Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2022/09/17
Update

『優しさのすべて』あらすじ感想と評価解説。二田絢乃(にたひろの) ×田中一平で描く、孤独を抱えた“恋人たちが大切にするもの”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

優しい男と孤独を持て余す女の恋

安達勇貴監督による東京で生きる恋人たちの真摯で不器用な恋を描く青春映画『優しさのすべて』が2022年10月1日よりシアター・イメージフォーラムにてレイトショー上映されます。

第22回TAMA NEW WAVEコンペティション部門で特別賞を受賞した秀作です。

二田絢乃、田中一平、黒住尚生らが出演。

愛し合いながらもどこか心の隙間を埋められずにいるカップルの心情を丁寧に綴ります。

スポンサーリンク

映画『優しさのすべて』の作品情報


(C)光と音

【公開】
2022年(日本映画)

【脚本】
四本研祥

【監督・編集】
安達勇貴

【出演】
二田絢乃、田中一平、黒住尚生、はぎの一、なぎじょうじ、KAZUKI、佐々木美佳、清水かなえ、白山ゆり、所七海、四本茜

【作品概要】
東京で生きる一組のカップルの真摯で不器用な恋を描くドラマ。

監督は安達勇貴。第22回TAMA NEW WAVEコンペティション部門で特別賞を受賞しました。

マアサ役を舞台、映画、CMと活動の場を広げる二田絢乃が演じ、カイ役は『閃光』(2018)、『ぬけがら』(2021)の田中一平、アキ役は『東京バタフライ』(2020)『片袖の魚』(2021)などで活躍中の黒住尚生が務めます。

映画『優しさのすべて』のあらすじ


(C)光と音

東京で暮らすマアサとカイのカップルは地元の友達のアキと一緒に飲みに行きました。カイが席を外した隙にマアサはアキにキスします。アキはそのまま今日のバスで地元に帰って行きました。

帰宅したマアサとカイは、アキはいつか結婚するのだろうと話し、自分たちの結婚についても話題にします。しかし、いつしか話はマアサが別の男と寝た日の話になっていました。それでもその後、ふたりは撃ちあいっこをしてはしゃいで笑い、そのまま夜の街に飛びだしていきます。

昔飼っていた犬の墓の前で手を合わせる二人。犬はまだどこかで生きていると言うマアサに、カイは自分たちの中ではもう死んだとこたえます。カイは自分で終わらせることしかできないのだとマアサは責め、自分はこれからは墓に来るのをやめると言いました。

家でマアサはいつもノートに何かを書き綴っていました。のぞき込もうとしたカイには見せず、彼女はノートを引き出しにしまいます。

見知らぬ男と寝たり、ダンス教室に飛び込んで体験授業を受けて熱心にレッスンを受けるマアサ。

そんなある日、アキが失踪して一週間誰とも連絡がとれていないことがわかり…。

スポンサーリンク

映画『優しさのすべて』の感想と評価


(C)光と音

男の優しさに惹かれてやまない不器用な女

東京に生きる恋人同士の心の動きを繊細にリアルに描き出す『優しさのすべて』。

若き新鋭・安達勇貴が監督を務め、第22回TAMA NEW WAVEコンペティション部門で特別賞を受賞しました。

主人公のマアサとカイは一緒に暮らし、時にぶつかり合ってケンカし、それでもすぐに仲直りをして笑い合う一見ごく普通のカップルです。

しかし、二人の価値観や性格は大きく異なっていました。一途にマアサを愛し続けるカイに対し、マアサは孤独を持て余してほかの見知らぬ男と寝たり、突然ダンス教室に飛び入りしてレッスンを受けたりともがき続けます。

その一方で、彼女はカイの優しさを心から愛しており、彼の優しさには永遠に勝てないと思うと告白します。

自身の心の内面をみつめて綴ったノートを「ここが私の部屋」と呼ぶマアサ。自分に正直でいようという思いに胸打たれます

そんなつかみどころのない魅力的なマアサを、映画やCMで活躍する二田絢乃が好演。

仕事もみつけられず、それでもマアサを愚直に愛し続けるカイを、映画やドラマ、モデルなど幅広い分野で活躍する田中一平が切なく演じます。

一見、カイの方が不器用に見えますが、実はよほどマアサの方が生きることに不器用であることが浮き彫りになっていきます。観るほどに彼女への愛着が湧くに違いありません。

まとめ


(C)光と音

行き違いを繰り返しながらも、共に暮らし笑い合うひと組の恋人の日々を丁寧に追った作品『優しさのすべて』。

埋められない孤独の切なさとともに、一緒に生きることの喜びが鮮烈に映し出されます

優しい男を前にして、自分がそこまで優しくなれない人間だということを実感させられる女。引け目を感じながらも、彼の優しさにどうしようもなく惹かれる彼女の思いが共感を誘います。

青春映画『優しさのすべて』は2022年10月1日よりシアター・イメージフォーラムにてレイトショー上映です。




関連記事

ラブストーリー映画

映画『愛のまなざしを』ネタバレ結末感想とあらすじの評価解説。男女の嫉妬と復讐を仲村トオルと杉野希妃による演技で描くラブ・サスペンス!

映画『愛のまなざしを』は男女の嫉妬と復讐と救済を描く 仲村トオル演じる精神科医の主人公と、杉野希妃演じる彼の元患者であった女性との愛憎劇を描いた映画『愛のまなざしを』。 亡き妻・薫への思いが断ちきれな …

ラブストーリー映画

ベイビーティース|ネタバレ感想とラスト結末の評価解説。恋愛ラブストーリーをトビー・ウォレスとエリザ・スカンレンで描く

映画『ベイビーティース』は2021年2月19日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイント他にて全国順次公開! 病を抱える16歳の少女の“最初で最後の鮮烈な恋”を描くオーストラリア映画『ベイビーテ …

ラブストーリー映画

映画『生きてるだけで、愛。』ネタバレ感想とラストまでのあらすじ。趣里の演技力に一見の価値あり!

ほんの一瞬だけでも分かり合えたら…。 感情を抑えられない女と、真摯に向き合わない男。 不器用な男女の真っ直ぐでエモーショナルなラブストーリー『生きてるだけで、愛。』をご紹介します。 スポンサーリンク …

ラブストーリー映画

映画『夜明けの牛』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

今回ご紹介する作品は、後藤大輔監督の『夜明けの牛』です。 この作品は、「米国アマゾンの日本映画売り上げランキング第3位」を記録した映画で、ジャンルは、俗にいう“ピンク映画”。 ピンク映画は、かつては若 …

ラブストーリー映画

映画『婚約者の友人』あらすじネタバレ感想とラスト結末の解説評価。フランソワ・オゾン監督がモノクロとカラーを織り交ぜて描くミステリー作品

『8人の女たち』などで知られたのフランソワ・オゾン監督のミステリー映画『婚約者の友人』。 第1次世界大戦後のドイツ。婚約者を戦争で亡くしたアンナの前に現れた青年は何者なのか? 真相が明かされた時、新た …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学