Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

【ネタバレ】ブリジット・ジョーンズの日記2 きれそうなわたしの12か月|あらすじ感想と結末の評解説。ハッピーエンドのその後を続編としてリアルに描く!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

パワー&ウェイトアップしたブリジットに再び会える続編!

恋や仕事に一生懸命な独身女性を描いた大ヒット作『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)の続編。

レネー・ゼルウィガー、コリン・ファース、ヒュー・グラントら魅力あるキャスト陣が続投。一方で監督は『3人のエンジェル』(1996)で知られるビーバン・ギドロン監督に交代しました。

さらにぽっちゃり度を増したブリジットが新たな悩みを抱えて迷走し大爆笑をさらう本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』の作品情報


(C)2004 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2005年(アメリカ映画)

【原作】
ヘレン・フィールディング

【脚本】
アンドリュー・デイヴィス、ヘレン・フィールディング、リチャード・カーティス、アダム・ブルックス

【監督】
ビーバン・ギドロン

【編集】
グレッグ・ヘイデン

【出演】
レネー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース、ジム・ブロードベント、ジャシンダ・バレット、ジェマ・ジョーンズ

【作品概要】
ヘレン・フィールディング原作の同名ベストセラーを映画化したロマンティック・コメディ『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)の続編。

前作のシャロン・マグワイアに代わり、『3人のエンジェル』(1996)のビーバン・ギドロンが監督を務めます。また脚本は原作者のフィールディング、『ラブ・アクチュアリー』(2004)のリチャード・カーティスらが続投。

前作に続き、主演を『ジュディ 虹の彼方に』(2020)でアカデミー賞主演女優賞を受賞した演技派レネー・ゼルウィガーが続投するほか、『英国王のスピーチ』(2011)でアカデミー賞主演男優賞を受賞したコリン・ファース、『ノッティングヒルの恋人』(1999)のヒュー・グラントも再集結しています。

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』のあらすじとネタバレ


(C)2004 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

新しい年に新たに日記をつけ始めたブリジット・ジョーンズ。

実家に戻った彼女は毎年恒例のパーティーへ。でも今年はいつもと違います。パーティーには彼女とお揃いの雪だるま柄のセーターを着た恋人のマークも来ているのですから。

ハッピーエンドの後はどうなるのかという疑問を抱える彼女が、マークとつき合い始めて6週間。弁護士のマークは最高の恋人です。

マークが残業のためにデートできなくなった晩。嫌味なジェイニーから、マークがレベッカという女性と自宅にいたことを聞かされたブリジットは、マークの家へ向かいます。

天窓から部屋を覗きますが、ずり落ちて泥だらけになったブリジット。仕方なくドアをノックした彼女を迎えたのは美人のレベッカでした。

思わず部屋に飛び込むと、ズラリ弁護士たちが座っています。ブリジットはつくり笑いで取り繕い、マークに謝りました。彼は彼女を受け入れます。マークとの結婚を夢見るブリジット。

ある日彼女は、テレビ局で番組司会者となった女好きのダニエル・クリーヴァーと再会します。彼はセックス・セラピー中だと話し、食事に誘いますが、ブリジットは断ります。

弁護士のパーティーに行くことになったブリジットは、ドレス、ヘアセット、メイクどれも失敗するものの、負けずに奮闘。しかし、スマートなレベッカや弁護士たちに嫉妬してマークとケンカになります。

帰宅後、マーク宅の留守電に向かって謝罪の言葉をしゃべっていたブリジットのもとに、当のマークがやってきました。

入口で「愛してる」と言ってくれた彼をブリジットは大喜びで迎え入れ、合鍵を渡します。その後、マークは彼女をスキー休暇に誘います。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

スキー上級者だとつい嘘をついたブリジットはリフトから降りられず、途中で落っこちます。

またレベッカも来ていることを知り、グループ旅行になったことにがっかりするブリジット。マークに置いていかれた彼女は、ブレーキを効かせられずものすごいスピードで暴走して滑り降りていきます。

妊娠を疑ったブリジットは、ドイツ語しか通じない薬局で苦戦の末に妊娠テスト薬を購入。調べようとしていたところにマークが戻り、もし妊娠していたらこの上なく嬉しいと言います。

しかし、生まれてくる子どもの教育方針で対立してけんかになってしまったふたり。結果、ブリジットは妊娠していませんでした。

翌日母のパーティーに参加した二人は、結婚を急かされてしまいます。「考えてもいない」というマークの答えに傷ついたブリジットは問い詰めますが、マークははぐらかそうとします。

マークの自宅に行き、彼がトイレに行っている間に、レベッカから留守電に電話が入ります。彼女との浮気を疑うブリジット。不安に揺れる彼女は、交際をやめると宣言します。「私と結婚したいの?私のために戦って」と言い残して。

5週間が経ち、もうマークから電話も来なくなりました。ブリジットのママとパパはもう一度結婚式を挙げると言います。

そんな中、ブリジットは撮影の仕事でダニエルとタイへ行くことになりました。心配した友人のシャザが同行します。

シャザは機内で隣になった若者・ジェットと恋仲になります。タイで3人で食事とった後、ラリって海に入っていたブリジットをダニエルが宿に連れ帰りました。

ダニエルは「君はセクシーで楽しい」と甘い言葉をかけ、ベランダから星が見えると言って部屋へと誘います。

ついて行ってしまったブリジットは彼と熱いキスをしてベッドへ倒れこみました。しかし、そこで正気に戻った彼女は、今夜泊まったら大切な人と確実に何かが終わるとダニエルに言います。しかし、もう一度チャンスを求めるダニエル。

そこに、ダニエルが呼んだ商売の女性がやってきました。目が覚めたブリジットは怒って帰ります。

帰りの荷造りで、シャザがジェットからもらったヘビの置物が入らず困っていたので預かったブリジット。実はその中に大量の麻薬が入っていたことがわかり、彼女は牢屋に入れられてしまいます。ダニエルは彼女が逮捕される瞬間を見ていましたが、そのまま去ってしまいました。

大勢の女性たちと牢に入れらたブリジットのもとに、ノウルズ領事館補がやって来ます。犯人を捕まえるまで10年禁固となることを聞いて驚きて青くなるブリジット。しかし、持ち前の明るさで牢の女性たちと仲良くなっていきます。

やがてマークが面会にやってきました。出張中に事件を知り、上司の命令でおつかいで来たと彼は話します。今までのことを謝るブリジット。

マークはジェットの写真を見せながら、ダニエルと泊った日に幻覚キノコを食べたかと聞きます。ダニエルとのことを話そうとするブリジットですが、マークは聞こうとしません。

1週間以内に釈放になると言って去ろうとするマークに、ブリジットは感謝を伝えます。

牢に戻った彼女は、マークはもう自分を愛していないと言って泣きます。心配して集まった牢の大勢のみんなに身の上を話すブリジット。

女たちが悪い男に騙されてきたことを聞いたブリジットは自分は世界一のバカだったと気付きます。やがて、ブリジットは山ほど置き土産を残して釈放されました。

マークはダニエルを訪ね、ブリジットが逮捕される瞬間を目撃したと答えたダニエルを表に連れ出しました。ふたたびふたりのケンカが始まります。

ふたりは揃って噴水に落ちてびしょ濡れに。ダニエルはブリジットと何もなかったことを話します。一度は気が済んで去ろうとしたマークでしたが、ダニエルの「早く結婚しろ。絶対不倫してやる。」という言葉を聞いて、再び噴水に飛び込みました。

帰国したブリジットを友達が迎えます。謝るシャザをブリジットは抱きしめました。

実はマークがブリジットを助けるために必死で奔走していたことを聞かされ、ブリジットは呆然とします。彼はダニエルのことに怒っていただけで、本当は自分を愛していることに気づいたブリジット。

大雨の中マークの家を訪ねますが、そこにはレベッカがいました。しかし、レベッカは実はブリジットに恋していると告白します。驚いているブリジットにキスするレベッカ。ブリジットは感謝を伝えてから、もう一度タクシーに乗り込みます。

自宅に戻ってワンピースに着替えて再びマークを訪ねて職場へ。せっかく着替えた服でしたが、車が飛ばした水たまりの水を思い切り浴びてびしょ濡れになってしまいます。それでもマークのもとへとひた走るブリジット。

マークのいる部屋のドアを開けると、会議中でした。外で待とうとしますが、ペルーの商業大臣にここで話していいと言われてしまいます。マークにお礼を言い、愛してると伝えるブリジット。

やっとマークは席を立ち、ブリジットと部屋を出ます。「聞きたかったことがある」と言ったマークに、笑顔で「プロポーズ以外ならいいわ」と言うブリジット。固まったマークの表情を見て、大失敗したことに気づきます。

機嫌を損ねて、機を逃したからもう言わないと意固地になるマーク。ブリジットは必死で「もう一度やり直すから!」と食い下がり、本当にもう一度部屋を出たところから繰り返しました。

そんな彼女に心ほぐれたマークが言います。「ブリジット・ジョーンズ。結婚してください。」

ブリジットは笑顔で抱き着き、ふたりは熱烈なキスを交わします。

やがて開かれた両親の結婚式。ブリジットは倒れこみながらもブーケをキャッチしました。愛するマークとキスをするブリジット。

「これが私のハッピーエンド。真の幸福を手に入れることは不可能じゃない。たとえ33才で特大のお尻でも」

スポンサーリンク

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』の感想と評価


(C)2004 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ハッピーエンドのその後とは?

前作『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)でエリート弁護士のマークと結ばれたブリジット・ジョーンズ。冒頭で彼女の「ハッピーエンドのその後とはどんななの?」という疑問が問いかけられます。

思いが通じ合ってハッピーになった後、誰もがいろいろな厳しい問題に突き当たることでしょう。ブリジットとマークもさまざまな試練に向き合うこととなります。

前作は「独身で彼氏のいない女性の悩み」が描かれましたが、本作では「彼氏とのハッピーエンド後の悩み」にスポットが当てられます。

弁護士パーティーに参加し、優秀な人々を前に強い劣等感を抱いたブリジットは、その反動もあって逆に頭の良い人たちをバカにするようなことをつい口に出してしまい、生真面目なマークを傷つけます。

また、嬉しそうに子どもが生まれてからのことを想像していたふたりは、子どもの教育方針について真っ向から対立。マークは息子なら名門イートン校に入れると語り、ブリジットは反対します。

イートン校というのは数多くの首相を輩出する英国一の超名門校です。そんなエリート校に、ダーシー家の男子は代々入学しているからと事もなげに言うマーク。玉の輿を狙う女子ならともかく、普通は思わずビビってしまいますよね。

ブリジットも強く拒絶感を示し、寄宿舎ではなく一緒に暮らしたいと答えます。その後、つい悪いクセで「ファシズムの学校なんて」と言ってしまうのです。さすがにこれはアウトでした。ふたりの間に深い亀裂が入ったところに、美しいレベッカとの浮気疑惑も浮上し、とうとうブリジットはマークと一度別れてしまいます。

そんな中、タイ出張中のブリジットが、知らぬうちに麻薬の運び屋となって逮捕されてしまいます。彼女を助けるためにマークは奔走し、必死で彼女を助け出しました。

ブリジットがまっすぐマークのもとへ帰れたのは、彼から本当に愛されているということを実感できたからでした。またマークも、自分に真正面から向かってくる彼女の一生懸命さに心動かされます。

ブリジットはマークが脱いだパンツをたたむところを嫌がりますが、そんな些細なことにこそ一緒に暮らすことの難しさがよく表れています。誰しも価値観の違いはありますが、それをどう受け入れるか、もしくはそれを上回る好意を持てるかどうかに関係を続ける鍵はあるのではないでしょうか。

ブリジットとマークが危機を乗り越えられたのは、お互いを思う気持ちが何よりも大事だということに気づけたからに違いありません。

シリーズならではのお約束シーンがたまらない


(C)2004 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

世界的大ヒットとなった第1作目。本作から観てももちろん十分楽しめるのですが、ファンならたまらないお約束シーンが多々登場するのも大きなみどころとなっています。

まずはブリジット自身も「特大のお尻」と呼ぶ見事なヒップ。彼女のトレードマークです。主演のレネー・ゼルウィガーは前作よりさらに体重を増量して、その魅力をさらにパワーアップさせています。

ブリジットのヒップは、テレビでも大人気。スカイダイビングをリポートする彼女を映すカメラに向かって、プロデューサーが「尻を映せ!」と大声で指示します。大きなお尻が映しだされた彼女は、人気リポーターとなりました。今だとセクハラでアウトかもしれませんが、ブリジット相手だとつい笑ってしまいます。

そしてそのヒップに欠かせないのが「デカパン」です。ドレスをきれいに見せるために効果抜群の固いガードルをうめきながら引っ張り上げるシーンや、ダニエルと危うい関係になりそうになった時に登場する強烈アイテム。ダニエルが「おお、懐かしき友よ」と話しかけるシーンは最高です。タイの空港の荷物検査でも出てきます。

しかし、一番の名場面はやはり男ふたりのケンカシーンでしょう。そのへっぽこ具合がなんとも絶妙。マークとダニエルだったら殴り合いもこんなものだろうなと納得させるリアル感は健在です。

それでも、ブリジットが逮捕される瞬間を見ていながらそのまま去ったダニエルを許せないというマークの思いにはやはりちょっとキュンとしてしまいます。

まとめ


(C)2004 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

世界中の女性の共感を呼び大ヒットとなった『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)の待望の続編の本作には、主人公のブリジット、そしてマークとダニエルという人気キャラクターが再集結しました。

さらにパワーアップしたブリジットがファンを裏切らない大騒動を繰り広げます。ブリジットを演じるレネー・ゼルウィガーは思わず「名人!」と言いたくなるほどの化けっぷり。磨きのかかったキュートさに脱帽です。

いつも眉間にしわを寄せている生真面目なマークと、テレビマンに転身した相変わらず残念なイケメンのダニエルも嬉しくなるほど期待通りの大活躍をみせてくれます。

彼氏がいない悩み、彼氏とうまくいかない悩み、結婚したら子育ての悩み…と女子たちの悩みは尽きません。

それを笑いに変えてリアルに描いた本作から、きっと明日をがんばるパワーをもらえるに違いありません。





関連記事

ラブストーリー映画

映画『蝶々夫人』ロイヤルオペラの公開日と上映館は?

映画館でオペラを観るのはいかがでしょうか? 日本に魅せられたプッチーニが書き上げたオペラ名曲『蝶々夫人』。ロイヤル・オペラは2017年5月26日(金)から公開! 他人を愛することを知ったわずか15歳の …

ラブストーリー映画

映画『ディナー・イン・アメリカ』感想評価と考察解説。カイル・ガルナーがパンクバンドのボーカリストに扮して偏見をぶち壊す!

映画『ディナー・イン・アメリカ』は、2021年9月24日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか、全国順次公開! 過保護な家庭に育った孤独な少女と、パンクバンドの覆面ボーカリストとして …

ラブストーリー映画

映画『あと1センチの恋』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【大人のラブストーリーとして幼なじみとの12年間に渡るすれ違い】

リリー・コリンズ主演で幼なじみの男女の12年間にわたるすれ違いの恋愛模様 「P.S.アイラヴユー」の原作者であるセシリア・アハーンの小説「愛は虹の向こうに」を基に描く大人のラブストーリー。 &#822 …

ラブストーリー映画

映画『勝手にふるえてろ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

中学生の頃から思いを寄せている“イチ”と告白された同僚の“二”。 好きな人と好きになってくれた人の間で揺れる、不器用で精神不安定気味な女の子の恋の物語。 主人公良香の妄想力が炸裂している愉快な作品をご …

ラブストーリー映画

映画『愛うつつ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。キャスト細川岳とnagohoが「恋愛」についての“普通とは何か”を問いかける

2021年1月23日に一足早く特別上映された映画『愛うつつ』。 現在、新型コロナの影響でユーロスペースでの上映は延期、2021年春公開予定。 「愛しているからこそ抱けない」新⽥純と「愛しているからこそ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学