Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBTQ映画

BLドラマ『セマンティック・エラー』あらすじ感想と評価解説。ジェチャンxソハムが対照的なふたりを演じる!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

月額動画配信サービス「WATCHA」にて韓国で”今”話題のBLドラマ『セマンティック・エラー』を3月17日(木)より独占配信開始

美形アイドルコンビを迎え、原作のweb小説をWATCHAが待望の実写ドラマ化。

変わり者の秀才と大学の人気者が繰り広げるコミカルなキャンパスロマンスです。

韓国では2月より順次先行配信され、韓国WATCHA視聴ランキング1位、映画雑誌Cine21で表紙を飾ればオンライン販売開始15分でオンライン売切れ、中国 Weiboトレンド 1位記録など、人気と話題を集めている注目作です。

日本では月額動画配信サービス「WATCHA」にて3月17日(木)より独占配信開始となりました。

変わり者の秀才チュ・サンウを「DONGKIZ」で活動するパク・ジェチャン、モデルのように美しいデザイン科の人気者チャン・ジェヨンを幅広い分野で活躍中のパク・ソハムが演じます。

韓国で一大旋風を巻き起こした魅力あふれるBLドラマ『セマンティック・エラー』をご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ『セマンティック・エラー』の作品情報

【公開】
2022年(韓国ドラマ)

【出演】
パク・ソハム、パク・ジェチャン

【作品概要】

2018年に韓国の電子書籍プラットフォーム「RIDIBOOKS」のBL小説部門で大賞を受賞し韓国国内でウェブ漫画、アニメなどが製作された超人気コンテンツ『セマンティックエラー』初の実写ドラマ化。

先んじて配信された韓国では、配信初日からTOPランキングにて1位を獲得し、WATCHA PEDIAのレビューには絶賛する投稿が相次ぎ、平均評価4.5点(5点満点)を獲得するなど大きな反響を得ています。

主人公は首席を逃したことのない秀才で”変わり者”と呼ばれるチュ・サンウと、モデルのような容姿で大学の人気者であるチャン・ジェヨン。

「セマンティックエラー」とは、プログラミング言語などで文法的には正しいものの、意味の違いや矛盾した誤りによって生じるエラーのこと。非効率的なこのエラーをサンウは初めて経験していきます。

”変わり者”で時間通りの完璧な日々を過ごす首席の秀才チュ・サンウを「DONGKIZ」で活動するパク・ジェチャンが、モデルのような容姿をしたデザイン科の人気者チャン・ジェヨンを、演技・歌・ダンスもこなすマルチな才能の持ち主パク・ソハムが演じます。

ドラマ『セマンティック・エラー』のあらすじ

国際アニメフェスティバルに、スケボーを持った美青年チャン・ジェヨンが現れ、黒キャップをかぶった青年チュ・サンウに話しかけます。

スマホを取り出したサンウに、ジェヨンは自分を撮るのだと勘違いしてくったくなくポーズをとりますが、サンウは無視して「チャン・ジェヨン卒業作品 特別賞」と描かれた作品にレンズを向けます。

シカトしたまま去って行くサンウを、ジェヨンは呆然と見送ります。

後日、友人たちとにぎやかに卒業記念の写真を撮っていたジェヨンでしたが、彼の必修科目「ヒューマニティ教育」でサンウが「欠席すると卒業できない」という内容のプレゼンをしたことを聞かされます。

教授のところに連れて行くためにジェヨンはサンウを探し回りますがみつけられません。

そんなサンウのもとに、欠席者「幽霊メンバー3」からのメールが届いていました。

サンウのゲームデザインを手伝うことになっていた女性が急に私事で辞退します。サンウは代わりにジェヨンを紹介してほしいと頼みますが、ジェヨンはアメリカに留学予定でした。

サンウの似顔絵を描いた尋ね人のチラシを学内に貼って回るジェヨン。サンウはコンピューター工学科で3年連続学科トップの秀才で、学科の集まりにもいかず、サークルにも入っていなかったためなかなか見つけ出せずにいました。

自販機の前で女性から声をかけられたサンウ。彼女はサンウに気があるリュ・ジヘで、尋ね人の貼り紙をサンウに見せます。

その時、サンウに「幽霊メンバー3」から、「どなられる前に会ったほうがいいぞ」というメッセージが届きますが、彼は迷わずブロックします。

一方、部屋探しをしていたジェヨンのもとに、卒業取り消しの知らせが届きました。

やけ酒をあおるジェヨンのもとに、サンウのプロジェクトを辞退した女性がやってきて、仕事を引き継いでほしいと頼みます。ジェヨンはやっとサンウをみつけて喜び引き受けます。

とうとう会うことになったジェヨンとサンウ。約束の時間に遅れたジェヨンにサンウはイライラしますが、ジェヨンはまったく気にも留めず…。

スポンサーリンク

ドラマ『セマンティック・エラー』の感想と評価

正反対のふたりが引き起こす最高のケミストリー

マンガやアニメも制作されたBL小説を原作にした純愛BLドラマ『セマンティック・エラー』。

ボーイズグループ・DONGKIZのパク・ジェチャンが演じる、秀才でありながら融通がきかない変わり者のチュ・サンウと、 パク・ソハム演じるモデルのような容姿で大学の人気者であるチャン・ジェヨンという2人の関係がコミカルに描かれます。

「セマンティックエラー」とは、 プログラミング言語などで文法的には正しいものの、 意味の違いや矛盾した誤りによって生じるエラーのことです。

起床時間、登校時間、はては歯磨きの時間、コーヒーを買う時間まできちっと決まっている原理原則主義のチェ・サンウ。そんな彼が、自分に近寄ってくる異分子の存在ジェヨンによって、エラーを起こし続けます。

ジェヨンのサンウを構う姿がかわいくてたまりません。男の子が好きな子にちょっかい出して、嫌がられば嫌がるほどに喜んでいるのと同じ状態です。やってる内容も完全に小学生レベルで、赤が嫌いと聞けば全身赤い服を着て現れ、サンウがいつも買っているコーヒーを買い占め、いつも座っている席を奪い…サンウが「ガキかよ!」と怒っても、ジェヨンは喜ぶばかりです。

ストーカーまがいの行動にややひいてしまうものの、あまりに楽しそうにサンウにくっついてくる陽キャのジェヨンはとても魅力的で、その美しい容姿に思わず目が釘付けになってしまいます。

いつの間にかその魅力に気づくようになったサンウは、ふとした瞬間にジェヨンに会いたくなっていきます。生活リズムだけではなく、心までエラーを起こして制御できなくなっていくのです

表情のないサンウと、自信に満ちあふれているジェヨンという正反対な性格の2人が、初めの冷戦状態からいつどんなきっかけで引き合うようになっていくのでしょうか。ワクワク期待が高まります。

サンウにまっすぐ恋するジヘの存在

主人公のジェヨンとサンウと同じ学校に通うキュートなリュ・ジヘ。学校一の秀才サンウに果敢にアタックする彼女に注目です。

以前自販機のコインをサンウから借りたジヘは、彼にお札で返し、後日サンウからおつりを受け取ります。このへん、天然のあざとさを感じさせる女子力の高さです。

繰り返し言葉を交わすうち、うまく心に隙間をみつけて電話番号ゲットにも成功。ナチュラルにみえてなかなかの戦略家なのです。

ジヘがサンウを思っていることが周囲にオープンとなっていることも、彼女の策略なのかもしれません。鈍いサンウは気づいていないようですが…。

ジヘとサンウが一緒にいる姿を見て、穏やかではない気分になるジェヨン。サンウとジェヨンの恋の起爆剤になる可能性を感じさせます。

今後果たして台風の目になっていくのか、しっかり見届けていきたい存在です。

まとめ

韓国で旋風を巻き起こしている話題のBLドラマ『セマンティック・エラー』。

「DONGKIZ」のパク・ジェチャンと、演技に歌に活躍中のパク・ソハムが主人公のチュ・サンウとチャン・ジェヨンをそれぞれ演じます。

陰と陽、シャープとルーズ、内向的と外交的など、ありとあらゆる反対語を思い起こさせる対照的なふたり。その魅力にいつの間にかどっぷりはまってしまうファンが続出している、注目の韓流ドラマです。

ドラマ『セマンティック・エラー』は月額動画配信サービス「WATCHA」にて3月17日(木)より独占配信開始です。

関連記事

LGBTQ映画

LGBT映画『ミッドナイトスワン』の感想を深めるおすすめ5選!名作や問題作と比較し楽しむ鑑賞する方法を紹介

『ミッドナイトスワン』を観た今、オススメしたいLGBT映画の入門編5選 近年劇場公開される多くの映画において、LGBTという言葉と存在は、作品の主題に掲げた上で発議を打ち出すことに偏るのではなく、男性 …

LGBTQ映画

映画『マイビューティフルランドレット』フル動画を無料視聴!あらすじと見どころ

1985年のLGBTをテーマに扱った青春映画『マイ・ビューティフル・ランドレット』。 演出はスティーヴン・フリアーズ監督が務め、初めはイギリスのテレビ局チャンネル4のために制作したテレビ映画だったが、 …

LGBTQ映画

今田美桜主演『カランコエの花』感想と評価。LGBT青春映画の最高傑作

今田美桜主演の映画『カランコエの花』は、2018年7月14日(土)より新宿K’s cinemaにて1週間限定ロードショー。 世界的に映画のテーマやジャンルとして浸透つつあるLGBT映画(レズビアン、ゲ …

LGBTQ映画

Netflix映画『彼女』ネタバレ結末解説。キャラクターの本質を原作テーマから考察!

映画『彼女』は現在Netflixにて配信中 日本発のNetflix映画、2021年第一弾として配信された廣木隆一監督作品『彼女』が2021年4月15日からNetflixで配信されています。 「キラキラ …

LGBTQ映画

LGBT映画『ラフィキ ふたりの夢』感想とレビュー評価。愛し合う少女たちの姿にケニアでは上映禁止となる【カンヌ国際映画祭出品作品】

映画『ラフィキ ふたりの夢』は2019年11月9日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー! かつてに比べて社会的に認められ、幅広い世界で活躍しているLGBTの人たち。しかし地 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学