Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『七つの会議』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【原作:池井戸潤作品】

  • Writer :
  • 村松健太郎

原作:池井戸潤×主演:野村萬斎の映画『七つの会議』は、2019年2月1日(金)公開

「半沢直樹」シリーズ、また『下町ロケット』や『空飛ぶタイヤ』など、ベストセラーを連発している池井戸潤の同名小説の映画化。

監督は『私は貝になりたい』から『祈りの幕が下りる時』まで重厚なドラマに定評のある福沢克雄。

主演は野村萬斎、共演に香川照之、及川光博、片岡愛之助、立川談春、北大路欣也ほか超豪華キャストが集結しました。

スポンサーリンク

映画『七つの会議』の作品情報


(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
池井戸潤

【監督】
福澤克雄

【脚本】
丑尾健太郎、李正美

【キャスト】
野村萬斎、香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、藤森慎吾、朝倉あき、岡田浩暉、木下ほうか、吉田羊、土屋太鳳、小泉孝太郎、溝端淳平、春風亭昇太、立川談春、勝村政信、世良公則、鹿賀丈史、橋爪功、北大路欣也

【主題歌】
ボブ・ディラン『メイク・ユー・フィール・マイ・ラブ』

【作品概要】
テレビドラマとして映像化された池井戸潤の同名小説を、野村萬斎を主演に迎え映画化した企業犯罪をテーマにしたヒューマンドラマ。

中堅メーカーの東京建電のサラリーマンの八角民夫役を野村萬斎が演じ、共演は香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、立川談春、北大路欣也といった、池井戸ドラマ常連俳優陣が集結。

監督は『陸王』『下町ロケット』「半沢直樹」シリーズなど、池井戸ドラマの演出を手がけた福澤克雄。

映画『七つの会議』のキャラクター&キャスト


(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

八角民夫(野村萬斎)
東京建電の万年係長。苗字はヤスミと読むが実際にはハッカクさんと呼ばれるぐうたら社員、通称“居眠りハッカク”。

北川誠(香川照之)
東京建電営業部長。結果第一主義のいわゆるモーレツ社員タイプ。

原島万二(及川光博)
東京建電営業二課課長、名前の通り常に二番手の男。

坂戸宣彦(片岡愛之助)
東京建電営業一課課長、エースと呼ばれる男だったが…。

浜本優衣(朝倉あき)
営業一課の課員。寿退社を控えている。

三沢逸郎(音尾琢真)
4代続く町工場ネジ六の社長。東京建電に契約を切られた過去が。

江木恒彦(立川談春)
東京建電の下請け、トーメイテックの社長

村西京助(世良公則)
親会社ゼノックスから出向している東京建電副社長

梨田元就(鹿賀丈史)
ゼノックス常務、東京建電に出向していた時は北川・ハッカクの上司

宮野和広(橋爪功)
東京建電社長、たたき上げで社長に上り詰めた

徳山郁夫(北大路欣也)
ゼノックス社長。彼が出席する会議は御前会議と呼ばれる

スポンサーリンク

映画『七つの会議』のあらすじとネタバレ


(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

中堅電機メーカーの東京建電、鬼とも呼ばれる営業の絶対的な存在北川のもと、厳しい会議が開かれます。

エース坂戸課長の花の営業一課に対して、原島が課長を務める二課は地獄と呼ばれるほど業績も扱いも社内では悪い立場。

ただ、一課には北川の眼の前でも居眠りをするぐうたら万年家長ハッカクこと八角(ヤスミ)がいました。

原島としては八角位のお荷物は、一課のハンデとしてちょうどいいという思いました。

そんなある日、突然、坂戸がパワハラで訴えられます。なんと訴えたのは八角でした。

確かに坂戸は仕事に対して厳しい男でしたが、相手が八角であれば大したことにはならいと思われましたが、なんと訴えは受け入れられ、坂戸は一課長の座から退くことになります。


(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

空席となった一課長の席に座ったのは万年二番手の男である原島でした。

急な出来事に戸惑う原島、寿退社を控えた優衣もまた同じ思いでした。

八角が何かを仕掛けたと思った原島は、八角の行動を追います。すると、八角は北川と同期入社で、ある時期まで驚異的な数字を挙げた敏腕営業マンでした。

さらに坂戸が退任すると同時に、トーメイテックというベンチャー企業から一度は契約を切った町工場ねじ六に転注があったことを突き止めます。

営業部門の足を引っ張りたい経理部門は、明らかにコストが上がるこの契約に疑問符を付けますが、北川はもちろん社長の宮野までこの新契約を容認する姿勢を見せます。

八角と営業部の動きを探った経理課長代理やカスタマー室長は、唐突な人事で地方に左遷されます。

営業課内だけでなく、社内の人事にまで影響力をみせる八角の動向を探る、原島と優衣。

その動きは八角にすぐに見透かされて、これ以上探ると戻ることはできないと忠告を受けます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『七つの会議』ネタバレ・結末の記載がございます。『七つの会議』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

恐怖心に近いものも感じた二人ですが、坂戸が出社もせず家にもいないことから、坂戸の過去を探り始めます。

そして、見えてきたのはネジの強度不足でした。

下請けのトーメイテックを巻き込んでデータを改ざんして、コストを下げていたのでした。

事実を知った原島と優衣を八角は自分の側に引き込みます。

坂戸の一存で決めたという不正ですが、事の重大さからもっと上層部の人間から発信されているのではというのが、八角の読みでした。

坂戸は北川からトーメイテックを紹介されていました。

北川と社長の宮野は、ネジの使用状況を把握したのち事実を公開するという約束の上で、八角に事実の隠蔽を命じていました。

一課のネジの使用は飛行中の旅客機や鉄道などまでに及び、リコールとなれば東京建電はおろか、親会社のゼノックスの経営すら危うくするものでした。

宮野は事実を把握したのち、八角との約束を反故にして隠蔽と闇回収を命じます。

裏切られた八角は、ゼノックスからの出向組の副社長の村西にこの事実を伝えます。

村西は親会社のゼノックスに報告、ゼノックス社長徳山、常務の梨田が出席する通称“御前会議”の議題として挙がります。

宮野は営業部の暴走であり、自分は被害者であるという立場を出していましたが、北川にトーメイテックを薦めたのは宮野でした。

坂戸、北川に責任を負わせようとした宮野でしたが、八角の追及により宮野の直接的な関与が明らかになります。

更に御前会議では、宮野が不正に動いたのは、かつて製造部門の責任者だった時代に不正に目をつぶったことが原因だと吐露します。

当時の営業部門の長で八角・北川の上司だったのは、目の前に座るゼノックスの現常務梨田でした。

八角は社会の常識や価値観より、会社のそれが重視される風土に問題があると徳山に訴えます。

八角はその風土があるために、ゼノックスと直接つながっている村西経由で徳山に訴え出たのでしたが、徳山もまた隠蔽を命じます。

しかし、働くことの“正義”を求めた八角は、マスコミに情報をリークします。

ことが明らかになり、宮野、梨田は失脚、東京建電は残務整理のみの会社となりました。

その残務処理に残ったのは、営業一課には課長の原島と八角の姿が残っていました。

会議の時間を知らせる原島に対して八角は、「居眠りの時間だ」と笑って返すのでした。

映画『七つの会議』の感想と評価


(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

様々な年代と経歴の持ち主が出演

本作は見事なまでに豪華な面々を各方面から集めきった映画です。

主演の野村萬斎は狂言界の至宝ともいうべき存在で、意外にもこれが初めてのサラリーマン役です。

香川照之は市川中車という歌舞伎役者の顔を持っていますが、歌舞伎界からは片岡愛之助も参戦しています。


(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

落語界から立川談春と春風亭昇太が出演、お笑いからはオリエンルタラジオの藤森慎吾も。


(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

演劇畑からも劇団四季出身の鹿賀丈史や文学座出身の橋爪功、また蜷川幸雄門下出身の勝村政信、北海道の人気演劇ユニットチームナックスの音尾琢真と各方面から。

ミュージシャン出身者からは及川光博、世良公則と岡田浩暉が出演。


(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

そして時代劇畑から大ベテランの北大路欣也が抜群の存在感を見せています。

嬉しい発見“朝倉あき”

紅一点的な立ち位置の朝倉あきは、女優として国際的に評価を受けた作品主演する一方で、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』でヒロインの声を担当したりと広範囲で活躍中です。

これに文字通りワンポイント的に土屋太鳳、吉田羊、小泉孝太郎、溝端淳平、そして長大物俳優“Y”まで登場しています。

決して派手ではない物語ではあるもののこの豪華なキャストと福澤監督の手腕もあってダイナミックなドラマに仕上がっています。


(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

2006年の東宝シンデレラガールがきっかけで芸能界デビューということで、もう10年選手の女優に新発見という言葉が適当かどうかは一つ問題ですが、本作での朝倉あきの活躍はうれしい発見でした。

2018年の主演映画『四月の永い夢』(中川龍太郎監督)がモスクワ国際映画祭で受賞するなどして、注目浴びた彼女ですが、改めて語るまでもない重厚な出演者の中でも埋没せずに、生き生きとした新風を吹かせてくれます。

原作ではすぐに退場する役処ですが、映画では全編にわたって活躍しています。

本作と同じ池井戸潤原作のドラマ『下町ロケット』にも出演していて、今後は見逃せない名前になってきました

映画『七つの会議』は、原作からの見事な改変もあってバラバラな視点で語られたオムニバス形式の物語が一本の縦軸がはっきりした作品に仕上がりました。

原作:池井戸潤×主演:野村萬斎の映画『七つの会議』は、2019年2月1日(金)公開

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『高崎グラフィティ。』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

地方都市を舞台にリアルで甘酸っぱい青春模様を描いた映画『高崎グラフィティ』。 ワケありで将来に悩みを抱える卒業間近の高三男女5人の3日間の触れ合いと、一瞬の輝きを切り取った王道的な青春映画です。 商業 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダーストラック』感想と考察。原作や音楽を博物館的な表現で描く

映画『ワンダーストラック』は、2018年4月6日(金)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー! 第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された …

ヒューマンドラマ映画

映画『人生はシネマティック!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、映画製作に奔走する人々。 コピーライターの秘書だった女性が、脚本家として才能を発揮し、成長していく姿を描いたイギリス映画『人生はシネマティック!』をご紹介します。 …

ヒューマンドラマ映画

今週公開の映画おすすめは?『シークレット・デイ』のあらすじ紹介

今週1月6日(土)から公開されるおすすめの映画は、劇場未公開だった『シークレット・デイ』。 2017年にWOWOWで初放送されましたが、この度、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で特集上 …

ヒューマンドラマ映画

『ハナレイベイ』ネタバレ感想。映画ラスト結末まであらすじ紹介も【吉田羊主演】

ハワイの美しき湾、ハナレイ・ベイで、死んだ息子と10年間向き合い続ける女性の物語。 世界中で愛されている小説家・村上春樹の累計70万部を超えるロングセラー「東京奇譚集」の1篇である「ハナレイ・ベイ」。 …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP