Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/16
Update

韓国映画『潜入(2006)』あらすじ/キャスト/上映館/公開日。ファン・ジョンミンおすすめ人気作が劇場ロードショー決定

  • Writer :
  • 石井夏子

ファン・ジョンミン主演の幻の名作がついに劇場公開!

『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』のファン・ジョンミン主演作『潜入』(原題:死生決断)。

(C) 2006 LittleBig Pictures All Rights Reserved.

長らく公開が待たれていた幻の名作『潜入』が、2021年6月18日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国公開となります。

この度、本作の日本版ポスタービジュアルと予告編が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『潜入』について

(C) 2006 LittleBig Pictures All Rights Reserved.

キム・ヘス主演『国家が破産する日』などでも描かれた、1998年に韓国を襲ったIMF(国際通貨基金)経済危機。

本作は港湾都市の釜山を舞台に、かつての相棒を麻薬王に殺されたことから、麻薬一掃の使命に憑りつかれた刑事ト・ジングァン(ファン・ジョンミン)と、混沌極まる社会情勢を利用し更なる成り上がりを目論む麻薬ディーラー、イ・サンド(リュ・スンボム)の壮絶な攻防が描かれます。

『国際市場で会いましょう』『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』ほか、今や韓国映画界を代表する俳優ファン・ジョンミンと、『生き残るための3つの取引』『ベルリンファイル』ほか映画ファンから信頼の厚い個性派俳優リュ・スンボムの若き日の共演作です。

それぞれ百想芸術大賞(リュ・スンボム)、釜山映画評論家協会賞(ファン・ジョンミン)で主演男優賞を受賞する快挙を成し遂げました。

監督を務めたのは『GOGO70s』『ビッグマッチ』のチェ・ホ。

時代に翻弄された男達による、駆け引きにまみれた極上のクライムアクションについて、監督はこう語っています。

「1997年12月、IMFの経済危機は、韓国の大企業を崩壊させると同時に、政治や経済にも大きな影響を与え、新聞には自殺者のニュースが絶えませんでした。そんな中、第2の都市である釜山では麻薬の使用が急増し、売人が数百人単位で増えていったのです。私はこの社会的混乱をフィルムノワール風に描きたいと思いました。国中に溢れる腐敗と、社会に横たわる矛盾を描くためには、エネルギッシュな映画のスタイルが必要だと感じ、70年代の深作欣二監督の映画を参考にしました。縦横無尽なカメラと荒々しい音楽、そして境界線を無視し、全力疾走するキャラクターからは、特に影響を感じられると思います」

映画『潜入』日本版ポスタービジュアル

(C) 2006 LittleBig Pictures All Rights Reserved.

併せて日本版ポスタービジュアルが解禁

「悪いやつと、もっと悪いやつ!」の言葉が表す通り、タバコを片手に不敵な表情を浮かべるサンドと、銃口を向けられているにも関わらず薄笑いを浮かべるジングァン。

煮ても焼いても食えない、裏社会でもがく2人の男が行き着く先はどこなんでしょうか?

スポンサーリンク

映画『潜入』の予告編

予告編では、「この沼の捕食者(ワニ)になる」と宣言するサンドと、自分が狂ったのは”あの男”のせいだと語る思いつめたジングァン

2人の人生が抜き差しならないレベルで交わった時、血が流れる―。

本編への期待が高まる映像です。

映画『潜入』の作品情報

【日本公開】
2021年(韓国映画)

【原題】
사생 결단(英題:Bloody Tie)

【監督】
チェ・ホ

【キャスト】
ファン・ジョンミン 、リュ・スンボム

スポンサーリンク

映画『潜入』のあらすじ

(C) 2006 LittleBig Pictures All Rights Reserved.

1998年、韓国はアジアを襲ったIMFの経済危機に見舞われていました。

特に打撃を受けた港湾都市の釜山で、若く企業家肌の麻薬密売人サンド(リュ・スンボム)は、記録的な利益を上げていました。

釜山の麻薬刑事ジングァン(ファン・ジョンミン)は、4年前に相棒が悪名高い麻薬王チャン・チョルに殺されたことから、「釜山から麻薬を一掃する」というたった一つの目的のために行動。

サンドの弱みを握ったジングァンは、彼を密告者として麻薬組織のトップに潜入させ、一掃しようと考えます。

ですが、狡猾なサンドもまた、トを利用して競争相手を排除し、麻薬密売の頂点に立つチャンスだと目論んでいたんです。

しかし、中国に逃亡した麻薬王チャン・チョルが再び現れたことで、お互いを利用した賭けの危険性は高まり、街には血が流れ始め…。

まとめ

(C) 2006 LittleBig Pictures All Rights Reserved.

若き日のファン・ジョンミン主演名作がついに日本の劇場へやってきます。

映画『潜入』は、2021年6月18日(金)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋他にて公開です。

関連記事

新作映画ニュース

村上虹郎映画『銃』エジプト開催の映画祭で最優秀脚本賞を受賞!武正晴監督も日本映画初の会期に喜びを語る

日本映画初の快挙!エジプトでも高評価 文壇のなかで、注目を浴び続けている作家中村文則のデビュー作を武正晴監督×村上虹郎主演で映画化した『銃』。 2019年3月2日から3月8日までエジプトで開催された第 …

新作映画ニュース

映画『99.9 刑事専門弁護士』キャストの杉咲花は河野穂乃果役!演技力の評価とプロフィール

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』は2021年12月30日(木)ロードショー 大ヒットドラマを映画化した『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』が、2021年12月30日(木 …

新作映画ニュース

『ナナメのろうか』あらすじ/キャスト/映画公開日/上映館。深田隆之監督最新作がサン・セバスティアン国際映画祭に出品決定!

サン・セバスティアン国際映画祭サバルテギ・タバカレラ部⾨に 深田隆之監督の『ナナメのろうか』が正式出品に! 『偶然と想像』(2021)の助監督をつとめ、2022年6月に初劇場公開作となる『ある惑星の散 …

新作映画ニュース

『ヴィクトリア女王 最後の秘密』キャストの大女優ジュディ・デンチ。演じた役について語る特別動画解禁

2018年12月9日に誕生日を迎え、84歳になった英国演劇界を牽引し続ける女優ジュディ・デンチ。 彼女が主演をするの映画『ヴィクトリア女王 最後の秘密』は、2019年1月25日(金)よりBunkamu …

新作映画ニュース

映画『FUNAN フナン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実体験を基に描く感動のアニメーション!

第42回アヌシー国際アニメーション映画祭で見事グランプリを獲得! 今はただ進むしかない、わずかな希望を頼りに―。 ドゥニ・ドー監督自身の母親の体験を基に、クメール・ルージュの支配とカンボジアの人々の抵 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学