありません。

「五体投地」という、合掌して、両手、両膝、額の五体を大地に投げ出して、うつ伏せになり、その後に立ち上がるという動作を繰り返した祈りを捧げて歩くのです。

他者への祈りを捧げる期間は、約1年。この作品は、途方もない巡礼を見せてくれます。

また、登場する巡礼者は、同じ村に住む11人の老若男女たち。実在する村人が本人役を演じており、家族構成やその背景など全て事実に基づいています。

チャン・ヤン監督は、あえて、フィクション映画でありながら、ドキュメンタリーの記録のような斬新な手法で描いた点が見どころ。

カメラは、常に登場人物を客観視することを意識において撮影を行い、決して感情に踏み込見ません。

劇映画にありがちな、登場人物の喜怒哀楽や、主人公の成長の姿といった、劇的なカタルシスを排除して、観客に、シンプルに祈りの姿を見せることで、強く人生とは何かを問いかけています

まとめ

この作品は、政治的な主義主張は描かれません。

しかし、「五体投地の巡礼」という、日常の風景が静かに淡々と描かれることで、少数民族の持つチベット精神へ敬意に圧倒されます。

そのことが、少数民族の弾圧を行う政権に対する強いメッセージだと見る事もできる作品。

映画というメディアの検閲に厳しい中国。例えば、映画は、電気がないと上映できず、観られないメディア。

聞くところによると、“政府を批判する映画(自主制作)”を上映する映画祭では、政権側が、1つの町をまるまる停電にする妨害工作を行うそうです。

『ラサへの歩き方 〜祈りの2400㎞』は、政権批判を描いていないと、検閲が判断して、国外上映が可能になった奇跡的な作品。

ぜひ、チベット族の小さな家族たちの物語に、目を向けて見てください。

きっと、あなたの心にも何かが残る作品。オススメの1本です!ぜひご覧ください‼︎

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『食べる女』ネタバレ感想。結末までのあらすじで女性あるあるのキャラたちが見つけた幸せとは

「恋」も「ごはん」も食べてみないとわからない! もっと貪欲に欲しいものは欲しい!美味しいごはんを食べて、健やかに前に進もう!転んでも失敗しても、もがいて泣いても、そこにはきっと、おいしくなった自分がい …

ヒューマンドラマ映画

映画『顔のないヒトラーたち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

戦後70年を過ぎ、外国映画の中には、アドルフ・ヒトラーやアウシュヴィッツを題材にした作品が多く製作され、次々に日本でも公開されています。 その中でも、『顔のないヒトラー』は、ちょっと物々しい邦題からは …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの徳川翔役は瀬戸利樹。プロフィールと演技力の評価

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ちはやふる 結び』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2016年に2部作で公開され大ヒットを記録した青春映画が遂に完結! 主演の広瀬すずを始め、日本映画界のこれからを担う若手俳優が総出演。 日本映画史に残る永遠の輝きを見逃すなかれ。 3月17日(土)より …

ヒューマンドラマ映画

映画『砂の器(1974)』動画無料配信はHulu。ネタバレ原作と脚本の違いは

原作は松本清張の同名小説です。1960年から読売新聞夕刊で連載された長編推理小説をベースに、公開当時に近い71年に時代設定を移して描いた感動巨編。 1974年公開された野村芳太郎監督の『砂の器』をご紹 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP