Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBTQ映画

『シチリア・サマー』ネタバレあらすじ感想と評価解説。LGBT映画として実在の少年たちの初恋ラブストリーをジュゼッペ・フィオレッロが描く 

  • Writer :
  • からさわゆみこ

1982年、2人の少年は夜空に輝く花火のように美しく散った

今回ご紹介する映画は『シチリア・サマー』です。監督のジュゼッペ・フィオレッロは、『シチリア!シチリア!』(2009)などに出演した俳優で、本作が初の長編監督作品となります。

本作はナストロ・ダルジェント賞というイタリアの映画賞で、ジュゼッペ監督が新人監督賞、主演のガブリエーレ・ピッツーロ、サムエーレ・セグレートが最優秀新人賞を受賞しました。

舞台は1982年初夏、イタリアのシチリア島。16歳のニーノはバイク同士でぶつかり、気絶して息もできなくなった17歳のジャンニに駆け寄り、人工呼吸を施し命を救います。

2人は育ちも性格もまるで異なりますが、この奇跡的な出会いをきっかけに、友情が芽生え瞬く間に激しい恋へと変化していきます。

秘密の川の入り江で泳ぎ、花火師の父の代わりに、祭りの花火を打ち上げに行った日々・・・。そんな、2人のかけがえのない時間は・・・ある日突然、壊されることに・・・。

映画『シチリア・サマー』の作品情報

(C)2023 IBLAFILM srl

【公開】
2023年(イタリア映画)

【原題】
Stranizza d’Amuri

【監督】
ジュゼッペ・フィオレッロ

【脚本】
ジュゼッペ・フィオレッロ、カルロ・サルサ、アンドレア・チェドロラ

【キャスト】
ガブリエーレ・ピッツーロ、サムエーレ・セグレート、シモーナ・マラート、ファブリツィア・サッキカル、アントーニオ・デ・マッテオアル、エンリコ・ロッカフォルテ、ジュゼッペ・スパータ、アレッシオ・シモネッティ、シモーネ・ラッファエーレ・コルディアーノ、ジュディッタ・バジーレ、ロベルト・サレーミピエ、アニータ・ポマーリオ

【作品概要】
青い空と海、自然を舞台に美しい少年が新緑のトンネルをバイクで走り抜けるなど、シチリア島の美しい自然、歴史が刻み込まれた街並みも見どころのひとつです。

また、今流行している80年代のカラフルなファッション、イタリアで愛され続けているミュージシャン、故フランコ・バッティアートの名曲が儚い2人の恋に彩りを添えています。

映画『シチリア・サマー』のあらすじとネタバレ

(C)2023 IBLAFILM srl

1982年初夏。16歳のニーノは叔父と幼い甥っ子トトの3人で、平原に出かけウサギ狩りをしています。叔父は発見したウサギに銃口を向け撃ちますが、トトが騒がしくするので狙いを外しますが、次に見つけたウサギは仕留めることができました。

叔父はトトに仕留めたウサギを持ってくるよう言いますが、怖がって近づけません。その様子をみてニーノと叔父はからかいながら笑います。

叔父の家に迎えに来たニーノの父は、打ち上げ花火の職人です。叔父は喘息持ちの父に「他の奴らになめられるな」と激を飛ばします。

そして、帰り際にニーノに腕時計を差し出し、「卒業祝い」だと言って渡します。

ニーノの家族は両親と姉、姉の息子トト、達は家族で昼食を取りますが、彼の両親はニーノのためにサプライズを用意していました。卒業祝いのオートバイです。

両親や親族たちから沢山の愛情を注がれ、明るく素直に成長したニーノです。さっそく、バイクの試運転に出かけます。

この年、FIFAワールドカップスペイン大会が開催され、サッカー大国イタリアは大盛り上がりでした。そして、シチリア島でも街中や家の中で、サッカー観戦に釘付けでした。

一方、別の町で整備工場の整備助手をする17歳のジャンニは、仕事を終えて工場を出ます。しかし、近くのカフェ前でサッカー観戦をしていたグループの男に絡まれます。

ジャンニに「コーヒーを奢る」と無理やり店に連れ込み、男はジャンニに口紅を塗ると「ジャンニちゃんはべっぴんさん」とからかいます。

ジャンニはゲイであることを面白半分に言いふらされ、それが町中で知られてしまうと、からかわれ屈辱的な扱いをされる日々でした。

それでもジャンニは抵抗もせずに耐えるだけです。周囲の人間はそれを見て笑ったり、無関心のままでいます。

ゲイのことを言いふらした少女は、そのせいでひどい目に合うジャンニを見て後悔し、庇おうとしますが後の祭りです。

しばらくするとグループのリーダー格トゥーリが現れ、ジャンニを助け解放します。トゥーリは少女の恋人であり、ジャンニは彼のお気に入りでした。

解放されたジャンニは帰宅しますが、その家は整備工場のオーナーフランコの家で、母親のリーナがフランコの妾になって暮らしていました。

口紅を塗りたくられたジャンニの顔を見て、リーナは心配しますがジャンニは部屋にこもってしまいます。フランコはジャンニが問題を起こせば“矯正施設”に戻すと脅します。

バイクを手に入れたニーノは道路を疾走し、初夏の風を楽しみながらトンネルを通り抜け、人気のない川で泳いだりして自由を満喫していました。

その頃、ジャンニは町から遠く離れた客の家に、バイクを納車しに行くよう指示されます。ジャンニは戸締りをして出かけようとしますが、トゥーリが体の関係を迫り邪魔します。

激しく抵抗したジャンニは納車するバイクで走り出します。激怒したトゥーリは仲間のバイクで追いかけ、つきまとい続けました。

必死に振り払おうとしたそのとき、二股の道が合流するところで、帰宅途中のニーノのバイクと出くわし衝突し、道に倒れ込みます。

焦ったトゥーリと仲間は、その場から逃げ去りました。ニーノはすぐに起き上がれましたが、縁石に乗り上げ倒れたジャンニは気を失ったままです。

以下、『シチリア・サマー』ネタバレ・結末の記載がございます。『シチリア・サマー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2023 IBLAFILM srl

ニーノがジャンニに声をかけますが呼吸が苦しそうだったため、マウス・ツー・マウスで人工呼吸をします。しばらく繰り返すとジャンニは息を吹き返しました。

花火師の父を手伝うため慌てていたニーノは、自分の不注意だとジャンニに謝り、家の住所と連絡先をメモで渡し、何かあったら連絡するよう言い残し、その場を去って行きました。

ジャンニも得意先へバイクを走らせ、無事納車を済ませ深夜に家に帰り着くと、事情を知らない母は心配そうに小言を言いますが、ジャンニは疲れ果てて眠ります。

翌日ジャンニは横暴なフランコに反発するように、朝早く身支度を整えて家を出ます。彼はバスに乗り、ニーノの家に向かっていました。

ジャンニはニーノの家で働かせて欲しいと申し出ます。そこに父親のアントニオが現れると、ニーノは事故の相手だと教えます。

アントニオは花火師の仕事は間に合ってるが、他の仕事を紹介すると約束します。ジャンニはニーノの家族と一緒に食事をして、家族の優しさと温かさを体験し帰宅しました。

フランコの工場を辞めたジャンニは、アントニオの兄が責任者をしている採石場で働くようになります。

仕事が終わるころニーノが採石場に来て、ジャンニに見せたいところがあると、ニーノが独り占めして泳いでいる、川の入り江に連れていきます。

2人はそこで一緒に泳いだり、ニーノは花火師の父を継ぐ夢を語り、花火のデザイン画を見せたりします。ジャンニにも夢はないかと聞きますが、彼はこれから探すと答えます。

ジャンニの仕事ぶりはすぐに気に入られ、順調な毎日を過ごしていました。ニーノも毎日バイクでジャンニを迎えに行き、入り江で泳ぎ語り友情を深めました。

仕事ぶりがよくアントニオからも信頼を掴んだジャンニは、ニーノの家族と食事をしたり、ワールドカップサッカーを観戦したり、和やかな時間を過ごすようになりました。

ところがある日、ジャンニをいじめているグループの1人が、採石場に来て働き始めます。ジャンニは仮病を使って仕事を早退しました。

何も知らないニーノはいつも通り迎えに行きますが、叔父から早退したことを告げられ、心配してジャンニの家を訪ねました。

しかし、ジャンニの母は仕事から帰って来ていないと言います。ニーノは何か事情があると察して帰ろうとしますが、ニーノを見つけたトゥーリが声をかけ、ジャンニがゲイであることを暴露します。

一方、アントニオは持病の喘息を悪化させ、花火師の仕事ができなくなります。そこでニーノは自分が代わりに花火を上げると言い、ジャンニが手伝うと説得します。

市長から“聖アガタ祭”での打ち上げを依頼されていたアントニオは、面目を守るために2人に賭けることにしました。

ニーノが打ち上げた花火は市長から高い評価を得、評判が広がり夏祭りのあちこちから、仕事が舞い込み、ニーノとジャンニは2人でそれをこなしていきました。

(C)2023 IBLAFILM srl

街中がサッカーワールドカップで盛り上がり、ニーノの家でも親類、知人が集まり観戦しながら騒ぎますが、騒ぎに紛れニーノはジャンニの手を引き、誰もいない納屋へ行きます。

ある祭の帰りに大雨に降られた2人は、路地で雨宿りをしながら抱擁します。しかし、その様子をニーノの母の知人が見てしまいます。

ジャンニの家まで送ったニーノの2人をジャンニの母も見ていました。ジャンニがニーノに特別な気持ちを抱いていると察します。

次の日、ニーノの母は知人から昨夜のことを聞かされ動揺し、家族と昼食を共にするジャンニに、怪訝そうな冷たい視線を向けました。

そして、ニーノとジャンニが祭の会場へ出かけると、ジャンニの母から電話が入ります。そして「息子さんはまだ引き返せます」と告げました。

アントニオはニーノ達が向かった祭の会場へ向かい、2人が花火を打ち上げる準備をしていると、アントニオはニーノに今すぐ帰ると告げ、ジャンニには2度と顔を見せるなと言い放ちます。

家に連れ戻されたニーノはアントニオや叔父にから、ジャンニとの間に如何わしい事があるのかと、激高され厳しく追及され、怖ろしさから否定するしかありませんでした。

以後、ニーノとジャンニは会わなくなり、ニーノはジャンニと出会う前の生活に戻りますが、ジャンニのいない暮らしはまるで色を失った世界のようでした。

一方、ジャンニの母はこれまでも男子を破滅させた彼に、こうするしかなかったと話し、ジャンニもそのことは理解していました。

ジャンニは再びフランコの工場で働き、町のならず者達の標的になる日々です。見かねた母は彼を更生施設に戻すことにします。

神父がジャンニに祈りを捧げるため訪ねます。そしてその晩、ジャンニは音楽をかけて母に「踊ろう」と誘ってキッチンで踊り、母は息子との別れに涙します。

ワールドカップスペイン大会はイタリアが勝利し、ニーノの家は祝宴の準備で賑わいます。ジャンニの町でも街中が祝福でお祭りムードでした。

ニーノは楽しい気分になれずどこか上の空でした。家族や親類の集まりから抜け出し、1人でぼんやり花火のデザインスケッチを眺めています。

義理の兄チッチョがニーノに声をかけ「秘め事も100年隠し通せばバレない。俺がアメリカ人達と何をしているのかだって、誰も知らないのだから」と言いました。

ニーノはバイクでジャンニの家に向かいます。そして窓の下からジャンニの名を呼びます。お祭り騒ぎに紛れニーノの声を聞いたジャンニは、窓の外に彼の姿をみつけました。

母の制止を振り切ってジャンニはニーノの元へ・・・。バイクに乗った2人を怪訝そうに見る人もいる中、お祭り騒ぎの街を抜け2人は姿を消します。

秘密の入り江で泳ぎ愛を確かめ合いながら、木陰でくつろぐニーノとジャンニは幸福感に浸ります。しかし、とつぜん銃声が鳴り響き、道にはイタリア国旗とニーノのバイクが佇みます・・・。

『シチリア・サマー』の感想と評価

(C)2023 IBLAFILM srl

シチリアの祭りと花火そして家族

シチリアと聞いて映画『ゴッドファーザー』を思い浮かべる人も多いかと思います。マフィアであるコルレオーネ・ファミリーの家族愛を象徴し、信頼関係を重んじる土地として・・・。

映画『シチリア・サマー』でも、家族の絆と愛情、人間同士の信頼関係が描かれています。そして、“男たるもの、女たるもの”そんな保守的な部分があることもわかりました。

男性は女性や子供を守り、養う力を求められます。映画はウサギ狩りをするシーンからはじまります。幼い少年は銃の扱いや死んだウサギを怖がりますが、終盤の狩りのシーンでは自分でウサギを仕留め、獲物を得意げに持ちあげます。

喘息持ちのニーノの父は兄から頼りない男と見られていると伝わり、男性は心身の弱さには寛容ではありません。このようにシチリアでは、大人の男性は子供に男の本質を仕込み受け継いできたのでしょう。

それでもニーノは母の手伝いをし、父の仕事に誇りを持って手伝います。反対にジャンニにはその父親の存在がありません。しかし、ジャンニにも母親を守り助けようとする男性としての本質を持っていて、反面同性愛者でもありました。

なぜ、同性愛者が誕生するのかその謎は解明されていません。先天性のものであるとすれば、“種を残す”という宗教上の観点から逸脱し、異端と見られ、イタリアを始めヨーロッパでは、“LGBTQ(セクシャルマイノリティ)”への偏見が顕著でした。

とくにシチリア州では一年中、各方面で宗教的な祭が行われるほど、信仰深い人が暮らしているので、同性愛者への嫌悪と偏見は相当なものであったと推測します。

イタリア労働環境と若者の貧困

イタリアは1922年から1943年までファシスト党に支配された、ファシズム体制の時代があり、戦後1950年代から60年にかけてオリンピックにより、経済復興を成し遂げます。

しかし、島であるシチリアではそこから切り離されてしまう現実がありました。これはシチリアのイタリア統合の歴史に通じているようにも見えます。

イタリア本土が経済成長し都市化が進む中、シチリア島は産業発達から取り残され、労働者の暴動が激化し、政府は非常事態宣言を出して弾圧しました。

その結果、シチリア島からアメリカへ移住する移民が増え、19世紀後半には『ゴッドファーザー』に描かれるような犯罪組織(マフィア)が増えていきました。

このようにシチリア島(シチリア州)の労働環境は近年まで良好とは言えず、作中カフェの前でたむろする若者は、仕事が得られず不満やうっぷんを抱えていました。

それらの不満はジャンニのような同性愛者を差別し、いたぶる行為へと繋がっていったのでしょう。

本作の舞台となった1982年のシチリアは、土地の改革と政府からの特別資金で工業地域や商業地域の創設がされ、経済的および社会的状況が徐々に改善されていました。

また、同時期にマフィア撲滅のキャンペーンにより、マフィアが弱体化したことで1990年代に入ると、失業率も低下していきます。

さて、映画『シチリア・サマー』は1980年に起きた、20代と10代のゲイカップルが何者かによって射殺された「ジャッレ事件」を題材にされています。

この事件は未だに解決されてはいません。殺害された10代の少年の親族が、家族にゲイがいたことを恥じて射殺したのでは?という憶測もされています。

この憶測を題材に映画が描かれているとしたら、最後に聞こえた銃声はニーノの叔父が発砲したのでは?と想像させます。

ジャッレ事件をきっかけにイタリア最大のLGBT非営利団体「ARCIGAY(アルチゲイ)」の創設に繋がり、2016年には同性婚が認められる法案が成立しました。

まとめ

(C)2023 IBLAFILM srl

『シチリア・サマー』は2人の美しい少年が、夜空に一瞬輝きを放つ花火のように、儚く散った恋を描いています

ニーノがジャンニに花火のデザインを見せながら、色の持つ意味を教えるシーンがあり「愛を伝えるなら、優しい色を使う」と言います。

2人が初めて打ち上げ花火を上げ、それを一緒に見たのがニーノのジャンニへの気持ちでした。

“ジャッレ事件”が起きた時、ジュゼッペ・フィオレッロ監督は11歳でしたが、事件から30年後の新聞記事でこの事件が取り上げられたのを目にします。

当時は幼い子供で理解できなかった“同性愛”が招いた事件を、30年後に再見したことでいつか映画にし、同性愛者が被害にあった事件で、司法の失敗により裁けなかった事実を伝えたかったと語ります。

セクシャルマイノリティへの理解の意識はまだ途上ですが、人間愛には性別を超えた美しさがあり、それを汚しているは人間であることを、映画『シチリア・サマー』では描いていました。




関連記事

LGBTQ映画

映画『シャイニーシュリンプス』ネタバレ感想と結末あらすじの解説。実在するゲイの水球チームを題材にした感動ヒューマンコメディ

ゲイの弱小水球チームが“LBGTQ+版五輪”に挑戦!? 映画『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』が、2021年7月9日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、Bunkam …

LGBTQ映画

今田美桜主演『カランコエの花』感想と評価。LGBT青春映画の最高傑作

今田美桜主演の映画『カランコエの花』は、2018年7月14日(土)より新宿K’s cinemaにて1週間限定ロードショー。 世界的に映画のテーマやジャンルとして浸透つつあるLGBT映画(レズビアン、ゲ …

LGBTQ映画

映画『片袖の魚』感想評価とレビュー解説。水槽とクマノミに思いを馳せる自分を不完全だと思い込む“ある女性”の姿を描く

映画『片袖の魚』は2021年7月10日(土)より新宿 K’s cinemaで公開予定! 日本で初めてとなるトランスジェンダー女性の俳優オーディションを開催し、主役に選ばれたのはファッション …

LGBTQ映画

LGBT映画『ミッドナイトスワン』の感想を深めるおすすめ5選!名作や問題作と比較し楽しむ鑑賞する方法を紹介

『ミッドナイトスワン』を観た今、オススメしたいLGBT映画の入門編5選 近年劇場公開される多くの映画において、LGBTという言葉と存在は、作品の主題に掲げた上で発議を打ち出すことに偏るのではなく、男性 …

LGBTQ映画

ネタバレ考察で中村珍『羣青』とNetflix『彼女』の映画と原作の違いを最後の終わり方まで比較解説!

映画『彼女』はNetflixにて配信。 日本発のNetflix映画、2021年第一弾として配信された廣木隆一監督作品『彼女』が2021年4月15日からNetflixで配信されています。 「キラキラ映画 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学