Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/05/02
Update

映画『アルプススタンドのはしの方』あらすじと感想レビュー。青春を忘れた大人たちに観てもらいたい会話劇

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『アルプススタンドのはしの方』は2020年7月24日(金)より、シネマカリテほか順次全国ロードショー

映画『アルプススタンドのはしの方』は、兵庫県の東播磨高校の演劇部が第63回全国高等学校演劇大会で文部科学大臣賞を受賞したのち、全国の高校で上演され続け、浅草九劇での舞台化が反響を呼んだ名作戯曲を映画化した作品です。

監督は、『味見したい人妻たち』(2003)でデビューし、ピンク大賞の新人監督賞を受賞した城定秀夫。脚本を務めたのは奥村徹也。コメディ作品を多く上演し、その笑いのセンスとテンポの良さは本作の魅力の一つです。

映画『アルプススタンドのはしの方』は、それぞれ悩みを抱えながら自分を見つめ直す高校生たちの姿から、勇気と癒しをもらえる青春映画となっています。

スポンサーリンク

映画『アルプススタンドのはしの方』の作品情報


(C)2020「On The Edge of Their Seats」Film Committee

【公開】
2020年(日本映画)
 
【原作】
東播磨高校の演劇部教師 籔博昌による戯曲
 
【監督】
城定秀夫

【キャスト】
小野莉奈、平井亜門、西本まりん、中村守里、黒木ひかり、目次立樹
 
【作品概要】
監督を務めたのは城定秀夫。『味見したい人妻たち』(2003)でデビューし、ピンク大賞の新人監督賞を受賞。

その後『ガチバン』(2008)や『静かなるドン 新章』(2009)など映画作品をはじめ、数々のビデオ作品で監督、脚本を務めています。2017年から2019年までピンク大賞の作品賞を連続受賞し、100タイトルをも越える作品の監督を務める実力者です。

最近では、俳優佐藤二朗の演劇ユニット「ちからわざ」の舞台劇を、山田孝之主演で映画化した『はるヲうるひと』(2020公開予定)に、脚本協力で携わっています。

脚本を務めたのは奥村徹也。2014年に劇団献身を旗揚げし、コメディ作品を多く上演しています。その笑いのセンスとテンポの良さは本作の魅力の一つとなっています。

『アフロ田中』(2012)や『君が君で君だ』(2018)の監督を務めた松井大吾が率いる劇団ゴジゲンのメンバーとしても活躍中です。

舞台の映画化である本作は、安田あすは役の小野莉奈、田宮ひかる役の西本まりん、宮下恵役の中村守里がメインキャストとして続投しており、息の合った演技を見せています。

そこに、男子生徒役として絶妙なスパイスを加えているのが、藤野富士夫役の平井亜門。『左様なら』(2019)や『レイのために』(2020)などに出演している期待の若手俳優の一人です。

映画『アルプススタンドのはしの方』のあらすじ


(C)2020「On The Edge of Their Seats」Film Committee

夏の甲子園大会の観客席。吹奏楽部や応援団が賑わう中、人があまりいない隅の方に座った演劇部員の安田と田宮。事情により演劇の大会に出られなかった2人には、ぎこちなさが漂っていました。

野球のルールがよくわからない安田と田宮が何とはなしに観戦しているそばで、元野球部の藤野が腰を下ろし、いつの間にか3人で戦況を見守るようになります。

その少し離れた場所にいた宮下は、成績優秀ながら人付き合いが下手で遠慮がちに試合を見ていました。強豪校との試合で苦戦する母校の野球部を見つめながら、それぞれの本音がこぼれはじめます。

スポンサーリンク

映画『アルプススタンドのはしの方』の感想と評価


(C)2020「On The Edge of Their Seats」Film Committee

アルプススタンドだけで見せる75分間のドラマ

本作は甲子園の試合を一切見せることなく、観客のセリフと目線だけで試合運びを伝えます。はじめは全く野球に興味がなかった女子高生がしだいに興奮して観戦する姿は臨場感に溢れています。

また、はじめはルールも分からなかった女子高生が会話の中で少しずつルールを覚えていくので、普段野球を見ない人でも理解できるようになっています。

解説というほど堅くなく、興奮交じりの実況術がとても巧みで思わず目の前にマウンドが見えるような気がしてしまうのです。

登場人物それぞれの背景や悩みを描きつつ、甲子園の一試合のなかでクライマックスを迎える凝縮された75分間は無駄がなく見事です。

諦めて生きている大人たちに刺さる

本作の主人公は高校生ですが、これは青春時代を既に通りすぎた大人たちに向けられた映画といえます。

自分の能力の限界を勝手に決めて諦めてしまったり、自分よりできる他者と比べて頑張っても無駄だと投げ出したりすることは、社会生活を送る大人たちにとってよくあることではないでしょうか。

沢山の壁にぶつかって失敗や挫折を繰り返すうちに良くも悪くも学んでしまう。それでも、自分が今できることを精一杯することで、他の誰かに対してではなく自分を納得させることができるということを本作は思い出させてくれます。

単純に爽やかな青春映画ではなく、社会を生き抜く大人たちへのエールと受け取ることができる映画です。

そして本作では、「できる」側の心境にも触れているところがポイントです。あるキャラクターが思わず叫んだセリフは正論過ぎて頷かずにはいられません。

このキャラクターの他にも様々な立場の人物が登場するので、観る人によって違った捉え方ができる作品になっているといえます。

まとめ

画像:コミカライズ版作者・森マシミによるイラスト


(C)2020「On The Edge of Their Seats」Film Committee

『アルプススタンドのはしの方』は、劣等感やコンプレックスで身動きが取れなくなっている大人たちに、深呼吸する余裕と挑戦する勇気を与えてくれるような映画です。

アルプススタンドの隅っこで汗をかき、それぞれの思いに胸を震わせる彼らの顔に爽やかな風が当たるのを見ていると清々しい気持ちになるでしょう。

また、3 月19日から無料WEB漫画サイト“やわらかスピリッツ”誌上で森マシミによって、本作のコミカライズ版が連載されているのも注目です。  

映画『アルプススタンドのはしの方』は2020年7月24日(金)より、シネマカリテほか順次全国ロードショー。(*当初予定だった6月19日より変更)


関連記事

ヒューマンドラマ映画

【アウトレイジ最終章】あらすじネタバレ。大友の原点考察や感想も

2010年に“全員悪人”という強烈なキャッチコピーをもって公開された北野武監督作品『アウトレイジ』。北野組初参加のキャストを集めスマッシュヒットを記録しました。 その後を受けて北野映画初の続編『アウト …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】映画ヘアー|あらすじ結末感想と評価解説。ミュージカルおすすめ名作は若者たちの熱き“反戦”と“残酷な運命”を描く

ブロードウェイ名作“反戦”ミュージカルを映画化! 愛と平和、そして“人間性の回復”を謳いあげたブロードウェイの反戦ミュージカルを映画化した『ヘアー』(1979)。ベトナム戦争に徴兵された田舎の青年とニ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ショコラ』ネタバレあらすじ結末と感想考察。フランス女優ジュリエット・ビノシュがチョコレートの魔法で人々の“かたくなな心”を溶かす

小さな村に起きた、奇跡の愛の物語! 『ギルバート・グレイプ』(1993)、『僕のワンダフル・ライフ』(2017)の名匠ラッセ・ハルストレム監督が描く、ファンタジックな映画『ショコラ』。 幸せを呼ぶ不思 …

ヒューマンドラマ映画

映画『リトル・ダンサー』ネタバレ考察解説と結末あらすじの感想。元ネタのバレエモデルの紹介と“白鳥の湖”は同性愛者としてのメタファーなど深掘り!

田舎の炭鉱町から希望の鳥が羽ばたく“ブリティッシュ・ドリーム” 映画『リトル・ダンサー』は、1984年のイギリス北部のダラム炭鉱を舞台に、11歳の少年ビリー・エリオットが偶然目にした、“バレエ”のレッ …

ヒューマンドラマ映画

映画『人生はシネマティック!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、映画製作に奔走する人々。 コピーライターの秘書だった女性が、脚本家として才能を発揮し、成長していく姿を描いたイギリス映画『人生はシネマティック!』をご紹介します。 …

U-NEXT
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学