Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBTQ映画

映画『百合の雨音』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。2022年の今なお金子修介監督が原点回帰で“女性の解放”を描く

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

ロマンポルノで監督デビューした金子修介監督が原点に立ち返り、女性の解放を描く

日活ロマンポルノ50周年を記念した「ROMAN PORNO NOW」プロジェクトとして、第一弾は松井大吾監督の『』、第二弾は白石晃士監督の『愛してる!』が続けて公開されました。

第三弾となった『百合の雨音』は、ロマンポルノ映画『宇能鴻一郎の濡れて打つ』(1984)で監督デビューを果たした金子修介監督が34年ぶりにロマンポルノを撮り、女性の解放、純愛を描きました。

過去の恋愛のトラウマから、恋に臆病になっている葉月は、上司の栞に密かに思いを寄せていました。

一方、栞は仕事は順調そうに見えてもプライベートでは夫との関係性に悩んでいました。ある大雨の日、2人は雨宿りのため入ったホテルで一線を超えてしまう……。

葉月役を演じるのは、今泉力哉監督作品『こっぴどい猫』(2012)、中野量太監督作品『お兄チャンは戦場に行った!?』(2013)などに出演する小宮一葉、栞役は、俳優やナレーションとして活動するほか、写真家としても活動している香澄が務めました。

スポンサーリンク

映画『百合の雨音』の作品情報


(C)2022日活

【公開】
2022年公開(日本映画)

【監督】
金子修介

【脚本】
高橋美幸

【キャスト】
小宮一葉、花澄、百合沙、行平あい佳、大宮二郎、宮崎吐夢、星野花菜里、宝保里実、細井じゅん

【作品概要】
金子修介監督は、助監督としての経験を経て、ロマンポルノ映画『宇能鴻一郎の濡れて打つ』(1984)で監督デビューしました。その後、『デスノート』(2006)や『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)など様々なヒッチ作を手がけ、4年ぶりにロマンポルノにカムバックしました。

栞役を演じた香澄は、俳優やナレーションとして活動するほか、写真家としても活動しており、セルフポートレイトがきっかけで栞役のオファーがきたと言います。

また、34年ぶりにロマンポルノの撮影に挑んだ金子修介監督は、今回初めてインティマシーコーディネーターを導入し、安心な環境での撮影に配慮しました。インティマシーコーディネーターとは、映画やテレビの撮影現場でセックスシーンやヌードシーンなどのインティマシー・シーンを専門としたコーディネーターです。

映画『百合の雨音』のあらすじとネタバレ


(C)2022日活

葉月(小宮一葉)は、過去の恋愛のトラウマから恋愛に臆病になっていました。

文藝出版の企画部で働く葉月は、校了前で会社で徹夜をしている編集部の同期・はな(百合沙)に朝ご飯の差し入れをしに行きます。

そして話をしていると葉月の上司の企画部所長の栞(香澄)の話が出ます。

はなの上司である編集長(宮崎吐夢)の妻である栞は、常にピンヒールの靴を履き、ノースリーブの服など隙のない栞を、はなはお嬢ボスと言い、企画室の人たちも失敗しても旦那がいるから問題ないと陰口を叩いています。

しかし、葉月は凛としている栞に憧れ、思いを寄せていました。

栞も葉月の能力を評価しており、葉月の血が滲むほどの深爪を見て、「一歩引いてしまうところがあるでしょう、能力があるのだからもっと前に出ないと」と葉月に指摘します。

葉月は、仮眠を取ると言ったはなにお茶を差し入れようとはながいる会議室のドアをノックしますが返事はなく、寝ていると思った葉月はドアを開けて中に入ろうとします。

そこで、編集長とはなが性行為をしている姿を見てしまいます。驚いた葉月はそのまま気づかれないように扉を閉めます。

栞は夫に女がいることも気づいていましたが、年齢的にタイムリミットが迫っていると感じ、不妊治療を受けています。排卵日に夫の帰宅を待っていた栞でしたが、そんな排卵日だからと言われてもそういう気分になれないから、そういう気分にさせてくれと栞に言います。

屈辱を感じながらも子供ため…と栞は懸命に頑張りますが、夫の気分は乗らず諦めて寝ます。自分に興味をもっていないことがわかっているのに着飾って完璧な妻でいることに虚しさを感じていました。

ある日、企画室に編集長がやってきてパーティがあるから18時には会場に来てくれ、美人の妻と一緒に行くと印象がいいからと笑って去っていきました。

その会話を聞いていた葉月は今日の夕方以降から雨になるらしいですよと伝えます。しかし、出かけて行った栞の傘が置きっぱなしであることに気づいた葉月は、慌てて傘をもって外に出ます。

すると雨の中困っている栞を見つけ、傘を渡そうとすると、パーティ行く気がなくなってしまったと栞は笑い、シャワーを浴びないと近くにあったホテルに誘います。

先にシャワーを浴びた栞はベッドで寝ていました、その顔を見つめていた葉月は近づき、キスをしそうになりますが、栞が目を覚まし離れます。

「変な夢を見た」と栞は、コップに入った卵子を持った自分が夫を追いかけている夢を見たと言います。魚のように人間も体外受精できればいいのに、と呟きます。

更に必死に仕事をしていたらいつしか妊娠のタイムリミットが迫っていたと栞は自分の悩みを話し始めます。夫に女がいることを知っているが、そういう人だとわかって結婚したと言います。

若い頃はそうでもなかったのに、プライドだけが傷ついていくと自虐的に言う栞に思わず葉月は抱きついて、「私じゃダメですか、好きなんです」と思いを打ち明けます。

2人はキスを交わし、葉月は栞に、「目を瞑っていてください」と言い、栞の身体を愛撫していきます。栞は言われるままに葉月に身を委ねます。

情事が終わると栞はすぐに帰り、翌日会社で会った時もそっけない態度で、昨日のことは無かったことにするような栞の態度に葉月は傷付きます。

はなと宅飲みをしていた葉月は、最近恋人とかどうなの?と聞きます。別にいないよと答えるはなに、実ははなと編集長の情事を見てしまったことを言います。

最初は美味しいと思った、編集長と関係を持てばトクダネを貰えて編集の仕事に繋がると思った、そして今は編集長に認められることが今のモチベーションだと言います。

葉月はどうなの?とはなに聞かれ、絶賛片思い中だと言います。気持ちを伝えなければよかった、避けられていると言います。言葉を濁す葉月にはなは自分と同じく葉月の相手も既婚者だと知ります。

企画書では、新たな企画を進行中であり、葉月は栞の知り合いだという青年の連載企画を担当します。打ち合わせしている際に栞は、「この後時間ある?行きたいワインのお店があるのだけれど」と葉月に尋ねます。

食事に行った2人はその後、初めて行ったホテルに向かいます。行為の前に少し待っていてくださいと栞に言い、葉月は爪を切り始め、その姿をみて栞は涙を流します。

恋仲になった2人は人目を忍んで関係を持つようになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『百合の雨音』ネタバレ・結末の記載がございます。『百合の雨音』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022日活

ある日情事の際中、栞は痕をつけないでと葉月に言います。そしてそのまま情事の後、寝てしまった葉月は慌てて飛び起き帰ろうとします。

「帰らないで」と葉月は栞に抱きつき首筋に口づけて、キスマークをつけてしまいます。「どういうつもり?」と葉月は言いそのまま帰ってしまいます。

帰りが遅くなった葉月が首に巻いたスカーフを外さないのを見て、夫は「さては浮気でもしてきたのか」と冗談めかして言いながら栞のスカーフを外し、首筋のキスマークを見つけます。

「あなただってしているでしょ」という栞に、興奮してきたと夫はいい強引に性行為に持ち込み、子供が欲しいのだろうと栞に言います。

栞は、葉月との情事の際に妊娠していることを告げます。セックスレスだったのではないかと葉月は戸惑い怒ります。何か伝えようとしていた栞を拒絶しそのままホテルをあとにしてしまいます。

葉月は、編集長にはなと別れてほしいと告げにいきます。編集長は落ち着いたそぶりで、「君みたいな子クラスにもいたよ」と言います。

子供扱いしないでくださいと怒る葉月に、こういうことをするのは、正義感か子供だろうと言われてしまいます。

編集長は葉月にかまをかけて「そっちは別れたの?香水の匂いで気づいた」と聞きます。編集長の妻である栞と自分の関係を知られていると動揺する葉月を見て編集長は確信します。

別れたという葉月に編集長はさらにどうやって証明するのかと問い詰めます。

すると、葉月は栞と情事の際に利用していたホテルに向かうよう指示し、編集長の前で服を脱ぎます。編集長は、「後で訴えられても困る、やめるなら今だぞ」と言います。

「どっちでも」と葉月は答え、編集長はそのまま行為を続けます。男性との行為は初めてだった葉月にどうだと編集長は聞き、「身も蓋もないんですね、男と女って」と葉月は呟きます。

編集長の車から降り、家に向かいながら泣き出した葉月を見つけた栞が声をかけます。その一部始終を物陰から見ていたはなは、葉月の好きな人が栞であることを知ります。

私たち別れたんじゃないの、別れたことを証明するため編集長と寝たという葉月に栞は、会いたいと思うのは葉月だと言います。私をいかせたこともないくせにと葉月は言う葉月に、栞は「爪切り貸して」と言います。

葉月に身を委ねていた栞が葉月を愛撫します。涙を流しながら2人は抱き合います。

そんな矢先、葉月が連載を担当していた青年が失踪し、連絡を取れなくなってしまいます。自身のトラウマと向き合って私小説を書かせた責任だと事務所は言い、企画はダメになると思うと栞は言います。

更に追い討ちをかけるようにはなが社内一斉メールで栞と葉月の不倫を暴露します。企画部内は、LGBTに対する人権侵害だとはなのことを非難し、葉月には同情の目を向け、理解しているふりをします。

同じ不倫でも女同士ならいいのか、と葉月は怒ります。そして葉月は会社を辞め、栞の元からも去ります。

3年が経ち、連載を担当してた青年から連絡があり葉月は青年に会います。迷惑をかけたので謝ろうと会社に行ったら栞も葉月も退社したと聞かされたと言います。更にその原因は自分が失踪したことではなく社内メールが原因だったという経緯も聞いたと言います。

そして自身のトラウマとなった出来事について葉月に話し始めます。中学生の頃、離婚することになった母親から母親は同性愛者で好きな恋人がいたけれど周りに反対され、見合いで結婚し生まれたのが自分であったと知らされたのだと言います。

自分は生まれてよかったのかと、その事実が受け入れられなかったと言います。今は生まれてきてよかったと思えると言い、母の恋人は誰であったかわかりますか、と葉月に聞きます。

戸惑う葉月に母の恋人は栞さんだったと言います。そして栞さんは本当に好きだったのだと思うと伝えます。

夫婦関係がうまくいっていない栞の弱さにつけ込んだと思っていた葉月は、全て本当の気持ちであったことを知ります。今は離婚したという栞の現状を知った葉月は栞と会う決意をします。

小さな子供を連れた葉月は子供の名前は、葉月の“月”からつけた“つきと”だと言い、葉月が産んでほしいと言ったから産もうと決めたと言います。

スポンサーリンク

映画『百合の雨音』の感想と評価


(C)2022日活

34年ぶりにロマンポルノにカムバックした金子修介監督は、『キャロル』(2016)や『エマニエル夫人』(1974)年のような映画が撮りたいと考えていたところ、このロマンポルノ・ナウのプロジェクトに参加する運びとなったと言います。

学生の頃に先輩と恋仲であった葉月は、周りから女同士で気持ち悪いと陰口を叩かれ、思わず「気持ち悪いんだよ、私も先輩も」と言ってしまいます。

本当に先輩が命を落としのかどうかは明かされませんが、葉月は私が殺したといい、罪悪感から人を傷つけなくない、自分が迷惑をかけることに怯え、爪を切りすぎて深爪になっています。

葉月は恋愛に対し、臆病になっており、栞が自分を好きでなくてもいい、栞の寂しさを少しでもうめられたら…という思いで、栞が気持ち良くなってもらうことを優先します。

栞は葉月の爪を切る姿に涙を流します。それは栞自身も恋人と別れなくてはならず、今の夫と結婚し世間が求める普通の生活をしなければならなかったという過去も関係しているのでしょう。

理解を示さない世間の目に晒され、臆病になる葉月を解放してあげたいという気持ちもあったのかもしれません。栞が葉月を愛していることを伝えるために爪切りを貸してという場面からも本作において、爪を切るということの重要性が感じられます。

爪は、行為においても体や性器に触れるものです。長ければ相手を傷つけてしまいます。ポスターのキャッチコピーに“深爪は、愛の証−”とあるように、葉月の深爪は、心身共に傷つけたくないという気持ちの表れと言えるのです。

インティマシーコーディネーターを導入して撮影され、性行為のシーンに挑むのが初めてであった小宮一葉、香澄にとっても安全な撮影であったと言います。

『OL百合族19歳』(1984)など百合のポルノ映画も手がけてた金子修介監督ですが、本作は女性の解放を意識したと言います。

世間の目により恋愛に臆病になっていた葉月は、栞と恋仲になりますが、その関係を社内に暴露されてしまいます。同性愛者であっても不倫は変わらないはずなのに、暴露するのは人権侵害だ、私たちは理解しているという社内の表面的な理解は葉月をさらに傷つけます。

そして、傷つけたくないと思っていたのに、自分と関わったことで、栞に迷惑をかけてしまったと思うのです。罪悪感から退社し、一人になることを選んだ葉月ですが、栞の本当の気持ちを知らずにいました。

最後に栞も同性愛者であり、かつて恋人と別れざるを得なかったことを葉月は知ると同時に、観客もハッとさせられます。

それまでは、夫に相手にされず、葉月と出会ったことで初めて女性と関係を持ったかのようにも見える演出でした。

そのようなラストに驚きをもってくる構成や視点の変化を与える鮮やかさは、韓国映画『お嬢さん』(2017)を思わせるようなうまさがあります。

恋人と別れ結婚したものの、夫は浮気をし、お飾りのような自分の存在になぜ結婚したのかわからなくなると栞はつぶやきます。

不妊治療をし、妊娠を望む栞でしたが、妊娠をすると本当にこの子を産むべきなのか、悩みます。

栞のかつての恋人が産んだ子は自分の母が同性愛者であり、離婚するまで普通に結婚生活を送っていたことを受け入れるのに時間がかかりました。栞も自分の子がそう思うかもしれないという不安があったのかもしれません。

同性愛者であることを認められず、結婚をし、世間が求める普通の生活を送る辛さを突きつけます。そのような栞とかつての恋人の関係性に同じく韓国映画の『ユンヒへ』(2022)を想起した人もいるかもしれません。

葉月、栞を通して様々なものから解放されていく、美しくも力強い、今の時代ならではのロマンポルノ映画です。

まとめ


(C)2022日活

今泉力哉監督の『こっぴどい猫』(2012)や、中野量太監督の『お兄ちゃんは戦場に行った!?』(2013)などでヒロインを演じた小宮一葉が挑んだ葉月という女性はきっちりしていても、どこか一歩引いているような他者との距離を置いているような女性です。

栞との行為においても気持ちよくさせたいと思いつつも、栞に触れる手や唇にはどこか迷いが感じられるような繊細な感情の揺れが表れていました。

一方で、ピンヒールを履き、化粧もきっちりとした凛とした印象ですが、天然だと葉月からも言われる場面もあるように、葉月に素直に身を委ねてしまうようなあどけなさがあります。

そのような2人の女性の性格が行為などふとしたシーンに表れ、切ない心の揺らぎが感じとれます。それだけでなく、2人の体の写し方はどれを撮っても美しく、官能的です。

ポスターにも大きく映し出され、タイトルにもある“百合”の花言葉は「純潔」や「無垢」であり、凛とした百合の花の様子と花言葉は、葉月と栞の純愛を映し出しているかのようです。

女性の解放を描いた本作は、性の問題や、理解を示さない世間など様々な社会者問題を内包し、若い女性にとっても見やすい映画になっています。



関連記事

LGBTQ映画

『ハンズ・オブ・ラブ』動画無料視聴はU-NEXT!実話の感想は

25年間真面目な警官として生きてきたローレルはレズビアンであることを隠していました。 しかし、自分より若くオープンに生きるステイシーと出会ったことで生き方が変わり始めます。 大きな病と、平等を勝ち取る …

LGBTQ映画

映画『最初で最後のキス』あらすじと感想レビュー。ロレンツォ役の俳優リマウに注目

映画『最初で最後のキス』は、2018年6月2日(土)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次ロードショー。 思春期の「期待と不安」。それは“膨らむ夢と絶望”であると、あらためて見せつける高校 …

LGBTQ映画

映画『アバウト・レイ16歳の決断』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『アバウト・レイ 16歳の決断』は、2018年2月3日(土)より、全国順次公開中です。 エル・ファニングが16歳のトランスジェンダーの少年役に挑み、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンと共演を果た …

LGBTQ映画

映画『キンキーブーツ』ネタバレ感想と結末あらすじの解説。ドラァグクイーンと優柔不断な若社長が出会うハートフルコメディ

優柔不断な若社長×ド派手なドラァグクイーンのハートフルコメディ『キンキーブーツ』。 イギリスの田舎町の小さい靴工場の実話を基にジェフ・ディーンとティム・ファースが共同脚本。 『ロイヤル・ナイト 英国王 …

LGBTQ映画

『しあわせな人生の選択』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

トマスは長年の友人でスペインに住むフリアンの余命が僅かであること聞き、カナダからフリアンに会いに訪れます。 映画『しあわせな人生の選択』は余命宣告されたフリアンと、彼を取り巻く人たちの最期の4日間を描 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学