Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『ローマの休日』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【俳優オードリー・ヘプバーン×グレゴリー・ベック】

  • Writer :
  • もりのちこ

永遠の妖精オードリー・ヘプバーン。
ここから伝説は始まった!

オードリー・ヘプバーンは映画『ローマの休日』で、アメリカ映画初出演を果たしました。これをきっかけに、大スターへと成長します。

この映画でオードリー・ヘプバーンは、アカデミー賞主演女優賞を受賞。彼女の小鹿のような顔立ち、可憐な美しさは、世界を魅了しました。

そんなオードリー・ヘプバーンの魅力が詰まった映画『ローマの休日』は、1954年の日本公開から65年経った現在も、色あせることはありません

後に永遠の妖精と言われるオードリー・ヘプバーンが、永遠の都と言われるローマを舞台に繰り広げる、切なくも甘いラブストーリー『ローマの休日』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『ローマの休日』の作品情報

【日本公開】
1953年(アメリカ映画)

【原題】
Roman Holiday

【原作】
ダルトン・トランボ

【監督・製作】
ウィリアム・ワイラー

【キャスト】
グレゴリー・ペック、オードリー・ヘプバーン、エディ・アルバー、ハーコート・ウィリアムズ、マーガレット・ローリングス、パオロ・カルリーニ、トゥリオ・カルミナティ、ハートリー・パワー

【作品概要】
1953年、アメリカ製作の映画『ローマの休日』は、翌年のアカデミー賞で主演女優賞、脚本賞、衣装デザイン賞を受賞しました、

アメリカ映画初出演となったオードリー・ヘプバーンは、この映画で世界中の女性の憧れとなりました。

監督は『ミルヴァー夫人』『我等の生涯の最良の年』『ベン・ハー』と、アカデミー監督賞を3度受賞した巨匠、ウィリアム・ワイラー監督。

また、アカデミー賞で脚本賞を受賞したイアン・マクラレン・ハンターは、実はダルトン・トランボのフロント的存在でした。実際に執筆したダルトン・トランボは、当時マッカーシー旋風による赤狩りでハリウッドを追われていました。本名をクレジットすることが出来ず、名義を借用していました。

1992年に、アカデミー協会は記録を修正。ダルトン・トランボへ改め再度受賞となりました。

映画『ローマの休日』のあらすじとネタバレ


©ブレーントラスト

アン王女はヨーロッパ各国を表敬訪問中です。多くの人と挨拶を交わし、夜は舞踏会と大忙しです。

笑顔を絶やさず公務をこなすアン王女。ドレスの下では見えないように片方の靴を脱ぎ、足をポリポリ。靴を履こうとするも靴がコロッと倒れてしまいます。それを見つけたお付きの者たちが、慌ててフォローしました。

どうやらアン王女は、少しおっちょこちょいで素直な性格の王女様のようです。

アン王女は、おやすみの時間となりました。宮殿の外からは、楽しそうな宴会の音が聞こえてきます。うらやましそうに外を眺めるアン。

明日のスケジュールを読み上げるお付きの者。ぎっしり詰まったスケジュールにもうウンザリです。アンはとうとう泣き出してしまいました。

主治医がやってきて慰め、眠れるように薬を出してくれましたが、アンは外が気になり寝付けません。こっそり宮殿を抜け出してしまいます。

止まっていた車の荷台に飛び乗り、行きついた先は共和国広場でした。街灯の明かりが輝く広場にアンは降り立ちます。

しかし、主治医にもらった眠り薬が効いてきたようです。広場のベンチに横になり眠ってしまいます。

そこを通りかかったのは、新聞記者のジョー。ベンチで眠っているアンを心配し、揺り起こします。目を覚ますアンでしたが、フラフラとまるで酔っ払いのようです。

ジョーは、話が通じずイライラするも、放って置くことが出来ず自分の部屋へと連れて帰ることにしました。ポーカーでは負け、知らない女に絡まれ、自宅にまで泊めることになってしまったジョー。なんて日なのでしょう。

宮殿では王女がいなくなったことで、国の最大の危機だと大騒動です。明日は、アン王女の記者会見の予定が入っていました。

朝がきました。寝坊したジョーは慌てて仕事へ向かいます。王女の記者会見を取材する予定だったジョーは、上司に会見に参加したと嘘を付きごまかそうとします。

しかし、上司から新聞を見ろと怒鳴られます。そこには、アン女王は高熱で本日の記者会見は中止と書いてありました。バツの悪いジョー。

記事と一緒に載っていた王女の写真を見て、さらに驚きます。そこには、昨晩泊めた女の顔が写っていました。

「これは、スクープになる」。ジョーは上司に、王女の独占取材を取り付けて見せると豪語し、急いで部屋に戻ります。

ジョーが部屋に戻ると、アン王女はまだ眠っていました。さっそくスクープを取るために、カメラマンのアーヴィングに連絡を入れます。

ようやく目を覚ますアン。意地悪な男の夢をみていました。でも、とても素晴らしかった。目が覚めても見える男の顔。

信じらないようにアンはジョーに聞きます。「ここは一体どこですか?」。

アンは、警戒心丸出しの子猫のようです。ジョーは、帰らなきゃというアンに、シャワーをすすめ、朝食の心配をし、送ってあげるよと優しく接します。帰りのタクシー代もくれました。

アンは、まんまとジョーを優しい紳士だと思い込みました。「後で必ずお金を返します」。と言い残し一人で町に出ます。

町の中は、好奇心旺盛なアンにとって楽しいものばかりでした。ジョーにもらったお金で、露店で靴を買い、美容院で髪をバッサリ切ってしまいます。

ショートヘアになったアン王女は、お似合いと褒められご機嫌です。美しいローマの町を堪能するアン。スペイン広場の階段で、ジェラートを頬張ります。

そんなアンの様子をずっと後を付け見ていたジョー。偶然を装い、アンの前に再び登場します。王女だということは知らない振りです。

アンもまた、自分の身分に気付いていないようなジョーに、自分は学生だと嘘を付きます。

「せっかくだから一日、アンに付き合うよ」。カメラマンのアーヴィングも友達として合流。こうして、アン王女のローマ観光、極秘独占取材がスタートとなりました。

パンテオン神殿の前のカフェでお茶をし、バイクに2人乗りをしコロッセオを訪問、ヴェネツィア広場をドライブです。

バイクの運転に興味津々なアンは、途中ハンドルを奪い暴走。とうとう警察に捕まってしまうも、結婚式場に向かう途中だったと嘘をつき、反対に祝福されてしまいます。

次にやってきたのは、真実の口です。嘘を付いている者が手をいれると食いちぎられてしまうと、脅されたアンは恐る恐る手を入れるもすぐに引っ込めてしまいます。「あなたがやってみせて」とジョーに勧めます。

ジョーも嘘を付いています。果たして手は大丈夫でしょうか。口の奥まで手を入れるジョー。

「アッー」。苦し気な声が上がります。抜けなくなった腕にアンも驚き引っ張ります。引き抜いた手は、上着の袖で隠され見えなくなっていました。

アンは、消えた手に「きゃー」と目を隠すも、次の瞬間現れた手に「嘘つき!」と笑います。アンの安堵の笑顔は素のものでした。

自由奔放なアンにジョーは振り回されっぱなしです。それでも心から楽しそうなアンに、ジョーもどこか嬉しそうです。

日も沈み、ローマの町に夜がやってきます。アンの一日も終わろうとしていました。最後に訪れたのは川沿いで開催されている船上のダンスパーティーです。

以下、『ローマの休日』ネタバレ・結末の記載がございます。『ローマの休日』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

陽気な音楽と、それに合わせて踊る人々。アンは初めての船上パーティーを楽しんでいました。

そんな時、宮殿から王女を探しに来ていた警備員がアンに気付きます。王女を捕まえようと迫る警備員たち。

逃げるアンと警備員はもみ合いになり、パーティー会場はパニックです。ギターを振り下ろすアンの姿は、アーヴィングによりバッチリ写真に収められます。

王女を守ろうと参戦するジョー。2人は川に飛び込みます。追っ手から逃れた2人は、びしょ濡れです。笑い合うアンとジョー。見つめ合い、キスを交わします。

惹かれ合う気持ちは、もう止められません。「話があるんだ」。ジョーの言葉に「何も言わないで」。と止めるアン。

「私はその角を曲がります。どうか行先は見ないで。お別れの挨拶は言わないわ」。身分を明かすことなく別れる2人。

王宮に戻ったアン王女。心配し問いただすお付きの者たちに、アンは気丈に振る舞います。「私は義務をわきまえています。永久に」。

ジョーの元には、新聞社の上司が訪れていました。アン王女の特ダネは採れたのかと迫ります。そこに写真を現像したアーヴィングもやってきます。

すごい写真が撮れたと興奮するアーヴィングに、ジョーは水をかけ写真をダメにしてしまいます。

ジョーは、アン王女とのローマの一日は、記事にしないと決めていました。それはアンをとても大事に思っているからです。

次の日。体調不良のため延期とされていたアン王女の記者会見が行われました。

その会見の場に、新聞記者のジョーとカメラマンのアーヴィングの姿も見えます。

皆の前に現れるアン王女。その姿は気高く気品に溢れていました。身分の違いを改めて感じるジョー。

ジョーは「王女のご信念が裏切られぬことを信じます」。とローマでの出来事を秘密にすることを誓います。

「今回のご訪問で、一番良かった場所はどこですか?」。記者の質問にアン王女は、「ローマです。私はこの町の思い出をいつまでも懐かしむことでしょう」。と答えます。見つめ合う2人。

お別れの時です。アン王女は去り際に笑顔を見せました。しかし、その瞳には涙の跡がありあました。

スポンサーリンク

映画『ローマの休日』の感想と評価


©ブレーントラスト

オードリー・ヘプバーンのアメリカ映画初出演作品となった『ローマの休日』。この映画は、世界中にオードリー・ヘプバーンの魅力を知らしめる作品となりました。

美しいローマの町を舞台に繰り広げられる、王女と新聞記者のたった一日のラブストーリー。

オードリー・ヘプバーン演じるアン王女と、グレゴリー・ベックが演じるジョーの身分違いの叶わぬ恋に、世界中の女性が憧れました。

そして映画『ローマの休日』で注目された点は、なんと言ってもオードリー・ヘプバーンの可愛らしい容姿です。

ウルウルとした大きな目はまるで小鹿のよう。彼女の屈託ない笑顔は、見ている人をも笑顔にします。

映画の中でみせたショートヘアーは、ヘップバーンカットと呼ばれ、多くの女性が真似をしました。

また、2人が映画の中で訪れた場所は、現在でも聖地として大人気の観光スポットとなっています。

有名なワンシーンとなった「真実の口」では手を食べられる振りをし、「スペイン広場」では階段に座りジェラートを食べるのが、もはや定番です。映画の公開日8月27日がジェラートの日にまで制定されました。

寝ぼけた姿を見せたり、大きな口をあけてジェラートを頬張ったり、顔を汚したりとお茶目な一面。そして、潤んだ瞳の悲し気な表情に、王女に相応しい凛とした立ち姿、オードリー・ヘプバーンの魅力が満載の映画です。

まとめ

オードリー・ヘプバーンの代表作のひとつ『ローマの休日』を紹介しました。

ローマの美しい風景と、オードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ベックの絵になる2人のラブストーリーは、モノクロ映画とは思えない色鮮やかな世界を見せてくれます。

時代を超え多くの女性の憧れの存在であり続けるオードリー・ヘプバーン。彼女の人気の理由が、映画『ローマの休日』を見ればわかります。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『甘いお酒でうがい』感想とレビュー評価。原作はお笑い芸人シソンヌの「じろう」が架空のOL・川嶋佳子の名で著した517日の物語

映画『甘いお酒でうがい』は2020年9月25日(金)から公開。 お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが、長年コントで演じてきたキャラクターを主人公に、何気ない日常を送りながらも、何処か風変わりで少し後ろ向 …

ラブストーリー映画

レイニーデイ・イン・ニューヨーク|ネタバレ感想とあらすじ考察。恋愛映画おすすめの作品をティモシー・シャラメとエル・ファニングで描く

雨と街と人と出会いとノスタルジック。そんな魅力が詰まった映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』   ウディ・アレン監督による、魅力的にニューヨークの街を描くハートフルラブストーリー『レイニーデイ・イ …

ラブストーリー映画

映画『海の底からモナムール』あらすじと感想考察。幽霊のラブストーリーは海よりも深い純愛である

映画『海の底からモナムール』が2021年3月27日(土)より、大阪シネ・ヌーヴォでの1週間限定上映が決定! フランス出身のロナン・ジル監督が日仏合作で挑んだ映画『海の底からモナムール』。桐山漣、清水く …

ラブストーリー映画

映画『愛がなんだ』あらすじとキャスト。原作の感想と評価は【岸井ゆきの&成田凌】

(C)2019「愛がなんだ」製作委員会 映画『愛がなんだ』は第31東京国際映画祭“コンペティション部門”に選出された、恋愛映画の概念をぶち破る意欲作です。 原作は直木賞作家、角田光代の傑作同名小説。監 …

ラブストーリー映画

映画ナラタージュの主題歌を歌うadieuプロフィールと発売日は?

松本潤×有村架純主演作品、10月7日より公開の映画『ナラタージュ』の予告編映像が解禁。 野田洋次郎(RADWIMPS)が映画の映像を実際に視聴したうえで書き上げた、作詞作曲主題歌「ナラタージュ」。 こ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学