Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/11/13
Update

【ネタバレ感想】『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』の見どころ紹介

  • Writer :
  • 西川ちょり

「ブリット・ポップ」が全盛だった頃のロンドンから僕たちを引き逢わせてくれた音楽の物語がやってきた…。

新鋭ジョシュ・ホワイトハウスが”泣き虫ギタリスト”を演じた、『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』の作品情報


(C)Modern Life Pictures Limited 2016

【公開】
2018年(イギリス映画)

【原題】
Modern Life Is Rubbish

【監督】
ダニエル・ジル

【キャスト】
フレイア・メーバー,ジョシュ・ホワイトハウス、ウィル・メリック、マット・ミルン、トム・ライリー、デイジー・ビーバン、ソーチャ・キューザック、ジェシー・ケイブ、スティーブン・マッキントッシュ、イアン・ハート

【作品概要】
英国・ロンドンを舞台に、一組の男女の恋の行方をブリット・ポップとともに描く青春映画。タイトルの「モダンライフ・イズ・ラビッシュ」は、英国のロックバンド「blur」が1993年に発表した同名アルバムからとられている。

劇中には「レディオヘッド」、「スピリチュアライズド」、「コクトー・ツインズ」などイギリスを代表するバンドの楽曲の数々が登場する。

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』のあらすじとネタバレ


(C)Modern Life Pictures Limited 2016

リアムとナタリーはロンドンのレコード店で出逢いました。ナタリーが「blur」のベストアルバムを手にしていると、それを見たリアムが、「それはやめとけ」と声をかけたのが始まりでした。

ベスト盤を買うのは“ズル”だ、「blur」なら1stアルバム『レジャー』と次の『モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ』から聴かなきゃ、と彼は力説します。

それでもそのベスト盤を買おうとするナタリー。このベスト盤には他に入っていない曲が収録されているの、と彼女は語ります。彼女も「blur」の大ファンで、1 stから全て持っているのだそうです。

「うざかった?」と尋ねるリアムに、ナタリーは笑顔を返しました。

彼女は支払いをすますと、レジに置かれたチラシをとって店を出ていきました。リアムもそのチラシを手に取ります。「泡パーティー」という音楽パーティーの告知チラシでした。

パーティーに出向いたリアムはそこでナタリーをみつけ、改めて話をすると、音楽の好みがとても似ていることがわかりました。

意気投合した二人は恋人同士となり、一緒に暮らし始めます。

リアムは、「ヘッド・クリーナーズ」というバンドのヴォーカル件ギタリスト。いつか、自分のロックを大勢に届けたいと夢見るミュージシャンです。ナタリーも、レコードジャケットデザイナーになるという夢を持っていました。

ナタリーは大学卒業後、広告会社に就職します。それは決して望んだ道ではありませんでしたが、生活を安定させるための手段でした。

リアムの収入は不安定で、彼の夢を実現させるためにも、自分がささえなければと彼女は考えたのです。

しかし、今、二人は別れようとしています。ナタリーは自分のCDやレコードをカバンに詰め、出ていく準備をしていました。

リアムは、想い出の詰まったアルバムやCDを見ながら、二人の過去を思い出していました。

野外のロックフェスに出かけた時のことです。ひどい雨に振られて三日間、テントの中で過ごす羽目になってしまいました。

近くのATMは何時間も待たねばならず、所持金がないうえに食料もありません。リアムは何もせず、ナタリーを怒らせるような言葉を吐くだけです。

夢のようなことばかり語っているリアムに、ナタリーは「あなたのために自分の夢を諦めたのに、バンドやるならちゃんとやってよ!デモテープも作ろうとしないし!」と怒りをぶつけずにはいられませんでした。

二人の生活はすれ違い、また、リアムの頑ななデジタル嫌いも二人の仲に影響を及ぼしていました。

リアムは、デジタル化した音楽のダウンロードコレクションを一切認めず、CDやレコードのアナログ感にこだわり抜きました。そのため、ナタリーが、iPodで音楽を聴こうとすると烈火のごとく怒るのです。

デジタルの時代よ、とナタリーが言っても、彼はそうした音楽や、はやりのカフエなどはみんな企業による均一化の例だ、と忌み嫌うのでした。

ナタリーの会社が協賛したギャラリーの催しで、リアムが酒を飲んで暴れたことが決定打になってしまいました。

5年間のうち、唯一目をつけてくれていたレコード会社から良い返事をもらえなかったことが彼をそうさせたらしいのですが、ナタリーはもう限界だと感じます。

ナタリーは部屋を出ていき、リアムは傷心のうちに実家に戻るのでした。寝てばかりの彼に母が声をかけてきました。その日は彼の誕生日でした。

「こんな生活じゃふられるわね。起きて仕事を探しなさい」そういうと、母は誕生日プレゼントをくれました。あけてみると中からiPhoneが出てきました。

バンドのメンバー・オリーの紹介で働き始めたリアムですが、それは彼が忌み嫌っていたチェーン店のカフェのアルバイトでした。

ある日、偶然、ナタリーが会社の同僚の男と一緒にカフェにやってきます。「働いているのね」と彼女はリアムに声をかけました。

ナタリーと同僚の男は仲睦まじく見え、リアムは激しい嫉妬心にかられました。

ナタリーの同僚はエイドリアンといい、彼女に正式に交際を求めていました。

リアムと彼女が付き合っていたことを彼は知っていたので、彼女を気遣いますが、ナタリーは「私も前に進みたいの」と応えるのでした。

落ち込んでいるリアムにオリーは、恋愛アプリをやれよ、すぐに相手がみつかるぞ、とアドバイスします。リアムは恐る恐る、母がくれたiPhoneを取り出しました。

会う約束をしていた女性は現れませんでしたが、偶然、アメリカ人の女性と知り合います。

彼女は60年代のロンドンにあこがれており、彼に「生まれる時代を間違ったと思ったことある?」と聞きました。「いつも思ってる」と彼は応えました。

二人は付き合い始めますが、彼の好きな「レディオ・ヘッド」の音楽がかかると、彼女は「レディオ・ヘッド」は嫌い、うるさいからと吐き捨てるように言いました。それを聞いたリアムは今更ながらにナタリーのことを思うのでした。

ナタリーのような女性は他にはいない、彼女を失ったことの大きさがひしひしと感じられ、彼はますます悲嘆にくれるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』ネタバレ・結末の記載がございます。『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

そんな時、音楽プロデューサー、ザ・カーブの力で、“ヘッド・クリーナーズ”はライブをする機会を得ます。「一曲キラーチューンがあればいい!」というカーブの言葉に刺激され、リアムは曲作りに没頭しました。

ついにライブの日。ステージに上がった彼ら。演奏が始まると、様子見だった観客ものりのりになって声援を送ります。

リアムはナタリーと一緒にいた時に作った歌を披露するとメンバーに告げますが、まだ十分合わせられていないとオリーたちは演奏を拒みます。もし、ここで失敗したら? チャンスがふいになってしまいます。

リアムが一人で歌い始めました。観客はその曲を歓声で迎えました。オリーたちも、呼吸をあわせて、演奏を始めました。

盛り上がりが最高潮に達した時、突然、リアムは泣き始め、ステージを降りてそのまま楽屋に引きこもってしまいました。

オリーたちが説得しても彼は戻ろうとしません。カーブが駆けつけました。「ごめん、期待はずれで」とリアムは彼に謝罪します。「彼女が見ていなければなんの意味もない。失って初めてわかったんだ」

「アーティストに望むのはステージに魂を注ぐことだ。お前はよくやった」とカーブは言いました。そして意外なことを告白しはじめました。

「俺はカーブじゃない、デレックだ。数学教師だった親父と同居している。普段はテスコで働いている」

これまで聞かされた彼の様々な武勇伝は全て作り話だったというのです。「俺を信じてくれた。お前には才能がある」と彼は言い残すと、その場を去りました。

その頃、ナタリーはエイドリアンからフィレンツエに行かないかと声をかけられていました。それは事実上のプロポーズでした。「考えておいて」と彼は言い、ナタリーは行く決心をするのでした。

リアムは髪を切り、心機一転、まともな生活を始めました。

ある日、郵便局に行くと受付の女性が「あんただよね、泣き虫ギタリストって」と声をかけてきました。

驚いて聞き返すと「“ヘッド・クリーナーズ”の人でしょ。バズってるわよ。Facebookにはファンクラブのページまで出来ているわ」と彼女は教えてくれました。

泣きながら歌っている彼の姿がYouTubeにアップされ、人気を博していたのです。

ナタリーは、フィレンツエに行く準備を進めていました。すると、友人から「これ見た?」と動画が送られてきました。リアムが泣きながら、「リコリス・ガール」を歌っている姿が現れました。

エイドリアンは動画に目が釘付けになっているナタリーを見て、まだ彼女の心がリアムにあることを悟ります。フィレンツエには一人で行くと言い、君あてだ、とダンボールを手渡すのでした。

それはリアムからでした。開けてみると、リアムの手作りの小物がいくつかはいっており、その中に地図が入っていました。地図がしめす場所に行くと、お店の人がナタリーに花束を渡してくれました。

その花束の中にも地図がありました。たどりついた先には様々な工夫が凝らされていて、置かれていた手作りの望遠鏡を覗くと、リアムとナタリーが仲睦まじく歩いている姿が見える仕掛けが作られていました。

最後の場所はグリニッジ・パークでした。そこにリアムが待っていました。「俺が間違っていた。バカだった。俺は生まれ変わったんだ。君がどんなに素敵な人か毎日伝えたい」

そう言って彼はナタリーに歩み寄り、結婚を申し込みました。

「最初から決めてた。あなだだけよ。これからも」とナタリーは応えました。

スポンサーリンク

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』の感想と評価


(C)Modern Life Pictures Limited 2016

タイトルは、「blur」が1993年に発表した同名アルバムからとられています。

主人公の男女が出会うきっかけが「blur」のベストアルバムを巡ってのやり取りだったことや、ジョシュ・ホワイトハウス演じるリアムが、現代のテクノロジーやグローバリズムを否定した生き方をしていることから、このタイトルがつけられたのでしょう。

90年代から現代につながるブリット・ポップの名曲が次々と流れ、デジタルか、アナログか論争など、音楽好きあるあるな、エピソードが満載の、音楽好き必見の作品となっています。

音楽が三度の飯より好きな人にとって、ナタリーのような女性は理想の恋人に映るに違いありません。自分の趣味を理解してくれるだけでなく、彼女自身、その分野が好きで探求しているのです。

「The Smiths」がきっかけで男女が惹かれ合った『(500)日のサマー』を思い出します。好きな音楽は恋のキユーピッドなのです。

『(500)日のサマー』のカップルよりも遥かに恵まれている上に、彼女が経済的に支えてもくれているのに大切にしようとしないリアムはなんて愚かなのでしょう。

二人が別れたあと、リアムが知り合う女性がこれまた大の音楽好きで、60年代をこよなく愛するという、彼にぴったりそうな人物で、どれだけ恋人に恵まれてるんだ、と思わず嫉妬しそうになってしまいました。

ところが、同じ音楽好きでも、微妙に嗜好が違ってくると、これはもううまくいきません。こんなことなら、まったく趣味の違う人のほうがまだましです。

「レディオ・ヘッド」が嫌いというこの女性の一言で、二人の関係は終わってしまいます。音楽好きあるあるなエピソードですが、ここに来てようやくリアムは自分がかけがえのない人を失ったことに気づくのです。

売れない駄目ミュージシャンと献身的な女性の恋物語という超絶ベタなお話ですが、ジョシュ・ホワイトハウスのきょとんとした表情が愛くるしくて憎めず、また、ナタリー役のフレイア・メーバーの麗しさも相まって、爽やかな印象の作品に仕上がっています。

ジョシュ・ホワイトハウスは、これまでいくつかの映画に出演し、『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックイーン監督制作の短編映画で主演を果たしていますが、長編映画の主演はこれが初めてです。また、監督のダニエル・ジルも本作が初の長編劇映画で、そのフレッシュさがうまく作品にあらわれています。

終盤、リアムがナタリーに送る手作りの数々は、“工作映画”好きの嗜好までくすぐってきます。高価な指輪ではなく、工作を気に入ってくれる彼女ってやっぱり最高なんじゃないでしょうか。

まとめ


(C)Modern Life Pictures Limited 2016

The Libertines の「Don’t Look Back Into The Sun」、Stereophonics の「Dakota」、The Vaccines の「If You Wanna」など、ブリット・ポップの名曲が次々流れる中、披露される“ヘッド・クリーナーズ”の曲もなかなかの名曲です。

ジョシュ・ホワイトハウスは、インディーズバンド“MORE LIKE TREES”でリードボーカルを務めており、“ヘッド・クリーナーズ”のステージも堂々とこなしています。

泣き虫ギタリストとして、リアムが有名になるきっかけを作ったのが、かつて彼が徹底的に嫌ったデジタル世界に属するYouTubeだというのが面白く、また、ナタリーの新恋人が、“ヘッド・クリーナーズ”という名前を覚えられず、毎回間違って呼ぶのですが、そのバリエーションの豊富さに思わず笑ってしまいました。

ところで、ジョシュ・ホワイトハウスが2014年に出演した作品に『Northern Soul』というのがあるのですが、日本でのロードショー公開が2019年2月に決定したとのことです。

イギリス北部のユニークなクラブカルチャー、ノーザン・ソウルを描いた映画として早くから音楽ファンの間で話題になっていた作品です。どのような作品なのか、ジョシュ・ホワイトハウスがどのような姿を見せてくれるのか、非常に楽しみです。


(C)Modern Life Pictures Limited 2016

関連記事

ラブストーリー映画

映画『アイネクライネナハトムジーク』ネタバレ感想と解説。今泉監督だからこその平凡な人々の恋愛話が実に生き生きと爽やか

10年の時を超えてつながる恋と出逢いの物語 映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで公開されています。 人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小 …

ラブストーリー映画

まともじゃないのは君も一緒|ネタバレ解説と結末ラストの感想。恋愛ラブストーリーで“普通って何?”コミカルな関係を成田凌と清原果耶が魅せる

「まとも」って、なに!? まともじゃないのは「わたし」も一緒!? まったく噛み合わない2人が繰り広げる「まともじゃない」ラブストーリー『まともじゃないのは君も一緒』を紹介します。 映画『婚前特急』の前 …

ラブストーリー映画

カンヌ映画祭2017『光』永瀬正敏の演技と河瀬直美監督への評価

永瀬正敏は河瀬直美監督の前作『あん』に引き続き『光』でも主演を果たして、2017年のカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを踏みました。 彼は日本人初の3年連続のカンヌ入りをした俳優。また、俳優人生では4 …

ラブストーリー映画

恋愛映画『きみに読む物語』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『きみに読む物語』は、1940年代に出会った男女と現代で年老いた二人の過去と現代を交差するように描いた恋愛物語です。 舞台はアメリカ南部のシーブルック。 まだ若きふたりがこの地で出会い、長い年月を …

ラブストーリー映画

映画『花束みたいな恋をした』ネタバレあらすじと結末の内容解説。最後までキャスト菅田将暉×有村架純が共感させるラブストーリー

映画『花束みたいな恋をした』は、2021年1月29日(金)よりロードショー。 『東京ラブストーリー』『最高の離婚』『カルテット』など数々のヒットドラマを手がけてきた脚本家、坂元裕二。 坂元裕二のオリジ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学