Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『あなたの名前を呼べたなら』ネタバレ感想とレビュー評価。インドの女性監督がカースト制度でのラブストーリーを描く

  • Writer :
  • もりのちこ

インドの差別社会に一石を投じる作品。
自分らしく生きるとは?

インドのムンバイを舞台に、メイドのラトナと主人のアシュヴィンの、身分違いの恋を描いたラブストーリー『あなたの名前を呼べたなら』。

監督は、これまで助監督や脚本家としてヨーロッパでも活躍する、ムンバイ出身のロヘナ・ゲラ監督です。

現代でもカースト制度が根深いインドの差別社会に、変革を起こしたいという熱い想いが込められています。

今作が長編デビュー作となり、2018年カンヌ国際映画祭批判家週間「GAN基金賞」を受賞しました。

誰もが夢を抱き、羽ばたくことが出来る。自分らしく生きる勇気を与えてくれる作品『あなたの名前を呼べたなら』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『あなたの名前を呼べたなら』の作品情報


(C)2017 Inkpot Films Private Limited,India

【日本公開】
2019年(インド・フランス合作映画)

【監督】
ロヘナ・ゲラ

【キャスト】
ティロタマ・ショーム、ビベーク・ゴーンバル、ギータンジャリ・クルカルニ、ラウル・ボラ、ディビヤー・セート・シャー、チャンドラチュール・ラーイ、ディルナーズ・イーラーニー、バーギャシュリー・パンディト、アヌプリヤー・ゴーエンカー、アーカーシュ・シンハー、ラシ・マル

【作品概要】
インド社会に根深く残る差別問題を、ムンバイ出身の女性監督ロヘナ・ゲラが、メイドと主人のラブストーリーを通して、訴えかけます。

主人公ラトナを演じるのは、女優業の他にニューヨーク大学の演劇教育の修士号を取得し、貧困や暴力、セクシュアリティーなどの問題に取り組んできた経験を持つ、ティロタマ・ショーム。

身分違いの恋に悩みながらも、自分の夢を諦めず強く生きる女性を演じています。

また、ラトナの主人アシュヴィンを演じたのは、インド系シンガポール人のビベーク・ゴーンバル。

映画『あなたの名前を呼べたなら』のあらすじとネタバレ


(C)2017 Inkpot Films Private Limited,India

インドのムンバイにある高級マンション。主人のアシュヴィンは、建設会社の御曹司で、明日には結婚式を控えていました。

ここで住込みで働くメイドのラトナは、その間、実家の農村へと里帰りをしていました。

ところが、急な呼び出しでマンションに帰ることになるラトナ。主人のアシュヴィンとサビナの結婚がキャンセルになったのです。原因は、サビナの浮気でした。

傷心のアシュヴィンは、食欲もなく疲れ果てているようでした。ラトナは、孤独なアシュヴィンにそっと寄り添うように、暖かい料理を作り、身の回りの世話をしていきます。

落ち込むアシュヴィンに、ラトナは自分の生い立ちを話します。少しでも元気付けたい一心でしたが、あくまでもメイドの立場はわきまえています。

ラトナは、結婚して4カ月で夫を病気で亡くし、未亡人となりました。子どももいないラトナは、メイドのお金で妹を学校へ通わせています。夢は、ファッションデザイナーになり、妹と一緒に洋服店を開くことです。

強く生きるラトナの姿に、アシュヴィンも次第に元気を取り戻していきます。

ある日、ラトナはファッションデザイナーへの一歩として、仕立ての勉強を受けたいとアシュヴィンに相談します。

主人が仕事で留守の間、数時間の勉強を、アシュヴィンは快く応援してくれました。

メイド仲間のラクシュミの協力で、生地や装飾品の買い出しに出かけるラトナは、希望に満ち溢れていました。心の充実はラトナを笑顔にし、アシュヴィンも嬉しそうです。

アシュヴィンにもまた夢がありました。兄が亡くなり家を継ぐことになったアシュヴィンは、アメリカから戻っていました。ライターとして活躍しながら小説を書いていたアシュヴィン。その夢は、諦めたままです。

「ラトナにはブレイヴがあるね」。アシュヴィンの言葉に意味が分からず曖昧に頷くラトナ。2人の関係は徐々に近づいていきます。

マンションにアシュヴィンの友達たちが遊びにやってきます。グラスを片付けようとしたラトナは、立ち上がった女性とぶつかり、ドレスに飲み物をこぼしてしまいます。

「どうしてくれるの?給料からドレス代を引くわよ」と怒る女性に、アシュヴィンはラトナをかばいます。

「メイドをかばうなんて変な奴」と、皆帰ってしまいました。インドに根付く階級制は、絶対なのでした。

洋服に見とれてブティックに入ったラトナは、店員に締め出されます。メイド仲間のラクシュミは、子どものしつけの件で雇い主に怒鳴られます。雇う者と雇われる者、決して交わることはないのです。

以下、『あなたの名前を呼べたなら』ネタバレ・結末の記載がございます。『あなたの名前を呼べたなら』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2017 Inkpot Films Private Limited,India

アシュヴィンは、洋服作りを頑張るラトナに、ミシンをプレゼントします。驚きながらも、大事そうにミシンに触れるラトナ。

「ご主人様。ありがとうございます」。心からの感謝の気持ちを伝えます。

その日は、ムンバイの祭りの日でした。町中で音楽が流れ、皆が踊っています。ラトナも仲間たちと楽しそうです。

アシュヴィンと一緒に家に帰るラトナ。2人の間には確かに愛が生まれていました。

アシュヴィンは、ラトナの腕をとり引き寄せます。ゆっくりと額にキスをするアシュヴィン。そして、2人はお互いの気持ちを確かめるように唇を重ねます。

その時、電話が鳴り響きます。大奥様からの電話に、現実に戻ったラトナは、アシュヴィンを遠ざけます。

「私は過ちを犯しました。笑いものになってしまいます」。「構うもんか」。アシュヴィンは、すべて覚悟の上でした。

しかし、2人は一緒に外出することも出来ません。屋上にやってきた2人は、そこから見渡せるムンバイの夜景を見ながら、話し合います。

「旦那様と呼ぶのは止めてくれ」。アシュヴィンの願いは叶いませんでした。

「今夜のことは忘れて下さい。ご主人様」。2人にとって、この恋は決して良いものではありませんでした。

それでも、ラトナに優しくしたいアシュヴィンの態度は、周りで噂となります。ラトナは、メイドを辞め、出て行くことを決心します。静かに声を殺し、泣くラトナ。

止めることも出来ないアシュヴィンは、せめて、田舎に帰らず、夢の支援はさせてくれと声をかけます。

「連絡はしないでください」。そう答え出て行くラトナ。しばらくは、妹の所にいることにしました。やはり、ファッションデザイナーの夢は諦めきれません。

そんな時、ラトナにある人物から連絡が入ります。それは、以前マンションで飲み物をかけてしまった女性でした。

ファッション関係の仕事をしている彼女は、ラトナの作った服を見て、デザイナーの仕事を与えてくれたのでした。

それは、アシュヴィンの協力でもありました。それを知るラトナは、アシュヴィンのマンションへ向かいます。

しかし、アシュヴィンはすでにアメリカへ引っ越した後でした。思い出の屋上で、ムンバイの景色を眺めるラトナの携帯電話が鳴ります。

「もしもし、ラトナ?」。電話の相手はアシュヴィンでした。

しばらく続く沈黙。ラトナは笑顔で答えます。「アシュヴィン」。初めて呼ぶ名前でした。

スポンサーリンク

映画『あなたの名前を呼べたなら』の感想と評価


(C)2017 Inkpot Films Private Limited,India

経済発展著しいインドであっても、カースト制度は、いまだに人々の暮らしに根深く残っています。

映画『あなたの名前を呼べたなら』は、そんなインドの差別社会に一石を投じる作品となっています。

主人公のラトナは、貧しい農村出身で未亡人、嫁ぎ先から食い扶持を減らすために使用人として出され、給料から仕送りを続けています。

現実のインド社会ならば、夢も自由もなく受け入れ過ごしていくばかりなのでしょう。

しかし、ラトナは自分をしっかり持った魅力的な女性です。夢を抱き、叶える手段を知っています。優しい人柄で、周りの仲間からも応援されます。

ラストシーンで、主人のアシュヴィンの名前を「旦那様」とは呼ばず、「アシュヴィン」と名前で呼んだラトナの笑顔には、これからのインドの未来への希望が現れていました。

また、主人のアシュヴィンも、アメリカで学び暮らした経験から、ひとりの人間としてラトナに接します。グローバル化で、少しづつ男性の意識も変わって来ているのかもしれません。

インドでは、映画祭での上映は行われたようですが、劇場での公開にはなっていないようです。多くの方がこの映画を観て、現状を考えるきっかけになることを願います。

「翼を広げて、踏み出そう、生きてみよう」と歌われる、インド映画ではお馴染み「踊るマハラジャ」要素もあり、メッセージのこもった曲が印象的です。

また、アートな一面でも楽しめる映画です。ムンバイの美しい街並みや、カラフルなサリーの衣装、フランス調の家具など、とてもオシャレで素敵な映像も見どころです。

まとめ


(C)2017 Inkpot Films Private Limited,India
インドの厳しい身分制度の中、惹かれ合う主人と使用人のせつないラブストーリー『あなたの名前を呼べたなら』を紹介しました。

「ご主人様ではなく、自分の名前を呼んで欲しい」。「あなたの名前を呼べたなら」。対等の立場で一緒に歩んで行きたい。

主人の名前を呼ぶことも許されない、インドの根深く残るカースト制度の中で、2人の恋は最大のタブーでした。

好きな人を名前で呼ぶという当たり前の事が、当たり前じゃない社会があるという現実を知るべきです。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『ラ・ラ・ランド』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2017年1月24日に第89回米国アカデミー賞はノミネート作品を発表されました。予想通りの作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞など、13部門に14ノミネートは、『ラ・ラ・ランド』は他の追随を許さない …

ラブストーリー映画

映画『貌斬りKAOKIRI』感想と考察!ディザスタームービーの俳優たち

本作『貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より』は、細野辰興監督の10作品目で、ひとつの節目となる作品です。 この作品の題材に用いられたのは、「長谷川一夫の暴漢顔切り事件」。 昭和 …

ラブストーリー映画

寝ても覚めて映画あらすじとキャスト!エキストラ募集ロケ地は東京大阪も

2015年に公開された映画『ハッピーアワー』は、ロカルノ国際映画祭コンペ部門で最優秀女優賞で旋風を巻き起こしたのを記憶する映画ファンも多いはず。 その際に監督を務めたのは濱口竜介監督。監督の2018年 …

ラブストーリー映画

『フォルトゥナの瞳』ネタバレ感想。映画と原作本(百田尚樹)の違いを徹底解説

人の運命は最初から決まっているのでしょうか? ローマ神話に伝わる運命の女神「フォルトゥナ」その瞳を持ってしまった者には、死を目前にした人間が透けて見えるという。 あなたは、目の前の人が死ぬ運命にあるこ …

ラブストーリー映画

『真夜中の五分前』動画無料視聴はHulu!ネタバレ感想と原作紹介

映画『ナラタージュ』の監督である行定勲が、三浦春馬を主演に向かえ、ほぼ全編を中国を舞台にしたミステリー調のラブストーリーです。 原作は日本の作家・本多孝好で、日本が舞台だった原作を、大胆に脚色し、雰囲 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP