Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBTQ映画

【ネタバレ】映画プリシラ|あらすじ結末感想と評価解説。ドハデ衣装のドラァグクイーンたちは“真実の愛”を求め荒野を進む

  • Writer :
  • 谷川裕美子

ド派手なドラァグクイーンたちの心の旅

オーストラリアの広大な地を舞台に、3人のドラァグクイーンが真実の愛を求めて旅する姿を描いたロードムービー『プリシラ』。

監督はステファン・エリオットが監督を務めた本作は、1995年の第67回アカデミー賞にて衣装デザイン賞を受賞しました。

ドラァグクイーン3人組を演じたのは、『コレクター』(1965)のテレンス・スタンプ、「マトリックス」シリーズのヒューゴ・ウィービング、『L.A.コンフィデンシャル』(1998)のガイ・ピアース。名優3人がド派手なコスチューム姿で荒野を進む姿は幻想的な美しさを放っています。

彼らが見つけ出した真実の愛とは、どんなものだったのでしょうか。

映画『プリシラ』の作品情報


(C)1994 AUSTRALIAN FILM FINANCE CORPORATION LIMITED, ORION PICTURES CORPORATION, LATENT IMAGE PRODUCTIONS PTY LTD AND NEW SOUTH WALES FILM AND TELEVISION. All Rights Reserved

【日本公開】
1995年(オーストラリア映画)

【監督・脚本】
ステファン・エリオット

【キャスト】
テレンス・スタンプ、ヒューゴ・ウィービング、ガイ・ピアース、ビル・ハンター

【作品概要】
オーストラリアの砂漠の街で開かれるショーに出るために、真実の愛を求めておんぼろバス「プリシラ号」で旅をする3人のドラァグクイーンの姿を描くロードムービー。

監督はステファン・エリオット。素晴らしい奇抜な衣装が高く評価され、1995年・第67回アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞しました。

キャストには『コレクター』(1965)のテレンス・スタンプ、「マトリックス」シリーズのヒューゴ・ウィービング、『L.A.コンフィデンシャル』(1998)のガイ・ピアースなど。

映画『プリシラ』のあらすじとネタバレ


(C)1994 AUSTRALIAN FILM FINANCE CORPORATION LIMITED, ORION PICTURES CORPORATION, LATENT IMAGE PRODUCTIONS PTY LTD AND NEW SOUTH WALES FILM AND TELEVISION. All Rights Reserved

シドニーで暮らすバイセクシュアルのミッチ、プライドの高い性転換者のバーナデット、いつも騒々しい若いフェリシアら3人のドラァグクイーンは、オーストラリア中部の砂漠のリゾート地・アリススプリングスにあるホテルでショーを行うことに。

「キングズ・キャニオンの山頂に、スパンコールのドレスとハイヒールで立つ」という夢を抱いた3人は、フェリシアが手に入れたおんぼろバスに「プリシラ号」と名付け、大勢の人々に見送られながら3000キロの旅に出発します。

道中、今回の仕事の依頼人がミッチの元妻マリオンであることが判明。音信不通だった彼女から6年ぶりに連絡があったことを、ミッチは涙ながらに話しました。

派手に着飾った3人は途中で降りてホテルに泊まり、酒場を訪れます。他の客から偏見の目で見られますが、そんなことにも負けず、3人は周囲を巻き込んで大盛り上がりに。しかし、自分を「ラルフ」という本名で呼んだフェリシアをバーナデットは殴りつけました。

翌朝、バスに「出ていけ、エイズ野郎」というひどいラクガキがされており、それを見て3人は傷つきます。

さらに移動を続けるうちに、走行中のバスがガタガタと音を立てて止まってしまいました。そこは見渡すばかり、何もない荒野でした。

このまま野垂れ死ぬのだけは避けるため、バーナデットは一人で救助を求めて歩き出します。フェリシアはバスをラベンダー色のペンキで塗り直し、ミッチはドレスに着替えて荒野で踊り始めました。

老夫婦の車を見つけたバーナデットは必死で助けを求め、バスのところまで連れてきます。しかし、老夫婦はドラァグクイーンたちの奇天烈な出で立ちに驚いて逃げ去ってしまいました。

3人はがっくりしながらも、時間を有効に使おうと砂漠でショーのリハーサルを始めます。すると、近くでキャンプを張っていたアボリジニの男がやって来て、自分たちの宴会へと彼らを連れて行きました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『プリシラ』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『プリシラ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)1994 AUSTRALIAN FILM FINANCE CORPORATION LIMITED, ORION PICTURES CORPORATION, LATENT IMAGE PRODUCTIONS PTY LTD AND NEW SOUTH WALES FILM AND TELEVISION. All Rights Reserved

3人がド派手姿なドラァグクイーンのショーをしてみせると、アボリジニたちは手拍子をして楽し気に盛り上がりました。

故障したバスを修理屋のボブに見てもらうと、エンジンにまで砂が詰まっていることがわかります。またその後、立ち寄ったパブでドラァグクイーンショーを開く3人でしたが、町の人々は驚いて固まってしまいました。

そこに酒癖の悪いボブの妻シンシアが乱入し、きわどいショーを始めます。諫めたボブとケンカになったシンシアは、家を出ていってしまいました。

ボブはバーナデットが所属していた「レ・ガールズ」のファンでした。バーナデットは彼を本当の紳士だと褒めます。

バスの調子がまだ悪かったため、ボブも3人のバスの旅に同行することに。「なぜゲイになったのか」と聞くボブに、バーナデットは「生まれつきだった」と答えました。

クーバーピディの町に着き、ミッチとバーナデットはレストランで食事をしますが、フェリシアは一人で出かけてしまいます。

騒ぎを起こしたフェリシアは、ゲイに偏見を持つ男たちを怒らせて危うく殺されかけますが、かろうじてボブやバーナデットらに助けられます。バーナデットはゲイとして生きることの厳しさを、フェリシアに改めて言い聞かせました。

とうとう目的地であるアリススプリングスのホテルに到着し、ミッチと元妻マリオンは抱き合って再会を喜び合いました。

派手な衣装に身を包んだ3人のショーが始まります。しかしその途中、「家で寝ている」と聞かされていた自身の息子ベンジーが客席にいると気づいたミッチは、驚いて気絶してしまいます。

ベンジーは父の仕事を知っていることをフェリシアに話し「ママには“ガールフレンド”がいた」と言いました。

ミッチはベンジーには自身の仕事を隠そうとしていましたが、息子のベンジーがすでに知っていることに悟ります。「父に“ボーイフレンド”がいてよかった」と言うベンジーを、彼は笑顔で抱き上げました。

3人は最高にド派手な衣装に着替え、望みを叶えるためにキングズ・キャニオンの山頂に上ります。壮大な景色を見た3人は、お互いに「家に帰りたい」と呟きました。

「8年間母親をやったから今度は父親をやってくれ」とマリオンに頼まれ、しばらく一人でベンジーを育てることになったミッチは、途方に暮れます。バーナデットは不安ながらこの街でボブとやってみると話し、そんな彼をミッチはかたく抱きしめました。

ミッチとフェリシア、ベンジーを乗せたバスが出発します。バーナデットとボブ、マリオンが笑顔で見送りました。

ミッチとフェリシアは故郷でまたドラァグクイーンショーに出演し、小さなベンジーが笑顔でライトを向けました。観衆は温かく彼らを拍手で迎えます。

映画『プリシラ』の感想と評価


(C)1994 AUSTRALIAN FILM FINANCE CORPORATION LIMITED, ORION PICTURES CORPORATION, LATENT IMAGE PRODUCTIONS PTY LTD AND NEW SOUTH WALES FILM AND TELEVISION. All Rights Reserved

偏見に屈せず自分だけの花を咲かせる大切さ

心にそれぞれ痛みを抱える3人のドラァグクイーンたちが、広大な荒野をひたすら進む旅を描いたロードムービー『プリシラ』

いつも騒々しく、人を怒らせるのが好きなフェリシア。フェリシアの挑発に毎回乗ってしまう誇り高きゲイのバーナデット。どうしてそうなのかとフェリシアに理由を聞く、元妻子持ちのミッチ。目的地に向かっているのに、どこか“逃避行”のような匂いを感じさせる過酷な旅です。

壮大な自然さながらに、己の心のままに生きるドラァグクイーンたち。3人のバランスが素晴らしく、彼らの旅を見守るうちに自分も一緒に旅しているような気分になってきます。彼らが受ける差別や偏見にも一緒に傷つき、怒りを感じ始めるのですから不思議なものです。

彼らは行く先々で何度も差別を受け、偏見の目で見られます。酒場では罵られ、バスにはひどい落書きをされ、故障したバスを助けに来たはずの老夫婦は彼らの姿を見ただけで逃げ去ります。女装で男だらけの飲み会に乗り込んだフェリシアは、ゲイへの偏見を持つ大勢の男たちに危うく殺されそうになる始末です。

いつもはエレガントでいながら百戦錬磨のバーナデットは、屈することなく相手を殴り倒します。彼がこれまで偏見に正面から立ち向かってきたことを示す象徴的なシーンです。

「我々には都会しかない。都会の壁がまもってくれる。ののしられて強くなるんだから。男が女になるのはラクじゃないのよ」という、フェリシアに語り掛けるバーナデットの言葉には重みがあります。年輪を重ねたバーナデットの言葉は、やんちゃなフェリシアの胸に深く響いたに違いありません。

そんな彼らですが、バーナデットとボブの純な恋模様や、子どもが欲しかったと語るバーナデット、そしてそんな彼に自分には子どもがいることを話せずにいるミッチ、バーナデットのいたわりの言葉に泣くフェリシアなど、人間らしい姿を何度も見せます。

ボブと気持ち良く酔った末、ケーキの上に寝てしまったバーナデットのキュートなことといったら!『コレクター』の名優テレンス・スタンプが、この個性的な役をこんなにも魅力的に演じてくれることに感動するばかりです。

そのほかにも、ミッチをマダム扱いする温かなボブ、ミッチの全てを受け入れる肝っ玉母さんのマリオン、父と母を理解する幼く逞しいベンジーなど、素敵なキャラクターが登場し、主人公3人を支えます。

圧倒的な美を表現する衣装たち


(C)1994 AUSTRALIAN FILM FINANCE CORPORATION LIMITED, ORION PICTURES CORPORATION, LATENT IMAGE PRODUCTIONS PTY LTD AND NEW SOUTH WALES FILM AND TELEVISION. All Rights Reserved

本作の大きな見どころは、ドラァグクイーンが身にまとう独創的で奇抜な、それでいて圧倒的に美しい衣装の数々です。その衣装は多くの人々に評価され、1995年の第67回アカデミー賞では衣装デザイン賞を見事受賞しました。

どこまでも広がる荒涼とした大地と、ド派手な色彩とデザインをまとうドラァグクイーンの対比は、異空間かと思わせるほどに幻想的で胸に迫る美しさです。7変化の独創的な衣装に、常に目が釘付けになることでしょう。

銀ギラの裾の長い服を風になびかせて、バスの上でオペラを歌って悦にひたるフェリシアの幻想的な姿。サンダルをつなげた奇抜なミニスカートを見事に着こなすミッチ。バスが故障してしまい、助けを求めてひとり彷徨うシックな出で立ちのバーナデットもファンタジックです。

最後に念願だったグランド・キャニオンに登る3人。どこまでも荒れ果てた岩山が広がる中でキラキラと光るきらびやかなコスチューム姿は圧巻です。

派手な衣装を着た彼らが、がぶがぶと飲み干す酒。故障したバスの脇で、テーブルを出して優雅に食す朝食のフレークスとホルモン剤など。彼らにとって日常のものすら、平凡な私たちにとっては幻想的な存在感を感じさせます。

そんな強大なパワーを持つ3人組だからこそ、あれほど個性的で過激なファッションに負けず、見事に着こなすことができたのだと改めて感じ入らずにはいられません

まとめ


(C)1994 AUSTRALIAN FILM FINANCE CORPORATION LIMITED, ORION PICTURES CORPORATION, LATENT IMAGE PRODUCTIONS PTY LTD AND NEW SOUTH WALES FILM AND TELEVISION. All Rights Reserved

名優テレンス・スタンプ、ヒューゴ・ウィービング、ガイ・ピアースの名演が光る異色のロードムービー『プリシラ』本作には人の持つ優しさ、悲しみ、喜び、怒りなどさまざまな感情がギュッと凝縮して詰め込まれています

愛を追い求めたバーナデットはボブという伴侶と出会い、彼と生きることを不安ななかにも選び取りました。ミッチは、かわいい息子を一時的にせよ、一人で育てるという大きな冒険に繰り出し、フェリシアは傍で一緒に支える道を選びます。

彼らは誰より、愛を追い求める人たちだったといえるのではないでしょうか彼らが愛を求め続ける限り、幸せへの扉はいつも開かれているに違いありません

自分が美しいと思うファッションに身を包み、偏見に負けることなく自己を貫く彼らから、多くのことを教えられます。

ありのままに自分を生きること。その先にこそ本当の幸せは待っているのかもしれません






関連記事

LGBTQ映画

『手のひらのパズル』あらすじ感想と評価考察。結婚を前にして“ヒロイン”が見つけた本当の幸せとは⁈

結婚=幸せという呪縛に苦しむ人たち 俳優の黒川鮎美が監督・脚本・製作・編集・主演を務め、結婚の平等をテーマに描いた短編作品『手のひらのパズル』が2023年1月14日(土)より大阪シアターセブン、202 …

LGBTQ映画

映画『ある少年の告白』あらすじネタバレと感想。同性愛の“矯正”治療をテーマに扱う問題作

同性愛の“矯正”治療を描いた問題作『Boy Erased(原題ボーイ・イレイスド)』 今回ご紹介するのは2019年度アカデミー賞有力候補、ラッセル・クロウ、ニコール・キッドマン、ルーカス・ヘッジズとい …

LGBTQ映画

LGBT映画『ミッドナイトスワン』の感想を深めるおすすめ5選!名作や問題作と比較し楽しむ鑑賞する方法を紹介

『ミッドナイトスワン』を観た今、オススメしたいLGBT映画の入門編5選 近年劇場公開される多くの映画において、LGBTという言葉と存在は、作品の主題に掲げた上で発議を打ち出すことに偏るのではなく、男性 …

LGBTQ映画

LGBT映画『彼が愛したケーキ職人』あらすじと感想。男女の性差を超えた愛を堪能する秀作

映画『彼が愛したケーキ職人』は、12月1日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開! アトナの寂しさや悲しみを取り去ってくれたのは、夫のオーレンが愛した男性トーマスだった…。 …

LGBTQ映画

映画『シャイニーシュリンプス』ネタバレ感想と結末あらすじの解説。実在するゲイの水球チームを題材にした感動ヒューマンコメディ

ゲイの弱小水球チームが“LBGTQ+版五輪”に挑戦!? 映画『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』が、2021年7月9日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、Bunkam …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学