Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2017/12/30
Update

韓国映画『ミッドナイト・ランナー』あらすじとキャスト。鑑賞券の特典情報も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

韓国映画『ミッドナイト・ランナー』は、2018年3月24日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか順次公開。

パク・ソジュン&カン・ハヌルW主演!警察学校で出会った凸凹コンビが繰り広げる、痛快アクション・エンターテイメント!

スポンサーリンク

1.映画『ミッドナイト・ランナー』の作品情報


© 2017 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
청년경찰(英題:Midnight Runners)

【脚本・監督】
キム・ジュファン

【キャスト】
パク・ソジュン、カン・ハヌル、パク・ハソン、ソン・ドンイル、イ・ホジョン

【作品概要】
頼るものは専門書籍から得た知識と若さだけという警察大学に在学中の学生ふたりが、偶然に事件を目撃し、実践捜査に着手するストーリー。

本作でパク・ソジュンは第54回大鐘賞 新人男優賞、第37回韓国映画評論家協会賞 新人男優賞を獲得しました。

2.映画『ミッドナイト・ランナー』のあらすじ


© 2017 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

警察大学での厳しい勉強を始めてから約2年になる熱血学生の行動派のギジュンと頭脳派のヒヨル。

親友である2人は外出先で偶然にも拉致現場を目撃。

日頃から学校で学んだ通りに警察へと通報するも、複雑な手がかりと不足した証拠で捜査は一向に進まず、刻々と1分1秒の緊迫した時間だけが過ぎていきます。

ギジュンとヒヨルは自らの足で直接捜査を始めますが、予測不能な状況に出くわす…。

スポンサーリンク

3.映画『ミッドナイト・ランナー』の感想と評価


© 2017 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

本作の主演を務めたのは、主演したテレビドラマ『彼女はキレイだった』『花郎(ファラン)』と立て続けに人気を得て、映画『ビューティー・インサイド』にも出演したパク・ソジュン。

頭で考えるよりも行動が先走ってしまう血気盛んなギジュン役を演じ、韓国のアカデミー賞と称される大鐘賞で新人男優賞を受賞する高い評価を獲得しました。

またもう一人の主役である、常に原理原則を考えて理論を展開させるヒヨル役には、映画『二十歳』やドラマ『ミセン-末生-』や『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』に出演するカン・ハヌル。

韓国映画界を代表する実力と人気を兼ね備えた若手俳優の共演に、本国韓国では大きな話題を呼びました。

2018年1月6日(土)より特別鑑賞券の発売も決定!

パク・ソジュン

カン・ハヌル

【発売日】
2018年1月6日(土)

【価格】
特別鑑賞券¥1,400(税込)(当日一般¥1,800のところ)

【特典】
オリジナルポストカードA(パク・ソジュン)・B(カン・ハヌル)

※2種類からどちらか1種お選びいただけますが、限定生産につきなくなり次第終了となります。

まとめ

頼るものは専門書籍から得た知識と若さだけの警察大学に在学中の学生ふたりが、偶然に事件を目撃!

すぐさま実践捜査に着手するが、正反対の凸凹コンビが無謀な捜査に体当たりで挑む結末はいかに?

2018年3月24日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか順次公開です。お見逃しなく!

関連記事

アクション映画

映画『サバイバーズ』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。極寒のトルコの雪山が舞台の緊迫のミリタリーアクション

極寒のトルコ山岳地帯を舞台にしたミリタリーアクション映画『サバイバーズ』! 2012年製作の映画『サバイバーズ』は、アルペール・チャーラルが監督・脚本を務めました。 反政府武装組織300人が潜伏する極 …

アクション映画

映画『シェーン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

最近は名作映画が次々にデジタル・リマスター版として、美しい映像で返り咲き上映されています。 西部劇の名作『シェーン』も、今年2016年4月から全国順次上映され話題となりました。 まさに、「シェーン、カ …

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストのミサキ役は山本美月。演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …

アクション映画

映画『ファイナルプラン』ネタバレあらすじ結末と感想評価。リベンジ復讐劇をリーアムニーソンが演じて光る

伝説の爆破強盗犯の最後の恋と怒りが燃え上がるリベンジ・アクション! マーク・ウィリアムズが原案・脚本・製作・監督を務めた、2020年製作のアメリカのリベンジ・アクション映画『ファイナル・プラン』。 全 …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の成蟜(せいきょう)役は本郷奏多。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日より公開。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学