Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/08/14
Update

実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』ネタバレ感想と考察評価。キャストに浜辺美波×北村匠海×福本莉子×赤楚衛二が勢揃い!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は人気青春恋愛コミックの実写!

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は、同題の咲坂伊緒によるベストセラーコミックを映画化したものです。

監督は『アオハライド』『フォルトゥナの瞳』など数々の青春・恋愛映画を手がける三木孝浩が務めています。『君の膵臓をたべたい』以来となる浜辺美波と北村匠海が共演をはたしました。

同じ学校に通う高校1年生の4人は同じマンションに暮らしています。憧れ、片思い、ある秘密……4人それぞれのさまざまな思いがすれ違いながら交差していきます。映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は2020年8月14日(金)より全国ロードショーを迎えます。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の作品情報

(C)2020 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社

【公開】
2020年(日本映画)

【脚本】
三木孝浩 米内山陽子

【監督】
三木孝浩

【キャスト】
浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二、上村海成、三船海斗、古川雄輝、戸田菜穂

【作品概要】
咲坂伊緒のベストセラーコミック『思い、思われ、ふり、ふられ』の実写化です。監督は同じ咲坂作品『アオハライド』(2014)を手掛けている三木孝浩監督。『君の膵臓をたべたい』(2017)以来となる浜辺美波と北村匠海が共演。

東宝シンデレラの福本莉子、赤楚衛二、上村海成、三船海斗、古川雄輝など、注目の若手俳優が揃いました。主題歌として「115万キロのフィルム」をOfficial髭男dismが提供しているのも話題です。9月には長編アニメーション版も公開が予定されています。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』のあらすじとネタバレ

(C)2020 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社

内向的な性格の市原由奈は高校生になっても周囲に馴染めずにいました。そんな彼女に回りと分け隔てなく接するのは高校入学に合わせて引っ越してきた山本朱里です。

引っ越しや転校が多かった朱里は自然と社交的な性格になっていました。

ある日、由奈は運命的な出逢いをします。初恋の人だった絵本の挿絵の王子様にそっくりな男子を見かけたのでした。

そのことを聞いた朱里は恋は積極的に自分から落ちに行かなくてはと背中を押します。

勉強のために朱里の家を訪ねた由奈はそこで、例の運命の相手の男子と出逢います。彼の名前は理央。

朱里との関係が分からず戸惑う由奈に、朱里は「弟」だと紹介します。由奈が二卵性の双子なのか?などとあれこれ考えていると、朱里が理央とは互いの親の再婚で姉弟になったのだと説明します。

理央を見て、表情が一変した由奈を見た朱里は、由奈の言っていた相手が理央だと気が付き、とっさに言い訳を作って買い出しに出て二人きりにします。

会話の糸口がなく戸惑っている由奈は理央がカバンから他校の女子からもらったというラブレターを無造作に取り出すのを見て、もっとしっかりと気持ちに向き合った方がいいのでは?と問いかけます。

すると理央は思いを告げられる恋なら大変なことではない、自分の場合とは違うと答えます。理央の場合というモノが分からない由奈、そこに朱里が帰ってきます。

その時、ふと理央が朱里を見つめる表情を見た由奈は、理央が朱里に思いを抱いていることを知ってしまいます。

両親の再婚によってある日から、姉と弟になった朱里と理央。理央の言う“自分の場合”を知って由奈は何も言えなくなります。

中学の頃から友人関係にあった朱里と理央、理央は密かに思いを募らせ、ある雨の日告白しようと朱里を呼び出します。

しかし、朱里とは連絡が付かず、代わりにかかってきた父親の電話から朱里の声が聞こえてきました。理央は朱里に告白しようとした、その日に、互いの親が結婚を決めていること、朱里とは姉弟になるということを突き付けられたのでした。

理央の朱里への気持ちを知った由奈はちゃんとフラれたうえで、悩みを聞く友人になろうと理央に告白をします。理央は由奈の思いとやさしさに感謝しながら、由奈の告白を断ります。

一方、朱里と理央は由奈を介して、由奈の幼馴染で同学年の乾和臣と親しくなります。

和臣は映画が好きで、その方面に進みたいという思いがありましたが、エリート街道を進みながらも全てを捨てて役者の道を選んだ兄のことで家族が揉めていたこともあって、自分だけは普通の道を歩むべきなのだろうという思いを感じていました。

朱里と和臣は由奈と理央をくっつけさせるためにたびたび4人組のもう一方のペアになることがあり、互いを意識するようになります。

夏祭りの日・浴衣姿を披露した女性陣もあって、いつも以上に楽しい集まりとなった中で、朱里は軽い口調で和臣に付き合ってみないか?と問いかけます。

和臣は戸惑うような表情を見せて、朱里の告白を断ります。

朱里はなんとなく気が合うので軽い気持ちで言っただけと言い訳をしますが、いたたまれなくなり一人で先に帰ってしまいます。

2つの告白がそれぞれ叶わずに終わったのち、4人の中に少し距離ができてしまいます。

そんな中で、いつの間にか理央は由奈を目で追い、和臣は朱里を意識することが増えていきました。

以下、『思い、思われ、ふり、ふられ』ネタバレ・結末の記載がございます。『思い、思われ、ふり、ふられ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2020 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社

和臣が朱里の告白を断ったのは、理央が朱里のことを想っていることを知ったからでした。しかし、由奈と出会い、朱里への気持ちを整理した理央は、改めて由奈と向き合いたいと思うようになりました。

文化祭の日に、他の男子から由奈が告白を受けたことを知り、居ても立っても居られなくなり、由奈を探して学校中を駆け回り、ついに由奈を発見。

理央は一度告白を断っていながら、図々しいことは承知の上と言いながら、由奈に告白をします。由奈は告白を受けとめ、二人は晴れて付合うようになります。

親友ともいえるほどの友人の理央が義理の姉の朱里を想っている、そう思って朱里の告白を断った秀臣は朱里を強く意識することになります。

そんなある日、朱里と理央たちがアメリカに引っ越すことが明らかになります。

由奈と付き合い始めた理央は日本に残りますが、映画の勉強を進めたい朱里は親たちについていくことを決めます。

このままでいいのかと理央に背中を押された秀臣は両親に映画への道を目指したいと宣言すると、朱里を呼び出し、数年間離ればなれになることを覚悟のうえで告白します。

朱里は離れ離れになっても気持ちは揺るがないと言い、告白を受けます。

それぞれが、互いの気持ちと夢を抱きながら、将来を想い合いました。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の感想と評価

(C)2020 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の三木孝浩監督は2010年に『ソラニン』で長編デビューして以降『僕等がいた前・後篇』(2012)や『アオハライド』『青空エール』(2016)など若者たちの恋愛劇を描き続けてきました。

『アオハライド』は本作『思い、思われ、ふり、ふられ』と同じ咲坂伊緒が原作でもあります。

2017年に大ヒットした『君の膵臓をたべたい』以来の共演となる浜辺美波と北村匠海も大きく成長した姿を見せてくれます。

東宝シンデレラでは浜辺美波(同期には上白石萌音・上白石萌歌)の一期後輩になる福本莉子は本作で大きな注目を浴びることになるでしょう。

世代的には一世代に上になる赤楚衛二も意外に天然系の高校生役をうまく演じています。

まとめ

(C)2020 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社

咲坂伊緒の青春三部作と呼ばれる作品『アオハライド』と『ストロボ・エッジ』(2015)は既に映画化されていますが、本作『思い、思われ、ふり、ふられ』の映画化で三部作全てが映画化されたことになります。

『アオハライド』は本作と同じ三木孝浩監督によって本田翼、東出昌大共演で2014年に映画化されました。『ストロボ・エッジ』は2015年に廣木隆一監督によって福士蒼汰、有村架純のW主演で映画化。

プロデューサーの岸田一晃は『思い、思われ、ふり、ふられ』も含めて三部作全に参加しています。

スタッフと原作者との間に信頼感と相性の良さがあるのでしょう、『思い、思われ、ふり、ふられ』もまた、見応えのある作品仕上がっています。

『思い、思われ、ふり、ふられ』は2020年9月に長編アニメーション版も公開予定ということですが、今回の実写版と見比べてみるのも楽しいのではないでしょうか?



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『リバーズ・エッジ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【二階堂ふみ×行定勲監督】

蜷川実花監督&沢尻エリカ主演で映画化された『ヘルタースケルター』などで知られる、伝説的な女流漫画家の岡崎京子の同題原作を、行定勲監督が二階堂ふみ主演で映画化。 二階堂ふみは作品に触れたことで …

ヒューマンドラマ映画

『リコリス・ピザ』ネタバレ結末感想と解説評価。ポールトーマスアンダーソン監督が描く青春ラブストーリー!

70年代のアメリカを舞台に人と人の出会いの最善のときを描く 世界3大映画祭すべてで監督賞を受賞する快挙を達成し、アカデミー賞にも何度もノミネートされている名匠ポール・トーマス・アンダーソン監督が描く青 …

ヒューマンドラマ映画

映画『悪の華』あらすじネタバレ感想と結末ラストの評価解説。伊藤健太郎と玉城ティナの演技力で“ムキ出しの荒々しさ”を存分に発散させた暗黒青春劇

映画『悪の華』2019年9月27日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー! 押見修造の同題人気コミックに惚れ込んだ井口昇監督が映像化した、暗黒青春劇。 累計発行部数300万部を記録し、テレ …

ヒューマンドラマ映画

映画『三度目の、正直』ネタバレあらすじ感想と評価解説。野原位監督が紡ぐ“当たり前の日常”を生きる人々のための人生賛歌

子どもを求め彷徨う女性を描く、映画『三度目の、正直』。 ヴェネツィア映画祭で銀獅子賞を受賞した黒沢清監督の『スパイの妻』、『ドライブ・マイ・カー』で世界から高く評価される濱口竜介監督の『ハッピーアワー …

ヒューマンドラマ映画

『帰れない山』ネタバレあらすじ結末と感想評価。原題の意味と小説で綴られた“父子、親友との交流”を描く

父と親友との交流を長い年月を通して描く雄大なヒューマンドラマ イタリアの作家パオロ・コニェッティの世界的ベストセラー小説を映画化。 『ビューティフル・ボーイ』(2019)の監督・脚本を務めたフェリック …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学