Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

チャップリン映画のお笑い初期短編!没後40周年を吹き替えで楽しむ

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2017年12月25日は、喜劇王と呼ばれたチャップリンの没後40年の命日。

洋画専門CS放送ザ・シネマは、20本以上のチャップリンの初期傑作短編無声映画のデジタルリマスター版に、豪華声優陣が声をあて日本語の有声映画バージョンを制作しました。


『チャールズ・チャップリン -放浪紳士の誕生-』(C) Collection Lobster films.

現在、CS放送ザ・シネマでは、「1年間長期特集 没40年企画 吹き替えでチャップリン」と特集を銘打って、1月から12月まで毎月放送中です。

6月は、新年から放送してきた作品と、チャップリンの人生を辿るドキュメンタリー番組とあわせて、6/12(月)~6/18(日)毎朝6時より、放送キャッチアップ放送。

色褪せないチャップリンの名演と、作品に新たな息吹を吹き込む声優陣の熱演をお楽しみ下さい。

スポンサーリンク

CONTENTS

チャールズ・チャップリンとは?

チャーリー”サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン(Sir Charles Spencer “Charlie” Chaplin)は、1889年4月16日に生まれた、イギリス出身の映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー、作曲家

映画黎明期に数々のコメディ映画を作り上げ、“喜劇王”と呼ばれました。同年代に活躍したコメディアンのバスター・キートンやハロルド・ロイドと並んで、“世界の三大喜劇王”に挙げられます。

ハリウッド映画界においても極めてマルチな才能を発揮した人物で、徹底した完璧主義で知られていました。

ユーモアの陰に鋭い社会諷刺、ダウンタウンに生きる庶民の逞しさや怒り、哀愁の涙までも描かれているあらゆる映画の礎となるエンターテイメントの元祖的な存在です。

1.記念すべきスクリーンデビュー!

6/12(月)6:00~6:30『(吹)成功争い

【出演】チャールズ・チャップリン(高木渉)、ヘンリー・レアマン(落合弘治)、ヴァージニア・カートリー(中司ゆう花)他

『(吹)成功争い』

スポンサーリンク

2.お馴染みの衣装で初めて撮影された作品!

6/12(月)6:30~6:45『(吹)ヴェニスの子供自動車競走

【出演】チャールズ・チャップリン(高木渉)、ヘンリー・レアマン(落合弘治)他

『(吹)ヴェニスの子供自動車競走』

3.チャップリン初監督&脚本作品!

6/12(月)6:45~7:15『(吹)雨に降られて

【出演】チャールズ・チャップリン(高木渉)、マック・スウェイン(中村浩太郎)、アリス・ダヴェンポート(小宮和枝) 他

『(吹)雨に降られて』

スポンサーリンク

4.チャップリン監督復帰第1作:キーストンの最充実期の作品!

6/13(火)6:00~6:30『(吹)笑いのガス

チャールズ・チャップリン(高木渉)、フリッツ・シェイド(駒谷昌男)、アリス・ハウエル(小宮和枝) 他

『(吹)笑いのガス』

5.製作費の約75倍の大ヒット記録!

6/13(火)6:30~7:15『(吹)チャップリンとパン屋

チャールズ・チャップリン(大塚芳忠)、ナレーター(羽佐間道夫)、チェスター・コンクリン(多田野曜平)、ノーマ・ニコルズ(雨蘭咲木子)他

『(吹)チャップリンとパン屋』

6.チャップリンの女装姿が1930年代は北欧は上映禁止⁈

6/14(水)6:00~6:45『(吹)チャップリンの女装

チャールズ・チャップリン(江原正士)、エドナ・パービアンス(中司ゆう花)、チャールズ・インズリー(中村浩太郎)他

『(吹)チャップリンの女装』

7.エッサネイ時代の集大成!

6/14(水)6:45~7:30『(吹)チャップリンの改悟

チャールズ・チャップリン(森川智之)、エドナ・パービアンス(中司ゆう花)、ウェズリー・ラッグルス(落合弘治)他

『(吹)チャップリンの改悟』

8.名作『街の灯』に繋がるロマンチックな放浪紳士が登場

6/15(木)6:00~6:45『(吹)チャップリンの駆落

チャールズ・チャップリン(堀内賢雄)、エドナ・パービアンス(中司ゆう花) アーネスト・ヴァン・ペルト(駒谷昌男)他

『(吹)チャップリンの駆落』

9.“放浪紳士”のイメージの決定版!

6/15(木)6:45~7:30『(吹)チャップリンの失恋

チャールズ・チャップリン(森川智之)、エドナ・パービアンス(中司ゆう花)、アーネスト・ヴァン・ペルト(駒谷昌男)他

『(吹)チャップリンの失恋』

10.チャップリンが一人二役を熱演

6/16(金)6:00~6:45『(吹)チャップリンの寄席見物

チャールズ・チャップリン(江原正士)、エドナ・パービアンス(中司ゆう花)、シャーロット・ミノー(小宮和枝)他

『(吹)チャップリンの寄席見物』

11.当時珍しい移動撮影が用いられた作品

6/16(金)6:45~7:30 『(吹)チャップリンの役者

チャールズ・チャップリン(大塚芳忠)、ナレーター(羽佐間道夫)、シャーロット・ミノー(雨蘭咲木子)、ベン・ターピン(後藤哲夫)他

『(吹)チャップリンの役者』

12.小道具を使ったギャグ満載の佳作!

6/17(土)6:00~6:45『(吹)チャップリンの質屋

チャールズ・チャップリン(堀内賢雄)、ヘンリー・バーグマン(駒谷昌男)、エドナ・パービアンス(中司ゆう花)他

『(吹)チャップリンの質屋』

13.“放浪紳士”の創り出された過程を紐解くドキュメンタリー

6/18(日)6:00~7:15『チャールズ・チャップリン-放浪紳士の誕生-』

『チャールズ・チャップリン -放浪紳士の誕生-』(C) Collection Lobster films.
【制作年】2013年
【出演】チャールズ・チャップリン

13.チャールズ・チャップリンのプロフィール

チャップリンの両親はともに歌手でしたが、チャップリンが1歳の時に離婚をしました。

初舞台は5歳の時で母親ハンナの代役でした。10歳になると地方の小さな一座で芸を学ぶようになります。

しかし、12歳の時に父親がアルコール中毒で死去。母は精神的な病となって病院に入院し、その後は孤児院で生活暮らし。

そこでガラス職人や床屋など様々な仕事をこなす経験をします。(これらは後に自分が制作した作品に多く活かされています)

19歳になると名門パントマイム劇団に入り寸劇の人気役者として注目を集めます。21歳の時に同劇団の初めてのアメリカ巡業が大成功をおさめます。

1913年に2度目となるアメリカ巡業で、映画プロデューサーから高く才能を評価されキーストン・スタジオに入社。

1914年の25歳時に、マック・セネット監督『成功争い』でスクリーンデビュー。

同年の出演2作目となる『ヴェニスベニスの子供自動車競争』にて、やがてトレードマークとなる山高帽、ステッキ、だぶだぶのズボン、ドタ靴、ペンギン歩きというキャラクターを確立します。

“放浪紳士チャーリー”は70本以上の映画で活躍することになります。また、日本ではチャップリンの巧みなパントマイムから“アルコール先生”の呼び名でも知られることになります。

世界中から人気者であるチャップリンの扮装をする者は、コメディアンに限らず、今なお消えることはありません。

まとめ

あと半年後には、チャールズ・チャップリン没後40周年。多くのイベントなども世界各国で開催されることでしょう。

チャップリンをよく知る往年の映画ファンのみならず、初めて知るあなたには格好のチャンスです。

チャップリンの日本語吹き替えの短編映画をぜひご覧くださいね。

関連記事

コメディ映画

映画【音タコのネタバレ感想】主題歌にも注目!『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

中間感情・中間表情で生きているタコの皆さん、テンション上げて生きましょう! 三木聡ワールド炸裂、爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディがいよいよ公開となりました。 驚異の歌声を持つロックスター …

コメディ映画

映画『まぼろしの市街戦』感想と解説。4K版のラストエンディングで日本公開版より狂気の果ては明快に

フランスの巨匠フィリップ・ド・ブロカ監督の代表作『まぼろしの市街戦』が、4Kデジタル修復版で、10月27日(土)より、新宿K’s cinemaほかにて公開されることが決まりました。 狂気にまみれた愚か …

コメディ映画

ショーン・ペンの映画演技力の原点『初体験リッジモントハイ』1982年公開

演技派俳優として知られるショーン・ペン。 彼の代表作はハートフルな障がいのある父親を演じた『アイ・アム・サム』や、アカデミー主演男優賞を獲得した『ミスティック・リバー』やLGBTのアメリカ初となる政治 …

コメディ映画

『チャップリンの殺人狂時代』ネタバレ感想と考察。明言(映画名セリフ)に込めた戦争批判とヒューマニズム

戦争批判、平和へのメッセージを込めたチャップリン映画の意欲作 “喜劇王”チャールズ・チャップリン監督・主演の、1947年製作の映画『チャップリンの殺人狂時代』。 『チャップリンの独裁者』以来7年ぶりで …

コメディ映画

【ネタバレ感想】銀魂2掟は破るためにこそある|あらすじ。ラスト結末も

週刊少年ジャンプに14年以上連載されている人気アクションコメディ漫画『銀魂』の完全実写化第2弾。 原作の人気エピソード「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合し、アクション、ギャグ、ドラマ全てがボリュー …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学