Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Entry 2021/02/27
Update

ワンダヴィジョン8話ネタバレ感想解説|アグネス=アガサが知るヘックスの真実とヘイワードの嘘/計画とは?

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。

毎話鑑賞者に鳥肌が出るほどの驚きを与えてくれるドラマ『ワンダヴィジョン』。

「Episode7」では、物語の観測者であったモニカが能力を開眼したことで、本格的にヒーローの物語に参戦。さらに、ドラマ中に違和感を生み出していた黒幕であるアグネス=アガサの正体が明らかになりました。

今回は、「ヘックス」出現までの過程に迫っていく「Episode8/前回までは」をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン』の作品情報


(C)2021 Marvel

【配信】
2021年1月15日(Disney+独占配信)

【原題】
WandaVision

【監督】
マット・シャクマン

【キャスト】
エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、テヨナ・パリス、キャスリン・ハーン、カット・デニングス、ランドール・パーク、エヴァン・ピーターズ

【作品概要】
アメリカンコミック『マーベル・コミックス』を映像化する企画「MCU」の「フェーズ4」開始作となる配信ドラマ。

監督を務めたのは『ファーゴ』や『ゲーム・オブ・スローンズ』、『ザ・ボーイズ』など大ヒットドラマのエピソードを数多く手がけてきたドラマ監督のマット・シャクマン。

ドラマ『ワンダヴィジョンEpisode8』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Marvel

1693年、マセチューセッツ州セイラム。アガサは仲間の魔術師から黒魔術を奪ったとして、母を含む魔術師たちから処刑されることになってしまいます。

しかし、アガサの力は自身でも制御できないほどに強大であり、アガサは母を含む魔術師たちを逆に全員殺害してしまいました。

現代、アガサと対峙するワンダは彼女に魔法を使い立ち向かおうとしますが、ルーン魔術を使った防衛魔法でワンダの魔法は無効化されます。

ワンダを拘束したアガサは、自身が洗脳を施し別の人間を「ピエトロ」として作り出したことを認めますが、ウエストビューを包む洗脳や現実の改変は、あくまでもワンダが行っているものであると明かします。

簡単な魔法ですら長年の修行が必要にも関わらず、まだ若いワンダが恐ろしく強大で広大な範囲の「ヘックス」を作り出していることにアガサは驚嘆し、その力の秘密を聞き出そうとします。

自身でも何故「ヘックス」が作り出されてしまったかが分からないワンダは「分からない」と答えますがアガサは信用せず、ワンダの記憶を再現し力の秘密を探り出そうとします。

幼少期、両親やピエトロとシットコムを観て幸せを感じていたある日、ワンダとピエトロはスタークによって作り出された兵器によって両親を奪われます。

家族を失った過去と向き合うことを拒否するワンダを、アガサはトミーとビリーの安全を人質に脅し、次なる記憶へと進ませます。

スタークの兵器によって両親を奪われたワンダとピエトロは、スタークに対する恨みからヒドラの実験に志願。

その記憶からアガサは、ワンダが「インフィニティストーン」の1つ「マインドストーン」から強大な力を与えられたことを知ります。

その後、ウルトロンとの戦いによるピエトロの死を経て、ワンダはアベンジャーズに入隊しヴィジョンと恋仲となりました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはドラマ『ワンダヴィジョン』Episode8のネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode8をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヴィジョンの死後、彼の死を受け入れられなかったワンダは、ヴィジョンの遺体を管理する「S.W.O.R.D」本部でヘイワードにヴィジョンの遺体を返すよう直談判します。

すると、ヘイワードはワンダに、ヴィジョンがバラバラに解体されている様子を見せます。

ワンダは「ただヴィジョンを“人”として埋葬したい」とヘイワードに直訴しますが、ヴィジョンを“兵器”として認識するヘイワードは彼の遺体の返還を拒否。

ワンダは解体室の窓ガラスを破壊し侵入すると、ヴィジョンに別れを告げて「S.W.O.R.D」基地から去って行きました。

生前、ヴィジョンと共に住もうと決めていたウエストビューの空き地で泣き崩れたことで、ワンダの力は暴走。ウエストビューはシットコムの世界と化し、ワンダの力によってヴィジョンも作り出されました。

ワンダの記憶を振り返り終えたアガサは、ワンダを「無から存在を作り出す力」を持つ危険な存在と言い放ち、トミーとビリーの首を魔術で縛り上げます。

アガサはヴィジョンやトミーとビリーを作り出したワンダの力を「カオス・マジック」と称し、彼女を「スカーレット・ウィッチ」と名付けました。

その頃「S.W.O.R.D」の臨時基地では、ヘイワードが組み立て直したヴィジョンの身体に「ヘックス」内部から得たワンダのパワーを注入し起動させていました。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョンEpisode8』の感想と評価


(C)2021 Marvel

前話「Episode7」では、本ドラマ内でワンダとヴィジョンを観察し操っていた黒幕の正体がついに明らかになりました。

しかし、明らかにヴィランのような佇まいで登場した魔法使いのアガサは、「Episode8」では真逆の印象を持たせるような意味深な発言も目立っていました。

今回は『ワンダヴィジョン』におけるヴィラン候補・アガサとヘイワードをピックアップし、これまでのエピソードや原作から汲み取れる疑問に迫っていきたいと思います。

アガサの目的は「欲望」か「守護」か


(C)2021 Marvel

1600年代後半、現在のダンバースにあたるセイラムでは、アメリカ国内では最大規模の「魔女狩り」が行われていました。アガサはそんな時代に自身の魔女としての力を抑えることが出来ず、結果として仲間と母親を失ってしまったという哀しき過去を持っていました。

「Episode7」記事でもご紹介させていただいたように、アガサは原作コミックス内ではヴィランではなくワンダを導く「師匠」のように描写されています。

ワンダによる「ヘックス」の創造までを描いた本話では、「ヘックス」の出現にアガサは直接的には関わってはおらず、前話のラストで彼女が放った「この町に魔法使いはひとりだと思った?」と言う言葉からもアガサが偶然「ヘックス」に巻き込まれた可能性、或いは偶然辿り着いた可能性も考えられます。

ワンダの暴走を危険とみなすアガサの発言は世界の守護者としての発言なのか、それとも欲望に満ちた魔女としての発言なのか。最終話でのアガサの活躍が期待されます。

明らかになるヘイワードの嘘と計画


(C)2021 Marvel

未知なる脅威の観察と対応を主任務とする組織「S.W.O.R.D」の長官ヘイワード。

彼はモニカの母マリアが設立した「S.W.O.R.D」の規律を守る人間として描かれていた初登場時とは異なり、「Episode6」以降では水面下で怪しげな行動を見せ始めます。

また「Episode5」にてヘイワードは、ワンダの危険性を疑問視するモニカに対し「ワンダがヴィジョンの遺体を盗み出し逃走した」と説明した上で、ワンダを“テロリスト”として強制的に認定させました。

しかし本話では、「ヘックス」内のヴィジョンはワンダによるカオス・マジックが生み出した存在であり、彼女はヴィジョンの遺体を盗み出してはいなかったことが明らかになります。

ヴィジョンの遺体をつなぎ合わせた機械を起動させたヘイワードは、果たして「S.W.O.R.D」の理念を守る存在なのか。彼はヴィラン候補の最有力者として、今後さらに目を離せなくなったキャラクターと言えます。

まとめ


(C)2021 Marvel

全9話で構成されるドラマ『ワンダヴィジョン』は、次回の「Episode9」にていよいよ最終回を迎えることになります。

アガサとヘイワードは敵なのか、それとも味方なのか。

アガサによって誤認された偽のピエトロは、なぜ「X-MEN」の姿形をしていたのか。

「ヘックス」内に侵入した「S.W.O.R.D」のエージェント・フランクリンはどこにいったのか。

「Episode8」終了時点ではまだ解決に至っていない様々な疑問が明らかになると期待される「Episode9」を共に楽しみましょう。




関連記事

海外ドラマシリーズ

【エージェントオブシールド シーズン1】動画無料視聴と5話ネタバレ

海外ドラマエージェント・オブ・シールドのシーズン1。 花柄ドレスを着た女性が暗躍します。そしてスカイの秘密も…? 第5話、「花のドレスの女」を紹介します! CONTENTS1.海外ドラマ『エージェント …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『ジーニアス:ピカソ』あらすじとキャスト。アントニオ・バンデラスのプロフィール紹介

アントニオ・バンデラス主演『ジーニアス:ピカソ』は、ナショナルジオグラフィックで日本初放送2018年7月29日(日)放送スタート!  自由と平和を愛し、奔放な愛に生きた20世紀最大の芸術家パブロ・ピカ …

海外ドラマシリーズ

ワンダヴィジョン3話ネタバレ考察とストーリー解説。世界の創造者の犯人は誰なのか推察!

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)初のMCU本編と密接にリンクした配信ドラマ『ワンダヴィジョン』(2021)。 今までの物語との繋がりがありな …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『ウエストワールド シーズン2』あらすじ。真田広之や菊地凛子の出演も

世界が待ち望んだ熱狂の新シーズン!“AIの覚醒”後を描く海外ドラマ『ウエストワールド シーズン2』 最新日本版ビジュアル&予告編が解禁。あの日本人俳優の出演が明らかに! BS10 スターチャンネルにて …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『ロング・ロード・ホーム』あらすじとキャスト。無料動画視聴方法も

2017年11月28日(火)夜9時より、ドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナル ジオグラフィック」で放送開始のドラマ『ロング・ロード・ホーム』。 イラク戦争の重要な転機となる武力衝突事件“ブラック …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学