Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

『ワイルドスピードX3 』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの評価解説。東京ドリフトで北川景子ら日本人キャストも熱演する

  • Writer :
  • 秋國まゆ

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第3作。

ジャスティン・リンが監督を務めた、2006年製作のアメリカのメガヒットカー・アクション映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』。

ストリート・レースで事故を起こした高校生が、少年院行きを免れるために向かった東京で、ドリフトの世界を知り熱中する姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

東京を舞台に繰り広げられる、高校生と天才ドライバーによるドリフト合戦を描いた、「ワイルド・スピード」シリーズ第3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の作品情報


(C)2006 Universal Studios -All Rights Reserved

【公開】
2006年(アメリカ映画)

【脚本】
クリス・モーガン

【監督】
ジャスティン・リン

【キャスト】
ルーカス・ブラック、バウ・ワウ、千葉真一、サン・カン、ナタリー・ケリー、ブライアン・ティー、北川景子、妻夫木聡、柴田理恵、KONISHIKI、中川翔子、ザカリー・ブライアン、ニッキー・グリフィン、虎牙光揮、波岡一喜、リンダ・ボイド、ブライアン・グッドマン、矢野未希子、土屋圭市、真木よう子、デヴィッド・V・トーマス、アンバー・スティーヴンス、ヴィンセント・ラレスカ、レオナルド・ナム、ジェイソン・トビン、オールデン・レイ、ヴィン・ディーゼル

【作品概要】
『Better Luck Tomorrow(原題)』(2002)のジャスティン・リンが監督を務めた、アメリカのメガヒットカー・アクション作品。

本作は前作『ワイルド・スピードX2』(2003)の独立した続編となる、「ワイルド・スピード」シリーズ第3作です。

『クレイジーインアラバマ』(1998)や『ジャーヘッド』(2005)などに出演するルーカス・ブラックが主演を務め、『間宮兄弟』(2006)の北川景子や『キル・ビル』(2003)の千葉真一ら多くの日本人キャストも出演しています。

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のあらすじとネタバレ


(C)2006 Universal Studios -All Rights Reserved

アリゾナ州に暮らす、路上のカーレースにのめりこんでいる高校生ショーン・ボズウェルは、2年間で2度も無謀運転と器物損壊で捕まり、そのたびに州外へ引っ越してきました。

そんなある日、ショーンは愛車シボレー・モンテカルロ(1970年式)を傷つけられたことをきっかけに、同じ学校のアメフト部員クレイと、車と彼の恋人シンディを賭けたレース対決をすることになりました。

結果、ショーンはレースに勝ったものの、建設中の住宅地内で大事故を引き起こし、クレイたちと一緒に無謀運転と器物損壊で逮捕されました。

親が偉い人であるクレイたちは無罪放免ですが、これで三度目となるショーンは少年院行きが確定。母親にも愛想を尽かされてしまいます。

ショーンが少年行きを免れるために向かったのは、東京に暮らす父親のところでした。在日米軍軍人である父親は来日したショーンを自宅に迎え入れ、「真面目に学校に通い、終わったらまっすぐ家に帰る。車には絶対近づかない」というルールを課しました。

しかし転校初日、ショーンはそのルールを破ってしまいます。ショーンは転校先で知り合った同級生トゥインクに連れられ、改造車が集まる夜の立体駐車場へ。

そこにはショーンの同級生ニーラもおり、ショーンは彼女の愛車SE3P RX-8(2006年式)に目をつけ、彼女と話をします。

そこへ「ドリフト・キング(DK)」の異名を持つ走り屋タカシが現れ、「俺の女(ニーラ)に口聞くな」とショーンを凄みました。

一触即発となったショーンとタカシを止めたのは、タカシの相棒ハンでした。タカシはハンに促され、ここで連夜行われているドリフト・バトルをしに行こうとします。

すると今度はショーンがタカシを挑発し、ハンが貸してくれた車S15 シルビア(2001年式)に乗り、ドリフト・バトルで勝負をつけることになりました。

しかし、ショーンは肝心のドリフトがどんなものなのか知りません。それでも諦めず、ショーンはタカシに挑みましたが、結果は惨敗。

挙句の果てに、狭い立体駐車場内でショーンが荒っぽい運転をしたせいで、S15 シルビアは大破寸前までになってしまいました。

ですがハンはそれを咎めることなく、ショーンに「逃げるなよ」と言って去っていきました。

転校2日目の朝。朝帰りしたショーンに、彼の父親はこう言いました。「ここがダメなら少年院だ。それが嫌なら私のルールに従え」

ところが学校が終わり、帰路につこうとしたショーンの前に、ハンが現れます。ハンは有無を言わさず、ショーンを自身の愛車FD3S RX-7(VeilSide Fortune Model。1994年式)に乗せ、「これからは(壊された車の弁償として)借金の取り立てをしろ」と命じました。

ハン曰く、タカシの叔父が東京を縄張りとしているヤクザの組長なだけで、彼自身はただのチンピラでしかないと言います。

そんなタカシとレースする意味を見出せずにいたハンでしたが、ショーンが現れたことで、彼を使ってタカシを潰そうと企てるようになりました。

そのためハンは、ショーンを自身が経営するクラブの奥にある、チューンアップ工場へ連れて行き、ドリフトの練習用として赤/黒のCT9A ランサーエボリューションIX(2005年式)を無償で提供しました。

ショーンはハンに、なぜ高い車を壊すと知っていながら、自分に貸すのか尋ねます。これに対しハンは、こう答えました。

「金はある。信頼できる奴が欲しい」「人は付き合えば正体が分かる。そいつを知るためなら、車なんて安いもんだ」

以下、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』ネタバレ・結末の記載がございます。『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2006 Universal Studios -All Rights Reserved

翌日。ハンはショーンを急カーブが多い山や、岸壁の倉庫街へ連れて行き、ドリフトテクニックを直々に教え込んでいきます。「ドリフトに教科書はない。体で覚えるものだ」

そしてトゥインクは、ショーンがドリフト練習するために必要なパーツやチューニングの資金を稼ぐべく、自ら仕入れたグッズを校内で売り歩きました。

後日。ハンの指導のおかげで、ショーンはタカシの子分モリモトに、タカシと戦った同じ立体駐車場でのレースで勝つまでに、ドリフトの腕を上げました。

その勝利をきっかけに、ショーンはニーラと車やドリフトだけでなく、「ガイジン」と日本人に嘲笑されるという境遇が同じことから互いに惹かれ合い、ドライブデートをする間柄に進展しました。

ドライブデート中、ニーラはショーンにこう言いました。「私が10歳の時、母が死んだ。母は高校を出て、オーストラリアから東京へ来たの」

「母はずっとホステスの仕事をしてた。私はタカシの祖母の世話に…」………これに対しショーンは、こう言いました。

「両親は3歳の時に別れた。俺のせいでお袋と引っ越しばかりしてた」「自分を“よそ者”にしてた。考えもせずに」

「だが“よそ者”も“仲間”も関係ない。大事なのはやりたいことをやることだ」………ショーンとニーラにはもう1つ共通点がありました。

それは車を自分の好きなように走らせている間だけは、嫌なことも過去も未来も何もかもを忘れて、自由でいられるということです。

翌日。いつものように、ハンたちがいる岸壁の倉庫街でドリフトの練習をしていたショーンの元に、突如タカシがモリモトら子分を引き連れて現れます。

タカシは止めに入ったハンやトゥインクを無視し、ショーンの顔を一発ぶん殴り、「彼女に近づくな、さもなければ歩けなくするぞ」と恫喝しました。

その後、登校したショーンの顔に傷があるのを見たニーラは、すぐさまタカシの元へ向かい、彼と話をしました。

「あなた変わったわね」「俺が変わった?でも俺たちは同じだ、お互い出来損ないの子供だ」

「お前のママは歌舞伎町一の娼婦だった。お前もうちで世話しなければママと同じ、金のために体を売ってた」

「あなただって叔父さんがいなければ…」「俺たちは同じだ。違いは俺は生い立ちを知ってる、お前は自分がどこの人間かも知らない」

ニーラが去った後、タカシの叔父でありヤクザの組長カマタが、タカシの事務所であるパチンコ屋を訪れました。

その要件は、タカシが自分に渡すはずの上納金が不足していることに気づき、ハンが上納金を着服しているのではないか問い詰めるためです。

カマタにこってりと絞られたタカシは、ショーンたちと一緒にチェーンアップ工場にいたハンの元を訪れ、彼に怒りの丈をぶつけます。

「相棒であるお前を信用してたのに、俺の面子をつぶされた!」「上納金を掠めやがって!」

銃口を突きつけてきたタカシに対し、ハンはこう言いました。「俺がいなきゃ、お前はまだ喫茶店を脅して小金を集めてた」

このままじゃハンが殺される、そう思ったトゥインクは、チューンアップ工場のシャッターを下ろします。

それで隙が生まれたタカシを、ハンが一発ぶん殴りました。そばにいたショーンも、モリモトを殴りました。

ショーンはニーラと一緒にCT9A ランサーエボリューションIXに乗り込み、ハンはFD3S RX-7に乗り込み、その場から逃走。

殴られたタカシたちも、タカシは愛車のZ33 フェアレディZ(Veilside仕様、2002年式)に、モリモトは愛車Z33 フェアレディZ(トップシークレット仕様、2002年式)にそれぞれ乗り込み、逃げるショーンたちを猛追します。

モリモトはショーンの車に体当たりを仕掛けますが、前方を走る一般車を避けるために対向車線に飛び出してしまい、そのまま一般車と正面衝突し、車が大破し多重事故を起こしてしまいました。

一方タカシは、前を走るCT9A ランサーエボリューションIXとFD3S RX-7の後ろにピッタリ張りつき、2人に体当たりや銃撃を仕掛けていきました。

大勢の人が行き交う渋谷のスクランブル交差点を含む、都心での過激かつ危険極まりないカーチェイスの末、ショーンとニーラが乗る車は一般車にぶつかり大破。

タカシに気を取られていたハンも、横から来た一般車メルセデス・ベンツ Sクラスと衝突し大破しました。

それを目の前で見ていたショーンが、車内に取り残されているハンを慌てて助けに行こうとします。

しかしそれより先に、ハンの車に搭載されていたニトロ噴射装置(NOS)に漏れ出たガソリンが引火し、ハンは愛車と共に炎上してしまいました。

愕然と立ち尽くすショーンの手を引いて、ニーラは地下鉄に逃げ込みます。ショーンはニーラを連れて帰宅しましたが、そこへタカシが襲来。

師であり恩人でもあるハンが事故を起こした元凶たるタカシに、ショーンは激昂し殴りかかるも、彼に銃口を突きつけられます。

そこへショーンの父親が現れ、息子に銃を突きつけるタカシに銃口を向けました。一触即発状態の3人を見かねて、ニーラがタカシの元へ戻ります。

それが功を奏したのか、タカシはショーンに「また会おう」と言って、彼女を連れてその場から立ち去っていきました。

タカシたちが去った後、ショーンの父親はショーンに、「今夜飛行機に乗れ」と言って家から追い出そうとします。

これに対しショーンは、「僕のせいだ、逃げたくない。こうなったのは僕の責任だ、だから自分の手でタカシと決着をつけたい」と言いました。

その後、ショーンはトゥインクと合流。カマタに話して、タカシとの因縁にカタをつけようとします。

これに対しトゥインクは、「ハンは死んだ。カマタもDKも頭にきているから、2人に会いに行ったらお前殺されるぞ」と警告しました。

ですがそれでもショーンの意志が固いと見るや、トゥインクは愛車フォルクスワーゲン・トゥーラン(2006年式)に隠しておいたハンの形見、カマタへの上納金が入ったリュックをショーンに渡します。


(C)2006 Universal Studios -All Rights Reserved

それを持って、ショーンはカマタの元を訪れ、彼にハンが着服した上納金を返しました。

「金を渡せば、ここから無事に帰れると思ってるのか?」「先にあなたの物を返します。それだけじゃない、謝りに来ました」

「DKと僕は皆に迷惑をかけました。だからDKとレースをして、綺麗にカタをつけたい」

「レースの敗者が街を去る」………そう申し出たショーンの提案に、カマタは承諾しました。

しかし、チューンアップ工場にあったハンの車は全て押収されており、残った車はショーンが先の戦いで大破させたS15 シルビアのみです。

そこでショーンは、父親が米軍基地で拾って修理していたフォード・マスタング(1967年式)に、S15 シルビアのエンジンを積み改造し、タカシとの最終決戦に使うことにしました。

迎えたレース当日の深夜。タカシだけが完走したという峠道を舞台に、ショーンとタカシの最終決戦が行われました。

互いに一歩も譲らない激戦の末、ショーンは峠道を完走し、タカシに勝利しました。レースを観戦していたカマタは、車が横転し負傷したタカシには目もくれず、ショーンとニーラの元へ向かい、「お前たちは自由だ」と言って去っていきました。

後日。いつもの立体駐車場でニーラたちとたむろしていたショーンの元に、新たな挑戦者が現れます。

その挑戦者とは、ハンの仲間ドミニク・トレットでした。ドミニクは数年前、ハンに勝って貰ったという銀色の車プリムス・ロードランナー(1970年式、アメリカのピュアビジョン社制作のカスタムカー)に乗り、新たなDKとなったショーンに勝負を挑みます。

ショーンが銀色の車S15 シルビア(BEHRMAN/WISE SQUAREのD1-GP SPEC PRO仕様)に乗り、ドミニクとドリフトバトルを始めたところで物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の感想と評価


(C)2006 Universal Studios -All Rights Reserved

ショーンvsタカシの因縁の対決

ショーンが、タカシと付き合いが長いニーラと話していたことをきっかけに、出会ってすぐに狭い立体駐車場でドリフトバトルをします。

その時、ショーンはドリフトが何なのか知らなかったため、DKという異名を持つタカシに惨敗。しかしそれを見ていたタカシの相棒ハンに気に入られ、彼直々にドリフトのことを教わるようになりました。

タカシは付き合いが長いとはいえ、交際はしていないニーラのことを自分の女だと思っているのでしょう。ショーンがニーラと親密になっていくにつれて、タカシの嫉妬心と独占欲に火がつきます。

それに加え、叔父のカマタへの上納金をハンが着服したことにより、タカシの怒りは爆発。タカシはハンとショーン、2人を殺そうとするのです。

さすがにショーンも、師であり恩人でもあるハンを殺したタカシに激怒し、2人の仲はより険悪に……。それでもショーンは、こうなった責任は自分にあると父親に言い、タカシとの因縁にカタをつけに行きました。

そうしたことによって始まった、峠道でのタカシとショーンのレース対決。物語の前半に描かれているドリフトバトルも迫力がありますが、それ以上の迫力と臨場感がある最終決戦は、拮抗するショーンたちの実力がぶつかり合っているため、観ているだけで胸が熱くなります。

ハンの突然の死


(C)2006 Universal Studios -All Rights Reserved

ショーンの出現により、相棒を務めていたタカシへの下克上を企てるようになったハン。ショーンにドリフトを教える彼の運転技術と実力も、とても素晴らしく感嘆します。

そのハンの腕前がいかんなく発揮されているのが、物語の後半に描かれている、都心でのカーチェイスです。猛追するタカシを、ハンはショーンと一緒に撒こうと爆走します。

しかし、銃撃してくるタカシに気を取られたあまり、ハンは横から来た一般車メルセデス・ベンツ Sクラスと衝突。愛車と共に炎上してしまうのです。

ショーンにドリフトを教えてくれたハンが死んでしまったこの場面は、彼を助けようとしていたショーン同様、画面の前で愕然としてしまうほどの衝撃を受けます。

まとめ


(C)2006 Universal Studios -All Rights Reserved

ストリート・レースに夢中の高校生ショーンが、東京で初めてドリフトの世界を知り、ドリフト・キングであるタカシと熱いバトルを繰り広げていくアメリカのカー・アクション作品でした。

本作では他の「ワイルド・スピード」シリーズ作品とは違い、ストリート・レース以外にドリフトバトルが繰り広げられています

ショーンたちが作中で繰り広げるドリフトバトルやレースは、どれも他の「ワイルド・スピード」シリーズ作品にあるカーアクション場面に引けを取らない、格好良さと迫力と臨場感がありました。

さらに物語の最後には、タカシとの最終決戦後の後日談として、ショーンがハンの仲間ドミニクとレースをする場面が描かれています。

「ワイルド・スピード」シリーズの主人公であるドミニクが、まさかのカメオ出演したこの場面に、「ワイルド・スピード」シリーズのファンはとても驚き歓喜したことでしょう。

エンドロール前には、こんなテロップが流れていました。「この映画のカーアクションは、プロのスタントマンによる演技である。この映画のマネは危険なので絶対しないように」

ショーンたちが魅せるドリフトの世界と、白熱したバトルが魅力のカー・アクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

アクション映画

ジョンウィック2あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アクション映画ファンを熱狂させたキアヌ・リーヴス主演『ジョン・ウィック』から2年。 あの伝説の殺し屋が帰ってきた! アクションも、キャラクターもパワーアップした続編、『ジョン・ウィック:チャプター2』 …

アクション映画

映画『TAXi4』あらすじとネタバレ感想。タクシー4はリュック・ベッソンのカーアクション、シリーズ締めくくりかも。

「TAXi」シリーズ第4弾。凶悪犯を追いかけて、爆走タクシーがモナコを走る リュック・ベッソンが脚本・製作を手掛けるカーアクションのシリーズ第4弾『TAXi4』。演出は前作に続き『WASABI』のジェ …

アクション映画

『トップガン』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。トムクルーズの戦闘機パイロットとして空中戦を制す!

世界的メガヒットを記録したトム・クルーズ主演のスカイアクション! トニー・スコットが監督を務めた、1986年製作のアメリカのスカイアクション映画『トップガン』。 米海軍のトップ1%のエリート中のエリー …

アクション映画

映画『アメリカン・アサシン』あらすじと感想。評価を超え続編はあるか?

スパイアクション映画『アメリカン・アサシン』は、6月29日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー。 大切な人の掛けがえのない命を奪われたことで、テロリストへの復讐心に燃えた青年ミッチ。 その …

アクション映画

映画『マスタープラン』ネタバレ感想評価とラスト結末のあらすじ。王道クライムアクションはスウェーデン版“オーシャンズ”

スウェーデン発の痛快ケイパームービー『マスター・プラン』 個性的な4人の犯罪プロフェッショナルが国際金融金庫からの現金強奪を図る映画『マスター・プラン』。 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』『ヘッ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学