Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBTQ映画

【ネタバレ】蟻の王|あらすじ結末感想と評価解説。社会派ヒューマン映画で描いた“2人の男性の尊厳”の闘い

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

同性愛の許されない時代に生き、自身の尊厳のために闘った詩人と青年の物語

映画『蟻の王』は、『ナポリの隣人』(2019)、『家の鍵』(2006)のジャンニ・アメリオが、「ブライバンティ事件」の実話をもとに、同性愛の許されない時代に尊厳のために闘った詩人と青年の姿を描き出しました。

“わが国に同性愛者はいない、ゆえに法律もない――”

1960年代、イタリア。

蟻の生態研究学者であり、詩人・劇作家のアルド・ブライバンティが主催する芸術サークルには多くの学生が参加していました。

サークルで学んでいる兄についてやってきた青年・エットレはメスの蟻を見つけたことでアルドに気に入られ、博識なアルドにエットレものめりこんでいきます。

いつしか2人は惹かれ合いローマに出て2人で生活を始めますが、エットレの家族によって引き離され、エットレは矯正施設に入れられてしまいます。

一方、アルドは教唆罪で捕らえられ……。

『輝ける青春』(2005)のルイジ・ロ・カーショがアルド役を演じ、エットレ役には本作でスクリーンデビューを果たしたレオナルド・マルテーゼが務めました。

映画『蟻の王』の作品情報


(C)Kavac Srl/Ibc Movie/Tender Stories/(2022)

【日本公開】
2023年(イタリア映画)

【原題】
Il signore delle formiche

【監督】
ジャンニ・アメリオ

【脚本】
ジャンニ・アメリオ、エドアルド・ペティ、フェデリコ・ファバ

【キャスト】
ルイジ・ロ・カーショ、エリオ・ジェルマーノ、レオナルド・マルテーゼ、サラ・セラヨッコ

【作品概要】
死刑反対のため孤独な闘いを繰り広げる裁判官を描いた『宣告』(1996)や、15年の時を経て障害のある息子に対面した父親の内面を描いた『家の鍵』(2006)、母の死がきっかけで疎遠になってしまった父と娘が隣人家族の事件により関係を見つめなおしていく『ナポリの隣人』(2019)など、社会派のヒューマンドラマを手掛けてきたジャンニ・アメリオ監督。

本作では、実在の劇作家・詩人であり、蟻の生態研究者であるの「ブライバンティ事件」を映画化。同性愛者が許されず、矯正施設にいれられてしまう現実を浮き彫りにしました。さらに「ブライバンティ事件」は、イタリアで唯一教唆罪が適用された事件でした。

映画『蟻の王』のあらすじとネタバレ


(C)Kavac Srl/Ibc Movie/Tender Stories/(2022)

1959年、イタリア・エミリア=ロマーニャ州ピアチェンツァ。

詩人で劇作家、そして蟻の生態研究者でもあるアルド・ブライバンティ(ルイジ・ロ・カーショ)は、芸術サークルを主催していました。そこには多くの若者が訪れていました。

ある日、兄に連れられやってきたエットレ(レオナルド・マルテーゼ)は、羽のとれたメスの蟻を見つけアルドと話をします。

エットレは、美術の道に進みたいと思っているのですが、親の希望で医学を学んでいるとアルドに話します。するとアルドは「親に従う必要はない、産んでくれただけで十分だ」と言います。

両親や学校では学ばなかったことを教えてくれるアルドにエットレは夢中になっていきます。しかし、アルドの教育方針に反発を抱いていたエットレの兄はよく思わず、「もうあそこに行くな」と言いますが、エットレは耳を貸そうとはしませんでした。

アルドが同性愛者であることは村の皆は知っており、兄はエットレがアルドの策略でもてあそばれているだけだと思っています。エットレと家族の関係は悪くなり、エットレは親と一方的に絶縁してアルドとローマで暮らすことになります。

2人で美術館を訪れていると、アルドは旧友と再会しパーティに誘われます。あまり気乗りしない様子でしたがアルドはエットレを連れてパーティに行くことに。

初めて同性愛者のパーティに参加したエットレはその雰囲気に圧倒され、アルドが旧友と挨拶をしている間に先に会場を出てしまいます。旧友はアルドとエットレの間に肉体関係がないことに驚いた様子でしたが、「惚れているのね」とアルドに言います。

アルドは挨拶を終え会場に戻るとエットレの姿はなく、慌てて探しに出たアルドはエットレを見つけると「せめて一言言って出て行ってくれ」と声を荒げてしまいます。

落ち着きを取り戻したアルドは「仲間がいるから安心して自分をさらけ出して羽目を外せるんだ。私は彼らと違う。だが同じでもある」とエットレに言います。

そんな2人の生活は突如終わりを告げます。エットレの母親と兄が朝2人の眠っている部屋に押しかけ、無理やりエットレを連行し、矯正施設で治療を受けさせます。

エットレは幾度となく電気ショックを与えられ人が変わったようになってしまいます。

一方、アルドは個人を唆し、従属させたとして“教唆罪”で逮捕されてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『蟻の王』ネタバレ・結末の記載がございます。『蟻の王』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)Kavac Srl/Ibc Movie/Tender Stories/(2022)

裁判は圧倒的にアルドに不利な証言ばかり。真実ではなくても証人の言葉は真実として受け入れられ、新聞はアルドの尊厳など考えずに記事にします。

イタリア共産党機関紙の記者であるエンニオ(エリオ・ジェルマーノ)は、スリなど窃盗事件の担当であったはずが、なぜかアルドの事件を担当するよう上から言われます。

事件について調べ、裁判を傍聴したエンニオは、どう見てもおかしな茶番劇のような裁判が展開されているというのに、誰もおかしいと言わないことに疑問を感じます。

裁判で黙秘を続けるアルドにエンニオは面会し、どうして反論しようとしないのかと聞きます。「こんな茶番に付き合えない、そう思うのなら自分で記事にすればいい」と答えます。

しかし、エンニオは記事を書きたくても共産党の新聞である以上踏み込んだことは書けず、同性への性的暴行や、同性の関係性について言及することはタブーとされていました。

ムッソリーニは「わが国に同性愛者はいない、ゆえに法律もない」と言いました。確かに法律で同性愛者を禁止する項目もありません。それは、同性愛者の存在を認めていなからなのです。

認めていない以上裁判でもアルドとエットレの関係を恋人と認めるわけにはいかないのです。あくまで唆し従属させられたということなのです。黙秘を貫いていたアルドでしたが、ついに口を開き反論し始めます。

「証人同様私の言葉にも価値はあるはずだ」とアルドは言いますが、相手にはされません。

そんなとき、エットレが証言台に立ちます。「病院での供述は脅されて言っただけだ、アルドに強要されたことは一度もなく、アルドは自分の人生の中で一番大切な人だ」と言います。

しかし、そんなエットレの姿は洗脳された姿であるとされ、エットレの言葉の真実性には誰も目を向けようとせず、アルドは有罪判決を受けてしまいます。

一方でエンニオの従妹のグラツィエラをはじめとしたアルドの支援者たちは裁判に反対するデモを展開し始めます。

アルドはその姿を見て、エンニオに「彼らの活動はありがたいが、このような支援活動がかえって私の足かせになっているようだ」とこぼします。応援されればされるほどアルドの解放には遠ざかってしまうように思えたのでしょう。

何とか諦めずに闘おうとしていたエンニオも、記事を執筆中に上司から「もう印刷に出したから書かなくていい」と言われてしまい、己の無力さに打ちのめされます。

結局控訴してもアルドの有罪判決を覆すことはできなかったのです。

裁判後、エットレは病院から家に帰りますが、家族とともに暮らすことはなく一人で暮らし、美術の仕事を始めます。

裁判から数年たち、アルドの母親が亡くなり、アルドは一時釈放され母親の葬儀に出ます。そして、エットレに会いに行きます。かたく2人は抱き合い互いの近況を話します。

それからしばらくしてアルドは釈放されますが、二度とエットレとは再会することはありませんでした。

映画『蟻の王』の感想と評価


(C)Kavac Srl/Ibc Movie/Tender Stories/(2022)

アルドが貫く自尊心とは?

60年代、同性愛者を許さない認めない社会の様子を浮き彫りにした本作が浮き彫りにしているのは、現代においても変わらない社会の様子だと言えます。

多くの人は彼らを“異なる”存在として排除している一方で、同性愛者の存在は認めようとしません。変態によって唆され従っただけで、両者の間に愛はない、同性同士が恋人になることは認められないのです。

証人と検事によって仕立て上げられたアルドの“罪”を疑う存在は新聞記者のエンニオのみで、多くの人々は罪を仕立て上げられアルドが有罪になろうが、関係ないのです。

このような無関心さが一人の人間の尊厳を奪っていることに人々は無自覚です。そのような姿勢は現代においても変わっていないのではないでしょうか。

昨今トランスジェンダーをめぐる問題などにおいても、明確な調査があるわけでもない憶測であってもマジョリティ側が言えばそれは真実味のある脅威になりえてしまう、その恐ろしさに多くの人々は無自覚でいるのではないでしょうか

アルドが最後まで貫き通そうとした自尊心は、本来守られるべきもので、簡単に怪物に仕立て上げられてしまうことの方が異常であるのに、その異常さがまかり通ってしまっているのです。

その残酷さは、冒頭、指に止まった蟻をエンニオが息を吹きかけて吹き飛ばす場面にも重なります。アルドは、「蟻は一匹でいると迷子になってしまうから何もないところでも群れをなす」とエットレに説明している場面があります。

本作において孤独な迷子の蟻、吹き飛ばされる蟻として存在するのはまさしくアルドとその母親です。

二組の母と子


(C)Kavac Srl/Ibc Movie/Tender Stories/(2022)

母親がアルドからの手紙を読みながら家に向かうと、家には“おかまの家”と落書きされていて、アルドの母親は驚きよろめきながら歩いて、その場にへたりと座り込みます。その姿は、孤独で寄り添い合う存在を見失っているかのようです。

しかし、その一方でアルドと母親は心の繋がりがしっかりあることを感じさせる場面もあります。裁判が始まる前に2人はアイコンタクトをとり、時にしっかりと抱き合います。

その対比として描かれているのが、エットレとその母親でしょう。エットレは母親と兄によってアルドから引き離され、治療のため矯正施設に入れられたことにより、決定的に2人と断絶してしまいます。

裁判の証人として現れたエットレに母親は不安げに視線を送りますが、その視線が合うことはありません。エットレは家族のもとに戻されてもともに住むことはもはやできませんでした。

さらに印象的な存在が新聞記者のエンニオです。エンニオはかつては無関心なマジョリティの一人でした。

しかし、アルドの事件を知り、この事件はおかしいとアクションを起こそうとします。エンニオに利害関係は関係ありません。ただ、おかしいことをおかしいと言う、当たり前のことを行動に起こす存在で、そうすること難しさを体現します。

その背景には自分がマイノリティになることの恐怖にも起因しているかもしれません。どんなに正しいと思って声をあげてもマジョリティの意見が正義となり相手にされないくやしさ、恐ろしさは現代においても変わってはいません

それでも諦めずに行動し続けること。その大変さもエンニオが体現しています。さらにアルドも「皆の応援がかえって足かせになってしまう」と言っている場面もありました。

同調圧力を前に屈しそうになりながらも尊厳のため闘い続ける姿に勇気をもらえる人もいるでしょう。一人でも何かアクションを起こすことの大切さが未来へと続く懸け橋になるのです。

まとめ


(C)Kavac Srl/Ibc Movie/Tender Stories/(2022)

冒頭、アルドのもとから引き離され強制的に入院させられたエットレ。エットレは家族によって自身の尊厳を奪われた存在だといえます。

幾たびも行われた電気ショックの爪痕はエットレに癒えない傷を与えたに違いありません。そのようなおぞましい矯正施設の様子は、『ある少年の告白』(2019)にも描かれていました。

また、同性愛者を認めていない国は現在においても存在します。その現状を描いた映画が『シャイニー・シュリンプス!世界に羽ばたけ』(2022)でした。ロシアにおける同性愛者へのヘイト、身の危険を感じながらも活動している人々の姿を描きました。

さらに本作は、同性愛者の問題だけでなく女性への差別に関しても描いています。60年代は女性の社会進出が推進され始めましたが、依然として女性の社会的地位は低い時代だったでしょう。

新聞社の上司がこれ以上優秀な女性は必要ないと言っていたり、アルドの支援を呼びかけるデモ運動を展開しているエンニオの従妹に対して女がデモでいうべき内容ではないと言われたりしています。

このように声を上げ続けた人々がいたからこそ変わってきたものがあり、それでも変わっていない現状もあります。

私たちが出来ることはまさに声をあげること、自尊心を奪わせないということなのではないでしょうか。




関連記事

LGBTQ映画

LGBT映画『ウィークエンド』あらすじネタバレと感想。ゲイ特有の葛藤がリアルに見え隠れする

ロンドン映画批評家協会賞受賞ほか、各国の映画祭で多数受賞した映画『ウィークエンド』。 あなたは、自分の運命を変えるような出会いを経験したことはありますか?そんな、運命の出会いを描いたのが『ウィークエン …

LGBTQ映画

映画『百合の雨音』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。2022年の今なお金子修介監督が原点回帰で“女性の解放”を描く

ロマンポルノで監督デビューした金子修介監督が原点に立ち返り、女性の解放を描く 日活ロマンポルノ50周年を記念した「ROMAN PORNO NOW」プロジェクトとして、第一弾は松井大吾監督の『手』、第二 …

LGBTQ映画

映画『アバウト・レイ16歳の決断』あらすじとキャスト一覧!

エル・ファニングがトランスジェンダーの主人公を演じる『アバウト・レイ 16歳の決断』が2月3日より公開されます。 恋多きシングルマザー(ナオミ・ワッツ)、レズビアンのおばあちゃん(スーザン・サランドン …

LGBTQ映画

『ジャンプ、ダーリン』あらすじ感想と評価解説。名優クロリス・リーチマン演じる年老いた祖母とドラァグクイーンの孫の絆と人生の行方

映画『ジャンプ、ダーリン』は2024年1月19日(金)よりヒューマントラスト渋谷ほかで全国順次公開! カナダの片田舎で暮らす祖母とドラァグクイーンの孫の関係を、温かな視線で見つめたヒューマンドラマ『ジ …

LGBTQ映画

【ネタバレ】映画『そばかす』結末感想評価解とあらすじ。他人に“恋愛感情を抱かない”女性が自身を見つめ直す

恋愛感情を持たない、でもそれが私。そう思っていても周りに理解されないヒロインの進む道 『ドライブ・マイ・カー』(2021)で注目を集め、日本アカデミー賞新人俳優賞など数々の賞を受賞した三浦透子を主演に …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学