Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/22
Update

実在の判事ルース・ギンズバークの若き日を描いた映画『ビリーブ 未来への大逆転』予告映像解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

フェリシティ・ジョーンズ主演映画『ビリーブ 未来への大逆転』

フェリシティ・ジョーンズ主演映画『ビリーブ 未来への大逆転』が2019年3月22日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国公開されます。

公開に先立ち、映画『ビリーブ 未来への大逆転』の予告映像が解禁されました。

本作で描かれるのは、85歳の今なお、現役の米最高裁判事として活躍する女性、ルース・ギンズバーグの若かりし弁護士時代の物語

わずか50年前のアメリカで、今の社会の礎を築くこととなる世紀の“男女平等”裁判でおきた爽快&感動の大逆転劇です。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』の予告映像

今回解禁された予告映像では、「ギンズバーグはガンだ」「くだらん思想をひねり潰せ」といった男性からの圧力に屈することなく、男女差別に立ち向かうパワフルな女性弁護士ルースの姿が映し出されました。

一方で、夫・マーティンには料理が苦手と指摘されるなど、ルース・ギンズバークという一人の女性の、主婦として、妻として、そして母としての意外な一面も切り取られています。

さらに、映像内では、ルースが挑んだ、世界を変えた世紀の裁判の内容にも触れられています。

彼女が戦ったのは、同じ女性の権利を主張するためではなく、母親の介護のため、介護補助の申請を却下された“男性の権利”を主張する裁判だったという意外な事実も明らかに。

バックに流れるのは、2017年リリースのアルバム「レインボー」で全米初登場第1位を獲得した世界的シンガー・ソングライターであるKESHAが熱唱する主題歌「Here Comes The Change」。

“100%負ける”と断言されたルースが起こした、爽快&感動の大逆転劇を象徴するかのような、エモーショナルかつ力強い歌声が、観る者の心を揺さぶる映像に仕上がっています。

主人公のモデルとなったルース・ギンズバーグとは

映画『ビリーブ 未来への大逆転』の主人公・ルースのモデルとなったのは、1993年にアメリカ史上二人目となる女性最高裁判事に任命されて以来、85歳の今なお現役で活躍中のルース・ギンズバーグ

アメリカでは“RBG”の愛称で親しまれ、正義と平等のために闘うスーパーヒーローのような存在として敬愛されています。

Tシャツやマグカップなど、彼女がデザインされたグッズが街中で売られるなど、アイコン化されている著名人、ルース・ギンズバーグ。

本作『ビリーブ 未来への大逆転』で描かれるのは、そんな彼女の若かりし弁護士時代の物語です。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』の作品情報


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
ON THE BASIS OF SEX

【監督】
ミミ・レダー

【キャスト】
フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、キャシー・ベイツ

【主題歌】
KESHA『Here Comes The Change』(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

【作品概要】

『博士と彼女のセオリー』(2015)でアカデミー賞主演女優賞ノミネート、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)で主演を務めた、フェリシティ・ジョーンズが正義と平等のために戦い続ける不屈の精神を持った女性・ルース・ギンズバーグを熱演。

そして、全女性の“理想のパートナー”と言っても過言ではない、最高の旦那・マーティンをアーミー・ハマーが演じたほか、オスカー女優キャシー・ベイツも伝説の弁護士役として登場します。

監督は『ディープ・インパクト』(1998)のミミ・レダーが務めました。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のあらすじ


© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグ。

「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学します。

1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらありませんでした。

家事も育児も分担する夫のマーティンの協力のもと首席で卒業しますが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はありません。

やむなく大学教授になったルースは、1970年代になってさらに男女平等の講義に力を入れます。

それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティンがある訴訟の記録を見せました。

ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出ますが…。

まとめ

今からたった50年前の1970年代、アメリカ。すでに世界の中心だったはずのこの国で、女性は仕事が選べず、自分の名前でクレジットカードさえ作れませんでした。

一方で男性は、外で働き家族を養う義務を全面的に押し付けられていて、親の介護のためにすら家庭に入ることは認められていません。

そんな時代に、一人の女性弁護士ルース・ギンズバーグの手で、アメリカを変え、ひいては世界をも変える第一歩となった、世紀の男女平等裁判

法律の専門家たちに「100%負ける」と断言された訴訟をどうやって大逆転に導いたのか、史上初の歴史的勝利に至るすべてが明かされます。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』は2019年3月22日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショーです!

関連記事

新作映画ニュース

『中小企業物語』あらすじ/キャスト(シーズン4)。韓国ドラマをWATCHAで!リアリティあふれるコメディが独占配信

韓国ドラマ『中小企業物語』が「カンヌ国際シリーズフェスティバル 2022」に正式招待され、2022年5月25日(水)より、WATCHA にてシーズン4も独占配信決定! 月額動画配信サービス「WATCH …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。林田沙希絵はスナックの女性ママ・安達真奈美役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

ピストルライターの撃ち方|瀬々敬久監督から「これが映画だ」絶賛コメント到着! 予告編と新ワイドビジュアルも解禁

映画『ピストルライターの撃ち方』は2023年6月17日(土)より渋谷ユーロスペース他で全国順次公開! 東京藝大大学院・映像研究科修了作品『しんしんしん』(2011)、ndjc2018『サヨナラ家族』( …

新作映画ニュース

映画『パリの恋人たち』あらすじとキャスト。ローズ・デップのラブストーリー公開日は12月13日!

1人の男と2人の女。 揺れる恋の結末は。 フランスの人気監督フィリップ・ガレルの息子で、俳優としても活躍するルイ・ガレルが監督と主演を務めた「A Faithful Man」。 © 2018 Why N …

新作映画ニュース

ゴールデングローブ賞3部門ノミネートの映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』スポット映像紹介!

第77回ゴールデン・グローブ賞にて3部門ノミネートの快挙! 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品『ナイブズ・アウト …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学