Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ラースと、その彼女』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • こたきもえか

世の中には様々な愛の形が溢れていますが、今回取り上げるのは等身大の人形と恋をした男の物語『ラースと、その彼女』です。

観終わった後幸福感でいっぱいになる、ライアン・ゴズリング主演作『ラースと、その彼女』の魅力についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ラースと、その彼女』の作品情報


(C)2007 KIMMEL DISTRIBUTION,LLC All Rights Reserved

【公開】
2008年(アメリカ映画)

【原題】
Lars and the Real Girl

【監督】
クレイグ・ガレスピー

【キャスト】
ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー、パトリシア・クラークソン

【作品概要】
アメリカの田舎町に住む26歳の青年ラースはとてもシャイな青年で、兄のガスと妻のカリンが暮らす家の裏にあるガレージを改装した部屋に一人で住んでおり、限られた人間関係しか築くことができないでいました。

ある日兄のガスはラースから、インターネットで知り合った女性を紹介したいと言われます。女性と話すことが特に苦手なラースからの報告に喜ぶガスとカリン。ところがその“彼女”は、アダルトサイトで販売されているリアルドールだったのです…。

主人公ラースを演じるのは子役時代から活躍し、『ブルーバレンタイン』や『話題を席巻した『ラ・ラ・ランド』、『ブレードランナー2049』に出演するカナダ出身の俳優ライアン・ゴズリング。

『ドライヴ』や『オンリー・ゴッド』、『ブレードランナー2049』など寡黙で孤独を抱える一匹狼の役を演じるイメージのあるライアン・ゴズリングですが、『ラースと、その彼女』では少々ぽっちゃりした内気な男性を好演しています。

人々の交流を繊細に描いた本作は第80回アカデミー賞脚本賞にノミネートされました。

映画『ラースと、その彼女』のあらすじとネタバレ


(C)2007 KIMMEL DISTRIBUTION,LLC All Rights Reserved

アメリカの静かな田舎町に住む心優しくシャイな青年ラース。

その性格から一人でひっそりと住み、職場の同僚マーゴに好意を寄せられてもうまく交流することができないでいます。

兄ガスの妻カリンはラースを特に心配し、ガスも同じ家で一緒に住むことを何度も提案しますが彼は断り続けています。

そんなある日ラースが「インターネットで知り合った女性がいるから、会わせたい」とガスとカリンに報告。

今まで恋人なんて連れてきたことがなかった彼の発言に2人は大興奮。ところがラースが連れてきたのはアダルトサイトで購入した等身大のリアルドール、“ビアンカ”だったのです。

ラースは、ガスとカリンにビアンカのことを紹介します。

彼女はブラジル人で修道院で育ち、内気な性格、職業は宣教師。車椅子に乗っていますが、空港で荷物と一緒に盗まれてしまった言いました。

幸せそうに彼女を語るラースを見てガスとカリンは、何も言えなくなってしまいます。

ガスはラースがおかしくなってしまったとパニックになり、病院で診てもらうことにしようとカリンに相談します。

女医のバーマンからの提案で、ラースのビアンカについての妄想は何か理由があるはずだから、街の皆で彼に合わせて様子を見ることにしました。

ガスとカリンは教会の年長者たちに提案し、街の住人たちはリアルドールのビアンカをラースのガールフレンドとして扱うことに決めました。

ラースはビアンカをパーティーに連れて行き友人たちに紹介したり、本を読んであげたり、両親の墓へ案内したりと2人で幸せな時を過ごします。

以下、『ラースと、その彼女』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラースと、その彼女』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

街の女性たちはビアンカを病院のボランティアに参加させたり、美容院へ連れていったりと、ひとりの大人の女性として扱い、友人のように接しています。

ガスは一生ラースはあのままなのではないかと不安に思う気持ちが強くなっていきます。

ある日ビアンカが街の女性たちと過ごす時間が増えたことで自分をないがしろにしていると思ったラース。

腹ただしさを表に出したことで、カリンは「皆あなたのことが心配で、あなたを好きだからやっている」と溜まっていた不安と怒りを爆発させます。

ラースは兄に大人になることへの不安な心情を吐露し、ガスもラースの繊細さと孤独な気持ちを知ります。

ラースに思いを寄せ続けている同僚のマーゴは、ある日彼をボーリングに誘います。

彼女はビアンカを連れて歩くラースを見てずっと複雑な気持ちを抱えていました。

しかしマーゴにラースは「ビアンカを裏切れない」と言います。

平気なふりをしつつも傷ついたマーゴですが、2人は握手をしてその場を別れました。

そんなある日、バーマン医師の元を訪れたラースは「ビアンカにプロポーズしたのに、何も言ってくれない」と言います。

翌朝、ビアンカが意識不明になったとうろたえるラース。驚いたガスとカリンは救急車を呼んでビアンカを病院に搬送します。

ビアンカは重症だと聞いてラースはひどく悲しみます。

バーマン医師はこれは全てラースの判断だとガスとカリンに告げ、途方にくれる彼らを納得させます。

退院したビアンカを連れて湖にピクニックに出かけたラース。湖で2人きり、泣きながらビアンカにキスします。

ガスとカリンが駆け付けた時には、ビアンカは亡くなっていました。

街の人々は総出でビアンカの葬式をあげ、墓に埋葬します。ビアンカの墓の前にたたずむラース。

「悲しみは時が癒してくれる」マーゴは隣でラースを見守り、静かに頷きました。

スポンサーリンク

映画『ラースと、その彼女』の感想と評価


(C)2007 KIMMEL DISTRIBUTION,LLC All Rights Reserved

ラースが大人になることを怖がっている理由、彼が人々との交流を避けてきた理由、それはラースとガスのお母さんが彼を産む時に亡くなってしまったことでした。

兄の妻カリンが妊娠したことによりその無意識の恐怖とトラウマが蘇り、ビアンカという“イマジナリーフレンド”を生み出したのです。

本作の大きな魅力の1つは登場人物たちの性格描写です。

ラースのことを心から気にかける優しい義姉、心配から彼に終盤声を荒げるカリン。

弟の頭がおかしくなったとうろたえながらしっかりと向き合い、自分と全く違うラースを理解しようと努めるガス。

「大人になった瞬間を教えて」と聞くラースとガスの会話は胸に迫るものがあります。


(C)2007 KIMMEL DISTRIBUTION,LLC All Rights Reserved

街の人々も大きな愛でラースを包み込みます。ビアンカはラースの心が生んだ“本当は存在しない人間”しかし周りの人々の“愛”という不確かなものを強固にしていくのです。

愛することを失いたくない気持ちから、どこにも去らなければ消えもしない、人形の女性を恋人にしたラース。

しかし実際の人間生活はそうはいきません。人と人は影響し合い、時に傷つけ離れ離れになることもあります。

これからラースは少しずつ恐れずに、他者と関わりながら生きてゆくことができるでしょう。


(C)2007 KIMMEL DISTRIBUTION,LLC All Rights Reserved

まとめ


(C)2007 KIMMEL DISTRIBUTION,LLC All Rights Reserved

皆それぞれ不完全な部分を持っているもの。

それを補い、優しさで支え合いながら共存する温かさを教えてくれるハートフルな映画『ラースと、その彼女』人形でなくても、自分を成長させる“ビアンカ”のような存在は一人一人の中にいるのかもしれません。

彼らの愛が詰まった心の交流が繊細な会話と共に綴られる本作、ぜひご覧になってみてください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

カンヌ国際映画祭2017ソフィアコッポラが本命!発表日程も

1946年にカンヌ国際映画祭の歴史は始まり、2017年で70回目を迎える世界三大映画祭のひとつに挙げられます。 ベルリン国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭と並び、各国の映画関係者が一堂に集まる映画の祭典 …

ヒューマンドラマ映画

映画『八重子のハミング』あらすじとロケ地!実話本のネタバレ感想も

「怒りに限界があっても、優しさには限界がない」…。4度のがん手術を乗り越えつつ、若年性アルツハイマーの妻・八重子との12年の介護した夫婦愛の手記の映画化。 今回は『八重子のハミング』をご紹介します。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』のあらすじとキャスト。山田洋次の作風とは?

山田洋次監督が贈る「家族はつらいよ」シリーズ待望の第三弾、5月25日(金)公開! 3世代の夫婦を描くことで幅広い年齢層から共感を得た『男はつらいよ』に続く山田洋次渾身の「つらいよ」シリーズ。 今回のテ …

ヒューマンドラマ映画

『映画 少年たち』あらすじネタバレと感想。ロケ地の旧奈良監獄でジャニーズJrのメンバーが躍動する日本語ミュージカル作品

初演から50年の伝説的な舞台を遂に映画化。製作総指揮ジャニー喜多川の『映画 少年たち』は、2019年3月29日(金)全国ロードショー! 同題のジャニーズオリジナルミュージカルを「超高速!参勤交代」シリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『響HIBIKI』ネタバレ感想。ラスト結末あらすじに女優の可能性を実感

柳本光晴原作の『響~小説家になる方法~』を『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が映画化。 主演は欅坂46の不動のセンター平手友梨奈が映画初出演にして初主演。 共演に“キミスイ”の北川景子、小栗旬が月岡監 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学