Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/03/14
Update

映画『閃光』あらすじ感想と評価解説。石橋夕帆監督が描く光のように一瞬で“幸せな時間”|インディーズ映画発見伝1

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第1回

日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」第1回

その中から今回ピックアップするのは、石橋夕帆監督特集の映画『閃光』をご紹介いたします。

長編デビュー作『左様なら』(2019)で知られる石橋夕帆監督が『左様なら』より以前に制作した短編5作品が「CINEMA DISCOVERIES」にて配信されました。

その中の短編の一つ、『閃光』は元カノが結婚したことを知った夜に、公園で出会った台湾人の女性月華・ユェファとの光のように掴めなくて幸せな瞬間を描いています。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『閃光』の作品情報


(C) 石橋夕帆

【公開】
2018年製作(日本映画)

【監督・脚本・編集】
石橋夕帆

【撮影】
柴崎まどか

【録音】
中島浩一

【仕上げ】
木村将人

【キャスト】
田中一平、葉媚、小西悠加、長尾卓磨

【作品概要】

参考映像:石橋夕帆監督の映画『左様なら』予告編


監督を務める石橋夕帆監督は2015年に監督した短編『ぼくらのさいご』が田辺・弁慶映画祭コンペティション部門 映画.com賞、横濱HAPPY MUS!C 映画祭 音楽映像部門最優秀賞を受賞するほか、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、福岡インディペンデント映画祭、小田原映画祭、新人監督映画祭など様々な映画祭に入選しています。

『それからのこと、これからのこと』(2016)、『atmosphere』(2017)、『水面は遥か遠く』(2017)など多くの短編映画を手がけ、2018年にMOOSIC LAB 2018 長編作品として映画『左様なら』を監督し、大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門に入選します。初長編作となった映画『左様なら』は2019年にアップリンク吉祥寺ほか全国20館以上で公開されました。今後の活躍が期待な新鋭監督です。

映画『閃光』のあらすじ


(C) 石橋夕帆

久しぶりにバーで元カノのかえでと再会した和也はかえでが結婚することを知ります。

その夜、公園でブランコをこぐ台湾人の女性、月華・ユェファに出会います。和也もブランコを漕ぎながら何気ない会話をし、そのまま共に家に帰ります。

朝になり和也はバイトに向かい、帰宅すると、帰っているはずと思っていたユェファはまだ家にいました。

恋人なのかよくわからない関係性のまま共に食事をしたり、出かけたり…何気ない時間を過ごすことで幸せを感じ始めた2人。しかし、幸せを噛み締めると同時に掴みどころのない関係性に不安も感じ始め…。

スポンサーリンク

映画『閃光』感想と評価


(C) 石橋夕帆

名前も知らない2人が何気なく出会ってお互いの寂しさを埋め合うように、時間を過ごしていく、不意に差し込んだ光のような時間

結婚することが決まった元カノに「ちゃんとしなよ」と言われてしまう和也。自分の不甲斐なさと孤独を感じている和也が出会ったユェファ。働くとか、生活するとかそういうの面倒臭いと言うユェファ。お互いのことをよく知らないまま始まった一時の同棲生活。

いつか終わること、このままでいられないことをどこかでわかっていながら、その終わりの予感には触れず共に時間を過ごす2人。幸せを手放したくないと思うからこそ、一緒にいたいと思う和也と幸せだからこそ怖くて逃げてしまいたくなるユェファ

光が差し込むアパートの窓辺で寄り添い合う2人の様子が掴みどころのない2人の刹那的な関係を映し出し、温かさとともに切なさを感じさせるエモーショナルな映像美が印象的です。

石橋夕帆監督の視点で切り取った一瞬のきらめきのような恋愛模様を描いた愛おしくも切ない映画です。

まとめ


映画『閃光』の演出を務めた石橋夕帆監督

いつかのきらめきのような恋愛模様をエモーショナルに切り取った映画『閃光』。名前も素性も知らない2人が寄り添いあい共に時間を過ごし、幸せを噛み締めると共に、幸せがなくなってしまうことへの恐怖を描いた繊細さ、リアルさが共感を誘います。

ユェファを演じた葉媚の掴みどころのないふわりとした魅力、和也演じる田中一平の漠然とした不甲斐なさ、孤独、ユェファと出会ったことで愛おしさを感じ始める様子が愛おしくも切ない世界観を引き立てます。

2人で食事をする場面やネイルをぬるシーンなど、ふとした日常の場面を繊細に描く石橋夕帆監督の等身大でリアルな演出も印象的です。

石橋夕帆監督Twitter

次回のインディーズ映画発見伝は…


(C)Risa NEGISHI

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第2回は、根岸里紗監督が、伊参スタジオ映画祭2016 短編の部大賞や、門真国際映画祭2018にて最優秀監督賞を受賞した短編映画『三つの朝』

フリーターの彼氏と先の見えない同棲を続ける20代の女、上司との不倫をやめられない30代の女、女手一人で娘を育てる40代の女。工場の夜勤明け、三人は同じ空を見上げるのだが…。

お楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『デッドリー・ブライド』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。美しいサイコパス花嫁が理想の家族を追い求める|B級映画ザ・虎の穴ロードショー14

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第14回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEX …

連載コラム

Netflix映画『マザー/アンドロイド』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。SFポスト・アポカリプスとして荒廃した世界で“家族になる”までを描く|Netflix映画おすすめ81

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第81回 未知の生物による襲撃や自然現象によって崩壊していく世界を描いた映画ジャンル「ポスト・アポカリプス」。 このジャンルを描いた作品の多 …

連載コラム

映画『インザトールグラス』ネタバレ感想と考察解説。ラストまで草むら迷路と黒い岩の正体を深掘りする|SF恐怖映画という名の観覧車129

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile129 サスペンス映画でもホラー映画でも、人に襲い掛かるものが「理不尽」であればあるほど人は恐怖を覚えます。 「なぜ」「どうして」が無いからこそ …

連載コラム

映画『作兵衛さんと日本を掘る』感想評価と解説。筑豊炭鉱の名もなき坑夫が遺した絵画が記す日本の底|だからドキュメンタリー映画は面白い19

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第19回 一人の炭坑画家の絵画を通して見た、日本最大の産炭地の栄枯盛衰。 今回取り上げるのは、2019年5月25日より東京・ポレポレ東中野ほか全国順次公 …

連載コラム

鬼滅の刃アニメ遊郭編名シーン/名言2|漫画ネタバレ有でキャラたちの名ゼリフを振り返る【鬼滅の刃全集中の考察9】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第9回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化・映像化について様々な考察していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 前回記事に引き続き、本記事でも2021年内で …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学