Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBTQ映画

Entry 2023/11/22
Update

『ジャンプ、ダーリン』あらすじ感想と評価解説。名優クロリス・リーチマン演じる年老いた祖母とドラァグクイーンの孫の絆と人生の行方

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『ジャンプ、ダーリン』は2024年1月19日(金)よりヒューマントラスト渋谷ほかで全国順次公開!

カナダの片田舎で暮らす祖母とドラァグクイーンの孫の関係を、温かな視線で見つめたヒューマンドラマ『ジャンプ、ダーリン』。

海外のLGBTQ+映画祭で多数受賞・ノミネートを果たした本作は、数々の短編映画を制作してきたフィル・コンネルが初の⾧編映画監督を務めました。

米テレビ業界最高峰のエミー賞を8回獲得したオスカー女優クロリス・リーチマンと、初の⾧編映画出演となるトーマス・デュプレシが、濃密な関係性を持つ祖母と孫を見事に演じ切りました。

胸を打つ人間ドラマの魅力をご紹介します。

映画『ジャンプ、ダーリン』の作品情報


2020(C)Big Island Productions(2645850 Ontario Inc.)ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2024年(カナダ映画)

【監督・脚本】
フィル・コンネル

【キャスト】
トーマス・デュプレシ、クロリス・リーチマン、リンダ・キャッシュ、ジェイン・イーストウッド、タイノミ・バンクス

【作品概要】
『Chest of Doors(原題)』(2005)など数々の短編映画を制作してきたフィル・コンネルの初⾧編監督作品。監督自身の祖母との「エンド・オブ・ライフケア」に関する会話、自身が表現者として生きる選択をした経験を基に、ドラァグというクィア・カルチャーの中で描いたヒューマンドラマです。

主演は、初の⾧編映画出演作ながら今作で賞を多数受賞したトーマス・デュプレシ。そして人気ドラマ『メアリー・タイラー・ムーア・ショー』(1970〜1977)で知られ、米テレビ業界最高峰のエミー賞を8回獲得したオスカー女優クロリス・リーチマンが出演。2021年に逝去した名優が「老い」を等身大の姿で表現しました。

ロサンゼルス・ゲイ・レズビアン映画祭でクロリス・リーチマンが審査員大賞を受賞するなど、数々の映画祭で高い評価を受けています。

映画『ジャンプ、ダーリン』のあらすじ


2020(C)Big Island Productions(2645850 Ontario Inc.)ALL RIGHTS RESERVED

俳優から転身しドラァグクイーンとなったラッセルは、大切なショーの直前に⾧年付き合っていたボーイフレンドから「俳優に戻ってほしい」と伝えられました。舞台から逃げ出したラッセルは、彼氏と同棲していた家を飛び出します。

無一文で帰る家もないラッセルは、祖母マーガレットのもとに身を寄せました。以前彼女は、ラッセルに「自分の車を譲る」と書いたカードを送っていました。

再会を喜び合うふたりでしたが、彼は久しぶりに会った祖母の様子がどこか違うことに気づきます。ラッセルは祖母の家をすぐに出ようとしましたが、祖母に呼び止められ、シャワーを浴びたいので手伝ってほしいと頼まれます。

マーガレットは自分の衰えを自覚しつつも、娘エネから勧められる地元の老人ホームへの入居を拒み続けていました。

祖母のために、ラッセルはしばらく一緒に暮らすことを決心しますが……。

映画『ジャンプ、ダーリン』の感想と評価


2020(C)Big Island Productions(2645850 Ontario Inc.)ALL RIGHTS RESERVED

生きづらさを抱えるドラァグクイーンの青年ラッセルと、彼が身を寄せた祖母マーガレットとの心の交流を温かく描く作品です。

ドラァグクイーンのステージを放り出して逃げ出したラッセルが、無一文のまま祖母の家を訪れたところから物語が始まります。

久しぶりに会った祖母が、年月を重ねて変わってしまっていることに気づいたラッセルは、すぐに出て行こうとしました。しかし祖母は孫を「ダーリン」と呼び続け、自分が施設に入れられそうになっていることを話します。

認知症となっていても、祖母から自分への変わらぬ愛情を感じたラッセルは、彼女をひとり残して去ることができませんでした

情にあつく心優しいラッセルと、彼を慈しむマーガレットとの絆は、観る者の心を温めてくれます

マーガレットの老いてゆく哀しみを見事に体現し、2021年に逝去したオスカー女優クロリス・リーチマン。そして長編作品初出演ながらラッセルを繊細に演じたトーマス・デュプレシの見事な演技から目を離せなくなることでしょう

ラッセルとマーガレットの二人は、どのような結末を迎えるのでしょうか。どうぞ最後までお楽しみください。

まとめ


2020(C)Big Island Productions(2645850 Ontario Inc.)ALL RIGHTS RESERVED

ドラァグクイーンとして生きていくかどうか悩みながら恋人に別れを告げた青年と、認知症が現れ始めた祖母との絆を描くヒューマンドラマ『ジャンプ、ダーリン』

自分が変わっていくことを理解している祖母マーガレットの抱く歯がゆさと哀しみ、そしてラッセルが抱く生への苦しみが胸に迫ります。そして映画は苦しみながら身を寄せ合う二人の姿を、尊く美しく映し出します

自分の人生に正面から向き合う二人の放つ強い光が、感動を呼ぶ一作です。

映画『ジャンプ、ダーリン』は2024年1月19日(金)よりヒューマントラスト渋谷ほかで全国順次公開!




関連記事

LGBTQ映画

映画『アバウト・レイ16歳の決断』あらすじとキャスト一覧!

エル・ファニングがトランスジェンダーの主人公を演じる『アバウト・レイ 16歳の決断』が2月3日より公開されます。 恋多きシングルマザー(ナオミ・ワッツ)、レズビアンのおばあちゃん(スーザン・サランドン …

LGBTQ映画

『しあわせな人生の選択』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

トマスは長年の友人でスペインに住むフリアンの余命が僅かであること聞き、カナダからフリアンに会いに訪れます。 映画『しあわせな人生の選択』は余命宣告されたフリアンと、彼を取り巻く人たちの最期の4日間を描 …

LGBTQ映画

チョコレートドーナツ|動画配信無料視聴はHulu。ネタバレ感想とLGBT映画の魅力を解説

ダウン症の子どもを愛情込めて育てたいと願ったゲイ・カップル。 40年前のアメリカ西海岸であった実話を元に作られた映画『チョコレートドーナツ』。 マイノリティに対する偏見と差別の不条理さ、その偏見と闘う …

LGBTQ映画

Netflix映画『彼女』ネタバレ結末解説。キャラクターの本質を原作テーマから考察!

映画『彼女』は現在Netflixにて配信中 日本発のNetflix映画、2021年第一弾として配信された廣木隆一監督作品『彼女』が2021年4月15日からNetflixで配信されています。 「キラキラ …

LGBTQ映画

【ネタバレ映画】ふたつの部屋、ふたりの暮らし|結末ラストの感想評価。秘かに愛し合う女性らが直面する‟老い”という社会の障壁

アパルトマンの隣人同士であり、秘密裏に愛し合っている恋人同士でもあるニナとマドレーヌ。2人の前に立ちはだかる社会の障壁と立ち向かう強さを描きます。 南仏モンペリエを見渡すアパルトマン。 最上階の向かい …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学