Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Netflixドラマ『Marvelパニッシャー』シーズン2あらすじネタバレと感想。キャストの行動がラストに繋がる

  • Writer :
  • 糸魚川悟

それぞれのケジメをつけるため、ニューヨークに銃弾の雨が降り注ぐ。

過去に3度、それぞれ違う俳優と設定で映画化されるほどの人気を誇るマーベルコミックスの人気ヒーロー「パニッシャー」。

世にはびこる悪人を容赦のない方法で殺害するダークヒーローでありながら熱狂的なファンの多いパニッシャーをNetflixが映像化したドラマ『Marvelパニッシャー』シーズン1は、高い完成度で話題となり、配信直後から話題となりました。

今回はそんなドラマシリーズの最新シーズンである『Marvelパニッシャー』シーズン2をネタバレあらすじを交えご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

海外ドラマ『Marvelパニッシャー』シーズン2の作品情報

【配信】
2019年(Netflix限定配信)

【原題】
Marvel’s Punisher

【監督】
マット・ロイド

【キャスト】
ジョン・バーンサル、ジョージア・ウィガム、アンバー・ローズ・レバ、ベン・バーンズ、ジェイソン・R・ムーア、ジョシュ・スチュワート、ロイス・ジョンソン

【作品概要】
原作コミックスにおけるパニッシャーの宿敵ヴィラン「ジグソウ」が登場しさらに過激となったシーズン2。

主人公パニッシャーを演じるのはドラマシリーズ「ウォーキングデッド」でブレイクし、『フォードvsフェラーリ』(2020)でもメインキャストを務めたジョン・バーンサル。

海外ドラマ『Marvelパニッシャー』シーズン2の登場人物紹介

フランク・キャッスル/パニッシャー(ジョン・バーンサル)

犯罪者を容赦なく殺害するダークヒーロー「パニッシャー」。

妻子の殺害に関与した親友のビリーとの戦いを終え、各地を転々とし新たな人生を歩もうとしている。

エイミー・ベンディックス(ジョージア・ウィガム)

大物権力者の地位を揺るがしかねない「何か」を掴んだことで命を狙われる不良少女。

仲間を殺された経験から自身を守ろうとするフランクすらも信用せず、目先の危機から逃れることを最優先にしている。

ダイナ・マダニ(アンバー・ローズ・レバ)

DHS(アメリカ合衆国国土安全保障省)の女性捜査官。

ビリーに相棒を殺害されただけでなく自身も頭部に発砲を受けたことを深いトラウマとし、ビリーの逃走後は殺害も視野に入れ独自で捜査を始める。

ビリー・ルッソ/ジグソウ(ベン・バーンズ)

地位と権力のため親友すらも裏切り利用した元海兵隊員。

フランクとの戦いで重傷を負ったことで、自身の罪の記憶を失い情緒不安定となり、警察病院から脱走する。

ジョン・ピルグリム(ジョシュ・スチュワート)

エイミーの運ぶ大物権力者の弱点となる「何か」を奪還するために派遣された牧師服姿の傭兵。

宗教に傾倒し妻子を愛する家族想いの男だが、敵対する相手や邪魔な存在は容赦なく殺害する冷酷さも持ち合わせる。

クリスタ・デュモン(フロリアナ・リマ)

記憶を失ったビリーのために用意された心理療法士。

置かれた状況に困惑するビリーとの対話を続けるうちに、破壊衝動に隠されたビリーの本質に垣間見ることになり徐々にビリーに惹かれていく。

スポンサーリンク

海外ドラマ『パニッシャー シーズン2』のあらすじとネタバレ

復讐を終え、各地を旅するフランクはミシガンのバーで運び屋をするレイチェルと言う少女に出会います。

バーでレイチェルは彼女の持つ「何か」を探す人間たちに拷問されかけますが、その様子を見過ごせなかったフランクが割って入り、武装する男女を殺害しレイチェルを乗せ車を走らせました。

「何か」を部下に探させていたピルグリムは、フランクが落とした指輪からフランクの存在に興味を持ちます。

レイチェルを半ば強引に連れ、モーテルへとたどり着いたフランクはレイチェルが「何か」を映した写真のネガを持っていることで狙われたことを知ります。

一方、フランクから重傷を負わされ、意識不明の重体となっていたビリーが目を覚まし、精神科医のセラピーを受け続けますが、海兵隊にいたころ以外の記憶が蘇らずうなされます。

ビリーのセラピーを担当するクリスタは、記憶喪失となっているビリーの記憶を蘇らせようとしますが、痺れを切らしたビリーは暴走し警察病院から逃走してしまいます。

フランクとレイチェルの身柄を引き受けた国土安全保障省のマダニはフランクにビリーが逃走したことを告げ協力を求めると、フランクはレイチェルを保護することを条件にビリーの殺害を引き受けます。

その後、フランクは戦友でもあり、共にビリーと戦ったカーティスと再開し協力を要請。

レイチェルは家族同然に過ごしていた仲間を牧師服を着た男(ピルグリム)に殺されたことをトラウマとしてることフランクにを語ると自身の本名がエイミーであることを話します。

一方、幼少期に自身を性的虐待した男を殺害し混乱するビリーはクリスタの家を訪ねます。

ビリーがシャワーを浴びている間に通報を考えるクリスタでしたが、ビリーの罪への贖罪の気持ちを知るクリスタはビリーを通報しないことにしました。

余命僅かな妻を持ち、妻の最期にどうしても立ち会いたいピルグリムでしたが、自身の信仰心と世話になった人の懇願をないがしろにすることが出来ず、ネガの回収のためニューヨークへ向かいます。

エイミーの持つネガを探している人物がロシア人の大物起業家ニコライであることを知ったフランクとエイミーはニコライを誘拐し、写真に写されているものが全米を席巻する大企業の主であるシュルツ夫婦の息子のデヴィッドであり、シュルツ夫婦が大統領にのし上げようとしている人物であることをフランクに話します。

写真は彼が同性愛者である決定的な証拠であり、ニコライはそれを使いシュルツ夫婦より優位な立場になろうとしていたのでした。

フランクとエイミーを狙うピルグリムはニコライの手先ではなく、この危機的状況を乗り切るためニコライはフランクと手を組もうと提案しますがフランクは拒否し、娘のいるニコライを見逃すことにしますが、ニコライは追ってきたピルグリムによって殺害されてしまいます。

退役軍人が集まるバーで楽しい時間を過ごすビリーでしたが、その内の1人の車がレッカーされてしまったことを機に、ビリーが仲間と協力し車を奪い返すことに成功したことで仲間と物事を成し遂げる喜びを感じます。

集団セラピーの参加者を通しその事を聞いたカーティスはビリーの始末をつけるため、フランクとマダニを呼びます。

ビリーとピルグリム、2人を同時に相手するのは危険と諭すカーティスによってフランクは、ピルグリムの処理より前にビリーを狙うことに決めます。

カーティスとフランクはビリーを殺害するべく、彼のアジトとなりそうな場所をしらみつぶしに探していましたが、その途中で麻薬依存症でありビリーの仲間でもあるジェイク捕らえることに成功します。

フランクはビリーの居所を知るため、ジェイクを激しく拷問し、ビリーのアジトと小切手の換金所の強盗を行おうとしている事を知ります。

ちょうどその頃、ビリーたちは換金所を強盗し現金を盗み出していました。

強盗を終え、換金所から出るビリーの前に、パニッシャーの象徴であるドクロマークのついたボディアーマーを着込み現れたフランク。

ビリーは自身の悪夢に出てくるドクロマークがフランクの事であると気づき激しい頭痛に襲われ車に乗り逃げ出します。

ビリーを取り逃がしたフランクは、カーティスにビリーが自身とその家族にしたことを完全に忘れており、自身と親友だったころの顔をしていたことに動揺し殺害をためらってしまったことを吐露するのでした。

元親友であり、彼のためなら命さえ捨てれるとさえ思っていたフランクと命を奪い合うことになっていたことに深く傷ついたビリーはクリスタに助けを求め、クリスタは救いの手を差し伸べます。

その後、ビリーはさらなる大きなことをするために、奪った金を使い武器や人を集めようと画策し始めます。

その裏にはフランクと銃を向けあうことになったことから、決して裏切らない信頼のおける軍隊を作りたいというビリーの気持ちがありました。

ビリーは仲間と共に公営住宅に住むギャングへの強盗を開始し、容赦なく人を殺害しはじめます。

自身の軍隊のアジトを「ヴァルハラ」と名付け、奪った金やドラッグで豪遊するビリーは、かつて自身がフランクの家族にしたことを思い出し、恨まれることを仕方ないと感じつつも殺害せず消えない苦しみを植え付けたフランクを逆恨みし、同じ思いを植え付けたいと考え始めます。

ピルグリムはシュルツ夫婦からネガを急ぎ取り戻すように急かされ、自身の過去の伝手を使い2人に500万ドルもの懸賞金をかけ生け捕りを命じます。

シュルツ夫婦の夫であるアンダーソンは息子のデヴィッドを呼び寄せ同性愛のことを思い直すように伝えますが、父が間接的に人を殺していることを知らないデヴィッドは父を訝しげに思います。

マダニがフランクと通じており、フランクの弱点を知っていると考えるクリスタは、マダニを呼び寄せ情報を聞き出そうとします。

一方、ピルグリムは情報屋から会いたい人がいると言われ、バーへと顔を出します。

しかし、そこで待っていたのは宗教に傾倒する前の、ピルグリムにとって忘れたい過去の仲間であり、かつてピルグリムが組織の金を持ち逃げしたことに対しケジメをつけるため、複数の男を呼び寄せていました。

ピルグリムは、情報屋を含めすべての男を殺害。

自身の醜い過去の贖罪のために宗教を信じたこと、かつての自分と向き合うことを妻と約束したことを思い出し、心を乱し始めます。

ビリーがアジトを特定し、ヴァルハラにパーティのために呼び寄せられた女性たちが去っていたことを確認したフランクは襲撃を実行。

圧倒的な強さを誇るフランクは次々とビリーの仲間を射殺しビリーを追い込もうとしますが、アジトに居ないと思っていた女性たちの死体を見たことでフランクは自身が誤射したと思い込み、絶望します。

満身創痍の中、絶望するフランクは、やってきた警察官に確保されます。

ビリーは、マダニとの会話でクリスタが得たフランクの弱点を見抜き、予めこの作戦を考えていたのでした。

フランクは警察の保護下の元、病院に搬送されそのニュースは全米を渡ります。

かつて複数回に渡りフランクと接触していた記者のカレンは、フランクの弁護士助手と偽りフランクの病室へと侵入。

目を覚ましたフランクは自身が、今まで殺してきた悪党と同じ「死に値する人間」であることを思い知ったことをカレンに吐露します。

本人の口から何があったのかを聞きたいマダニと看護師に変装しフランクを連れ出そうとするエイミーも病室へと入ると、マダニのもとにビリーから電話が入り、自身の勝利をフランクに宣言。

気力を失ったフランクは茫然としていますが、マダニとカレンは納得がいかず、安置所へと駆け付け殺害された3人の少女の遺体を確認します。

検視医の説明により至近距離からの銃撃であると知った2人は、少女たちはフランクが銃撃するよりも前にビリーによって殺害されていたと確信。

一方、ピルグリムはシュルツ夫婦の妻エリザより自身の妻の病死を知らされ、最期の時間に妻と居れなかったことを深く後悔します。

エリザはピルグリムに任務を全うすることを求め、妻と居れなかったことをフランクのせいであると言いますが、妻や息子を引き合いに出し信仰心を煽るエリザに対しピルグリムは不信感を募らせます。

カレンによって3人の少女を殺したのが自分ではないと知ったフランクはエイミーを救い、ビリーとケジメをつけるため再び奮起。

カレンが病院内で騒ぎを起こし、エイミーが警察官の目を引き付け、マダニに付き添われながらフランクは病院から脱出するのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『Marvelパニッシャー』シーズン2ネタバレ・結末の記載がございます。『Marvelパニッシャー』シーズン2をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

テレビのニュースでフランクが逃走したことを知ったクリスタはビリーにフランクを追わないように忠告。

ビリーはフランクに対する復讐は終わったとクリスタに話し、逃走の手筈を整えるといいクリスタの家から出ていきます。

不安に苛まれるクリスタはマダニに電話し、再びフランクの情報を聞き出そうとします。

一方、路上で襲われたことに憤るフランクはシュルツ夫婦の息子デヴィッドの事務所を強襲し、身柄を確保します。

奪ったマダニの車のカーナビ履歴から特定したフランクのアジトであるカーティスのガレージハウスを訪れたピルグリムは、カーティスからフランクとエイミーの情報を聞き出そうとしますが、カーティスは答えようとしません。

その時、フランクの脱走をカーティスに伝えるために駆け込んできたエイミーを巡りカーティスとピルグリムは揉み合いになります。

カーティスはエイミーを逃すために奮闘し、エイミーもピルグリムをショットガンで撃ちます。

カーティスはピルグリムに殴り倒されますがエイミーを逃すことには成功。

エイミーを逃してしまったピルグリムはそのままマダニの車に乗り、アジトへと戻ります。

アジトへと戻ったフランクはエイミーがピルグリムに確保されたと勘違いし、連れてきたデヴィッドを尋問しますが何も知らないデヴィッドは戸惑うばかりであり、ここに来てフランクは元凶がデヴィッドではなく両親のシュルツ夫婦であることに気が付き、シュルツ夫婦に電話をさせます。

一方、ビリーは仲間に解散を伝え、クリスタとともにこの地を去ることを考えていました。

クリスタとの電話に疑問を感じていたマダニはクリスタには裏があると考え、クリスタの家を訪ねます。

会話の中でクリスタの家にビリーが住んでいることを確信したマダニでしたが、そのことを勘づいたクリスタがマダニに襲いかかり2人は揉み合いになります。

揉み合いの末にクリスタを窓から転落させたマダニ。

道に横たわるクリスタを、クリスタのために花を買ってきたビリーが見つけました。

激高したビリーと交戦になるマダニはビリーに致命傷を負わせることに成功しますが、首を絞められ気を失ってしまいます。

次に目を覚ました時、ビリーは目の前から消えており、クリスタが死んでいないことや残された血液の量からビリーは瀕死の重症であるはずのことを警察から伝えられます。

フランクはシュルツ夫婦に電話をかけ、息子のデヴィッドを捕らえたことを伝えると、激高した2人は必ずフランクを殺害すると宣告しますが、脅しに慣れているフランクはエイミーと引き換えにデヴィッドを返すことを提案します。

シュルツ夫婦は失態の度を越したことで始末しようと考えていたピルグリムにフランクとの取引を命じます。

連絡を待つフランクの元にピルグリムの運転する車のトランクに隠れ、ピルグリムのアジトを特定したエイミーから連絡があり、フランクはピルグリムを仕留めるためアジトであるホテルへ急行。

ホテルでの激しい銃撃戦の末、エイミーをピルグリムに奪われたフランクはアジトへと戻りますが、そこにはカーティスもデヴィッドの姿もありません。

フランクはピルグリムからの連絡を受け、デヴィッドとの引き換えを了承。

カーティスはニューヨーク市警のマホニーを呼び出し、全てを正しい方向に戻すためデヴィッドを引き渡していました。

同性愛を隠していたのは偏見を取り除くためであり、確かな信念を持っているデヴィッドはすべての過ちを正すために、マホニーにカーティスを逮捕しないように頼み、マホニーもカーティスが善人であること調査で知っていたため了承します。

フランクの待つ取引現場に現れたピルグリム。

フランクはシュルツ夫婦は信用できる相手ではないとピルグリムに忠告しますが、子供をシュルツ夫婦に実質的な人質として取られているピルグリムはそのことをフランクに告げ、取り引きの続行を求めます。

子供を巻き込まないことを求めるフランクはエイミーを逃すように懇願。

お互いの気持ちを理解したピルグリムはエイミーを逃し、フランクに銃を向けます。

フランクがデヴィッドがここには居ないことをピルグリムに告げると、2人は傷ついた身体を引きずりながら殴り合いになります。

激しい戦いの末、フランクが優位に立ちピルグリムにトドメを刺そうとすると、ピルグリムはフランクのことを「つむじ風」と言い、元凶であるシュルツ夫婦を殺害する際に自身の息子には手を出さないでくれとフランクに頼みました。

マダニに撃たれ、闇医者にも見放されたビリーは最期の瞬間に1人で居たくないとカーティスを電話で呼びます。

しかし、そこに現れたのはフランクであり、ビリーはこれまでのことをフランクに謝罪しようとしますが、フランクはビリーを射殺し去っていきます。

シュルツ夫婦のもとに現れたエイミーは、妻のエリザに銃を向け、これまでの行いを悔いるように言います。

しかし、エリザはエイミーをナイフで刺そうとし、後ろにいたフランクに射殺されます。

取り乱す夫のアンダーソンに1発の銃弾と拳銃を渡すフランク。

デヴィッドが善良な議員であり、親である2人が醜悪な人間であると言うフランクは自身をアンダーソンが脅迫した電話を録音しており、録音の公開か自殺かを選ばせ、外へと出ていきました。

邸内で銃声が響き渡る中、フランクは邸宅の外で息子を取り戻したピルグリムと目を合わせエイミーとその場を去っていきます。

エイミーとの別れの日、かつてエイミーがカーティスに語っていた海洋サルベージの夢を聞いていたフランクはフロリダでダイビングを教えている知り合いをエイミーに教え、フロリダへと向かわせます。

二度と悪さをしないとエイミーに誓わせ、バスに乗る姿を見届けるとフランクは姿を消しました。

三ヶ月後、DHSからCIAへと転職したマダニはフランクを仕事に誘いますが、フランクはそれを拒否。

麻薬と武器の密売人たちを一度に集めたフランクはドクロマークのボディアーマーを着てその場に現れ、密売人たちに銃を乱射するのでした。

海外ドラマ『Marvelパニッシャー』シーズン2の感想と評価

参考:Netflix Japanの公式Twitter

公式からのアナウンスで最終シーズンであることが確定した『Marvelパニッシャー』シーズン2

新しい人生を歩もうとするパニッシャーことフランク・キャッスルが巻き込まれることになる新たなる因縁と、終わったはずの因縁が入り乱れるシーズン2は前シーズンとは全く異なる面白さがあります。

少女エイミーの持つ写真のネガの奪還を目論むピルグリムと、フランクの家族を奪ったビリーの復活。

全く繋がりのない2人のヴィランは繋がりのないままフランクを狙い、さながら群像劇のようでありながらフランク・キャッスルと言う主人公の存在がそれを否定する、あるようでなかった物語が展開されます。

ピルグリムとビリー、そして前シーズンの登場人物であるマダニやカーティスは、フランクの存在がなければ交わることのない人物たちであり、フランクは秩序や社会をかき乱すトリックスターのように描かれています。

「パニッシャー」としての行動とその意味を問いかけ、2人のヴィランの内面にも言及されたシーズン2は重厚感の高いシーズンでした。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

広がった物語が1つの結末に収束していく最終話は特に完成度が高く、ジョン・バーンサルが作り上げた新生パニッシャーの締めくくりに相応しいラストに原作ファンでも歓喜すること間違いなし。

Netflixのオリジナルドラマのクオリティの高さを味わうことの出来るドラマとしてシーズン1とあわせてオススメしたい作品です。

関連記事

海外ドラマシリーズ

アメリカンホラーストーリー体験談あらすじとキャスト。動画視聴配信方法は

レディー・ガガ出演!『Glee』のライアン・マーフィーが制作総指揮で贈る、斬新スタイリッシュ・ホラー作品『アメリカン・ホラー・ストーリー:体験談』。 あらすじとキャスト、また動画配信方法もご紹介します …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『シャーロック シーズン3』1話ネタバレと動画無料視聴

コナン・ドイルの名作、シャーロック・ホームズを現代のイギリスを舞台した海外ドラマのシーズン3。 シャーロックが病院の屋上で身を投げてから2年が経ち、新たな敵の予感です。 第1話、「空の霊柩車」を紹介し …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『ウエストワールド』動画無料視聴はU-NEXT。1話ネタバレ感想

SFマニアに人気で名高い映画『ウエストワールド』は、2016年の新ドラマ版『ウエストワールド シーズン1』として、かつて映画版の持っていた次世代感覚を、さらに斬新にスリル満点にしたリメイク作品としてよ …

海外ドラマシリーズ

ブラックミラー シーズン1「国歌」ネタバレと感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も

2011年にイギリスで放送されたテレビ番組『ブラック・ミラー』。 1話完結型のSFオムニバスドラマであるこのシリーズは、もともと本国での人気が高かったシリーズですが、Netflixが参入したシーズン3 …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『シャーロック シーズン2』2話ネタバレと動画無料視聴

コナン・ドイルの名作、シャーロック・ホームズを現代のイギリスを舞台した海外ドラマのシーズン2。 ついにシャーロックとモリアーティが直接対決をします。 第3話、「ライヘンバッハ・ヒーロー」を紹介します! …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP