Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2017/11/17
Update

映画『貌斬りKAOKIRI』感想と考察!ディザスタームービーの俳優たち

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

本作『貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より』は、細野辰興監督の10作品目で、ひとつの節目となる作品です。

この作品の題材に用いられたのは、「長谷川一夫の暴漢顔切り事件」。

昭和のテレビ番組では、芸能史特集を行なった際に、「美空ひばりの塩酸掛け事件」や「トニー谷の息子誘拐事件」とともに並んで放送されていたことが忘れられません。

細野辰興監督が日本映画史上最強のスキャンダルをテーマに選び、近年稀に見る気骨な映画をご紹介します!

スポンサーリンク

1.映画『貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より』の作品情報


(C)2015 Tatsuoki Hosono/Keiko Kusakabe/Tadahito Sugiyama/Office Keel

【公開】
2016年(日本映画)

【脚本・監督】
細野辰興

【キャスト】
草野康太、山田キヌヲ、和田光沙、金子鈴幸、向山智成、森谷勇太、森川千有、南久松真奈、日里麻美、嶋崎靖、佐藤みゆき、畑中葉子、木下ほうか

【作品概要】
『竜二Forever』で知られる細野辰興監督が、実際にあった俳優長谷川一夫の「顔切り事件」をモチーフに映画制作をする監督やスタッフ、また役者たちの人間模様を、実際の舞台と映画を混在させた意欲作。

2.映画『貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より』のあらすじ


(C)2015 Tatsuoki Hosono/Keiko Kusakabe/Tadahito Sugiyama/Office Keel

長谷川一夫(林長二郎)顔斬り事件。1937年、美男で評判だった林長二郎がスタジオから帰るところを2枚重ねのカミソリで頬を斬られ、日本中が騒然となった。日本映画史上最強のスキャンダラスな事件をモチーフにした作品。

映画は明石劇場という芝居小屋を舞台に“演劇”として始まります…。場所は高円寺のルノワールのレンタル会議室で、襲撃事件をモチーフとした映画の脚本会議が始まりました。

監督、脚本家、プロデューサーはじめとするスタッフたちは喧喧諤諤でした。

そのうえ映画が扱う題材があまりに過激なためスポンサーに、各方面から怪文書や嫌がらせも入ったとプロデューサーのスマフォに連絡が入ります。

さらには、遅れて到着したゆとり世代の助監督見習いや、映画愛に満ち溢れたウェイトレスの出現により、会議混乱のカオスとなり、皆が七転八倒します。

それでも監督は「なぜ長谷川一夫は顔を斬られなければならなかったのか?」と、リアルな仮説に至りたいと思いを曲げることはありませんでした。

そこで監督は、演じる者が感情移入を過すぎると、とても危険とされるロールプレイをしてみようと言いはじめます。

すると脚本会議はどう物語を書くかと言うことよりも、“スタニスラフスキー・メソッド”の場として、事件の当事者たちが何を考えて行動したのか、また出来なかったのかという、心のひだが露呈する修羅場へと移っていきます。

大入り満員の千秋楽を迎えた舞台では、ダブルキャストの主演女優のソワレ(午後の部)担当の1人が降板したいと言い張ったのはなぜか?

突如出番となったマチネ(午前の部)の主演女優はふたたび上がるはめとなる舞台で、仕掛けられた謎と愛、役者が演じることへ可能性を見出すことはできるのか…。

スポンサーリンク

3.映画『貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より』の感想と評価


(C)2015 Tatsuoki Hosono/Keiko Kusakabe/Tadahito Sugiyama/Office Keel

仮説① 演じることの昭和ヒロイズムと芸能の民

本作『貌斬り KAOKIRI』を観ながら、先だって観た武正晴監督の『リングサイド・ストーリー』を思い出しました。

とはいえ、2つの作品の世界観や作風は、まったく異質であり似て非なる作品です。

それでも似ている理由は2つある。まずは「演じることの魅力を見せた映画」であること。

武監督と細野監督のいずれの作品でも、力道山や長谷川一夫などといった戦後日本を代表するヒーローを登場させ、主人公の売れない役者に、貧乏してもプロ役者だと言わんばかりに“なぜ演じる”のかに焦点を当てています

これは単なる偶然の一致やコジツケではなく、ある種のヒロイズムに熱狂できなくなってしまった現代を表しているように感じられます。

また故にどちらの作品も「昭和の匂い」に満ち溢れ、台詞にも高度経済成長という時代とともに映画があるような気配がありました。

さらに、そこに世代もあるのでしょうが、センチメンタルやノスタルジーではなく、一抹の寂しさを覚えました。

昭和を描ける映画監督たちは、今後10年も経てば、いなくなってしまう恐れすらあるということに、少しショックを受けたのです。

昭和という時代背景(戦中戦後ではなく、高度経済成長ですら)は、昭和体験者である中堅監督以上の世代がいなくなれば時代考証など曖昧になり、コントのような昭和モドキ劇と成り果て、終わりなのだと思ったからです。

さて、時代劇はといえば戦国モノのような映画は、近年予算さえ確保できれば、CGなどの進歩で派手な作品も作られるようになりました。

しかし、そこに昔に生きた真の庶民を描く映画は皆無となっています。

例えば、博物館という施設がそれなりに残ったとしても、全国にあった民俗資料館は消えていくのと同じような現象でしょう。

それはなぜか?近代史研究をするには、あまりに闇の部分が多くアンタッチャブルとなっているからです。

細野辰興監督の『貌斬りKAOKIRI』では、「長谷川一夫の顔切り事件」にまつわり、重要な要素として芸能とやくざの関わりや、そして在日犯行まで登場してきます。

芸能というものが“河原乞食”を発祥としているのですから、それは当たり前のことですね。

例えば、昭和の味わいを持った橋口亮輔監督の名作『恋人たち』という映画があります。

この作品に登場した四ノ宮弁護士に相談に訪れたアナウンサーは、婚約者が“ブラッキー”だと嘆く場面を登場させました

細野辰興監督の『貌斬りKAOKIRI』でも、そのことが絶望的な愛の場面のモチーフになっています。

本作は世間に流されすぎていない、いかに骨太で気骨な映画であり、細野辰興監督の渾身の一作かが伺える一端と言えるでしょう。

仮説② 役者とは生き死にを繰り返す者なり

本作の物語は常に“入れ子の演技構造”で俳優たちが芝居を行なっています

分かりやすく言ってしまえば、“俳優役が演じている演技を演じている”というものです。

しかし、細野辰興監督はそれだけではありません。“演じ合っている俳優が別のベクトル(舞台内外)へと1人演じている”

“演じているフリを演じる”など演じることについて、四方八方に面白いメゾットが見られ、“演じると何か?どういうことか?”という問いで、あなたを楽しませてくれます。

それはなぜでしょう?(これはまとめで述べましょうね)

その答えを表記する前に、本作を鑑賞するうえで、役者たちの心境が分かりやすくなるメタファーな映画の楽しみ方をご紹介しますね。

細野辰興監督の演出の意図や真実がどうであれ、これは私の“真実を楽しむ仮説”です。(尾形蓮司ふうに…)

役者というものは、1つの舞台で与えられた役(人間)として生きる宿命を帯びています

つまり、本作の『貌斬りKAOKIRI』が演じられる千秋楽は、リハーサル期間を含めてその役に成り切ってきたことを演じる最後の日

命の最後の日。この舞台がこの世のすべてとするなら、この日までに俳優が演じてきた役柄の絶死する地球最後の日なのです。

翌日からはその役柄の人物はこの世には居ないばかりか、生きた場所(舞台)もありません

本作に登場する役者たちにとって、この舞台はディザスタームービーそのものなのと仮定しましょう。

ここに出てきた俳優すべてが、“映画に映り込んだ今では幽霊の面影”といえ、彼らが地球最後の日に、“予定調和という隕石”や“世間という隕石”から、どう最後の瞬間を生きようとしたのかを描いた作品とするのです。

であるならば、彼らのような孤独と恍惚を持つ流浪の民(芸能)ではないにしても、私たちのような一般的な人でも少しは理解ができるのではないでしょうか。

特にスタニスラフスキー探偵団として、“この世の終わり”に草野康太の演じた尾形蓮司と、山田キヌヲの演じた南千草が見たかった風景が理解できるかもしれません。

そして、南自身が2枚刃のカミソリという“接吻”を馳一生に斬りえたかどうか。

マスコミに取り上げられない売れない役者の尾形が大スターの馳一生に成れたかどうか。2人の愛に刮目せよですね!

まとめ


(C)2015 Tatsuoki Hosono/Keiko Kusakabe/Tadahito Sugiyama/Office Keel

本作は愛おしい悲恋と熟成の恋の二面を映画と舞台という構造の中で併記させた作品で、巧みな脚本は技量を見せつけた細野辰興監督ならではの映画といえるでしょう。

昭和の匂いと述べましたが、それだけではありません。東日本大震災以降の映画であると威風堂々と宣言もしていました。

私たちは日常でつい見失いがちですが、本作の“ディザスタームービーの俳優たちのように”、突然、いつ何時死ぬかもしれない。

細野辰興監督は冒頭間もなく俳優尾形に言わせた、『東日本大震災以降のこの国ではそれをイジメと言うのですか…。」

あなたを含め私たち観客の多くは誰かの役を演じる俳優ではありません。舞台演劇の芝居ごとに誰かの役に生まれ変わり生き続ける人生はないです

人は“あなた”という役を降りることはできない。『貌斬り KAOKIRI〜戯曲「スタニスラフスキー探偵団〜」より」という言葉がありました。

さて、感想の章で答えを持ち越した“演じるとはなんでしょう。

細野辰興監督の言いたかったことは、それぞれの役割りと役目という配役において、“演じる”とは生きることそのものかもしれませんよ。

予定調和を超えて生きる!見逃すには惜しい邦画。ぜひ、お見逃しなく!

映画『貌斬りKAOKIRI』の上映スケジュール

【日時①】
2017年11月15日(水)〜17日(金)

【上映館】
岡山シネマ・クレール
住所:岡山県岡山市北区丸の内1丁目5−1
TEL:086-231-0019

【日時②】
2017年11月24日(金)17:30〜 

【場所】
三鷹産業プラザ(第1回三鷹連雀映画祭11/23〜26)
住所:東京都三鷹市下連雀3丁目38−4
TEL:0422-40-9911
https://www.facebook.com/mitakarenjakuff/

関連記事

ラブストーリー映画

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』あらすじネタバレと感想。ラストの主人公ジョニーたちの決断が清々しい余韻を与える

“神の恵みの地“と呼ばれるイギリス・ヨークシャー地方を舞台に二人の孤独な青年の間に生まれる愛の行方を綴った映画『ゴッズ・オウン・カントリー』をご紹介します。 昨年7月に開催された「レインボーリール東京 …

ラブストーリー映画

映画『今宵、212号室で』感想評価と考察レビュー。大人のラブストーリーを監督クリストフ・オノレがコケティッシュに描く

映画『今宵、212号室で』は2020年6月19日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、シネマカリテほか全国にて順次公開 映画『今宵212号室で』は、50代を迎えた結婚20年の夫婦が陥る危機を描いた …

ラブストーリー映画

恋愛映画『きみに読む物語』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『きみに読む物語』は、1940年代に出会った男女と現代で年老いた二人の過去と現代を交差するように描いた恋愛物語です。 舞台はアメリカ南部のシーブルック。 まだ若きふたりがこの地で出会い、長い年月を …

ラブストーリー映画

映画『テロルンとルンルン』感想レビューと内容考察。恋愛ラブストーリーで岡山天音×小野莉奈が演じた“窓越しの初めて恋”

映画『テロルンとルンルン』は、孤独な青年と女子高生の切ないラブストーリー 広島県竹原市忠海を舞台に制作された映画『テロルンとルンルン』。2020年8月14日(金)より広島・八丁座、8月21日(金)より …

ラブストーリー映画

映画『どうしようもない恋の唄』ネタバレ感想。藤崎里菜トークイベントの様子も

人生どん底の男と、風俗嬢としての生き方しか知らない女。 2人が出会った事で、新たな人生の歯車が回り始めるラブストーリー『どうしようもない恋の唄』。 今回は本作『どうしようもない恋の唄』の内容を、8月9 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学