Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2017/10/06
Update

映画『ナラタージュ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

島本理生が20歳の時に執筆した鮮烈な書き下ろし作『ナラタージュ』を、『世界の中心で愛を叫ぶ』から『ピンクとグレー』までの感情を揺さぶるラブストーリーを発表し続ける行定勲監督が映画化。

主演は松本潤と有村架純。ともに今までにないキャラクターに挑んで新境地を開拓したと言っていいのではないでしょうか。

以前ドラマ『失恋ショコラティエ』では姉妹を演じた二人が今度は身を焦がす恋に翻弄される二人を演じています。

共演は坂口健太郎、瀬戸康史、市川実日子。それぞれ決して多い出番ではありませんが印象深い演技を残しています、主題歌はRADWIPMSの野田洋次郎プロデュース。

スポンサーリンク

1.映画『ナラタージュ』の作品情報


(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

【公開】
2017年(日本映画)

【原作】
島本理生

【監督】
行定勲

【キャスト】
松本潤、有村架純、坂口健太郎、大西礼芳、古舘佑太郎、神岡実希、駒木根隆介、金子大地、市川実日子、瀬戸康史

【作品概要】
2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生の小説を、松本潤&有村架純で映画化。

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で知られる恋愛作品に定評がある行定勲監督が描く、高校教師と元生徒が織り成す禁断の純愛。

2.映画『ナラタージュ』のキャスト一覧


(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

松本潤(葉山貴司)
泉の高校の社会科教師で演劇部顧問、心に傷を持ち泉に依存していく。
  
有村架純(工藤泉)
孤独な高校生活の中で葉山に救われる。再会したこと葉山への恋が再燃。

坂口健太郎(小野怜二郎)
演劇部に助っ人でやってくる。泉に惹かれていく。

瀬戸康史(宮沢慶太)
社会人となった泉が働く映画会社の後輩社員。

市川実日子(葉山美雪)
葉山の妻、心のバランスを崩して葉山と離れる。

スポンサーリンク

3.映画『ナラタージュ』のあらすじ


(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

現代

映画業界で働く工藤泉は夜遅くまで残業の日々。

地元の友人からは働きすぎだとあきれられる。外はいつしか大雨になっていました。出先から帰ってきたずぶ濡れで帰ってきた後輩社員の宮沢にタオルを渡す泉。

泉は外の雨を見ながら泉はそっともう動かない懐中時計を取り出します。

雨とこの懐中時計は泉の “壊れるほどの恋”を想いださせるものでした。

それは、かつて心から愛した高校時代の教師、で泉の所属した演劇部の顧問の葉山貴司(松本潤)から贈られたものでした。

高校生時代

泉は自分の居場所を感じられず高校生活を過ごしていました。

高校三年生のある日、偶然すれ違った教師の葉山から演劇部に誘われます。

そこで泉はやっと居場所を得られたような気がします、と共に葉山の存在が自分の中でどんどん大きくなっていくのでした。

一方で葉山の中でも泉の純粋さが大きくなっていきました。

葉山は実は既婚者だったということを打ち明けます。葉山はどこかで妻を想い続け、籍は抜かずに帰りを待っていました。

しかし、その一方で葉山もまた心が揺れ動き、泉の純粋さに依存していきます。

卒業の日、互いへの想いから葉山と泉は唇を重ねるのでした。

泉は“一生に一度の恋”として葉山への想いを抱えたまま卒業していきました。

大学生時代

大学2年。卒業の日のキスから丸2年、泉の心の中には葉山が居続けています。

そんなある日、泉のもとに葉山から連絡が入ります、二人にとって二年ぶりの会話。

葉山からの話は演劇部の卒業公演の手伝ってくれないかという話でした。

今の演劇部員は3人しかいなくてまともに一つの演目もできない状態でした。

そこで泉と同級生だった山田志緒と黒川博文のカップルと黒川の友人で演劇経験のある小野玲二が加わって卒業公演は何とか形になっていきます。

期せずして再会を果たした二人、週に一度高校で演劇の練習を重ねるうちに二人の心が動き出してきます。

一方でOB組と小野は4人で過ごす時間が増え仲も深まっていく、その中で小野は泉に惹かれていきます。

ある雨の夜、葉山からの弱々しい声で電話がかかります。駆け付けた泉そこには深酒をして動けなくなっていた葉山がいました。

泉は葉山を家まで送ることに。一瞬近くなった二人の距離、しかし泉は葉山の嘘を知ってしまいます。

葉山の妻は心を病みそれゆえに妻の両親に求められて別々に暮らしていることを、そして葉山は籍を抜かずに妻の帰りを待っていることを。葉山の嘘に混乱する泉をきつく抱きしめますが泉の心には大きな穴がぽっかりと空いたようだった。

本公演は終わっても泉は葉山に距離を感じたままだった。心揺れる泉を見て小野は突然実家に誘います。

思わぬ暖かみに心和む泉。そんな泉に小野は想いを告げます。葉山の存在を振り切るために泉は小野の想いを受けることにしました。

最初は順調に見えた泉と小野の交際は、泉の行動や物事のはしはしに見え隠れする葉山の存在に小野は嫉妬を覚えるようになっていきます。

それでも泉は葉山の存在を自分の中から少しでも消し去って小野に接しようとします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ナラタージュ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ナラタージュ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ラスト

小野との道を歩もうとしていた中で、突然の悲しい知らせが届きます。

公演の練習のころからどこか悩みがあるように感じていた女子演劇部員の自殺騒動が起きてしまい、救急搬送先で泉達は葉山と出会ってしまいます。

教え子の自殺騒動で明らかに動揺している葉山を見て泉は心が揺れます。

自分の中の葉山の大きさを実感した泉は、一度は小野と共にその場を去りましたが葉山への想いを忘れられず、小野に詫びながら別れを告げ葉山のもとへ走ります。

病院の前で茫然自失としていた葉山の前に駆けつける泉、二人は強く抱きしめ合いました。

そして、葉山は一つの決断をします、転勤して妻のもとに向かうと。

これを告げられた泉はそれを受け入れたうえで改めて葉山への愛を告げ、葉山も泉のことを愛していると答えます。

別れを決め、そのうえでお互いの愛を確かめ合った二人は結ばれます。

最後に葉山は泉にあるものを贈ります。それこそあの懐中時計でした。

泉はそれを受け取り、二人は別れます。

現代

結局、残業で会社に残り続けた泉。外の強い雨はいつしかやみ、夜が明け始めていました。

4.映画『ナラタージュ』の感想と評価


(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

ナラタージュ』の映画化は行定勲監督の12年越しの企画でした。

監督のもとに原作が持ち込まれたのがちょうど『世界の中心で愛を叫ぶ』のころの話です

原作『ナラタージュ』は島本理生の初の本格書下ろし作品ということで、デビュー作に近い作品です。

それゆえに文章の表現、構成などには正直粗さも感じました。

ただ、その粗さが“本当の恋愛の形”、“恋愛の現実(=リアル)の痛み”を語っていくには合っていました。

一方で行定監督自身の『世界の中心で愛を叫ぶ』以降ライトなテイストのボーイミーツガール型ラブストーリーが日本映画の主流になっていきました。

皮肉にも行定監督自身が作った流れが『ナラタージュ』の映画化の道を険しいものにしてしまいました。

しかし、その時間は決して無駄ではありませんでした。

行定監督は大型企画もこなせるヒットメーカーとなり、主演に松本潤と有村架純を得ることができました。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

はっきりとした性愛描写も松本潤と有村架純は受け入れました。

松本潤は本来のスター性・強い目地からを封印、監督からの“100%の松本潤を40%の松本潤”にという求めに応えました。

そこにいたのは精神的なもろさを抱える一人の男でした。

有村架純も今までにない包容力と母性を感じさせる役どころで、松本潤演じる葉山を一途に想い続ける儚さと、時に葉山を支える強さを併せ持つヒロインを好演しました。

「キラキラした映画はたくさん作られているけど、現実の恋愛はそうじゃない、こんなことだったら恋愛なんてしなきゃよかったという恋愛の一面を描いて、いい意味で若い人たちを傷つけたかった」という監督の狙いは見事にはまった、久しぶりに痛みを感じる恋愛映画が誕生しました。

スポンサーリンク

関連記事

ラブストーリー映画

映画『きみへの距離、1万キロ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

カナダ映画『きみへの距離、1万キロ』の原題は『Eye on Juliet』。 “ジュリエットの瞳”とは、文字通りイギりスの劇作家シェークスピアの『ロミオとジュリエット』から得た引用です。 しかも、本作 …

ラブストーリー映画

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

“悪い予感だらけの今日と明日が、少しだけ、光って見えた。” 優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『夜空は …

ラブストーリー映画

映画『カーラヌカン』あらすじとキャスト。公開日時と映画館も

映画『カーラヌカン』は、3月10日より渋谷HUMAXシネマほか全国ロードショー! 写真家の主人公の大山光は、都会での心が満たされない生活から離れ、沖縄を訪れます。 美しいサンゴ礁の浅瀬にいた美少女の石 …

ラブストーリー映画

映画『ぼくらの亡命』あらすじと感想レビュー!【内田伸輝監督作品】

前作『さまよう獣』から四年。内田伸輝監督の新作『ぼくらの亡命』は、思いっきり、じっくり撮ってみたいという監督の想いから、完全自主制作という形で生まれました。 第7回サハリン国際映画祭(2017年8月2 …

ラブストーリー映画

映画『蝶々夫人』ロイヤルオペラの公開日と上映館は?

映画館でオペラを観るのはいかがでしょうか? 日本に魅せられたプッチーニが書き上げたオペラ名曲『蝶々夫人』。ロイヤル・オペラは2017年5月26日(金)から公開! 他人を愛することを知ったわずか15歳の …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP