Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『ニセコイ』あらすじネタバレと感想。キャスト中条あやみの銀幕に輝く違和感が素敵すぎる⁈

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ニセコイ』はラブコメ作品としては、週刊少年ジャンプ史上最長連載記録を作った古味直志の同名原作を映像化。

監督は『映画鈴木先生』『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』『兄に愛されすぎて困ってます』などのこのジャンルを得意とする河合勇人。

SEXYZONEの中島健人と中条あやみのW主演に加え池間夏海、島崎遥香、岸優太、青野楓などの若手キャストにDAIGO、丸山智巳、団時朗、宅麻伸などベテランが脇を固めています。

スポンサーリンク

映画『ニセコイ』の作品情報


(C)2018映画「ニセコイ」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原題】
古味直志

【脚本】
小山正太

【監督】
河合勇人

【キャスト】
中島健人、中条あやみ、池間夏海、島崎遥香、岸優太、青野楓、河村花、GENKING、松本まりか、丸山智己、加藤諒、団時朗、宅麻伸、DAIGO

【主題歌】
ヤバイTシャツ屋さん『かわE』

【作品概要】
週刊少年ジャンプで連載されたコミック『ニセコイ』を、映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』で知られた中島健人、また『覆面系ノイズ』の中条あやみのダブル主演で実写映画化。

演出は『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』の河合勇人監督。

映画『ニセコイ』のキャラクターとキャスト


(C)2018映画「ニセコイ」製作委員会

一条楽(中島健人)
本人はいたってまじめな高校生だが、実家は暴力団の『集英会』。

柿崎千棘(中条あやみ)
金髪&ハーフの気の強い女子高生、実家はギャング組織ビーハイブ。

小野寺小咲(池間夏海)
楽が想い寄せるおっとりタイプの女子高生、実家は和菓子屋、実は楽が好き。

橘万里花(島崎遥香)
ふわふわしたタイプ転校生、楽を追いかける。父親は警視総監。

舞子集(岸優太)
楽の親友で明るい性格。

クロード(DAIGO)
ビーハイブの幹部で楽が千棘の関係を疑う。傍らにヒットマンの鶫征士郎を従えている。

アーデルト(団時朗)
千棘の父でビーハイブのボス。

一条一征(宅麻伸)
集英組組長で楽の父。実はアーデルトとは旧知の仲。

スポンサーリンク

映画『ニセコイ』のあらすじとネタバレ


(C)2018映画「ニセコイ」製作委員会

10年以上前、少年と少女は再会を約束、少年は鍵のペンダントを少女に渡して、自分は錠前のペンダントを大事にすることを誓います。

現代、その少年の楽は高校生になっていました。

今でも、夢に少女の姿を見る日々ですが、肝心の顔を思い出すことができません。

その一方でクラスメイトの小野寺小咲に惹かれていて、思い出の少女が小咲であればいいなと思う日々でした。

そんなある日、遅刻ギリギリで駆け込んだ楽の後ろから、同じように遅刻ギリギリで飛び込んできて、そのまま楽に膝蹴りを決めた金髪の女子高生がやってきます。

ぞの彼女は転校生の柿崎千棘でした。

金髪碧眼の美少女の登場に、にわかにクラスが盛り上がります。ところが、楽とは膝蹴りの一件があったので喧嘩腰になってしまいます。

その日の夜、父親の一征の呼ばれた楽は、敵対するギャングのビーハイブのボスのアーデルトに引き合わせられます。

新興のビーハイブと集英組は敵対関係にありましたが、実は一征とアーデルトは旧知の仲で抗争は避けたいのが本音。

そこで二人は一計を案じて双方の息子と娘を恋人のふりをさせ、“ニセコイ”の環境を作って見せることで双方の組織の抗争を鎮静化させようとしました。

そんな思惑を聞かされた楽が紹介されたのは、アーデルトこそ、あの柿崎千棘でした。

ニセコイに気が乗らない楽は、更に相手が千棘と聞いてさらに気が重くなります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ニセコイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ニセコイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

それは千棘も同じでした。ところが双方の組織の本格抗争は、避けたいので仕方がなくデートをしたりとニセコイをすすめます。

さらに、そのデート風景をクラスメイトに目撃されて、校内でも公認のカップルとなってしまいます。

小咲に想いを寄せる楽は、誤解を解きたいところでしたが、集英組やビーハイブの幹部クロードが常に監視していて恋人のふりをしないわけにはいけません。

ある日、橘万里花というお嬢様口調の転校生がやってきます。

来て早々楽に抱き着く万里花は、楽を追いかけてきたのでした。しかも父親は警視総監ということで、余計に話がややこしくなり、小咲への誤解は深まるばかりです。

実は鍵のペンダントの持ち主は小咲でした。小咲も楽のことを想い続けていました。

そんな小咲は、文化祭の出し物にロミオとジュリエットを提案します。

そして、ジュリエット役に立候補しようとしますが、楽の親友の集は実際の恋人同士の楽と千棘で演じればいいと言って配役を押しきってしまいます。

夏、林間学校、クラス一同はロミオとジュリエットの稽古かねているので、いつも以上に盛り上がっています。

小咲、万里花と同室になった千棘は、偶然、小咲が鍵のペンダントを持っていることを知ってしまいます。

楽に対して本物の好意を抱き始めていた千棘にとって、その真実は残酷なものでした。

翌朝、クロードたちと先に宿を出た千棘は、新学期早々ジュリエット役を降りること、代役は小咲にしたいということを言い出します。

クラスになじみ始めた千棘でしたが、このことでまた距離ができてしまいます。

急に態度が変わった千棘に楽は戸惑います。気が付けば楽も千棘に惹かれ始めていました。

文化祭当日、急なトラブルで小咲は怪我をしてしまいます。そして今度は代役に千棘を指名します。

楽を想い、その姿を見てきた小咲は千棘の想い知っていました。

舞台本番、楽と千棘はアドリブを交えて本筋からは大きく脱線しますが、劇は上々の盛り上がりでした。

舞台での二人の姿をみた小咲は、二人の間から身を引くことを決めます。

一方千棘もまた身を引こうとしていました。そしてひっそりとアメリカに帰ろうとしていました。

楽は小咲に千棘への思いを語ると一人空港に向かえます。

何と万里花が先導して渋滞を切りに抜け、空港にたどり着いた楽は、立ち塞がったクロードにも一歩も引かずに迫ります。

滑走路、プライベートジェットが今まさに飛び立とうとしている時、機内の千棘は楽の姿に気が付きます。

飛行機から飛び降りた千棘は楽に駆け寄り抱きつきます。

ニセコイが本物の恋になった瞬間でした。

映画『ニセコイ』の感想と評価

銀幕に輝く違和感の女優・中条あやみ

参考映像:『覆面系ノイズ』(2017)


近年公開される邦画では、中条あやみ主演作品が立て続いています

『覆面系ノイズ』と『3D彼女リアルガール』に本作、そして、2019年早々に『雪の華が』待機中。

ハーフでモデルという出自もあってか、独特の違和感を感じさせる魅了的な女性となっています。

役処も実に非現実的なキャラクターなのですが、彼女が演じるとすんなりとはまります。

壮大な作りものでもある映画という装置により一層、輝きます。

年齢的にいつまでもこのタイプのキャラクターを演じられるかという問題はありますが、この非現実的な存在はできるだけ長くスクリーンで見ていたいですね。

参考映像:『雪の華が』(2019)

スポンサーリンク

まとめ

こちらも映画連投中、中島健人

一方で、ダブル主演のSEXYZONE中島健人も、ここへきて『心が叫びたがっているんだ』『未成年だけどコドモじゃない』と映画が続きます。

SEXYZONEの中でも俳優業ではリードしている中島健人。

ドラマも立て続けに出演してジャニーズ俳優のホープといってもいいのではないでしょうか?

今後が楽しみですね。

そんな中島健人が演じたのは、集英組の組長のひとり息子である一条楽。彼は勉学に勤しみ、ケンカなどは嫌いな一般的な男子高校生です。

楽は平凡な幸せのみを望みながら、忘れられない初恋があった…。

幼いころに出会った女の子と将来にふたたび出会ったら、結婚することを誓い合いでした。女の子には「鍵」、また楽自身は「錠」のペンダントをお互いに身につけますが…。

映画『ニセコイ』は12月21日(金)より全国ロードショー

関連記事

ラブストーリー映画

『クロエ』動画無料視聴はHulu!ネタバレあらすじと感想レビュー

『白い沈黙』『デビルズ・ノット』など、最近は怪しいげなサスペンスものに定評があるアトム・エゴヤン監督。 そんな監督のテイストに官能要素が加わると、どうなるのか。 ジュリアン・ムーア×アマンダ・セイフラ …

ラブストーリー映画

映画『honeyハニー』キンプリ平野紫耀(大雅役)のあらすじと感想レビュー

映画『honey』は3月31日(土)より鬼キュン♡ロードショー! 目黒あむの同名コミックを、新ユニット「Mr.King vs Mr.Prince(キンプリ)」でメジャーデビューする平野紫耀と、『未成年 …

ラブストーリー映画

映画『となりの怪物くん』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

菅田将暉、土屋太鳳主演の映画『となりの怪物くん』がTOHOシネマズ日比谷他で、全国ロードショーされています。 ろびこ原作の人気少女コミックを、『君の膵臓が食べたい』の月川翔監督が実写映画化!  誰もが …

ラブストーリー映画

映画『ぼくらの亡命』あらすじと感想レビュー!【内田伸輝監督作品】

前作『さまよう獣』から四年。内田伸輝監督の新作『ぼくらの亡命』は、思いっきり、じっくり撮ってみたいという監督の想いから、完全自主制作という形で生まれました。 第7回サハリン国際映画祭(2017年8月2 …

ラブストーリー映画

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』ネタバレ感想レビュー。原作を大きくアレンジした違いとは

三上延のベストセラーシリーズ『ビブリア古書堂の事件手帖』の映画化。 “キャラクター文芸“ブームの火付け役とも言える同シリーズが、コミック化やTVドラマ化を経て、遂に実写映画化。 “過去”と“今”が交差 …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP