Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBTQ映画

Entry 2021/06/29
Update

映画『片袖の魚』感想評価とレビュー解説。水槽とクマノミに思いを馳せる自分を不完全だと思い込む“ある女性”の姿を描く

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

映画『片袖の魚』は2021年7月10日(土)より新宿 K’s cinemaで公開予定!

日本で初めてとなるトランスジェンダー女性の俳優オーディションを開催し、主役に選ばれたのはファッションモデルとして活躍しているイシヅカユウ。

自身を不完全だと思い込み、自信がもてないトランスジェンダーの女性が新たな一歩を踏み出そうとする、ささやかながらも確かな一歩を描く映画。

本作は、2021年のホノルル・レインボーフィルム・フェスティバルとアウトサウス・クィアフィルム・フェスティバルに正式招待されました。

スポンサーリンク

映画『片袖の魚』の作品情報


(C)2021 みのむしフィルム

【公開】
2021年(日本映画)

【原案】
文月悠光「片袖の魚」 (『わたしたちの猫』/ナナロク社刊)

【監督・脚本】
東海林毅

【キャスト】
イシヅカユウ、広畑りか、黒住尚生、猪狩ともか、田村泰二郎、原日出子

【作品概要】
監督を務めた東海林毅監督は、「劇場版 喧嘩番長」シリーズや『お姉チャンバラ Vortex』(2009)『はぐれアイドル地獄変』(2020)などの商業映画も手がける一方で、自主映画製作も手がけています。

自主映画として製作した、ゲイでマゾヒストの老人の姿を描いた短編『老ナルキソス』(2019)や『ミソジニー(女性嫌悪)と男性社会の持つホモソーシャリティというテーマを取り扱った短編『ホモソーシャルダンス』は国内外のLGBTQ+の映画祭で高い評価を得ています。

日本で初めてとなるトランスジェンダー女性の俳優オーディションを開催し、主役を勝ち取ったイシヅカユウは、体が男性として生まれながら女性のアイデンティティを持っているトランスジェンダーモデルとして様々な分野で活躍するファッションモデル。本作が映画初出演となります。

映画『片袖の魚』のあらすじ


(C)2021 みのむしフィルム

トランスジェンダーの女性である新谷ひかり(イシヅカユウ)は、時折人々の配慮のない言動に言いようのない壁を感じていました。

しかし、友人で同じくトランスジェンダーの女性・千秋(広畑りか)や上司の中山(原日出子)、同僚の辻(猪狩ともか)ら理解者に恵まれ、魚の水槽の設置や管理をする仕事に就いていました。

ある日、出張で故郷の街を訪れることになったひかり。ふと過去の記憶がよぎり、高校の同級生であった久田敬(黒住尚生)に、今の自分を見てもらおうと連絡をしますが…

スポンサーリンク

映画『片袖の魚』の感想と評価


(C)2021 みのむしフィルム

印象的な“水槽”

本作『片袖の魚』では“水槽”が印象的に使われています。

冒頭、ひかりの独白で原案となった文月悠光の詩「片袖の魚」の一部が朗読され、最後の一編に「彼らの暮らす水槽は、あまりに澄んでいたから。」という言葉があります。

ひかりは自分が不完全な存在であると思い、自信が持てずにいます。その詩はあまりに澄んだ水槽に、不完全な自分は暮らせないと思うひかりの心情のあらわれかのようです。

海水魚“クマノミ”に寄せたものとは

また、ひかりにとって思い出深い魚がクマノミです。クマノミは雄性先熟という、群れのメスがいなくなったりした場合、生殖の問題が起きると雄が雌になるという性質があります。

ひかりはクマノミのそのような性質に自分自身と近いものを感じているのかもしれません。

社会を水槽になぞらえ、ひかりが感じている息苦しさや他者との壁を水音を用いて印象的に表現しています。

更に本作は新型コロナウイルス対策として少人数で撮影が行われ、全編スマートフォン1台で撮影が行われました。ひかりに寄り添うように丁寧に撮影された映像が彼女の新たな一歩を清々しく描き出します。

日本で初めてトランスジェンダーのオーディションを経て、イシヅカユウがトランスジェンダーの女性を演じた本作は、LGBTQ+映画であると共に、一人の人間として自分らしく生きようとする全ての人に届く映画になっています。

まとめ


(C)2021 みのむしフィルム

トランスジェンダーモデル・イシヅカユウがトランスジェンダーの女性が新たな一歩を踏み出す姿を描いた映画『片袖の魚』。

水槽の中で生きる魚たちに自分自身や社会を投影し、息苦しさや言いようのない壁を演出し、その中でも自分らしく生きていこうとするひかりの姿に希望を感じられます。

原案の文月悠光が映画のために書き下ろした主題歌「RED FISH」にも注目です。

映画『片袖の魚』は2021年7月10日(土)より新宿 K’s cinemaでロードショー。

関連記事

LGBTQ映画

【ネタバレ映画】ふたつの部屋、ふたりの暮らし|結末ラストの感想評価。秘かに愛し合う女性らが直面する‟老い”という社会の障壁

アパルトマンの隣人同士であり、秘密裏に愛し合っている恋人同士でもあるニナとマドレーヌ。2人の前に立ちはだかる社会の障壁と立ち向かう強さを描きます。 南仏モンペリエを見渡すアパルトマン。 最上階の向かい …

LGBTQ映画

LGBT映画『ミッドナイトスワン』の感想を深めるおすすめ5選!名作や問題作と比較し楽しむ鑑賞する方法を紹介

『ミッドナイトスワン』を観た今、オススメしたいLGBT映画の入門編5選 近年劇場公開される多くの映画において、LGBTという言葉と存在は、作品の主題に掲げた上で発議を打ち出すことに偏るのではなく、男性 …

LGBTQ映画

LGBT映画『私の愛情の対象』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ゲイの男性と普通の女性を通して、カップルとは何かを問いかけてくる作品『私の愛情の対象』。 いわゆるLGBT映画の1つで、主演はあの『アントマン』で一躍有名になったポール・ラッドです。 今回は、『私の愛 …

LGBTQ映画

チョコレートドーナツ|動画配信無料視聴はHulu。ネタバレ感想とLGBT映画の魅力を解説

ダウン症の子どもを愛情込めて育てたいと願ったゲイ・カップル。 40年前のアメリカ西海岸であった実話を元に作られた映画『チョコレートドーナツ』。 マイノリティに対する偏見と差別の不条理さ、その偏見と闘う …

LGBTQ映画

映画『アバウト・レイ16歳の決断』あらすじとキャスト一覧!

エル・ファニングがトランスジェンダーの主人公を演じる『アバウト・レイ 16歳の決断』が2月3日より公開されます。 恋多きシングルマザー(ナオミ・ワッツ)、レズビアンのおばあちゃん(スーザン・サランドン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学