Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/01/27
Update

ゴーストバスターズ(初代1984)|ネタバレあらすじ結末とラストの感想解説。マシュマロマンとメンバーなどキャラクター原点を解く

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『ゴーストバスターズ』は1984年に公開された大ヒットホラーコメディ。

『ゴーストバスターズ』はニューヨークを舞台に、マシュマロマンなどのゴーストたちに立ち向かう4人組の活躍をコミカルに描いた作品です。

『ロスト・イン・トランスレーション』(2003)のビル・マーレイが、ピーター・ヴェンクマン博士役を茶目っ気たっぷりに演じています。

ゴーストバスターズメンバーには、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、アーニー・ハドソンらが出演。息の合ったコミカルな演技を見せています。ヒロインには、「エイリアン」シリーズのシガニー・ウィーバー。

当時の観客を興奮と笑いに包み込んだゴーストたちの造形や演出など、現代でも十分楽しめる本作。その魅力について、あらすじと共に解説していきます。

スポンサーリンク

映画『ゴーストバスターズ』の作品情報


(C)1984 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
1984年(アメリカ映画)

【監督】
アイヴァン・ライトマン

【キャスト】
ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、シガニー・ウィーバー、リック・モラニス、アニー・ポッツ、アーニー・ハドソン、ウィリアム・アザートン

【作品概要】
『ゴーストバスターズ』は1984年に公開されて大ヒットしたコメディホラー映画。

第57回アカデミー賞視覚効果賞にノミネートされ、レイ・パーカー・Jrによるキャッチーな主題歌も大ブームを巻き起こし、主題歌賞にノミネート。また、第42回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞と、ビル・マーレイが主演男優賞にノミネートされています。

その後、キャスト続投による続編『ゴーストバスターズ2』(1989)、メインキャストが女性となった『ゴーストバスターズ(2016)』が公開されました。

そしてシリーズ初代の監督アイヴァン・ライトマンの息子ジェイソン・ライトマンによる『ゴーストバスターズ アフターライフ』が2022年2月4日(金)に公開予定。

映画のモチーフとして人気を呼んだ「No Ghost」マークですが、日本版は実際の道路交通標識に合わせて、左右反転で斜線が右下がりとなっています。

映画『ゴーストバスターズ』ネタバレあらすじ


(C)1984 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

大学で超常現象現象を研究している博士のピーター(ビル・マーレイ)、レイモンド(ダン・エイクロイド)、エゴン・スペングラー(ハロルド・ライミス)は超常現象が目撃された図書館へとやってきました。

図書館は本が散乱し、謎の粘液が引き出しにべったりと着いていました。奥へ進むと老婆のゴーストが宙に浮いていました。

捕まえようととびかかると、その老婆は骸骨に姿を変えて飛び掛かってきました。驚いて逃げ出す3人。

研究大学に戻った3人は、学部長から研究が役に立たないので研究予算を打ち切られてしまいました。

3人だけでゴーストを捕まえる設備をを整えようと物件を借ります。ゴースト退治を請け負うゴーストバスターズと名乗ってテレビコマーシャルに出た3人。

ディナ(シガニー・ウィーバー)が買い物を終えて家に帰ると卵が勝手に割れ、冷蔵庫の中に悪魔のようなゴーストが現れました。

2日後、ゴーストバスターズの元に訪れたディナ。事情を聞くピーター達。ピーターは美女に目がないのですっかり張り切ります。

ディナと一緒に家に様子を見に行ったピーター。ディナは冷蔵庫のなかに広い空間があり、怪獣がズールと鳴いていたと必死に主張しますが、冷蔵庫の中に以上はありませんでした。

ピーターは必死にディナを口説こうとしますが、あきれて帰らされます。

ピーターらが夕食を食べていると、秘書のもとにゴースト退治の依頼の電話がかかってきます。ホテルからのゴースト退治の依頼を受け、作業着に着替えてマシンを背負って向かいました。

ゴーストがいると言われているフロアに入る3人。ゴースト探知機が反応を示しています。

三方に分かれて捜索していると、レイモンドがホテルの料理を食べ散らかしていた緑色のゴーストを見つけます。

すぐにゴースト用の銃を放ちますが、逃げられてしまいました。

3人がかりでどうにかゴーストを捕まえ、ホテルから報酬5000ドルを貰ったゴーストバスターズ。

その一件を境に彼らは一躍有名になり、ゴースト退治の依頼が絶えなくなりました。

ディナの元へ会いに行ったピーター。ディナの冷蔵庫に現れたのはズールという悪魔だと説明します。木曜の夜にディナーの約束を取り付けました。

ウィンストン(アーニー・ハドソン)がゴーストバスターズに志願しに来ました。大忙しの3人は喜んで雇います。

環境保護局の第3支局部長のウォルターがゴーストバスターズに会いにやってきます。捕らえたゴーストの貯蔵庫を見たいと言います。ピーターは追い返しました。

貯蔵庫は満杯なのにもかかわらず、凄まじく強大な心霊エネルギーがニューヨークにやってきます。

ディナのマンションに怪獣が現れて、ディナが連れ去られてしまいます。怪獣は街へ飛び出し、町中は大混乱。

ディナの部屋を訪れたピーター。彼女の様子はいつもと違いました。ズールに憑りつかれていました。

ディナと同じマンションに住んでいたルイスもズールに憑りつかれていました。ゴーザがやってくる準備をしているのだと話します。

環境保護局のウォルターが電源を切るようにと命令に来ます。貯蔵庫の電源を切ると危険だとピーターらは忠告しますが彼らは聞きません。そして、電源を切ってしまいました。

捕まえていたゴーストたちが一斉に逃げ出します。ゴーストたちが町中に解き放たれパニック状態になります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ゴーストバスターズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ゴーストバスターズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1984 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

それを合図とし、鍵の神が乗り移ったルイスと門の神が乗り移ったディナが出会います。

ゴーストたちを引き寄せるためにゴーザ崇拝者のイヴォ・シャンドアが設計したビルが、ディナたちの住むマンションだったのでした。

騒動の渦中にいたため警察に捕まっていたピーターたちでしたが、危機が迫っていると市長を説得してゴーストバスターズは作戦を開始します。

例のマンションの前は道路が陥落し、ピーターらも割れ目に落ちますが命に別状はなく、ニューヨーク市民から歓声を受けながらマンションに入っていきます。

ディナとルイスが雷に打たれて怪獣に変身してしまいました。ゴーザが現れます。レイモンドがゴーザに異世界へ戻るように話しかけますが、ビームを打たれてしまいました。

4人で捕獲ビームを撃ってゴーザを仕留めようとしますが避けられます。

自分たちの頭に浮かべたものに姿を変えて、破壊者としてやってくると話すゴーザ。ピーターらは何も考えまいとしましたが、突如巨大なマシュマロマンが現れます。

レイモンドがとっさに、マシュマロマンを思い浮かべてしまったのでした。マシュマロマンに向けて捕獲ビームを撃つゴーストバスターズですが、全く効きません。

ビームを交差することで原子の流れを逆転させることができるはずだとエゴンが言い、全員でビームを交差して撃ちました。

すると見事マシュマロマンは溶けて破壊されました。怪獣に姿を変えられていたディナやルイスも無事助かりました。

ニューヨーク市民にあたたかく見守られ、歓声を浴びながらゴーストバスターズはマンションを後にしました。

スポンサーリンク

映画『ゴーストバスターズ』の感想と評価


(C)1984 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

1980年代の最大のヒット作といわれる『ゴーストバスターズ』は、コメディとホラーそしてアクションという異色のジャンル映画として世界的ブームを巻き起こした作品です。

そのテンポの良さと、「ゴーストをビームで退治する」というシンプルながらも斬新な面白さが子どもから大人まで幅広く人気を集めた要因だと言えるでしょう。

ビル・マーレイをはじめとした出演者たちの個性豊かなキャラクターたちによるコミカルなやりとりは、今観てもとても魅力的。

台本通りに撮影されたシーンはほどんどなく、特にビル・マーレイのセリフはほぼアドリブなのだそうです。また、当時の技術と予算を駆使して撮影された超常現象シーンがとても印象深いです。

例を挙げるなら図書館の本が浮かび上がるシーン。これは実際に糸で本を吊って撮影され、飛び出すカードはスタッフが息を吹きかけて撮影されています。

また、道路が陥落するシーンは迫力満点です。当時の観客を驚かせた演出は、今見ると手作り感や生っぽさを映画の味わいとして楽しむことができるのではないでしょうか。

そして、『ゴーストバスターズ』といえば、思い出すのはやはり巨大マシュマロマンでしょう。身長約34メートルの巨大マシュマロマンの登場には、思わず笑顔になります。

頭に思い浮かべたものに変身すると言ったゴーザ(悪魔)に対して、レイモンドが「なるべく有害でないものを…」と思い浮かべたのがマシュマロマンでした。

赤ん坊のような丸いフォルムと可愛い笑顔のマシュマロマンが街を練り歩く姿は、何とも言えない迫力と可笑しみです。ビームを食らって顔をしかめるマシュマロマンの表情も必見。

ニューヨークにやってくる大きな生き物というとキングコングが代表的ですが、まさかマシュマロマンが街を危険にさらすなんて到底考えつかない発想ではないでしょうか。

ライトマン監督は200人の観客によるテスト上映の場で、マシュマロマンの登場に笑いと悲鳴が同時に上がったことで、この映画の成功を確信したのだそうです。

得体のしれない怖さと可笑しさ、そして愛らしさの絶妙なバランスを見せたといえるでしょう。

まとめ


(C)2021 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

なぜ『ゴーストバスターズ』は時代を超えて愛されるのか。

それは、コメディとゴーストという正反対の要素を見事に融合させたことと、親しみを持てる登場人物がヒーローとして活躍するという爽快感が多くの人を惹き付けるからではないでしょうか。

映画冒頭では、図書館にある薄暗い地下書庫で正体不明のゴーストから老婆が襲われるシークエンスにより、鑑賞者の好奇心と緊張感をあおります。

次に主要となるキャラクターを初めて登場させるシークエンスでは、主人公演じるビル・マーレイが、若い女性をイカサマな透視術を用いて口説こうとする芝居に笑わせられます。

しっかりと出だしから観客の心を「緊張と緩和の対比」で掴むことで、クライマックスに向かって臨場感たっぷりに描かれるニューヨークでのゴーストバスターズの活躍に心が躍ります。

2022年2月4日(金)には、『ゴーストバスターズ アフターライフ』が公開されますが、その前に“元祖”を鑑賞してみてはいかがでしょうか







関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『WAVES/ウェイブス』ネタバレ感想と考察解説。音楽31の名曲で展開するケルヴィン・ハリソン・Jr演じる若者の家族の再生物語

映画『WAVES/ウェイブス』は2020年7月10日(金)よりTOHOシネマ新宿ほかにて全国でロードショー! 2019年のトロント映画祭で、同映画祭始まって以来、最長のスタンディングオベーションを浴び …

ヒューマンドラマ映画

映画『セラヴィ!』あらすじとキャスト。“最強のふたり”の監督が描く感動作とは

映画『セラヴィ!』は、7月6日(金)より、渋谷・シネクイントほか全国ロードショー! 映画『最強のふたり』でタッグを組んだエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュのダブル監督のフランス映画『セラヴィ!』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハンターズ 北欧伝説の秘宝を追え!』あらすじとキャスト。DVD発売日は

映画『ハンターズ 北欧伝説の秘宝を追え!』は、2018年2月2日(金)より、DVD発売とレンタルリリース開始。 どんな病も治すパワーがあるとされる伝説の首飾り。それは国王の棺と財宝とともに海底に沈んだ …

ヒューマンドラマ映画

映画『おろかもの』キャスト。南久松真奈は担任教師・吉岡秀子を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

ヒューマンドラマ映画

映画『沈黙サイレンス』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説【マーティンスコセッシ代表作は信仰の意味を現代に問う】

遠藤周作の小説『沈黙』を『ディパーテッド』『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシ監督が映画化。 マーティン・スコセッシ監督が1988年に原作を読んで以来、28年をかけて念願の映画『沈黙-サイレ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学