Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの清水くるみ(晴子役)のプロフィールと演技力の評価

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー!

『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男子!!』がついに待望の実写映画化

監督を務めるのは、期待の新鋭・風間太樹。大ヒット映画『帝一の國』のスピンオフドラマ『帝一の國~学生街の喫茶店~』で商業作品デビューし、『恋は雨上がりのように』などを手がけています。

主演は、映画『兄友』『虹色デイズ』、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』の人気急上昇中の若手俳優・横浜流星。

W主演を務めるのは、映画『一礼して、キス』、ドラマ『はんなりギロリの頼子さん』の中尾暢樹(まさき)。

瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、清水くるみ、唐田えりかなど若手俳優たちに加え、伊藤歩、浅香航大といったベテランも共演。

この記事では、坂東晴子役を演じる清水くるみについて詳しくお伝えしていきます。

映画『チア男子!!』の作品情報


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
朝井リョウ『チア男子!!』(集英社文庫刊)

【監督】
風間太樹

【キャスト】
横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋、伊藤歩

【作品概要】

個性豊かな7人の男子大学生が、男子チアリーディング部「BREAKERS」を立ち上げる青春ドラマ。

直木賞作家・朝井リョウの同名小説で、2011年にコミカライズ、2016年にアニメ化・舞台化された人気作品。

あまり例のない「男子チアリーディング部」への固定概念や冷たい視線、そこから生まれる葛藤。それらを乗り越えていく姿を熱く描いた、ノンストップ青春ストーリーです。

横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋、伊藤歩など、若手を中心とした人気俳優らが出演します。

監督は新鋭の風間太樹。

映画『チア男子!!』のあらすじ


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

柔道の道場の長男に生まれ、幼い頃から柔道を続けてきた晴希。

しかしやさしすぎる性格から強くなれません。常に勝ち続ける姉の晴子と比べて、自分に才能がないことに悩んでいます。

そんな中、試合中に肩をケガしたことをきっかけに柔道に距離を置く晴希。柔道仲間で、無二の親友・一馬は、「一緒に新しいことを始める」と宣言します。

なんとそれは、前代未聞の「男子チアリーディング部」の創設でした。

些細なことが大けがにつながるため、仲間を信頼することがチアの基本。

男子チア部「BREAKERS」はそれを守りながら練習に打ち込みますが、やがてメンバー内での歯車が狂い始め、決定的ともいえる亀裂を生んでしまい…。

映画『チア男子!!』坂東晴子役は清水くるみ

参考映像:『ジンクス!!!』(2013)

映画『チア男子!!』で坂東晴子役を演じる清水くるみは1994年7月16日生まれ。愛知県出身。アミューズ所属。

2007年の「アミューズ30周年全国オーディション」で、応募総数65,368人の中からグランプリを受賞しました。2008年、NTTドコモCMに出演。

オーディションを受けたのは、ファンだった神木隆之介に会えるのではないかと思ったのが理由だそうです。

映画『桐島、部活やめるってよ』で、実際に憧れの神木隆之介と共演を果たしています。

この作品で演じた宮部実果役は人気となり、WOWOWでスピンオフドラマ『宮部実果』も放送されました。

ドラマ『スーパーサラリーマン佐江内氏』『透明なゆりかご』『平成物語~なんでもないけれど、かけがえのない瞬間~』、映画『南瓜とマヨネーズ』『銀魂』『orange/オレンジ』など、多数作品に出演。

『ジンクス!!!』では映画初主演を務めています。

『FACTORY GIRLS~私が描く物語』『サムシング・ロッテン!』など舞台作品にも数多く出演し、幅広い分野で実力を磨いています。

2019年にはオムニバス映画『LAPSE(ラプス)』『21世紀の女の子』などが公開されました。

目標の女優は『キラー・ヴァージンロード』で共演した上野樹里。

映画『チア男子!!』坂東晴子はどんな役?


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

坂東晴子は横浜流星演じる主人公・晴希の姉。女子柔道全国優勝の実力者。

晴希が柔道を辞めて、チアリーディングをやることに反対しています。

晴希が柔道を辞めてから、試合で勝てなくなり、もっと強くならなければと自分を追い込んでいきます。

違う道を選んだ晴希の謝罪と応援によってスランプを脱し、それから弟を応援するようになります。

清水くるみの演技力の評価は

参考映像:『桐島、部活やめるってよ』(2012)

ドラマや映画、CMで注目を集める清楚な若手女優・清水くるみ。

アミューズのオーディションでグランプリを獲得してから、順調にキャリアを積んできています。

2012年公開の映画『桐島、部活やめるってよ』では、友人のカスミにコンプレックスを持つ、難しい役の宮部実果を演じました。

この宮部実果役は人気キャラとなり、WOWOWでスピンオフドラマ『宮部実果』も放送。清水くるみの魅力あってこそのドラマ化決定だったといえます。

2015年公開の青春映画『orange/オレンジ』では、主演の土屋太鳳のクラスメイト役で出演。ムードメーカー的な役を好演し、一躍人気女優となりました。

人気映画『銀魂』では、「風の谷のナウシカ」ネタのパロディで、インパクトある役を演じています。

本作では、主人公・晴希のコンプレックスの源ともいえる強い姉・晴子を演じます。どんな魅力ある演技をみせるのかに、要注目です!

2019年には本作以外にも『LAPSE(ラプス)』『21世紀の女の子』の2本の映画公開され、今後の活躍が益々期待されます。

参考映像:『LAPSE(ラプス)』(2019)

清水くるみの公式SNSの紹介

View this post on Instagram

#とよはし映画祭#青の帰り道 dress @viviennetam earrings @1dk_jewelryworks

Kurumi Shimizuさん(@kurumi_shimizu)がシェアした投稿 –

清水くるみの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

直木賞作家・朝井リョウの人気小説原作で、アニメ化・舞台化もされている人気作品『チア男子!!』。満を持して待望の実写映画化となりました。

キャストには、横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋といったフレッシュな顔ぶれを中心に、浅香航大、伊藤歩というベテランまで人気俳優たちが集結。

新鋭監督として注目されている風間太樹監督が作り出す、「日本中を笑顔にする」ノンストップ青春エンターテイメント。公開を前に期待が大きく高まっています。

数多くの作品に出演し、着実に人気と実力を培ってきた若手女優・清水くるみが、キーパーソンである主人公の姉・坂東晴子を演じます。

観る人をみんな笑顔にする作品『チア男子!!』は2019年5月10日より全国ロードショーです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『喝 風太郎!!』感想とレビュー評価。市原隼人が原作者・本宮ひろ志のメッセージを忠実に体現!

映画『喝風太郎!!』は2019年11月1日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国ロードショー! 漫画家・本宮ひろ志の隠れた名作を、市原隼人主演により映画化。破天荒ながら真実を貫く一人の僧侶が、日 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ミセス・ノイズィ』感想レビューと評価。結末まで篠原ゆき子と大高洋子の演技力が牽引する母親の後悔とは

理解できない相手と分かち合える日が来るまで。 2020年12月4日(金)​よりTOHOシネマズ 日比谷​、ほか全国公開予定の映画『ミセス・ノイズィ』。 隣人同士の小さな「諍い」から始まる、大きな「争い …

ヒューマンドラマ映画

『アディクトを待ちながら』感想評価とあらすじ解説。高知東生らキャスト陣が“当事者となった者”として伝える依存症との“真の対峙”

映画『アディクトを待ちながら』は2024年6月29日(土)より新宿K’s cinema他で全国順次公開! 依存症からの回復を題材とした衝撃作『アディクトを待ちながら』が、2024年6月29 …

ヒューマンドラマ映画

映画『シカゴ』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

2003年に公開されたミュージカル映画『シカゴ』は、米アカデミー賞で最多12部門13ノミネートされ、作品賞、助演女優賞ほか最多6部門受賞! 1920年代のシカゴを舞台に、ミュージカルのスターを夢見るロ …

ヒューマンドラマ映画

『ゴヤの名画と優しい泥棒』感想評価と解説レビュー。実話盗難事件の真相に隠された“男の信念と夫婦の絆”

映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』が、2022年2月25日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開 1961年に起きた、ゴヤの絵画の盗難事件。 「プロの窃盗団の犯行」と世間が騒ぐ中、盗んだのは …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学