Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/06/01
Update

映画『東京クルド』内容/公開日/上映館。日本で難民申請を続ける青年を5年以上取材したドキュメンタリー

  • Writer :
  • 石井夏子

夢みてしまった。絶望の国で———

日本で生きるふたりのクルド人青年を5年以上取材した、日向史有監督のドキュメンタリー映画『東京クルド』。


(C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC.

映画『東京クルド』が、2021年7月10日(土)より渋谷 シアター・イメージフォーラム、大阪・第七藝術劇場にて緊急公開決定しました。ほか全国順次公開となります。

あわせて、チラシビジュアル、場面写真、日向監督からのメッセージが解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『東京クルド』について

(C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC.

本作で日向監督が追うのは、難民申請を続けるトルコ国籍のクルド人である18歳のオザンと19歳のラマザン。彼らは故郷での迫害を逃れ、小学生のころに日本へやってきました。

2021年5月、入管の収容者に対する非人道的な行為や環境を問題視する世論の高まりを背景に、入管法改正案は事実上、廃案となりました。しかし「難民条約」を批准しながら難民認定率が1%にも満たないという日本の現状に変わりはありません。

5年以上の取材を経て描かれるふたりの若者の青春と「日常」から浮かび上がるのは、救いを求め懸命に生きようとする人びとに対するこの国の差別的な仕打ちです。

かれらの希望を奪っているのは誰か? 救えるのは誰か? スクリーンから問いが投げかけられます。

日向史有監督からのメッセージ

(C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC.

2021年、入管法「改正」案が閣議決定され、審議の末に成立は見送りとなった。しかし、私には、今も日本が難民を排除する方向に向かっているとしか思えない。
この原稿を書いている今、ニュースでは収容中に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさんの続報が伝えられている。だが、なぜ彼女が亡くならねばならなかったのかについては、未だ明らかにされていない。
今回の「改正」案が見送られたからといって、この映画に出演してくれた人たちの置かれている過酷な状況は、何ひとつ変わらない。 今回の映画公開にいたるまでには約5年かかった。少しでも多くの人に、日本で生きるクルド人について知ってもらいたいと思っている。

日向史有監督のプロフィール

(C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC.

本作で監督を務めた日向史有(ひゅうが・ふみあり)は、1980年東京都生まれ。

2006年、ドキュメンタリージャパンに入社。東部紛争下のウクライナで徴兵制度に葛藤する若者たちを追った『銃は取るべきか』(2016・NHK BS1)や、在日シリア人難民の家族を1年間記録した『となりのシリア人』(2016・日本テレビ)を制作。

本作『東京クルド』(2021)の短編版『TOKYO KURDS/東京クルド』(2017・20分)で、Tokyo Docsショートドキュメンタリー・ショーケース(2017)優秀賞、Hot Docsカナダ国際ドキュメンタリー映画祭(2018)の正式招待作品に選出。

また、ドホーク国際映画祭(2018)にて上映、DMZ国際ドキュメンタリー映画祭(2019)コンペティション部門にノミネートされました。

テレビ版『TOKYO KURDS/東京クルド』(2018・テレビ朝日・30分)は、ギャラクシー賞(2018)選奨、ATP賞テレビグランプリ(2018)奨励賞。近作に、『村本大輔はなぜテレビから消えたのか?』(2021・BS12)。

スポンサーリンク

映画『東京クルド』の作品情報

(C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC.

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】

【監督】
日向史有

【撮影】
松村敏行、金沢裕司、鈴木克彦

【編集】
秦岳志

【クルド語翻訳】
チョラク・ワッカス

映画『東京クルド』のあらすじ

(C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC.

故郷での迫害を逃れ、小学生のころに日本へやってきたオザン (18歳)とラマザン(19歳)は、難民申請を続けるトルコ国籍のクルド人。

入管の収容を一旦解除される「仮放免許可書」を持つものの、身分は“不法滞在者”です。いつ収容されるか分からない不安を常に感じながら夢を抱き、将来を思い描くふたり。

しかし、住民票もなく、自由に移動することも、働くこともできません。また社会の無理解によって教育の機会からも遠ざけられています。

(C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC.

東京入管で事件が起きました。長期収容されていたラマザンの叔父メメット(38歳)が極度の体調不良を訴えたんですが、入管は家族らが呼んだ救急車を2度にわたり拒否。

彼が病院に搬送されたのは30時間後のことでした。在留資格を求める声に、ある入管職員が嘲笑混じりに吐き捨てます。「帰ればいいんだよ。他の国行ってよ」と……。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC.

2021年5月、入管法改正案は事実上廃案となったものの、日本にやって来た難民たちが置かれている過酷な状況は何ひとつ変わっていません。

差別的な入管法、1%に満たない難民認定率。それでも青春を生きるふたりの青年の物語を、ぜひ劇場で見届けてください。

映画『東京クルド』は、2021年7月10日(土)より渋谷 シアター・イメージフォーラム、大阪・第七藝術劇場にて緊急公開決定。ほか全国順次公開です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

アンジェイ・ワイダ映画『死の教室』あらすじネタバレと感想【タデウシュ・カントルの舞台記録】

アンジェイ・ワイダ監督の隠れた名作『死の教室』。 2019年開催のポーランド映画祭にて上映された名作のひとつが、巨匠アンジェイ・ワイダ監督の『死の教室』。 ポーランドの前衛演劇家タデウシュ・カントール …

ヒューマンドラマ映画

映画マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴーの新キャストと新楽曲。見どころを大解剖

映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』気になる新キャストは?新曲は?見どころ大解剖! 8月24日(金)より公開される映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』。 大ヒットミュージカル映画『マンマ・ …

ヒューマンドラマ映画

『プリズン・エスケープ』映画考察と評価解説。“木製の鍵”で自由と解放を求めた男たちの驚きの実話を描く

ダニエル・ラドクリフが実在の脱獄囚を演じるポリティカル・スリラー 自由と平等を求めて“木鍵”使って脱獄を企てた男たちの実話 「ハリー・ポッター」シリーズ(2001~11)のダニエル・ラドクリフ主演最新 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ピータールー』あらすじネタバレと感想。マイク・リーは“マンチェスターの悲劇”を通じて現代へと警告する

映画『ピータールー マンチェスターの悲劇』は2019年8月9日より全国順次公開中! 様々な映画賞を受賞し、円熟期にして絶頂期を迎えたマイク・リー監督が監督生命をかけ、5年の歳月をかけて製作した集大成と …

ヒューマンドラマ映画

君はひとりじゃないキャストとあらすじ!映画公開日や試写会情報

父と娘の止まった時間が動き出す〈愛と再生〉の物語…。 第65回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した気鋭の女性監督マウゴシュカ・シュモフスカの初の日本劇場公開となる『君はひとりじゃない』をご紹介します。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学