Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

【ハリーポッターと炎のゴブレット】動画無料視聴方法と感想!

  • Writer :
  • ひまわり

『ハリーポッターとアズカバンの囚人』を観て続きが気になったそこのあなた。

そう、続いては「ハリー・ポッター」シリーズ、第4作品目『ハリーポッターと炎のゴブレット』の時間です!

3作目ではハリーの両親の真相や、シリウス・ブラックの正体などが明らかになりました。

本作4作目は、物語がさらに進展する大切なシーンがいっぱいあり、今作も見逃せません。

さらにいつもとはちょっと違う、ダークな映画になっています。

今回はそんな第4作品目『ハリーポッターと炎のゴブレット』を紹介します!

スポンサーリンク

1.映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』の作品情報


(C)2005 Warner Bros. Entertainment Inc Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R

【公開】
2005年(アメリカ映画)

【原題】
Harry Potter and the Goblet of Fire

【監督】
マイク・ニューウェル

【キャスト】
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ブレンダン・グリーソン、ジェイソン・アイザックス

【作品概要】
前作から1年がたち、4年生になったハリーは、約100年ぶりに開催される三大魔法学校対抗試合に出場することになります。

仲間の助けを借りながら難関種目をクリアしていくハリーだったが、これには復活を企む闇の魔法使いヴォルデモート卿が関係していました。

果たしてハリーはそのまま勝ち進むことができるのか?友情や、恋愛面でも大きな変化が訪れる「ハリー・ポッター」シリーズ第4作目。

▼▼U-NEXTで 映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』はご覧いただけます。
映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』をすぐ見る

2.映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』のあらすじとネタバレ


(C)2005 Warner Bros. Entertainment Inc Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R

ハリー・ポッターはホグワーツ魔法学校に入学以来4年。夏休みを迎えたハリーは奇妙な夢で目を醒ましました。

悪の帝王ヴォルデモート卿とピーター・ペティグリュー、謎の男がハリーの命を奪おうとする計画をしていましたが、そのことを知ってしまったマグルの老人がヴォルデモートに命を奪われてしまうものでした。

ハーマイオニーに起こされたハリーは、ロンとともにクィディッチの試合をワールドカップ決勝戦の観戦に行きます。

ハリーは会場で魔法省の魔法スポーツゲーム部の部長ルード・バグマンや、ロンの兄バーティ・クラウチ、そして彼の屋敷しもべ妖精ウィンキーと出会いました。

アイルランド対ブルガリアのクィディッチの試合をアイルランドが制した夜のこと。ハリーはヴォルデモート卿の13年ぶりに「闇の印」が浮かぶと、彼に忠誠を誓う死喰い人を目撃します。

やがて新学期がはじまり、ハリーたちは晴れて4年生に進級。ホグワーツに元闇祓いマッド‐アイ・ムーディが闇の魔術に対する防衛術の新任教授として赴任しされました。

そしてダンブルドア校長の宣言により、ホグワーツ魔法魔術学校、ダームストラング専門学校、ボーバトン魔法アカデミーの3校による100年に1度の三大魔法学校対抗試合が開催されることが発表されました。

各校の17歳以上の生徒から、代表選手が1名ずつ選ばれて競い合うもので、選手の選抜方法は立候補した生徒の中から魔法の杯“炎のゴブレット”が相応しい選手を選ぶというもので、17歳以下ハリーたちの学年は参加できません。

ホグワーツの代表に期待の人気者セドリック・ディゴリー、ダームストラングの代表は高いカリスマ性を誇るクラム、ボーバトンからは美少女フラー・デラクールが選ばれました。

しかし、その時炎のゴブレットは立候補していないハリーも選びました。ハリーは辞退しようとしますが魔法の力に拒まれて、彼はなんと、史上初となる4人目の代表選手として参戦。

そんなハリーは周囲からヒンシュクをかい、ロンとの関係はどこかギクシャクしてしまいます。

孤立無援となったハリーは、第一の課題のドラゴンから黄金の卵を奪うため、彼はムーディからのアドバイスを参考に「呼び寄せの呪文」を練習して、シリウスからもらった箒、ファイアボルトでの飛行の陽動作戦でみごと課題をこなします。

肩をケガしたものの、結果はクラムと同点1位になリ、ロンとの誤解も解けて彼と仲直りをするハリーでした。

以下、『ハリーポッターと炎のゴブレット』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハリーポッターと炎のゴブレット』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

第二の課題へと挑む前に、ホグワーツ伝統のクリスマスパーティーが開催。各校の代表選手は初めに踊ることになっていたので、ハリーは意を決して初恋相手のチョウ・チャンにパートナーになって欲しいと申し込みます。

しかし、すでにチョウはセドリックと組むことが決まっていました。そこでハリーは何とか学校一の美女パーバティ・パチルと組みパーティーにのぞみます。

ですが、どうしてもチョウに気を取られてしまうハリーは、パーバティに愛想を尽かされてしまいます。

ダンスパーティの帰りに、セドリックから卵を持って風呂に入るよう言われていたため、ハリーはそれを実行。

水の中に入れてみると水中人の歌が聞こえ、歌の内容は「湖の深い底にいる自分にとって大切なものを時間内に取り戻す」というものでした。

課題に挑み、水中の水魔に囚われたロンやフラーの妹ガブリエルを救出したハリーは、セドリックと同率1位に並びます。

そして、最後となった第三の課題は、巨大迷路内に隠された優勝杯を探し出すことでした。試行錯誤しながらスフィンクスや他の選手たちを追い抜き優勝杯のところに辿り着いたハリーとセドリック。

同時に杯に手を伸ばしたその瞬間、突如、2人はある墓地に移動し飛ばされます。そこはトム・リドル・シニア(ヴォルデモート卿の父親)の眠る墓地でした。

父親の骨、下僕ワームテームの肉、そしてハリーの血という、3つのアイテムを得たことで、遂にヴォルデモート卿が復活。

ハリーはセドリックとともに脱出しようとしますが、セドリックはワームテームより命を落とします。

実はハリーは意図的に、ムーディに変装していたヴォルデモート卿の部下バーテミウス・クラウチ・ジュニアによって代表に選ばれ、ヴォルデモート卿と引き合わせようと目論んでいたのです。

ハリーはヴォルデモートと決闘。お互いの呪文がぶつかりあった時に、ヴォルデモートの杖で殺された人々のゴーストが彼の杖から現れました。

すると、ハリーは現れた両親のアドバイスを受けたり、ゴーストとなったセドリックの最後の願いにより助けられ、セドリックの亡骸ととも
にホグワーツに戻ることができました。

学校は休みに入ると、ハリーは仲間たちとの再会を誓いながらダーズリー家に戻っていきます。

スポンサーリンク

3.映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』の感想と評価

今作は少し今までとトーンが変わって始まります。

ダークな雰囲気が初めから出ていて、なにかよくないことが起こりそうな感じ…、終始ドキドキさせられます。

約2時間半もあるこの作品は、次々といろいろなことが起こるので退屈しません!

見どころの1つは今作のメイン・イベント、「三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)」の3種目!

これはホグワーツ魔法魔術学校、ダームストラング専門学校、ボーバトン魔法アカデミーの三大魔法学校が集まり、「炎のゴブレット」で選ばれた代表選手が試合を行うものです。

過去に死亡者を出したことからこのイベントは中止されていたのですが、今回17歳以上に限り代表者に立候補してもいいということで、約100年ぶりに復活したのですね。

死亡者が出たなんて恐ろしい・・・。

もちろんハリーはまだ14歳だから参加できない、と思いきや、何かに導かれ、ハリーは代表に選ばれてしまいます。

炎のゴブレットに選ばれてしまったらこれにはNOとは言えません。ハリーは過酷極まりない種目に一つ一つ臨んでいくのですが・・・この種目が本当に大変なんです。

常に死と隣り合わせ。周囲の人からアドバイスを受けたり、ヒントをロンやハーマイオニーと一緒に見つけ出したり・・・と、数々の試練を乗り越え奮闘するハリーに目が離せません!

また今回同じくホグワーツ魔法魔術学校の代表選手として選出されたセドリック・ディゴリー役、ロバート・パティンソンにも大注目!

2008年にはじまった『トワイライト』シリーズのエドワード役で一躍有名にになったロバート

今作は『トワイライト』の3年前の映画なので、まだ少し幼さが残っていて、かわいらしいです

皆のリーダー、ナイスガイでかっこいい!セドリックがどんな戦いを繰り広げるのか、本編でチェックしてみてください。

2つ目の見どころは・・・思春期の恋愛模様!
三大魔法学校対抗試合に伴ったダンスパーティで、ハリー、ロンが誰を誘うのか。ハーマイオニーは誰と行くのか。

ハーマイオニーがドレスアップした姿は息をのむくらい美しい。『美女と野獣』で美しい女性ベルを演じたエマ・ワトソン

彼女は2005年のこの時からすでにとても美しかった

ロンが嫉妬(?)して、少し意地悪なことを言ってしまうところも、ロンとハリーの言葉にハーマイオニーが泣いちゃうところも、思春期だからこそのはっきり言えない思いや恥ずかしさが混じって、ぎくしゃくしてしまうんだな、となんとも微笑ましいシーンです。

是非、本編でチェックしてみてください!

スポンサーリンク

4.映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』で学べる英会話!

さぁ、今回はよく使うネイティブな英会話!

よく使うフレーズを『ハリーポッターと炎のゴブレット』のから抜粋してみました。

「信じられないかもしれないけど!」・・・そう言いたいときは、
Believe it or not!!(ビリーブ・イット・オア・ノット!)

どんな場面でどう使われるのか、ロンとハーマイオニーの会話に注目しましょう。

ロンはダンスパーティに行く相手がまだ決まっておらず、焦っています。

そこで、最終手段としてハーマイオニーを誘うことにしました。

ロン:Hermione… you’re a girl.
  (ハーマイオニー・・・そういえば女子じゃん。)

ハーマイオニー:Very well spotted.
       (よくわかったわね。)

ロン:Come with one of us!
   (僕たちのどっちかと行こうぜ。)

It’s one thing for a bloke to show up alone, but for a girl it’s just sad.
(男子が一人でパーティ行くのはいいけど、女子が一人で行ったら悲しいだろ。)

ハーマイオニー:I won’t be going alone!
(私は一人でなんて行かないわ!)

Because believe it or not, someone’s asked me! And I said yes!
(信じられないかもしれないけど、誘われたんだから!行くって返事したわよ!)

ロン:Bloody hell. She’s lying, right?
(まじかよ!うそついてるんだよな?)

あらら、ロン、ハーマイオニーを怒らせちゃった?女の子の気持ちは繊細なんだから、ロンももっと考えてーー!

ここでもロンの口癖がでてきていますね!気づきましたか?

なんだ?と思われた方は、『【ハリーポッターとアズカバンの囚人】動画無料視聴方法と感想!』に書いてありますよ!
チェックしてみてくださいね。

みなさんもこんなシチュエーションがあったらぜひ、使ってみてください!

まとめ

三大魔法学校対抗試合の開催とともに、ダームストラング専門学校、ボーバトン魔法アカデミーの生徒たちがやってくる今作は
新しい顔ぶれに新鮮味があふれています。

4年生のハリーに訪れる試練、三大魔法学校対抗試合の過酷な種目にハリーはどう立ち向かっていくのか?

そしてハリーはダンスパーティに誰を誘うのか?

ロンとハーマイオニーの関係にも注目です。

全シリーズの中でもカギとなる大事件が起きる今作は、見逃せません!

今すぐ「ハリー・ポッター」の世界へと飛びだってみませんか?

Believe it or not, 楽しめちゃいますよ!

映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』を安全かつ無料で見る方法は
U-NEXTがオススメです。

▼▼U-NEXTで 映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』はご覧いただけます。
映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』をすぐ見る

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

そのポイントを使えば、『ハリーポッターと炎のゴブレット』は無料で見ることができます。

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

関連記事

ファンタジー映画

映画『フィッシュマンの涙』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク 映画『フィッシュマンの涙』作品情報 【公開】 2015年(韓国) 【原題】 COLLECTIVE INVITATION 【監督】 クォン・オグァン 【キャスト】 イ・チョニ(サンウォ …

ファンタジー映画

菊地凛子映画ハイヒールあらすじと演技力の評価!公開日と映画館は?

2017年6月24日より劇場公開される映画『ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話』には、菊地凛子が1人2役に挑戦して、相反するキャラクターに見ごとに演じています。 監督はイ・インチョルが務める作品とは …

ファンタジー映画

怪物はささやくキャストとあらすじ!日本公開はいつ?試写会情報も

“その怪物が喰らうのは、少年の真実 ―。” 破壊と感涙のダーク・ファンタジー『怪物はささやく』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『怪物はささやく』の作品情報 【公開】 2016年(アメリカ・スペ …

ファンタジー映画

ゴーストスクワッドあらすじとキャスト【ノーメイクス映画】

松尾スズキが主宰する劇団「大人計画」の役者でありながら、映画監督として、キッチュでパワフルな独自の世界観が、常に全壊すぎる映画を世に贈けてくれる日本映画界の秘宝・井口昇監督。 『変態団』『キネマ純情』 …

ファンタジー映画

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ランサム・リグズによるベストセラー小説『ハヤブサが守る家』をティム・バートン監督が映画化。ティム・バートンらしさが随所に現れた傑作に仕上がっています。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となります …

ココマルシアター招待券10名様プレゼント
日本映画大学