Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/02/17
Update

映画『パーム・スプリングス』あらすじ感想と評価レビュー解説。タイムループで“同じ時間を繰り返す”恋人たちを描いたラブコメディ

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

映画『パーム・スプリングス』は2021年4月9日(金)より新宿ピカデリー他全国公開。

カリフォルニア州にある砂漠のリゾート地パーム・スプリングスを舞台に、同じ日を繰り返すことになってしまった男女をコミカルに描いた、タイムループ・ラブコメディ映画『パーム・スプリングス』。

本作が長編監督デビューのマックス・バーバコウが手掛け、アンディ・サムバーグとクリスティン・ミリオティが恋人役を演じます。

サンダンス映画祭で上映され、映画評論家から高い評価を受け、2021年第78回ゴールデングローブ賞(ミュージカル・コメディ部門)にて、作品賞・主演男優賞の2部門にも選出された、リゾート気分を満喫できる楽しい作品をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『パーム・スプリングス』の作品情報


(C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2021年(アメリカ・香港合作映画)

【原題】
Palm Springs

【監督】
マックス・バーバコウ

【脚本】
アンディ・シアラ

【キャスト】
アンディ・サムバーグ、クリスティン・ミリオティ、ピーター・ギャラガー、J・K・シモンズ、メレディス・ハグナー、カミラ・メンデス、タイラー・ホークリン

【作品概要】
監督を務めたのは本作が長編監督デビューとなったマックス・バーバコウ。次回作としてジェイソン・モモア&ピーター・ディンクレイジ共演作『Good Bad & Undead(原題)』が控えています。

ナイルズ役にはドラマ「ブルックリン・ナイン–ナイン」シリーズ、『ブリグズビー・ベア』(2018)のアンディ・サムバーグ、サラ役には『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)のクリスティン・ミリオティ。他の共演者には『セッション』(2014)で2015年度米アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズ、ドラマ「リバーデイル」シリーズのカミラ・メンデスなど。

映画『パーム・スプリングス』のあらすじ

(C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

カリフォルニア州の砂漠のリゾート地、パーム・スプリングス。結婚式にやってきたナイルズ(アンディ・サムバーグ)と新婦の姉・サラ(クリスティン・ミリオティ)。

ナイルズの積極的なアプローチにより2人で会場を抜け出し、いい雰囲気になるも突如謎の老人が現れナイルズが撃たれてしまいます。当然のことで事情が飲み込めないサラでしたが、ナイルズは負傷したまま謎の洞窟に入っていきます。

追いかけてきたサラにナイルズは来るなと制しますが、その忠告を聞かずサラは洞窟に入り、赤い光に包まれます。目が覚めると昨日と全く同じ朝。困惑したサラはナイルズにどういうことかと詰め寄ります。

困惑するサラに、一度眠りにつくと同じ結婚式の朝を繰り返す“タイムループ”にはまってしまったと説明するナイルズ。彼はすでに「何万回」と繰り返される同じ日を過ごしていたのです。

2人で過ごす無限の今日は自由で楽しく、2人の距離も縮まっていきますが……。次第に全てが無意味であると思い始める2人。

果たして2人は繰り返される今日から抜け出し、明日を迎えることができるのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『パーム・スプリングス』の感想と評価

(C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

“タイムループ”を題材にした映画はいくつもあり、ラブコメディだと『恋はデジャ・ブ』(1993)、ラブロマンスだとタイムトラベルものになりますが、『アバウト・タイム 愛おしい時間について』(2014)を思い浮かべる人もいるかもしれません。

更に近年話題になったタイムループものといえば『ハッピー・デス・デイ』(2019)があり、タイムループとホラー要素を見事に融合していました。

本作も、何度も繰り返される朝のシーンなど、タイムループもののあるあるを織り交ぜつつ軽快なラブコメディになっています。

困惑するサラタイムループ上級者の飄々としたナイルズという設定が面白く、2人のコミカルな演技が更に面白さを引き立てます。

様々な手を尽くすサラに、それはもう試したとあっさりと言ってしまうナイルズ。何をしても無駄だと悟ったサラはナイルズと共にやりたいことをして、自由に無限に繰り返される今日を楽しみ始めます。

しかし、2人の関係が変化していくとともに、どんなに好きなことをしても、全ては無意味でしかない明日を生きなくては意味がないと気づき始めるサラ。

一方、ナイルズは全てを諦め、面倒なことを起こさず楽しめばいいと思っていました。そんなナイルズもサラと過ごす時間が自分にとって大切なのだと気付いていきます。

だからこそ、面倒な人間関係のない2人だけの世界でこのままでいればいいと考えてしまいます。楽しい今の関係がなくなることに怯えているのです。

明日を生きるために何とか脱出しようとするサラと、このままがいいと臆病になるナイルズ。

でも、2人とって何より大切なのは共にいることでした。2人で生きることに意味があり、2人で生きることが“幸せ”なのです。

退屈な毎日をただ過ごすのではなく、しっかりと“明日”を大切な人と共に生きる、そんなメッセージが込められたコミカルでハッピーな映画です。

まとめ

(C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

映画『パーム・スプリングス』は、カリフォルニア州の砂漠のリゾート地パーム・スプリングスを舞台に、タイムループにはまってしまった男女をコミカルでポップに描くタイムループラブコメディ。

何度も繰り返す今日を通して“明日”を生きることの大切さを伝えてくれます。

映画『パーム・スプリングス』は2021年4月9日(金)より新宿ピカデリー他全国公開です。




関連記事

ラブストーリー映画

(500)日のサマー|動画無料視聴!配信フルで字幕/吹き替え映画をレンタルDVDより快適に見る

映画『(500)日のサマー』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『(500)日のサマー』の動画を無料で見るならU-NEXT!↓ なお、当記事でご紹介している映画『( …

ラブストーリー映画

映画アオハライド|動画無料視聴はHulu。ネタバレあらすじと感想

今回はHuluの中でも人気作品のひとつ、『アオハライド』をご紹介します。 主演の本田翼さん、東出昌大さんの魅力が詰まった作品であると同時に、今でこそ有名になっている高畑充希さんも名脇役で出演しています …

ラブストーリー映画

ジエン・マンシュー映画ママダメ主演の女優のプロフィールは?

映画『ママダメ』のヒロイン役を演じた台湾の女優の簡嫚書(ジエン・マンシュー)が、ネットで可愛いと大注目。 ジエン・マンシューは、どのような女の子なのでしょう? スポンサーリンク CONTENTS1.映 …

ラブストーリー映画

恋愛映画『ホリデイ』動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

映画『ホリデイ』は、イギリスとアメリカを舞台に、男女4人の大人の恋愛をコミカルかつリアルに描いたラブ・ストーリー。 恋に不器用なふたりの女性が、傷ついた心を癒すために家を交換。これが新たな恋の第1歩へ …

ラブストーリー映画

映画『ライフアフターベス』ネタバレ感想と評価。動画無料視聴方法も

ゾンビ映画というとホラー要素が強かったり、グロ・ゴア要素が強烈だったり、パニックムービーとして作られたりと、一口にゾンビと言ってもその方向性は多岐に渡ります。 例えば2013年公開のニコラス・ホルト主 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学