Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/04
Update

『映画 賭ケグルイ』ネタバレ感想。実写版の結末は浜辺美波と福原遥のすごい演技に大注目!

  • Writer :
  • もりのちこ

血がタギル!胸がザワツク!
天国か地獄か!?さぁ、賭ケグルイましょう!

劇場版は、原作者の河本ほむらが原案・監修を手がけた、オリジナルストーリーとなっています。

リスクを負うことに快感を覚えるギャンブル狂、蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)が私立百花王学園「生徒代表指名選挙」に挑みます。


シリーズ累計500万部突破の大人気コミック『賭ケグルイ』が、テレビドラマ化に次ぎ、実写映画化となりました。

立候補者はギャンブルで頂点を狙え。賞金3憶と、人生が思いのままになる「人生計画表・白」を賭け、夢子たちの壮絶な賭ケグルイバトルがスタートします。

それぞれの思いを胸に参加する代表者たち。果たして勝利は誰の手に?劇場版『賭ケグルイ』を紹介します。

スポンサーリンク

『映画 賭ケグルイ』の作品情報


(C)019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【原作】
河本ほむら、尚村透

【監督】
英勉

【キャスト】
浜辺美波、高杉真宙、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、松田るか、岡本夏美、柳美稀、松村沙友理、小野寺晃良、池田エライザ、中村ゆりか、三戸なつめ、矢本悠馬、森川葵、えなこ

【作品概要】
大人気コミック『賭ケグルイ』が劇場版として実写映画化となりました。原作者の河本ほむらと監督・英勉の共作による完全オリジナルストーリーとなっています。

テレビドラマ版『賭ケグルイ』でお馴染みの、主人公・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)役、浜辺美波を始め、夢子の案内係・鈴井涼太役の高杉真宙、生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみきらり)役の池田エライザなどの主要キャラメンバーは健在。

アンチ生徒会組織のメンバーに、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華と旬な若手俳優が新参加となっています。個性豊かなキャラをどう演じるのか、注目です。

『映画 賭ケグルイ』のあらすじとネタバレ


(C)019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会
「ごきげんよう」。ここは一見、名家の令嬢や御曹司が通う名門校のように見えますが、その実態はギャンブルの強さで階級が決まる、私立百花王学園。

学園のギャンブルは生徒会が管理しており、生徒は生徒会に対して上納金を支払って、楽しいギャンブル学園生活を送っています。

負けがかさみ上納金を支払えなくなった生徒は、通称「家畜」と呼ばれ、男ならポチ、女ならミケという札をかけられ、人としての権利が奪われてしまいます。

まさに下克上。ギャンブルの勝敗がすべてです。

この学園のトップに君臨するのは、生徒会会長の桃喰綺羅莉。実力と運とを兼ね備えたカリスマギャンブラー。綺羅莉に挑み勝者したものは誰もいないとされています。

そんな中、この学園に転校してきて1ヶ月で生徒会役員を次々と負かし、頭角を現す人物がいました。勝負にリスクが伴えば伴うほど快感を覚えるギャンブル狂・蛇喰夢子です。

夢子は、生徒会会長の綺羅莉とのギャンブル対決を楽しみにしていました。

夢子の目的は、綺羅莉を倒すことか、ただのギャンブル狂なのか。彼女の普段の淑女っぷりからは予想が付きません。

今日も学園内では「たぎってしまいますー」夢子の声が響き渡っています。勝負は「トントン紙相撲」。掛け金3000万。これが私立百花王学園の日常です。

蛇喰夢子の動きに不信を抱く生徒会役員たち。そして、夢子の他にも生徒会を手こずらせる組織が出現していました。

ギャンブルの賭場を荒らす謎の武装集団。そして、非ギャンブルを掲げる反生徒会組織・ヴィレッジです。

「最近、水が濁ってきたわね」。綺羅莉の言葉で、生徒会役員たちはヴィレッジ解体と夢子潰しを計画します。

そして、全校生徒強制参加のギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」が執行されました。全生徒に投資資金として1千万円が渡されます。生徒は立候補か投票を必ず行うこと。参加しないものは即刻退学処分。

立候補者は2人1組とし、勝者には賞金3憶円と、生徒会の力で書かれたことを実行してくれる「人生計画表・白」が与えられます。

その頃、ヴィレッジの幹部・歩火樹絵里(あるきびじゅえり)は、夢子に近づきヴィレッジへと誘います。初めは全く興味を示さなかった夢子でしたが、突如自らヴィレッジへと出向きます。

夢子は、ヴィレッジのリーダー・村雨天音(むらさめあまね)に興味がありました。村雨は、メンバーを前に非ギャンブル論を語っています。

夢子は、教会さながら告解部屋で村雨に悩みを聞いてもらうことに。「私の悩みは、学食のスウィーツが美味しくないこと!」呆れる村雨。

「そしてもうひとつ、生徒会長とギャンブルがしたい。生徒会長に勝ったことのある村雨さんとも」。村雨の秘密を知る夢子。

村雨は過去に、生徒会長・綺羅莉に勝った伝説のギャンブラーでした。

「ギャンブルでは何も生まれない。怪物を倒せるのは怪物だ。誰が勝っても怪物が残る」。村雨は頑なに、選挙ギャンブルに参加する気はありません。

生徒会が、今回のギャンブルに参加しないヴィレッジの強制退去に乗り出しました。戦わないとヴィレッジの存続はない。

動かない村雨に変わり、幹部の歩火は代表者に立候補することを決意します。

ヴィレッジの中には、賭場を荒らしていた武装集団の犬八十夢(いぬはちとむ)、犬八によって巻き込まれた夢子と同じクラスの早乙女芽亜里(さおとめめあり)、夢子と芽亜里に敗れポチ落ちしていた不良・木渡潤(きわたりじゅん)の姿もありました。

役者は揃いました。「さぁ、始めましょう」。選挙開幕宣言です。

以下、『賭ケグルイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『賭ケグルイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会
生徒指名代表選挙、予選は「票争奪ジャンケン」。ジャンケンカードは1人1枚。2人で力を合わせジャンケンに勝ち、20枚のカードを集めるというもの。

勝てば相手のカードをすべて奪える。ペアはお互いのカードを交換できる。枚数と相手の持ち手カードを知ることが勝利への鍵となります。

頭脳戦で挑む芽亜里・木渡ペア、負けてくれたらお金をあげるという策にでた生徒会復帰を狙う皇伊月(すめらぎいつき)ペア、ヴィレッジを守りたい純粋な運で勝ちあがる歩火・犬八ペア。

そして、敵を欺くにはまず見方から、夢子にいい様に操られる鈴江・夢子ペア。4組が本選へと進みます。

高みの見物にやってきた生徒会長・綺羅莉。「まだ役者は揃っていない」。綺羅莉は、村雨の登場を待っているかのようです。

綺羅莉と村雨は、過去に対戦をしていました。村雨は姉の借金を失くすため「人生計画表・白」を賭け戦いに挑んだのです。

勝負の結果は村雨の勝利。みごと姉の借金はチャラになりました。しかし、姉は「何もわかっていない」。と自ら飛び降り自殺を図ります。

それ以来、村雨は非ギャンブルの道を説き、家畜扱いの生徒を救いたいとヴィレッジを設立。ギャンブルの怪物を封印していました。

本選は「デュアルクラッシュ・ポーカー」と「支持率争奪ゲーム」。デュアルクラッシュ・ポーカーの「勝利数」×全生徒から投票金額「支持率」で競われます。

本選1戦目、夢子・鈴井ペアVS伊月・伊月の金で雇われた人ペア。伊月はこの戦いも金で解決しようと生徒に金をばら撒き、支持率を上げていました。

支持率では勝てない夢子は、ギリギリの心理戦で伊月を窮地に追い込みます。気付いた時にはすでに手持ちのカードは雑魚ばかり。「ムダ遣いは程ほどに」。夢子は決勝へ進みます。

2戦目は、芽亜里・木渡ペアVS歩火・犬八ペアです。しかし、犬八の姿がありません。犬八は何者かによって監禁されていました。間に合わなければ歩火は敗北。ヴィレッジも退去、退学処分です。

「助けて」。歩火の言葉に、あの男がやってきます。村雨天音です。「いつまでも、あなたの手の上にいると思うなよ」村雨は綺羅莉に宣戦布告をします。

綺羅莉を倒したという村雨の登場で、ざわつく学園。生徒の支持率が動き出します。

村雨はまさにギャンブルの怪物でした。すべてのカードの順番を読み、対戦相手どころか味方の歩火の手札まで把握しています。

しかし、夢子が2連勝したところで歩火が泣き出します。「私が足手まといのせいで村雨さんが負けてしまう」。

歩火の泣く姿をどこか冷めた目で見ていた夢子。「いい加減、不愉快です。そろそろ正体を出したらどうですか。この大根役者。あなたは負けるためにここにいるんでしょ。幕引きはあなたの声でどうぞ」。

夢子の言葉に泣いていた歩火は、豹変します。「会長、楽しんでいただけましたか。すべてはあなたのために」。狂ったように笑い転げ、村雨に「ヴィレッジはクズの集まり」、と言い放つ歩火。

以前、綺羅莉に戦いも挑むも完敗した歩火は、その見事な勝ぶりに感動し、綺羅莉の手下になることを目標にしてきました。綺羅莉に気に入ってもらいたい。

綺羅莉に勝ったという村雨を、目の前で負けさせ、非ギャンブルを唱える集団ヴィレッジの連中を退学にすることを企んでいたのです。

ディーラーは舌打ち、綺羅莉も嫌悪の表情、賭場はシラケます。

それをモニターで見学していたヴィレッジの連中は、ショックで戦意を失っていました。犬八を監禁したのも、歩火の仕業でした。

落ち込むヴィレッジの連中に活をいれたのは芽亜里と木渡でした。「悔しくないのかよ」。犬八も立ち上がります。

退去にやってきた生徒会と真っ向勝負にでます。始まる闘争。ヴィレッジは自分たちの戦い方で挑みます。

決勝はあと1勝で夢子ペアの勝利です。動揺が隠せず、手の内を口に出してしまう鈴井を他所に、夢子はどこまでも冷静です。

その勝負は歩火・村雨が勝ちました。思わぬ結果に焦り出す歩火。夢子はわざと負けたのです。

「どちらが負けるか勝負です。最もつまらない賭けは、勝負を放棄すること。会長も日頃から言っています。楽しませろと」。

そして、戸惑う村雨に夢子は問います。「お姉さんはあなたに救って欲しかったのでしょうか?自分の人生は自分のものです。他人に操られたくありません。だからこそ、人生は賭けるに値するのではないでしょうか」。

村雨の目の色が変わります。いよいよギャンブルは終盤。

「ゾクゾクしますね。天国か地獄か次のカードにかかっています。賭ケグルイましょう」。

カードの結果は引き分けとなりました。あとは、全生徒による支持率が勝敗を握っています。途中投票では、10憶の差で夢子ペアが勝っていました。

支持率の発表です。「面白かったわ」。席を立つ生徒会長・綺羅莉。

歩火・村雨ペア56%、夢子・鈴井ペア44%。その差は10憶。この10憶は、ヴィレッジのメンバー100人が、1人1千万の投資資金を全額、村雨に託した結果でした。

「あのクズどもが」。崩れ落ちる歩火。

2度目の「人生計画表・白」を手に入れた村雨は、静かにその場を立ち去ります。帰り際、すれ違う生徒会役員に「これ、生徒会長に渡しておいて」と手渡しました。

戦いは終わりました。夢子と鈴井に残されたのは、2憶の借金。絶望に打ちひしがれる鈴井。夢子は、美味しくなった学食のスウィーツに夢中です。

そこに「2憶いらんかえー」とやってきたのは、芽亜里と木渡。実は、夢子の提案で個人の投資資金を村雨に賭けていたことで、借金返済金が出来ていました。夢子はいつから歩火の企みに気付いていたのでしょうか。

生徒会室では、村雨から返却された「人生計画表・白」を見て、微笑む綺羅莉。そこには、「学食のスウィーツを美味しくすること」と書かれていました。

スポンサーリンク

『映画 賭ケグルイ』の感想と評価


(C)019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会

原作者の河本ほむらと監督・英勉の共作による完全オリジナルストーリーということで、これまでコミックやテレビドラマを見ていない人でも楽しめる内容となっています。

くせ者揃いのギャンブル映画ということで、ギラついた勝負と地獄まで落ちる依存ストーリーを想像しがちですが、美しいビジュアルに見事なギャンブル・ゲームと、こちらが依存してしまいます。

主人公・蛇喰夢子役、浜辺美波の賭ケグルイっぷりが、とにかく凄いです。くぅーっとタギル感覚が映像を通して伝わってきます。

また、ヴィレッジの幹部・歩火役の福原遥の豹変する演技にも注目です。正義感に溢れ、心優しい一面を見せつつも、闇の正体をさらけ出す姿は、まさにギャンブル狂

その他にも、それぞれのクセの強いキャラクターを、楽しそうに演じる若手俳優たち。他の作品では見られない彼らの振り切った演技が楽しめます。

そして、劇場版『賭ケグルイ』のみどころのひとつとして、ギャンブル・ゲームの面白さがあります。アナログゲームの最高峰・ゲームマーケットの受賞歴を持つオインクゲームズの監修によるオリジナル・ゲームです。

予選も本選もよく考えられたギャンブル・ゲームに唸ってしまいます。頭脳戦と心理戦が入り混じるゲーム展開に、息つく暇もありません。終盤のドンデン返しからの、予期せぬ勝負への突入はゾクゾクします。

まとめ


(C)019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会

人気コミック『賭ケグルイ』は、これまで小説、アニメ、ゲームアプリ、実写テレビドラマとメディアミックスを展開し、遂に実写映画化となりました。

映画は、これまで『賭ケグルイ』に触れてこなかった人も楽しめる、オリジナルストーリーとなっています。

「人生はまさにギャンブル」とはよく言ったものです。一か八か、人生を賭ける勝負に挑まなければならない時があります。あなたは頭脳派ですか?それとも運まかせですか?

自分の人生は自分のもの。だからこそ賭ける価値がある。勝負は最後までわかりません。大ドンデン返しが待っているかも。

たとえ勝負に負けたとしても、初めから賭けをバカにし勝負を放棄してはいけない。賭けを楽しんでこそ、立派なギャンブラーです。ただし、賭ケスギにはご注意下さい。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】ライ麦畑の反逆児ひとりぼっちのサリンジャーのあらすじと映画解説。サリンジャー生誕100周年に思う作家の半生とは

普及の名作『ライ麦畑でつかまえて』の著者J・D・サリンジャーの知られざる半生と、名作誕生にまつわる真実の物語! ニコラス・ホルトがJ・D・サリンジャーを演じた『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジ …

ヒューマンドラマ映画

母さんがどんなに僕を嫌いでも|ゴスペラーズの映画主題歌CD発売日は

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のキャッチコピーは、の〝大好き〟をあきらめない。 そのことを体現するために作られた映画主題歌は、心を掴む歌声のゴスペラーズによる書き下ろしに決定しました。 太賀、吉 …

ヒューマンドラマ映画

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生|あらすじと感想【実話】

ドイツで大ヒットを記録した感動の実話を映画化し、笑って沁みて元気になるハートフルなエンターテイメント『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』。 突然、先天性の病気で95%の視覚を失った青年サリー …

ヒューマンドラマ映画

がんちゃん映画Vision(ビジョン)あらすじ。岩田剛典の演技力は?

河瀬直美監督の映画『Vision』は、6月8日より全国ロードショー。 今やフランスをはじめ海外から高い評価を受ける河瀨直美監督。彼女が故郷の奈良を舞台に、『イングリッシュ・ペイシェントで米アカデミー賞 …

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじとキャスト紹介。【佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星】

佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星 カルテット主演『虹色デイズ』7月6日(金)全国公開! 別冊マーガレットで連載されていた少女漫画でありながら、男子目線で物語が展開されるという斬新なストーリーが話 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP