Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/04/26
Update

STOPあらすじとキャスト!キム・ギドク監督が原発を描く話題の映画

  • Writer :
  • リョータ

世界各国の映画祭で物議を醸し、あまりの衝撃に上映困難とされた問題作が…遂にベールを脱ぐ!

韓国の鬼才キム・ギドクが描く社会派ドラマ映画『STOP』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『STOP』の作品情報

【公開】
2015年(韓国・日本合作)

【原題】
Stop

【監督】
キム・ギドク

【キャスト】
中江翼、堀夏子、武田裕光、田代大悟、藤野大輝、合アレン、菅野圭、諸星敦、中野貴生、三ノ輪健太郎、猪股俊明、石松太一、林雄大、島田一斗、香具青汰、加藤蒼渉、宇野正剛

【作品概要】
第54回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (監督賞)、第61回ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)、第69回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を獲得した世界的にも著名な韓国人映画監督キム・ギドクが日本で監督、撮影、照明、録音を全て一人で行った作品。

台湾で活躍中の中江翼さんと、『3泊4日、5時の鐘』で知られる堀夏子さんが主人公夫婦を演じ、韓国で活躍している武田裕光さんも出演している。

映画『STOP』のキャスト一覧


『STOP』

サブ / 中江翼

奈良県出身の中江翼さんは、1985年2月3日生まれで現在32歳の俳優。2007年に早稲田大学理工学部を卒業後、映画『GROW』でデビューを飾りました。

以降は台湾で俳優として活動するため拠点を台湾に移し、台湾新人発掘オーディションで4位入賞2008年から台湾で本格的に活動を開始したようです。

2010年には日本でフジテレビドラマ『東京リトルラブ』のオーディションに大勢の台湾人がひしめく中、唯一の日本人として参加。見事、主演の座を獲得します。

その後、山田勇人監督の映画『謝謝OSAKA』(2011)、須山和泰監督の『KIDS=ZERO キッズ=ゼロ』、日本テレビドラマ『シュガーレス』(2012)にも出演する、国際派俳優としての地位を確立しました。

そんな中江翼さんが本作で演じているのは、東日本大震災の時に原発5キロ圏内に暮らしていた写真家のサブ。

身重の妻を抱えて東京に移住することになるのですが、彼女の様子がおかしくなり、妻を安心させようと福島で自然の風景を撮影しようと戻ったのですが…。

彼が目の当たりにしたものは一体何だったのか?そして中江翼さんがどのような演技を披露してくれるのかに期待が集まっていますね!

ミキ / 堀夏子

1981年生まれの女優・堀夏子さんは、2005年に桜美林大学総合文化学科を卒業後、劇団「青年団」に所属して、キャリアをスタートさせました。

青年団で舞台女優として活躍する傍ら、2014年公開の日本・アメリカ合作映画『ほとりの朔子』(第35回ナント三大陸映画祭グランプリ・金の気球賞&若い審査員賞、第17回タリン・ブラックナイト映画祭最優秀監督賞受賞作品)に出演するなど、最近では映像作品にも進出しています。

同年には三澤拓哉監督の日本・タイ合作映画『3泊4日、5時の鐘』にメインキャストとして出演しており、中江翼さん同様国際的にも活躍を見せている女優さんですね。

そんな堀夏子さんが本作で演じているのは、サブの妻で妊娠中のミキ。放射能が胎児に与える影響に怯えるあまり、精神的に異常をきたしてしまうという難しい役どころを掘さんがどのように演じているのかが見どころの一つになってくるでしょう!

ナオ / 武田裕光

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の俳優・武田裕光さんは、2004年の『ヘアスタイル〜マッシュルーム』で映画デビューを果たしたようですね。

2007年にはテレビ東京ドラマ『おかわり飯蔵』でドラマデビュー。翌2008年には映画『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』、2011年には『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』に出演を果たします。

その後、活動の場を韓国へと移し、様々な韓国ドラマや映画に出演し、大活躍している武田裕光さん。

本作『STOP』では、サブと共に原発の害悪を追求していくナオを演じており、かれがどのような演技を見せてくれるのか…要注目です!

スポンサーリンク

映画『STOP』のあらすじ


『STOP』

2011年3月11日、東日本大震災。

津波に襲われたことで、メルトダウンを起こしてしまった福島第一原発。

原発の周囲5km圏内に暮らしていたサブとミキ夫妻は、地元を離れ東京へと移住することを決意します。

妻・ミキはお腹の中に子供を身籠っており、安全のためにもそれが最良の決断でした。

しかし、ミキの心の中で増幅していったのは放射能の影響のこと。

胎児にどれほどの影響を与えるのかが科学的に判明していないため、それに対する不安がどんどんと膨れ上がっていってしまったのです。

しばらくするとミキは不安に耐え切れなくなり、少しずつ精神状態が崩壊していきました。

そんな中、サブとミキ夫妻のもとをある人物が訪ねてきます。

自らを政府の役人と称するその人物の目的は、強引にミキに中絶を促すことでした。

夫妻はこれに反発し、自分たちの子供は自分たちで責任をとると言い放ちます。

その後写真家の夫・サブは、さらに正気が失われていく妻を何とか安心させようと、かつての地元・福島の美しい自然や生物の写真を撮りに戻ろうと決断しました。

単身福島へと戻ったサブでしたが、彼がそこで見た驚愕の光景とは…?

そして、夫妻の赤ん坊は無事にうまれてくるのでしょうか…?!

映画『STOP』公開はいつから?


『STOP』

映画『STOP』の公開日は、各劇場によって公開日が異なります。詳細は下記をご参照下さい。

新宿 K’s cinema

2017年5月13日(土)~19日(金)連日18時00分~
2017年5月20日(土)~26日(金)連日10時30分~
料金:1,500円均一 各回入替・整理券制 
劇場公式HP(http://www.ks-cinema.com

キネカ大森

2017年5月13日(土)~5月26日(金)
劇場公式HP(http://www.ttcg.jp/cineka_omori/

横浜シネマ ジャック&ベティ

2017年6月24日(土)~(※公開期間は現時点で未定です)
劇場公式HP(http://www.jackandbetty.net

※キネカ大森と横浜ジャック&ベティの上映時間につきましては、現時点で発表されておりませんので、詳細は劇場公式HPをご確認ください。

現時点で公開が決定しているのは以上の3館のみです。しかも、公開期間が発表されている新宿 K’s cinemaでも2週間という期間限定での公開になっています。

さらにはレイティングがR-15指定ですので、15歳未満の方はご覧になれません。やはり問題作というだけあって、大手の劇場での公開はなさそうですね。

世界的にも大きな物議を醸し、なおかつ震災と原発を題材にしているということで日本での上映は不可能と言われていた作品ですが、今回の上映に踏み切った劇場は非常に勇気のあるチャレンジと言えるでしょう!

どの程度の方々が劇場に足を運び、一体どのような評価を下すのか非常に興味深い所です。今後さらに手を挙げる劇場が出てくるのかにも注目が集まっていますね!

スポンサーリンク

映画『STOP』試写会はある?


『STOP』

※映画『STOP』の試写会は現時点で予定されておりません。新たな発表があり次第更新してまいります。

まとめ

『悪い男』や『うつせみ』、『嘆きのピエタ』などが有名な韓国人映画監督キム・ギドクが監督・撮影・照明・録音を全て一人で行ったとされる震災と原発をテーマにした映画『STOP』。

発表されたのが2015年でそこからなかなか公開にまで至らなかったこの問題作を、期間限定ではあるものの劇場公開に踏み切ったということで、多くの話題を集めていますね!

注目の映画『STOP』の劇場公開は新宿 K’s cinemaとキネカ大森で5月13日(土)から、横浜シネマ ジャック&ベティで6月24日(土)より始まります!世界中で物議を醸した問題作をぜひ劇場でご覧ください!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』感想評価と解説レビュー。アルマホドロフスキーが未来の⾳楽を作るミュージシャンを好演

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』が、2021年8月27日(金)より新宿シネマカリテ、渋⾕ホワイトシネクイントほかにて全国順次公開! 本作は、電⼦⾳楽の黎明期にその⾳⾊に魅了され、男性優位の音楽業界 …

ヒューマンドラマ映画

『億男』ネタバレ感想。映画と原作の違いを徹底解説。お金の意味と運用の金言書の紹介も

あなたは、お金とどう付き合っていますか? お金で買えるもの。お金じゃ買えないもの。分かっているようで分かっていないお金のこと。 『億男』の原作は、2014年に雑誌『BRUTUS』で連載された後、刊行さ …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『女教師~シークレット・レッスン』あらすじとキャスト紹介

美しい男子生徒と女教師の禁断の情事、それは新たな悲劇の始まり…。 禁断の三角関係というスキャンダラスな愛憎の行方を描いた衝撃のエロティック・サスペンス! 韓国映画『女教師~シークレット・レッスン~』は …

ヒューマンドラマ映画

実話映画アイ、トーニャ|ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。実在のフィギュアスケート選手トーニャハーディングと“史上最大のスキャンダル”

実話映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、5月4日(金・祝)より全国ロードショー! 今や国民的スポーツとなったフィギュアスケート。そのフィギュアスケートの歴史の中で最大級の汚点ともいえるト …

ヒューマンドラマ映画

『地下鉄(メトロ)に乗って』|あらすじネタバレ結末と感想評価の解説。感動映画おすすめ!浅田次郎原作のタイムトラベルよる断絶した“父子の和解”

若き日の父と出会うタイムスリップの旅 『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005)の堤真一が主演を務める感動のヒューマンドラマ。 浅田次郎の出世作を原作に、『花戦さ』(2017)の篠原哲雄監督が映画化し …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学