Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/05/26
Update

映画『ラブセカンドサイト』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。大人のラブストーリーをフランソワ・シビルが演じて“真実の愛”を知る

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

最愛の女性が自分を知らない世界に迷い込み本当の“愛”を知るラブストーリー

『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督、『エール!』の制作陣が再タッグ!

若くして結婚したユーゴ・ジェラン監督が「一番大切な人に出会わなかったら、人生はどうなっていたのだろう?」と自身の結婚生活を見つめ直して生まれた、フランス初のラブストーリーの新たな傑作!

運命的な一目惚れをして結婚し、10年の歳月を経た男がある日、愛する妻は自分のことを知らない、自分の立場も真逆の別世界に迷い込んでしまいました。別の世界でもう一度愛を取り戻そうと奔走し、本当の“愛”を知っていきます。

『エターナル・サンシャイン』、『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』に続く、フランス発のオリジナルファンタジックラブストーリー。

スポンサーリンク

映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』の作品情報


(C)2018 / ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS

【日本公開】
2021年(フランス、ベルギー合作映画)

【原題】
Mon inconnue

【監督・脚本】
ユーゴ・ジェラン

【キャスト】
フランソワ・シビル、ジョセフィーヌ・ジャピ、バジャマン・ラベルネ

【作品概要】
祖父は名優ダニエル・ジェラン、父は俳優・プロデューサーのグザヴィエ・ジェランという名門一家に育つユーゴ・ジェランが監督を務めます。

前作『あしたは最高のはじまり』(2016)は本国フランスで8週連続トップ10入りを果たし、『エール!』(2015)の制作陣と再タッグを組みました。

ラファエル役は、第72回カンヌ国際映画祭で今後の活躍が期待される若手俳優に贈られるショパール・トロフィーを受賞し、今フランスで注目されているフランソワ・シビルが演じました。

キュートなヒロイン、オリヴィア役を演じたのはメラニー・ロランの監督2作目『呼吸―友情と破壊』(2014)で初主演を果たし、第40回セザール賞では有望若手女優賞を受賞したジョセフィーヌ・ジャピ。

コミカルなラファエルの友人フェリックスを演じたのは『セラヴィ!』(2018)のバジャマン・ラベルネ。本作で第45回セザール賞助演男優賞にノミネートされました。

映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』のあらすじとネタバレ


(C)2018 / ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS

高校生のラファエルは放課後、どこからともなく聞こえてくるピアノの音に導かれてオリヴィアと出会い、警備員から逃げ疲れた2人はバスのベンチで気絶してしまいます。

運命的な出会いによって一目惚れした2人は恋人になります。

そして2人は歳月を駆け抜け結婚し、オリヴィアはピアノ教室をしながらピアニストの頂点を目指し、ラファエルは2人をモデルにしたSF小説『ゾルタンとシャドー』がベストセラーになり有名作家になっていきます。

ラファエルは忙しくなると共にオリヴィアのコンテストを見に行かなくなり、食事も共にせず、2人の生活は次第にすれ違っていきます。

以前は読ませてくれていた原稿も読ませてくれず、会話も減っていったラファエルにオリヴィアの不満は募り孤独を感じています。

10年目をむかえたある日、我慢の限界に達したオリヴィアは自分の気持ちをぶつけ、2人は大喧嘩をしてしまいます。

荒れた部屋にオリヴィアを残し、外へ飛び出したラファエルはバーで飲み明かし、朝帰宅すると部屋にオリヴィアの姿がありません。

人気作家として中学の特別授業に訪れたはずが…、何かがおかしいとラファエルは感じます。

親友のフェリックスなど、知っている人であるはずなのにどこか話が噛み合いません。

オリヴィアの姿はどこにもなく戸惑っていたラファエルの目に飛び込んできたのはオリヴィアの載ったポスターでした。

自分の妻であるはずのオリヴィアが有名なピアニストになっており、オリヴィアはラファエルのことを知りません。

次第にラファエルは、自分が以前いた世界とは違う“別の世界”に来てしまったことに気づきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 / ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS

元にいた世界では売れっ子作家であったラファエルですが、今いる世界では親友フェリックスと卓球をすることが楽しみな国語の教師になっています。売れっ子ピアニストのオリヴィアとは立場が逆に。

フェリックスに自分は違う世界から来たと告げるも笑われて相手にされませんでしたが、卓球が全くできないラファエルを見て、自分の知っているラファエルではないことにフェリックスは気づきます。

それでも親友だというフェリックスは、ラファエルが元の世界に帰るための方法を共に探し始めます。

別の世界に飛ぶ引き金となったのは前日の喧嘩ではないか、と考えたラファエルとフェリックス。

再びオリヴィアと結ばれようと様々な手を尽くしてオリヴィアに接近を図りますが、有名人のオリヴィアは簡単には近づけない存在でした。

パーティー会場に上手く忍び込んだラファエルはオリヴィアと話すことができ、自伝作家と偽ります。

次第に友人となったラファエルは、オリヴィアの別荘でオリヴィアには長年連れ添っているマルクという恋人がいることを知ります。

10年間共に過ごし、オリヴィアのことは何でも知っている、この世界でもオリヴィアと結ばれると思っていたラファエルは戸惑います。

オリヴィアはラファエルと仲良くなると共に心が揺れましたが、長年共に過ごしたマルクと別れることはできず、プロポーズを受け入れました。ラファエルは肩を落とし、元の世界に帰りたいと嘆きます。

嘆くラファエルに対し、フェリックスは別れた恋人に手紙を書いても送ることができずたまった手紙の束を見せました。

自分は気持ちを伝えることもできないけれど、ラファエルは伝えることができるのだと鼓舞します。

ラファエルは元の世界で、自身のSF小説『ゾルタンとシャドー』で、オリヴィアをモデルにしたキャラクターが亡くなってしまう結末を書いたことを思い出しました。

小説の結末が別の世界に飛ばされたことと関係があるのではないかと考えたラファエルは、寝る間も惜しんで小説を書き始めます。

いよいよ小説を書き上げたラファエルは原稿をオリヴィアに見せようと、オリヴィアのリサイタルに向かいます。

オリヴィアのステージを見たラファエルは、自分と結ばれることがオリヴィアの幸せになるのか。自分の幸せより、オリヴィアにとっての幸せを考えることこそが本当の愛なのだと気づきます。

オリヴィアに渡すはずだった原稿をゴミ箱に捨て、リサイタルの後、マルクとフランスを離れるオリヴィアを見送ろうと決心するラファエル。

去ろうとするラファエルの元に現れたのはオリヴィアでした。2人は抱き合い、キスを交わすのです。

スポンサーリンク

映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』感想と評価


(C)2018 / ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS

運命的な出会いにより恋に落ちた2人。高校生で出会い結婚し、幸せな生活がずっと続くものだと思っていた2人ですが、次第にすれ違い始めます。

すれ違いにより、ラファエルが見失っていたのは、そばにいるオリヴィアの存在がいかに自分の人生にとってかけがえのない存在であったか、ということです。

ラファエルは自身の小説がベストセラーになり、忙しくなったことを理由に、オリヴィアのコンテストを見に行かなくなります。あがり症のオリヴィアにとってラファエルは自信を持って演奏できる心の支えでした。

ラファエルの小説はラファエル一人で作り上げたものではなく、オリヴィアと出会い彼女と共に過ごすことで出来た小説でした。

出来上がった原稿を何より楽しみにし、ラファエルを応援し続けたのはオリヴィアでした。忙しさを理由にオリヴィアと過ごす時間を疎かにされ、オリヴィアは孤独を感じています

2人の関係性を表すかのように、ラファエルは小説の結末で2人のうちどちらかが生き残ることができる場面になり、悩んだ末オリヴィアがモデルの登場人物が死んでしまう結末を選びます。

まるでラファエルにとってオリヴィアの存在は必要ないかのように…そしてその結末が現実になったかのように、ラファエルはオリヴィアと出会っていない世界に来てしまいます。

当たり前のようにそばにいたはずのオリヴィアがいない世界に来てやっとラファエルは、オリヴィアの存在の大きさに気づくのです。

最愛の人が自分のことを知らない、積み重ねてきた10年がこの世界でには存在しない悲しさのなか、もう一度オリヴィアと共にいられるように必死になるラファエル。

ラファエルの思いが届き、ハッピーエンドを迎えるかと思いきや、ラファエルが選んだのは、自分とオリヴィアが結ばれる未来ではなく、オリヴィアが幸せでいられる未来でした。

以前は自分本位でオリヴィアと過ごす時間を顧みなかったラファエルは、オリヴィアが自分のことを知らない世界にやって来て、彼女の存在の大切さを感じると共に、彼女の幸せを思う本当の“愛”を知ったのです。

自ら身を引いてオリヴィアとマルクの幸せを願ったラファエルを追いかけたオリヴィア。

2人はキスを交わしますが、その後ラファエルは元の世界に戻れたのか、それともこのままの世界でオリヴィアと結ばれたのかは明らかにされません。

あえて明らかにしないことで、自分本位であったラファエルが自分自身、そしてオリヴィアとの関係性を見つめ直し、本当の“愛”を知ること、その美しさが際立つのでしょう。

本作において忘れてはいけないのがラファエルの親友フェリックスの存在でしょう。

冗談を言いふざけているように見えるフェリックスですが、大事な場面でラファエルの背中を押し、気分が落ち込んでいるラファエルを笑わせたのもフェリックスでした。

まとめ


(C)2018 / ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS

自分の最愛の人が自分を知らない世界にやって来たラファエルが、本物の“愛”を知っていく映画『ラブ・セカンド・サイト』。

ラファエル役のフランソワ・シビルとオリヴィア役のジョセフィーヌ・ジャピの2人が美しく、高校生の頃の運命的な出会いから恋する2人の過ごす時間はロマンテックに流れていきます。

王道のラブストーリーと思いきや、すれ違い、朝起きると別の世界にきてしまったというファンタジックな展開に引き込まれていきます。

身近な存在だからこそ、その大切さを見失い、失ってから気づくことは誰しもあるでしょう。

本作は大切なものに気づかせ、自分本位ではなくその人のことを思う本当の“愛”について教えてくれます。

大切な人に会いたくなるような素敵なラブストーリーです。



関連記事

ラブストーリー映画

映画『寝ても覚めても』ネタバレ感想レビュー。ラスト結末までのあらすじを詳細に

同じ顔をした二人の男と一人の女。人は人の何に惹かれるのでしょうか?  柴崎友香の珠玉の恋愛小説を映画化! 前作『ハッピーアワー』でロカルノ、ナントをはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞し、その名を世界 …

ラブストーリー映画

映画『きみへの距離、1万キロ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

カナダ映画『きみへの距離、1万キロ』の原題は『Eye on Juliet』。 “ジュリエットの瞳”とは、文字通りイギりスの劇作家シェークスピアの『ロミオとジュリエット』から得た引用です。 しかも、本作 …

ラブストーリー映画

映画『ラ・ラ・ランド』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2017年1月24日に第89回米国アカデミー賞はノミネート作品を発表されました。予想通りの作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞など、13部門に14ノミネートは、『ラ・ラ・ランド』は他の追随を許さない …

ラブストーリー映画

映画『昼顔』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【上戸彩&斎藤工共演】

上戸彩、斎藤工主演映画『昼顔』が話題です。 社会現象ともなった人気テレビドラマ『昼顔 平日午後3時の恋人たち』の劇場版として制作された本作、ドラマのファンは勿論、映画ファンも楽しめる傑作に仕上がってい …

ラブストーリー映画

福山雅治映画『マチネの終わりに』あらすじネタバレと感想。大人のラブストーリーに少し背伸びがしたくなるかも⁈

映画『マチネの終わりに』は、2019年11月1日より全国ロードショー! 芥川賞作家・平野啓一郎の同題小説を福山雅治と、石田ゆり子で描く大人のプラトニックなラブストーリー。 東京、パリ、ニューヨークを舞 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学