Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト|あらすじとキャスト。上映館情報も

  • Writer :
  • 富士野

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』は、11月9日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかロードショー!

イギリス・ロンドンを舞台に、音楽が引き合わせた男女の恋模様を描く青春映画。

「blur」や「レディオヘッド」、「スピリチュアライズド」、「The 1975」などのイギリスを代表するバンドの楽曲が数多く使用されている、UKロック好きの人にも嬉しい作品となっています。

スポンサーリンク

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』の作品情報


(C)Modern Life Pictures Limited 2016

【公開】
2018年(イギリス)

【原題】
Modern Life Is Rubbish

【監督・脚本】
ダニエル・ギル

【キャスト】
フレイア・メーバー、ジョシュ・ホワイトハウス、ウィル・メリック、マット・ミルン
トム・ライリー、デイジー・ビーバン、ソーチャ・キューザック、ジェシー・ケイブ
スティーブン・マッキントッシュ、イアン・ハート

【作品概要】

イギリス・ロンドンで、一枚のレコードをきっかけに出会った男女の揺れる恋模様を、「blur」や「レディオヘッド」、「スピリチュアライズド」、「The 1975」などのイギリスを代表するバンドのUKサウンドに乗せて届ける青春映画。

注目の若手俳優二人が主演を務める、フレッシュな作品です。

ダニエル・ギル監督のプロフィール

助監督として活動を開始。
『サンシャイン2057』、『ハリー・ポッター』、『ワールド・ウォーZ』、『プライドと偏見』、『ゲーム・オブ・スローンズ』、『ザ・クラウン』などの作品に携わり、ダニー・ボイル、オリヴァー・ストーン、ジョー・ライト、スティーヴン・ダルドリーなどの著名な映画監督と一緒に仕事をするなど、15年以上の映画業界でのキャリアを持っています。2009年、彼の初の短編監督作品『Modern Life Is Rubbish』が第53回BFIロンドン映画祭でプレミア上映されます。

長年のキャリアと、先述の実績により、2011年、ダニエルは英国映画協会(BFI)主催の有能な映画人育成プログラム”Think Shoot Distribute”の対象者に選出されます。

2012年には2作目の短編映画『Freak』がロンドン・ショートフィルム・フェスティバルでこれまたプレミア上映され、批評家を中心に、高い評価を得ます。

そして2015年、本作『モダンライフ・イズ・ラビッシュ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』で長編映画の監督デビューを果たします。この作品はロサンゼルス映画祭を筆頭に、世界中の35以上の映画祭で上映され、様々な賞にノミネートされました。

映画監督として走り出した業界のベテランは、現在もいくつかのプロジェクトに参加し、精力的に制作活動を行っています。

スポンサーリンク

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』の主なキャスト

フレイア・メーバー(ナタリー役)のプロフィール

参考映像:『サンシャイン/歌声が響く街』(2013)

1993年英国グラスゴー生まれ。

2011年、TVシリーズ「スキンズ」(~2012)でデビューを果たした、注目の若手女優です。

同年、スコティッシュ・ファッション賞ファッション・アイコンに選出されます。

映画『サンシャイン/歌声が響く街』(2013)でスコットランドBAFTA賞主演女優賞にノミネート。

その後、フランスのジョアン・スファール監督の『アナザー』(2015)に主演。

2016年のダニエル・トンプソン監督作『セザンヌと過ごした時間』ではメイド役で鮮烈な印象を残し、さらに2017年の『ベロニカとの記憶』ではイギリスの名女優シャーロット・ランプリング演じるベロニカの若き日を演じ、注目を集めました。

2016年にはロンドンでジョン・マルコヴィッチ演出の舞台『Good Canary(原題)』に主演しています。

ジョシュ・ホワイトハウス(リアム役)のプロフィール

参考映像:『エッジ・オブ・スピード』(2013)

1990年英国イングランド生まれ。

NMEアワードを受賞した映画『Northern Soul』(2014)や、イアン・ボノート監督『エッジ・オブ・スピード』(2016)に出演しています。

映画『それでも夜は明ける』(2013)のスティーヴ・マックイーン監督制作の短編映画で主演を務め、注目を集めます。

最近ではバーバリーの新作フレグランス、ミスター・バーバリーのキャンペーンモデルに起用されるなど、華のあるルックスで日本でもファンが増えています。

現在は80年代のカルトミュージカル映画のリメイク『ヴァレー・ガール』に参加しており、80年代版でニコラス・ケイジが演じた役を演じています。

また自身も、インディーズバンド“MORE LIKE TREES”でリードボーカルを務めるなど、非常に多岐に渡る才能を持つ若手俳優・ミュージシャンです。

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』のあらすじ


(C)Modern Life Pictures Limited 2016

イギリス・ロンドンのレコード店。

店内で「blur」のアルバムを探していたことがきっかけで、ナタリーとリアムは出会い、恋に落ちました。

レコードジャケットのデザイナーになることを夢見るナタリーは、広告会社で働きながらミュージシャンのリアムとの2人の生活を支えます。

しかし次第にすれ違いが生じ、2人はそれぞれ別の道を新たに進み始めます。

その後、リアムは伝説の音楽プロデューサー、ザ・カーブとの出会いにより、自身のバンド“ヘッドクリーナー”が軌道に乗り始めます。

同じころナタリーは会社の同僚エイドリアンに惹かれていきます。

そんな時、かつて二人を繋げた音楽が再び彼らを結び付けようとして…。

スポンサーリンク

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』の見どころ


(C)Modern Life Pictures Limited 2016

この作品の見どころは、“若手俳優たちのフレッシュな魅力”です。

主演のフレイア・メーバー、ジョシュ・ホワイトハウスの二人はもちろん、ショシュ演じるリアムのバンド、“ヘッドクリーナー”のメンバーの役者たちも、とても魅力的です。

2013年の映画『アバウト・タイム~愛おしい時間について』のジェイ役で鮮烈なデビューを果たしたウィル・メリックは、ヘッドクリーナーのベース・オリー役。ロイヤル・シェイクスピア・センターの舞台にも立った経験のある、実力派の若手俳優です。

同バンドのドラム・ガス役には、1990年生まれのマット・ミルン。スティーヴン・スピルバーグ監督『戦火の馬』(2012)、や『タイタンの逆襲』(2012)に出演し、自らも制作者としてドキュメンタリーを撮影するなど、非常に多才な人物です。

もちろん若手俳優だけでなく、『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)のクィレル教授役でお馴染みのベテラン俳優、イアン・ハートにも注目です。伝説の音楽プロデューサー“ザ・カーブ”として、彼ら若手俳優を支えます。

彼らの瑞々しい演技を観ながら、若者たちの青春を感じられる本作。

「かっこいい!」「かわいい!」とバンドマンの彼と、彼を愛する彼女にドキドキしてみませんか?

まとめ


(C)Modern Life Pictures Limited 2016

まだまだ日本では知られていない、主演二人のフレッシュな演技を見ながら青春を味わえる作品になっている本作。

また、劇中には“モダンライフ・イズ・ラビッシュ”という本作と同名のアルバムを持つバンド「blur」や「レディオヘッド」「スピリチュアライズド」「The 1975」など、イギリスを代表するバンドの楽曲の数々が登場します。

UKロック好きに楽しんで見ていただきたいのはもちろん、UKロックに詳しくない人にとっても、英国の往年のロックサウンドに触れる絶好の機会です!

タイトルに“ロンドンの泣き虫ギタリスト”とあるように、ギタリスト、リアムの感情あふれる演技にも注目です!

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』は、11月9日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかロードショー!

本作を上映する劇場情報


(C)Modern Life Pictures Limited 2016

【北海道地区】
北海道 札幌シネマフロンティア 11月9日

【東北地区】
宮城 MOVIX仙台 11月9日

【関東地区】
東京 新宿ピカデリー 11月9日
東京 ヒューマントラストシネマ渋谷 11月9日
東京 MOVIX昭島 11月9日
神奈川 MOVIX橋本 11月16日
千葉 京成ローザ⑩ 11月16日
千葉 MOVIX柏の葉 11月9日
埼玉 MOVIXさいたま 11月9日

【中部地区】
愛知 ミッドランドスクエアシネマ 11月9日

【関西地区】
大阪 なんばパークスシネマ 11月9日
大阪 シネ・リーブル梅田 11月9日
京都 MOVIX京都 11月9日
兵庫 神戸国際松竹 11月9日

【九州地区】
福岡 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 11月9日

*上記の情報は2018年10月13日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や全国順次公開されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページを閲覧してください。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『午前0時、キスしに来てよ』ネタバレ感想レビュー。少女漫画の実写化で胸キュンシーン満載!

この冬、キラキラのシンデレラストーリーが誕生。 おもわず「恋したい!」気分になるかも!? 『近キョリ恋愛』『きょうのキラ君』と映画化が続く、人気漫画家みきもと凛の、単行本累計300万部突破となった『午 …

ラブストーリー映画

映画『午前0時、キスしに来てよ』あらすじネタバレと感想。主題歌にGENERATIONS from EXILE TRIBEの「One in a Million -奇跡の夜に」を起用

映画『午前0時、キスしに来てよ』は12月6日(金)よりロードショー! 『近距離恋愛』『きょうのキラ君』など映画化された作品も多い、みきもと凛の同題コミックをGENERATIONS from EXILE …

ラブストーリー映画

四月物語あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【岩井俊二映画】

現在公開中のアニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は岩井俊二のドラマが原作となっています。 原作というポジションにもかかわらず、大きく名前が上がる人物でありますが、それは岩井俊二監督の常 …

ラブストーリー映画

『フォルトゥナの瞳』ネタバレ感想。映画と原作本(百田尚樹)の違いを徹底解説

人の運命は最初から決まっているのでしょうか? ローマ神話に伝わる運命の女神「フォルトゥナ」その瞳を持ってしまった者には、死を目前にした人間が透けて見えるという。 あなたは、目の前の人が死ぬ運命にあるこ …

ラブストーリー映画

映画『君は月夜に光り輝く』あらすじネタバレと感想。キミツキで見せたヒットメイカー月川翔監督の手腕

映画『君は月夜に光り輝く』2019年3月15日(金)より公開。 佐野徹夜のデビュー作『君は月夜に光り輝く』を『君の膵臓をたべたい』『となりの怪物くん』『響―HIBIKI-』などの青春映画の新ヒットメイ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学