Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/08/20
Update

【ネタバレ】かぐや様は告らせたい2|結末感想と内容考察。ファイナルを迎える恋愛頭脳戦の勝者は誰だ⁈

  • Writer :
  • 星野しげみ

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』は2021年8月20日(金)より全国ロードショー!

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』は、赤坂アカによる同名ラブコメ漫画を実写映画化した『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』の続編です。

互いに惹かれ合いながらも「自分から告白したほうが負けである」という呪縛からいまだに逃れられない白銀とかぐや。恋愛バトルの勝者になるのはどちらでしょう。

河合勇人が監督を務め、徳永友一が脚本を担当している本作は、河合勇人が監督を務めています。

前作に続いて会長・白銀御行を「King&Prince」の平野紫耀、副会長・四宮かぐやを橋本環奈が演じ、会計監査・伊井野ミコ役で「日向坂46」の影山優佳が映画初出演。

スポンサーリンク

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』の作品情報


(C)2021 映画「かぐや様は告らせたい ファイナル」製作委員会 (C)赤坂アカ/集英社

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
赤坂アカ

【監督】
河合勇人

【脚本】
徳永友一

【主題歌】
King & Prince:『恋降る月夜に君想ふ』

【キャスト】
平野紫耀、橋本環奈、佐野勇斗、浅川梨奈、堀田真由、影山優佳、福原遥、板橋駿谷、高橋文哉、池間夏海、ゆうたろう、高嶋政宏、佐藤二朗

【作品情報】
赤坂アカの原作を映画化した『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』は、前編と同じく生徒会長・白銀御行を「King&Prince」の平野紫耀、副会長・四宮かぐやを橋本環奈が演じ、河合勇人監督が取りまとめました。

前編『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』(2019)は、観客動員数180万人を超えるヒットを記録。2人の最終決戦が見たいという声に応え、続編にして完結編が出来ました。

会計監査・伊井野ミコ役で「日向坂46」の影山優佳が映画初出演。さらに、『羊とオオカミの恋と殺人』(2019)などに出演し、アニメ版で子安つばめ役の声優を務めた福原遥が、実写の今作にも同役で出演しています。

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』のあらすじとネタバレ


(C)2021 映画「かぐや様は告らせたい ファイナル」製作委員会 (C)赤坂アカ/集英社

将来を期待されたエリートたちが集う、私立・秀知院学園。最高ランクに位置する生徒会において、学園史上最も白熱する戦いとなった『第68期生徒会長選挙』。

頭脳明晰な白銀御行と、運動神経抜群の四宮かぐやの選挙戦は終結しましたが、2人の恋愛頭脳戦には決着がつかないまま幕を閉じています。

ラブなのか、ライクなのか。お互いの本当の気持ちがわからないまま、じれったい思いを抱える生徒会長御行と副会長かぐや。加えて、会計・石上優、書記・藤原千花。そして新メンバー・会計監査の伊井野ミコが加わり、再び生徒会は集結します。

お互いに好き合っていると思えるものの、未だ「告白したほうが負けである—!」という呪縛から逃れられない、御行とかぐやは、神聖なる生徒会室で、“いかにして相手に告白させるか”の恋愛バトルを、相も変わらず繰り広げています。

御行が他校との協議会に行くといえば、それは「合コンに参加だ」とあせるかぐや。しかし、かぐやが会場であるカラオケ店に直接行けば、御行が自分のことを好きなのでは?と思ってしまいます。

それはかぐやのプライドが許しません。なんとかして、向こうから告白させたいのです。

かぐやは、近侍早坂をカラオケ店に潜らせて、スパイのようなことをさせ、合コンカップル成立の危機を回避しました。

やがて近づく学園の2大イベント、「体育祭」と「文化祭」。

会計の石上がクラスで嫌われていることを知り、御行は石上を応援団に入部させ、アツい青春を謳歌させようとします。

しかし、石上が嫌われる理由となった昨年の暴力事件には、裏がありました。

石上は、自分に優しくしてくれた大友京子に秘かに憧れていました。京子の恋人であった荻野コウが、自分の友人たちに彼女をオモチャにさせようとしているのを知り、コウと取っ組み合いのけんかをします。

コウは石上に喧嘩の原因を黙っておかないと、京子の裸の写真をインターネットでばらまくと脅し、石上が片思いで逆切れして自分に襲い掛かったと、駆けつけたクラスメイトたちに言いました。

その時から、石上は普通じゃないと、クラスからはみ出した存在となったのです。

体育祭が始まりました。応援団に入って活動しても石上の気持ちは晴れません。そのうちに、怪我をした応援団長のかわりにリレーのアンカーで走ることになります。

事件の真相を知るかぐやは、生徒会メンバーにそのことを話し、御行は石上の頭にハチマキを巻いて励まします。

気を取り直した石上は、一生懸命にアンカーをつとめ、2位でゴールインしました。思いもかけずに応援団のメンバーが駆け寄って喜んでくれ、石上も嬉しくなりました。

石上をささえた御行の存在を頼もしい思いで、かぐやは見つめていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』ネタバレ・結末の記載がございます。『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

体育祭が終わると、次に待っているのは文化祭。

お互いに告白をさせたい御行とかぐやは、文化祭でのチャンスを狙います。

準備で忙しい夜、学校の屋上には大きな月が出ていました。「月に攫われた人がいるから私は月が嫌い」と言うかぐやに、御行は「かぐや姫の話だろ?」と言います。

かぐや姫が月に帰るときに、愛した男性に手渡したのは、不死の薬。いつまでも長生きしてね、の想いが込められた薬を、男性はかぐや姫がいない世界で生きていても仕方がないと、燃やしてしまいます。

御行はこの男はかぐや姫の本当の気持ちをわかっていないと言いました。絶対に死なないということは、月に行ける時代まで生きて迎えに来て欲しいという意味を含んでいるんだと。

「おれがその男性だったら、なんとしてでも生きて、かぐやを迎えに行く」。

何度も熱っぽく語る「かぐや」の名前に、四宮かぐやは自分のことのように感じ、「もう、恥ずかしいからやめて」と言って立ち去ります。

なぜ、四宮かぐやが立ち去ったのかわからない御行でしたが、やがて「かぐや」の名前に気がついて、一人であせりまくりました。

はたで観ているとじれったい2人は、そのままの状態で文化祭を迎えました。

この文化祭には、文化祭で‟ハートの贈り物をすると永遠の愛がもたらされる”という伝説がありました。

文化祭で売られるスイーツなどと一緒に、ハートのキーホルダーがたくさんあったのもそのためです。

かぐやはもちろん、石上までも、ハートのキーホルダーを手に取りそっと隠し持ちます。

そして文化祭1日目が終了したころ、文化祭のために用意したハート型の風船がすべて盗まれました。

「アルセーヌ」と書かれた置手紙があり、ミステリー好きの藤原は井伊野を連れて犯人探しに夢中になります。

文化祭の名イベント、キャンプファイヤーが始まるころ、かぐやは御行を探し出します。

黒マントに身を包んだ御行。彼こそが「アルセーヌ」であり、ハート型風船を盗んだ犯人でした。

学校の屋上で、隠してあったハート型風船を一斉に空に飛ばし、かぐやに対して、サンフランシスコの有名大学に合格したことを告げます。

そして、「おまえも同じ大学を受けて、俺と一緒にサンフランシスコに行こう」と言いました。

しかし、かぐやは「ごめんなさい。進路は父の命令で内部進学なの」と言い、その場を去りました。次の日から、かぐやは行方不明になりました。

それから4カ月。

御行は貨物船にのってサンフランシスコに行きました。おそるおそる新天地となる大学に行くと、なんと、その大学の生徒会長室に、四宮かぐやがいたのです。

文化祭のあの時から、かぐやは留学するために作戦を練っていたのです。

わざと行方不明になり、御行をじらせるだけじらせて、颯爽と大学での再会に現れました。

「そんなに好きなの」「それはそっちだろ」。

どうでもいい言い訳をしながら、いつものように本心を隠すような口喧嘩を始めたとき、御行はふと真面目な顔つきで、「おれは四宮かぐやを愛してる」と言いました。

ついに告らせたと思うかぐや。最終決戦に決着がついたようです。

スポンサーリンク

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』の感想と評価


(C)2021 映画「かぐや様は告らせたい ファイナル」製作委員会 (C)赤坂アカ/集英社

恋愛は駆け引きなしの一騎打ち

前作に引き続き、白銀御行を「King&Prince」の平野紫耀、副会長・四宮かぐやを橋本環奈が演じた本作。

白銀御行と四宮かぐや。お互いに気になる存在なのに好意を口に出して言えない、プライド高い2人の恋愛頭脳戦が展開します。

「愛してる」と、たった一言口にするだけで良いのですが、言ってしまってからどんなことが起こるのか、どんな顔をすればいいのかと先のことが気になって言えません。

青春真っ只中特有の妄想も映像にふんだんに盛り込まれ、主役2人の恋愛感情のじれったさを増長させる展開に、ニヤリとしたり、吹き出したり……。

どちらも相手からの告白を待っていました。文化祭を独り占めしての告白大作戦だったり、自身の存在を無くしての喪失心理作戦だったりと、告らせるため、あの手この手の作戦を練ります。

頭の良い主役たちだからこそできる頭脳作戦ですが、やはり恋愛は一騎打ちなのです。

告白した方が負けと思っている2人は、負けたくない一心でミエも嘘もつきますが、ファイナルを告げるフレーズを口にする勇気を持っている方が、本当の勝者と言えます

学園ストーリーを彩るキャストたち

好きなのになかなか告白出来ない2人をはじめ、彼らを取り巻く友人たちのキャラも印象深いものです。

本作では前編からのメンバー、佐野勇斗、浅川梨奈、堀田真由に日向坂46の影山優佳が加わりました。

新参入メンバーによって、浅川梨奈演じる藤原千花と影山優佳演じる井伊野ミコの、きゃぴきゃぴと騒がしい謎解きコンビが出来上がり、作品に花を添えました。

さらに、アニメ版で子安つばめ役の声優を務めた福原遥が、本作でも「子安つばめ」として出演。癒し系の温かな笑顔に恋心を抱いたのは、同じ応援団で知り合った生徒会の石上でした。

若手俳優に混ざり、ひときわ群を抜くいぶし銀のような存在は、四宮家お抱え医師の田沼正造に扮する佐藤二朗。

本作へのオファーがあったとき、出演条件として「堀田真由とラブシーンを作ること」を出したところ、それらしきシーンが用意されたといいます。佐藤二朗念願のラブシーン、お見逃しなく。

まとめ


(C)2021 映画「かぐや様は告らせたい ファイナル」製作委員会 (C)赤坂アカ/集英社

「King & Prince」の平野紫耀と橋本環奈が主演する『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』。

いつ告白するのか、全く読めない2人の恋愛攻防戦です。お互いにありったけの知恵を絞って作戦を練り、相手から告らせようとし、そして、ファイナルへ。

罠も策略もいっぱい出てくる本作の中での真実の言葉。それは、真の愛を語る“かぐや姫物語”と同様に、気持ちよくハートに響くものでした

好きな人がいるならば、そのハートはどう射止めるのか。かぐや様ではない一般庶民は、真心で体当たりするしかないという結論もみえました。

作品主題歌は、「King&Prince」の『恋降る月夜に君想ふ』。エンドロールは生徒会メンバー全員でのダンスシーン。

長々と続いた恋愛頭脳戦争を楽しく締めくくっています。



関連記事

ラブストーリー映画

映画『ア・ゴースト・ストーリー』ネタバレ感想。A GHOST STORYは幽霊となり妻を見守る姿を描く

映画『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』は、2018年11月17日(土)に公開されました。 突然死んだ夫が幽霊となり妻を見守る話…かと思いきや想定外の方向に進みます。 美しい映像と …

ラブストーリー映画

映画『劇場版おっさんずラブ』あらすじネタバレと感想。ドラマ最終回のその後は五角関係へと突入!?

映画『劇場版おっさんずラブ LOVE OR DEAD』は2019年8月23日(金)より全国ロードショー公開! SNSを中心に日本で社会現象を巻き起こした大人気ラブコメドラマ『おっさんずラブ』がついに劇 …

ラブストーリー映画

映画『トワイライト初恋』ネタバレ結末あらすじと感想解説。バンパイアと少女の禁断の恋は“甘く危険な香り”

トワイライトシリーズ全5作品の第1作目となる『トワイライト~初恋~』 ヴァンパイアと少女の禁断の恋を描き、全世界でシリーズ累計4200万部を売り上げたベストセラー小説をキャサリン・ハードウィック監督が …

ラブストーリー映画

映画『男と女』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

揺れ動く男と女の心情を巧みに描いた、あまりにも美しい愛の物語。 クロード・ルルーシュの名を世に知らしめた不朽の名作『男と女』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『男と女』の作品情報 …

ラブストーリー映画

映画『海の底からモナムール』あらすじと感想考察。幽霊のラブストーリーは海よりも深い純愛である

映画『海の底からモナムール』が2021年3月27日(土)より、大阪シネ・ヌーヴォでの1週間限定上映が決定! フランス出身のロナン・ジル監督が日仏合作で挑んだ映画『海の底からモナムール』。桐山漣、清水く …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学