Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/08/17
Update

映画『東京バタフライ』あらすじ感想と考察評価。水石亜飛夢×白波多カミンで描く挫折から這い上がる若者の姿|映画という星空を知るひとよ17

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第17回

映画『東京バタフライ』は、大学時代にバンドを組み、同じ夢を追いかけた4人の若者たちの人生の再生を描いています。過去の後悔や挫折と向き合い、必死にもがきながらも前に進んでいく彼らの姿は、同世代への共感必至です。

監督は、本作が初長編作となる佐近圭太郎。シンガーソングライターとして活動する白波多カミン、『魔進戦隊キラメイジャー』の水石亜飛夢、『菊とギロチン』の小林竜樹、『台風家族』の黒住尚生が主人公の4人を演じています。

映画『東京バタフライ』は、2020年9月11日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開!

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『東京バタフライ』の作品情報

(c)2020「東京バタフライ」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【監督】
佐近圭太郎

【脚本】
河口友美

【音楽】
白波多カミン

【キャスト】
白波多カミン、水石亜飛夢、小林竜樹、黒住尚生、松浦祐也、尚玄、松本妃代、小野木里奈、浦彩恵子、熊野善啓、福島拓哉

【作品概要】
映画『東京バタフライ』の主人公・安曇を演じるのは、シンガーソングライターの白波多カミン。バンドメンバーには、ギター・仁役に『魔進戦隊キラメイジャー』のメインキャスト・水石亜飛夢。ベース・修役に『菊とギロチン』(2018)などの小林竜樹。ドラム・稔役に『台風家族』(2019)などの黒住尚生が出演。さらに尚玄や松浦祐也など個性派俳優たちが集結しています。

監督は、池松壮亮主演の『家族の風景』(2015)でTAMA NEW WAVE2013映画祭特別賞&主演男優賞など数々の賞を受賞し、かねてより注目を集める新鋭・佐近圭太郎。今回の作品が満を持しての初長編作品となっています。また、『四月の永い夢』(2017)や『わたしは光をにぎっている』(2019)など映画ファンに良質な作品を提供し続けているWIT STUDIO×Tokyo New Cinemaが制作を手掛けています。

映画『東京バタフライ』のあらすじ

(c)2020「東京バタフライ」製作委員会

ボーカルの安曇(白波多カミン)とギターの仁(水石亜飛夢)を中心に、ベースの修(小林竜樹)、ドラムの稔(黒住尚生)といったメンバーで結成した人気大学生バンド「SCORE」。

ある日、ライブ中にレコード会社の目に留まりメジャーデビューのオファーが舞い込んできます。

しかし、安曇はある出来事をきっかけにレコード会社へ不信感を抱き、メンバーと対立。その結果、バンドは解散してしまいました。

夢が砕け散ったあの日から6年がたちました。28歳となった元メンバーたちはそれぞれ別の生活を歩んでいます。

安曇は介護士として穏やかな日々を過ごし、仁は人気バンドのサポートギターとして活動中。

アルバイトをしながらも、ギターを弾く姿を動画でアップするなど音楽に未練を残している修、結婚して妻・瞳の実家の和菓子屋さんで働く稔。

音楽活動を共にしていた頃と違った毎日を送る彼らは、次第に疎遠になっていました。

ある日、安曇は介護をするお婆ちゃんの家で孫の女子高生にギターを教えることになり、6年ぶりにギターに触れます。

懐かしい想いにかられ、稔の働く和菓子屋を訪ねる安曇。

仕事、結婚、人間関係と、さまざまな人生の悩みに直面した彼らは、ふとしたきっかけで再び集まることになりました。

スポンサーリンク

映画『東京バタフライ』の感想と評価

(c)2020「東京バタフライ」製作委員会

一心不乱にバンド活動をしていた大学生たちの夢はメジャーデビュー。夢が叶い全国に自分たちの歌が広まるはずだったのですが、その一歩手前で彼らに大きな挫折が訪れました。

『東京バタフライ』は、人生の挫折を味わった4人の仲間たちが、そこから這い上がろうとする姿を描いています。

自分の好きなことをやり続けたいという純粋な気持ちの前に立ちはだかったのは、社会の厳しさと現実でした。

レコード会社と対立するほど自分の歌への想いを持っていた、安曇。

大学生バンドが解散しても、一人モクモクとサポートギタリストとして音楽活動を続ける、仁。

音楽を諦めたと自分に言い聞かせたら、楽になったけど悲しくなったと言う、修。

そして、慣れない和菓子屋で舅の顔色を見ながら働く稔は、表立って音楽への未練は出していないものの、昔の仲間と会うのがとても楽しそうです。

こんな4人を通じて伝わってくるのは、過去の出来事への後悔と人生の挫折感。そしてそこから立ち上がろうとする不屈の魂です。

人生の岐路に立って思い悩み、一方を選んでもその選択を間違ったのではないかと後悔することは、誰でも1度や2度は経験があることでしょう。

後悔をずるずると引きずったままで一生を終わるのか、きっぱりと思い切って違う方向へ進むのか。狭間で揺れ動く4人の若者たちの切なく苦しい気持ちがよくわかります。

また、後半に流れる白波多カミンの歌は必聴です。のびやかで包み込むような張りのある歌声が、ほろ苦いストーリーを希望に満ちたものへと変えてくれています。

若者ゆえの過去の後悔と哀しさ、そして仲間たちの温かな繋がりが十二分に詰まった『東京バタフライ』。

誰もが分かり得る青春時代の痛みと心の葛藤劇を堪能できることでしょう。

まとめ

(c)2020「東京バタフライ」製作委員会

映画『東京バタフライ』は、夢を追いかけた若者4人が叶わなかった夢を“ちゃんと終わらせる”までの物語。

監督は長編映画初となる佐近圭太郎です。これまでに、『浜辺のゲーム』(2019)や『クシナ』で助監督、『静かな雨』『わたしは光をにぎっている』(2019)で監督補佐も務められました。

現代社会は、後悔の念や挫折を胸に秘めながら、⽇々の⽣活を⼀所懸命に営む⼈々で溢れています。そんな中、⽬の前の⽣活を⼀所懸命に⽣きる人々に、佐近監督は愛着を持っているそうです。

主演の4人は、自身が演じる役柄を佐近監督の思いに応えるように、演じていたと思えます。

白波多カミン演じる安曇が、久しぶりにギターを持ち弦をつま弾くシーンでは、それまでとは打って変わった顔つきになるのをお見逃しなく。

また、介護先の家族の要望で披露した安曇のギターの弾き語りは、知らず知らずのうちに郷愁の思いがこみ上げ、目頭がジーンとなるほどの出来栄え。

安曇が6年間封印していた音楽への愛が一度にあふれ出したような演奏でした。

“一度は諦めたけれども、やっぱりこの道が好きでたまらない。”

こんな思いが伝染病のように元のメンバーたちにも広がっていき、自分自身に誠実になることこそ幸せなのだと、安曇たちも気が付いたのに違いありません。

ほろ苦い思い出をかみしめながら前へ進む……。本作は、愚直にそして誠実に⽣きることが大変美しく思える作品です。

映画『東京バタフライ』は、2020年9月11日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『宮田バスターズ(株)』あらすじと感想評価。クラウドファンディングで161人の支援者が集まったモンスタームービー|SF恐怖映画という名の観覧車77

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile077 映画の製作に欠かせない「製作費」。 映画館で大々的に公開される映画の多くは、大企業などがスポンサーとして製作会社のバックに着くことにより …

連載コラム

『キャプテンマーベル』ネタバレ感想。 エンドゲームへと続く最強系女子を見よ|最強アメコミ番付評28

連載コラム「最強アメコミ番付評」第28回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は予定を変更して、3月15日に公開された『キャプテン・マーベル』を考察していきます。 MCUシリーズ第21作目にして、初の女 …

連載コラム

映画『アリサカ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。有坂銃(日本のボルトアクション式の軍制小銃)を用いた女性警官VS暗殺者|Netflix映画おすすめ77

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第77回 2021年12月9日(木)にNetflixで配信された、ミカイル・レッドが監督を務めた2020年製作のフィリピンのR15+指定のア …

連載コラム

『ジオウ』キャストと平成仮面ライダーを演じた歴代イケメン俳優の出自|邦画特撮大全12

連載コラム「邦画特撮大全」第12章 先日2018年9月2日(日)から放送が開始した平成仮面ライダー20作記念作品『仮面ライダージオウ』。 いまや“仮面ライダー”というと若手イケメン俳優の登竜門です。オ …

連載コラム

映画『ローズメイカー』あらすじ感想評価とレビュー解説。感動のどんでん返しは必見!カトリーヌフロが演じるサクセスストーリー|映画という星空を知るひとよ64

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第64回 ローズメイカーと呼ばれるバラの育種家であるバラ園経営者の女性・エヴと素人集団たちが、世界屈指のバラ・コンクールに挑む姿を描いた映画『ローズメイカー 奇 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学