Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBTQ映画

【ネタバレ映画】ふたつの部屋、ふたりの暮らし|結末ラストの感想評価。秘かに愛し合う女性らが直面する‟老い”という社会の障壁

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

アパルトマンの隣人同士であり、秘密裏に愛し合っている恋人同士でもあるニナとマドレーヌ。2人の前に立ちはだかる社会の障壁と立ち向かう強さを描きます。

南仏モンペリエを見渡すアパルトマン。

最上階の向かい合う部屋で行き来するニナとマドレーヌ。2人はアパルトマンを売りに出し、ローマに移住する計画を立てていたが、マドレーヌは子供たちにニナとの関係を言い出すことができずにいました。

そんな中、マドレーヌに悲劇が襲い、2人の穏やかな日常が崩れ去り、究極の選択を迫られていく……。

監督は本作が初の長編映画となるフィリッポ・メネゲッティ。本作で2021年セザール賞の新人監督賞しました。

そのほか、第93回アカデミー賞国際長編映画賞やゴールデングローブ賞非英語映画賞など数々の賞レースにノミネートされ、2020年ダブリン国際映画祭最優秀女優賞をニナ役のバルバラ・スコヴァが受賞しました。

スポンサーリンク

映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』の作品情報


(C) PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS – 2019

【日本公開】
2022年(フランス、ルクセンブルク、ベルギー合作映画)

【原題】
Deux

【監督、共同脚本】
フィリッポ・メネゲッティ

【出演】
バルバラ・スコヴァ、マルティーヌ・シュヴァリエ、レア・ドリュッケール、ミュリエル・ベナゼラフ、ジェローム・ヴァレンフラン

【作品概要】
ニナ役を演じたのは『ローラ』(2012)でドイツ映画賞主演女優賞を受賞し、『ハンナ・アーレント』(2013)などで知られるバルバラ・スコヴァ。

マドレーヌ役には主に舞台俳優として活動し、2007年に、舞台『LE RETOUR AU DÉSERT』でモリエール賞の最優秀女優賞に輝いたマルティーヌ・シュヴァリエ。

マドレーヌの娘・アンヌ役には『ジュリアン』(2017)のレア・ドリュッケール。

映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』のあらすじとネタバレ


(C) PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS – 2019

南仏モンペリエを見渡すアパルトマン最上階。

隣人同士のニナ(バルバラ・スコヴァ)とマドレーヌ(マルティーヌ・シュヴァリエ)は、密かに長年愛し合ってきた恋人同士でもありました。

お互いの部屋を行き来し、夜は共のベッドで寝て、何気ない日常を過ごしています。そんな2人は部屋を売りに出し、そのお金でローマに移住する計画を立てていました。

不動産屋に査定してもらい、早くにでもローマに移住したいと思うニナに対し、マドレーヌはローマに行くことに躊躇いを感じていました。

独身のニナと違い、マドレーヌは亡くなった夫との間に娘と息子、そして娘の子である孫もいます。マドレーヌは彼らにニナと恋人同志であること、ローマに移住しようと考えていることを言えずにいました。

明日伝えるとニナに言ったマドレーヌは、自身の誕生会を開いてくれた子供たちに大事な話があるのと告げ、ニナとのことを話そうとします。

しかし、なかなか言い出せず「あなたたちを愛していて、誇りに思っている」とニナのことは結局話せませんでした。

後日、どうだったかと聞くニナに、マドレーヌは子供たちもわかってくれていると咄嗟に嘘をついてしまいます。その言葉を信じていたニナでしたが、不動産屋からマドレーヌが部屋を売りに出すのを取り下げたと聞き、怒ります。

「怖気付いたのね、子供たちに言えなかった。何か問題があるの、年寄りのレズに。誰も気にしていない」

「言おうとしたけど言えなかった」と言うマドレーヌに、ニナは怒りその場を後にしてしまいます。

喧嘩した翌朝、食べ物が焦げる匂いで驚いてニナはマドレーヌの部屋に向かいますが、そこにマドレーヌの姿はありません。慌てて外に出るとマドレーヌは救急車に乗せられ運ばれていきます。

何があったのかわからないニナも慌てて病院に向かいます。マドレーヌは脳卒中で倒れ、集中治療室にいると言います。しかし、家族ではないただの隣人のニナは、マドレーヌのそばに行くことはできません。

マドレーヌは、一命を取り留めたものの、話すことも歩くこともできません。娘・アンヌ(レア・ドリュッケール)は、リハビリが長くかかるかもしれないとニナに言います。

退院してきたマドレーヌには、アンヌが雇った介護士が面倒をみることになっていました。しかし、マドレーヌの様子が心配で気が気じゃないニナは、マドレーヌの会わせてくれと介護士に頼み、ことあるごとに顔を出すようになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』ネタバレ・結末の記載がございます。『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS – 2019

マドレーヌに一番必要なのは自分で、2人の日常を取り戻したいと思うニナの行動は、次第にエスカレートしていきます。

ただの隣人のはずが、何かとマドレーヌの面倒を見たがるニナに介護士は不信感を抱き、自分の仕事を邪魔しないでくれと言います。するとニナはお金は払うから自分にマドレーヌの面倒を見させてくれと介護士と交渉しました。

次の日、介護士がニナの部屋の扉を叩きます。シャワーを浴びている間にマドレーヌがいなくなったと言うのです。アンヌもやってきてマドレーヌを探します。

するとマドレーヌが見つかったのは、よくニナと2人で座って話していたベンチでした。慌てて駆け寄るニナの手を握るマドレーヌに、言葉は話せなくてもお互いのことを覚えている、確かに気持ちが通じ合っていることをニナは確信します。

介護士は解雇され、アンヌがマドレーヌの面倒を見ることになりました。ニナも頻繁にやってきてマドレーヌの面倒を見ます。

アンヌはニナと話しながら、マドレーヌがここを出たがっていたことに気づいていたと言い、父は母を虐待していたけれど、母は別れなかった。そして父の死後も再婚しなかった。父が最愛の恋人だったの、と言います。

ある日、アルバムを眺めていたアンヌは、マドレーヌが若い頃ローマに旅行に行った写真の中に若い頃のニナが写っていることに気づきます。若い頃から2人が知り合いだったことを知らないアンヌは、なぜニナがいるのかと不思議に思います。

その夜突然マドレーヌは服を取り出し、スーツケースに詰め込もうとします。慌てて起きたアンヌが宥めようとしてもなかなか落ち着きません。

マドレーヌが自分を求めている、そう感じたニナは合鍵を使って夜、マドレーヌの部屋にはいり、ベッドで共に眠ります。

そしてそのまま朝を迎えてしまい…隣人であるはずのニナがマドレーヌのベッドにいる状況に混乱したアンヌは、「出ていって」とニナを追い出します。

そして数日のうちに家を引き払い、マドレーヌを施設に入れてしまいます。

マドレーヌの居場所もわからず、アンヌに連絡しても出てくれないことに困ったニナは、アンヌの家に押しかけます。

「真実を打ち明けたいの。お母さんは私と街を出る予定だった。お父さんを愛していない、20年間嘘をついていた、最愛の恋人は私」。

そう打ち明けても取り合ってくれないアンヌやマドレーヌの息子らに逆上したニナは「馬鹿ども」と言い、窓ガラスを割ってしまいます。

マドレーヌも、ニナに会いたい一心で、施設からニナに電話をかけます。話せないけれどマドレーヌからの電話だと気づいたニナは、施設の場所を聞き出し、とうとうマドレーヌの居場所を突き止めました。

施設に着いたニナはマドレーヌに面会し、隙をみて施設から連れ出します。いなくなったことに気づいたアンヌが追いかけ、ニナの部屋をノックし、私が悪かったと言いますが、2人にアンヌの声は聞こえていません。

大好きなレコードを流し、静かに見つめ合い踊るニナとマドレーヌ。まるで2人の世界に他のものはいらないかのように……。

スポンサーリンク

映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』の感想と評価


(C) PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS – 2019

秘密裏に愛し合ってきたニナとマドレーヌ。突如病に倒れ、家族ではない、ただの隣人のニナは当たり前のようにマドレーヌのそばにいることができません。

それだけでなく、真実を知ったマドレーヌの娘・息子らはニナとマドレーヌを受け入れようとはせず、引き離されてしまいます。

2人の前に立ちはだかる壁はおそらく今に始まったことではないでしょう。マドレーヌがローマに旅行した際に、ガイドをしていたニナと知り合ったと言います。

しかし、マドレーヌには家庭があり、夫からは虐待を受けていたと言います。家族のためなら自分を犠牲にするようなマドレーヌは子供たちためにも離婚を選択することはできなかったと考えられます。

息子からは父が死ぬのを待っていた、と非難されますが、マドレーヌは実際に待っていたのでしょう。夫が亡くなり、やっとニナとの時間が持てるようになることを。

アパルトマンの隣人同士、お互いの部屋を行き来しながら過ごす2人の時間は、長年愛を温め続けた2人がやっと手に入れた幸せの時間だったのです。

やっと手に入れた幸せをもう誰にも邪魔をされることはなく、2人で過ごしたいと強く願うニナはローマへの移住を急ごうとしていたのでしょう。しかし、家族があるマドレーヌはなかなか決断できず、家族に真実を言うことも躊躇っていました。

そんな矢先にマドレーヌを襲った悲劇が病でした。本作は同性愛を描くと同時に、2人の視点を通して現代社会が抱える老いや高齢化社会の問題も浮き彫りにしていきます。

家族ではない、どんなに愛し合って大切な存在でも、隣人でしかないニナはマドレーヌのそばになかなかいることができません。歯痒さからニナの行動はエスカレートしていき、その様子がサスペンスフルな雰囲気を醸し出しています。

ニナ同様マドレーヌも話せないけれど、確かにニナを思い、あなたが必要だと訴えかけます。マグカップを落としたり、懐かしいレコードを聴いて立ち上がったり、視線でニナに語りかけます。

2人の間には確固たる強い愛、そして長年連れ添ってきたからこその信頼感があります。

それほど想いあっていても引き離されてしまう残酷さに胸が痛みますが、それでも立ち向かう2人の姿は見ている観客も勇気づけられるような強さがあります。

近年LGBTQを取り扱う映画が増えてきました、しかしその多くは自分が性的マイノリティであることに気づく、もしくはカミングアウトする、そして恋の始まりを描く映画が多かったように感じます。

しかし、本作はLGBTQとして生きていく、生きてきた人々の姿、今なお残る偏見や生き辛さを描きます。

韓国映画『ユンヒへ』(2022)も、今まであまり描かれてこなかった中年の同性愛者の女性を描きました。

更に高齢者をめぐる問題を取り扱った映画も多く、ミヒャエル・ハネケ監督の『愛、アムール』(2013)では、病に倒れ妻の介護をする夫がある決断をするという老夫婦や介護の問題を浮き彫りにしていました。

更にマドレーヌとニナの場合は、世間一般から見れば、単なる隣人に過ぎません。家族でなければもし病に倒れた場合、入院の手続きや世話などはできないのです。夫婦ではなく、同性愛者故の悩みも描き出します。

まとめ


(C) PAPRIKA FILMS / TARANTULA / ARTEMIS PRODUCTIONS – 2019

アパルトマンの最上階、向かい合う部屋で暮らすニナとマドレーヌ。

秘密裏に愛し合う2人の女性の前に立ちはだかる障壁や老いを描いた映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』。

穏やかで幸せな時間から、マドレーヌの病により引き離されてしまう2人。その2人の間には社会的な障壁があるのはもちろんのこと、物理的に遮断されていることを表す演出として、向かい合う2つの部屋の扉やドアスコープが印象的に使われています。

ニナは、マドレーヌに会いたいと扉を叩くも、介護士によって今は無理だと閉ざされてしまいます。

何とかしてその扉を壊そうとするニナに応えるかのようにマドレーヌも自由に言うことを聞かない体で、ニナの部屋のドアを叩いてニナに会おうとします。

施設からマドレーヌを連れて家に帰ったニナ。その時マドレーヌはゆっくりとした足取りで扉を閉めます。

それは遮断されていた2人の間の扉はなくなったと同時に、今度は2人が外の世界に対して扉を閉めることで遮断しようとするのです。

もう2人の時間は誰にも邪魔をさせないという強い気持ちの表れを感じさせます。





関連記事

LGBTQ映画

映画『アバウト・レイ16歳の決断』あらすじとキャスト一覧!

エル・ファニングがトランスジェンダーの主人公を演じる『アバウト・レイ 16歳の決断』が2月3日より公開されます。 恋多きシングルマザー(ナオミ・ワッツ)、レズビアンのおばあちゃん(スーザン・サランドン …

LGBTQ映画

『ハンズ・オブ・ラブ』動画無料視聴はU-NEXT!実話の感想は

25年間真面目な警官として生きてきたローレルはレズビアンであることを隠していました。 しかし、自分より若くオープンに生きるステイシーと出会ったことで生き方が変わり始めます。 大きな病と、平等を勝ち取る …

LGBTQ映画

LGBT映画『ラフィキ ふたりの夢』感想とレビュー評価。愛し合う少女たちの姿にケニアでは上映禁止となる【カンヌ国際映画祭出品作品】

映画『ラフィキ ふたりの夢』は2019年11月9日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー! かつてに比べて社会的に認められ、幅広い世界で活躍しているLGBTの人たち。しかし地 …

LGBTQ映画

映画『ある少年の告白』あらすじネタバレと感想。同性愛の“矯正”治療をテーマに扱う問題作

同性愛の“矯正”治療を描いた問題作『Boy Erased(原題ボーイ・イレイスド)』 今回ご紹介するのは2019年度アカデミー賞有力候補、ラッセル・クロウ、ニコール・キッドマン、ルーカス・ヘッジズとい …

LGBTQ映画

今田美桜映画『カランコエの花』あらすじとキャスト。作品はグランプリ5冠へ

今田美桜主演の映画『カランコエの花』は、2018年7月14日(土)より新宿K’s cinemaにて1週間限定ロードショー。 世界的な映画の1つテーマに浸透つつあるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学