Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/08/30
Update

映画『僕の好きな女の子』あらすじネタバレと感想考察。渡辺大知と奈緒が演じた又吉直樹エッセイの切ない片思い

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

今突然、「好きだ」と伝えたらキミは何て言うだろう。

映画『僕の好きな女の子』は、又吉直樹が2017年「別冊カドカワ 総力特集『又吉直樹』」に書き下ろした同名恋愛小説を玉田真也が脚本・監督し、映画化したものです。

2人で会えば些細なことで笑い合って、小突きあったりするのに煮え切らない関係のままで。友人たちにも理解されることはないこの関係が壊れるくらいなら今のままで良い、永遠にキミが好きにならないこともどこかで分かっている純粋な男の子目線の恋愛が描かれています。

片思いや苦しい恋を経験したことがある誰もが、思わず共感してしまうような優しさと切なさが溢れる恋愛映画。2020年8月14日(金)からロードショーされています。

スポンサーリンク

映画『僕の好きな女の子』の作品情報

(C)2019 吉本興業

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
又吉直樹『僕の好きな女の子』

【監督】
玉田真也

【キャスト】
渡辺大知、奈緒、徳永えり、仲野太賀、荻原みのり

【作品概要】
『僕の好きな女の子』は友達以上恋人未満の曖昧な関係でいる純粋な片思いを描いた恋愛映画。監督・脚本は『あの日々の話』(2018)の 玉田真也。

主人公加藤を演じるのはロックバンド「黒猫チェルシー」のボーカルでもある渡辺大知、ヒロイン美帆役にはドラマ『あなたの番です』(2019)などで知られる奈緒です。美帆の恋人役に仲野太賀、主人公加藤の友人に荻原みのり、美帆の友人に徳永えりなど話題の若手俳優らの演技にも期待できます。

映画『僕の好きな女の子』のあらすじとネタバレ

(C)2019 吉本興業

待ち合わせに向かう主人公・加藤(渡辺大知)に美帆(奈緒)からメッセージがきます。

他愛もないやり取り、思わず顔が綻ぶ加藤は早めに集合場所に着き、改札から出てくるであろう美帆を待ちます。そんな加藤の後ろからそろりそろりと近く美帆の姿が。来ていることに気付きつつも気付かぬふりをする加藤。

自由奔放な美帆と他愛もない話をし、ふざけあったり、突っ込んだりしながら井の頭公園の中を歩いていた2人。

ベンチに座り、公園で弾き語りしているアーティストについてあれこれ話していると、そのアーティストが小さい男の子を連れて2人に近づき、男の子が迷子なので親を見かけなかったかと聞いてきました。

ひょんなことから迷子の子と共に2人は親を探し、親の元まで送り届けます。

その子から「おまえら、付き合っているのか」と言われます。そう言われるのもおかしくないほど2人は仲良くみえます。しかし、美帆は加藤の彼女ではないのです。

夜に突然呼び出され公園で会う前に美帆が好きそうなジュースを買っておいたのに、いざ美帆を前にすると渡せない加藤。好きなのに先に進めないままでいます。

以下、『僕の好きな女の子』ネタバレ・結末の記載がございます。『僕の好きな女の子』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2019 吉本興業

加藤は自身が手掛けているドラマの脚本に自分と美帆の関係を書いてしまいます。

学生時代の仲間と飲みながらドラマの鑑賞をしていた際、友人らにこういう女子は結局都合よく扱っているだけだと指摘され、加藤は動揺を隠せません。

遊ばれているのではなく、その2人だけの特別な何かがある、決してお互い下心があるわけではないと力説しますが、友人には理解されず、後輩の女子(荻原みのり)に美帆のことではないか、加藤はただのいい人でしかないと指摘されてしまいます。

それでも美帆と曖昧な関係のまま、好きとも言えず、美帆と友達の写真の展示誘われた加藤は差し入れのケーキを買って会場に向かいます。

会場内で仲良く話すことはできるのに肝心のケーキはなかなか渡すことが出来ません。帰る際、美帆から好きな人から振られたと報告を受け、加藤は少し綻んだ顔をします。

美帆が好きな人から振られた後も2人の関係性は変わらず、美帆は新たな好きな人が出来、付き合うことになったことを加藤に報告します。加藤は複雑な表情のままおどけて祝福し、美帆の提案で今度3人で会うことになりました。

美帆と美帆の恋人(仲野太賀)と加藤は井の頭公園で合流し、話した後、ボートに乗ることになりました。美帆と恋人はボートに乗り、加藤は一人でスワンボートに乗りました。

美帆と恋人がボートから降りベンチに座っているなか、加藤はスワンボートを漕ぎおどけてみせます。

そんな加藤の様子を見ながら恋人は美帆に、加藤は美帆のこと好きなのではないか、本当にそんな素振りなかったのかと尋ねます。

美帆は動揺し、泣き出してしまいます。加藤は何が怒っているのか分からずただスワンボートに乗っていました。

その後恋人は帰り、美穂と加藤が残されました。2人の間には心なしかいつもと違う空気が漂っています。

そして時がたち、加藤はまた井の頭公園にいます。弾き語りしているアーティストと会話している加藤に呼び掛けたのは一人の女性(朝倉あき)と女の子。それは加藤の妻と子供でした。

スポンサーリンク

映画『僕の好きな女の子』の感想と評価

(C)2019 吉本興業

又吉直樹さんの優しい視線と玉田真也監督のリアルで繊細な演出で、日常の些細な瞬間、恋愛をしたことがある人なら誰しもが経験をしたような等身大の物語

純粋すぎて「好き」なのに伝えることが出来ない、今の関係が壊れるくらいならと押しとどめてしまうそんなリアルさが多くの共感をよび、「好き」という感情の切なさ、愛おしさをありありと伝えてくれます。

また、加藤役の渡辺大知さん、美帆役の奈緒さんの絶妙な距離感と小気味の良い会話のテンポ感が見る人の心を揺さぶります。

しかし、この映画はそのようなリアルさだけでは終わりません。ラストでは、冒頭と同じ井の頭公園で、同じ弾き語りのアーティストを登場させ、加藤が奥さんと子供を連れて歩くラストシーンに意味を持たせています。

そのまま数年の月日が流れた現実と解釈するのか、幻想の世界もしくは加藤が脚本を手掛けたドラマのワンシーンなのか、人によって解釈が分かれるでしょう。

ですが、そのラストのシーンを持ってくることによってこの映画が単なる恋愛映画の枠にとどまらない映画となったといえます。

本作は男性目線の恋愛が描かれているため、しばしば女性目線のリアルな恋愛模様を描いた『愛がなんだ』(2019)と比較されます。

どちらも不毛な片思いを描いており、主人公の純粋さが類似しているといえます。

更に本作は吉本興業制作ということもあり、端役でお笑いコンビジャルジャルの後藤淳平さん、福徳秀介さんや、お笑いコンビサルゴリラの児玉智洋さんなど吉本興業の芸人さんが出演しています。

他にも映画『カメラを止めるな!』(2017)で話題となった濱津隆之などミニシアター系の映画でお馴染みの顔ぶれの出演も見所の一つです。

まとめ

(C)2019 吉本興業

本作は純粋で共感を呼ぶ男性の恋愛模様を描いたリアルな映画ではありますが、それだけにとどまらず人々の共感を呼び、更には様々な解釈ができる余地を残した新たな恋愛映画になっています。

少女漫画を原作としたきらきらとした青春恋愛映画が数多くあるなか、本作のような等身大の苦しい片思いを描いた映画も最近増え始めています。

その一つに昨年大きな反響を呼んだ『愛がなんだ』があります。そのような等身大の恋愛映画は“リアルさ”が大きな共感を呼び、その“リアルさ”故に誰かと語りたくなる、誰かと一緒に観たくなるのでしょう。

また、本作で何度も登場する井の頭公園は数多くの映画やドラマの舞台として使われており、この映画をみて聖地巡礼するのも良いかもしれません。

本作にも井の頭公園で弾き語りをしている登場人物がいますが、2017年に公開された映画『PARKS パークス』では橋本愛が井の頭公園で歌っています。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画トモシビ(銚子電鉄映画)アンコール上映舞台挨拶と公開劇場は?

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』のアンコール上映が、7月1日(土)より東京・新宿武蔵野館で出発進行! また、7月1日(土)10:00の回上映後は、アンコール上映開始を記念して、個性派俳優で知 …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの溝口渉役は浅香航大。プロフィールと演技力の評価

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男 …

ヒューマンドラマ映画

三野龍一映画『老人ファーム』あらすじと感想レビュー。空気を読みすぎる社会へ警鐘を鳴らす

三野ブラザーズが放つ自由と解放の映画『老人ファーム』 老人ホームで働く介護職員の和彦が、仕事に葛藤しながらも向き合う姿を通して、現代社会の問題点を浮き彫りにさせる映画『老人ファーム』。 2019年4月 …

ヒューマンドラマ映画

福士蒼汰映画『旅猫リポート』ネタバレ感想。猫ナナの演技力は結末に涙を誘う

旅のリポーターは猫?!1匹と1人の旅は、新たな飼い主探しの旅でした。 人気作家・有川浩が「一生に一本しか書けない物語」と言うほど、思い入れのある小説『旅猫リポート』の映画化です。 ある事情で猫を手放す …

ヒューマンドラマ映画

映画『BLUE/ブルー』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。松山ケンイチの演技力でボクシング関係者を慈しむ

理想と現実の間に悩みながらも努力を尽くす挑戦者たちの生き様を描く! 『犬猿』(2018)などの作品で知られる吉田恵輔監督が、自身が30年以上も取り組んできたボクシングを題材に脚本を執筆。拳闘シーンの殺 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学