Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/08/23
Update

映画『レインマン』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。タイトルの意味と泣ける演技力を実話解説で読み解く

  • Writer :
  • からさわゆみこ

孤独だった父、兄、弟の心の絆が繋がるロードムービー

今回はアカデミー作品賞、ダスティン・ホフマンがアカデミー主演男優賞を受賞した、不朽の名作『レインマン』(1988)をご紹介します。

「幼い頃、雨の日に怖くなると、“レインマン”が来て歌ってくれた…」ボクは彼が遊んでくれる時がとても楽しい時間だった。

“レインマン”は幼い頃の心にいた、空想の友達?なぜ、ボクのところにこなくなったのか?この旅はそれを教えてくれた。

高級外車ディーラーのチャーリーは、大口の取引に失敗しそうなピンチにあります。そこに絶縁状態の父が逝去したと連絡が入り、帰省し遺産に関する遺言を聞きます。

ところが、遺産の300万ドルの相続人は、それまで存在を知らされていなかった、自閉症の兄レイモンドのものでした。チャーリーは遺産の半分を要求するため、兄を病院から連れ出しロスへと向います。

スポンサーリンク

映画『レインマン』の作品情報

(C)1988 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.

【公開】
1988年(アメリカ映画)

【監督】
バリー・レビンソン

【原作/脚本】
バリー・モロー

【原題】
Rain Man

【キャスト】
ダスティン・ホフマン、トム・クルーズ、ヴァレリア・ゴリノ、ジェリー・モーレン、ラルフ・シーモア、ジャック・マードック、ルシンダ・ジェニー、マイケル・D・ロバーツ、ボニー・ハント、バリー・レヴィンソン

【作品概要】
『卒業』(1967)で主人公を演じ瞬く間にスターダムへ登り、『クレイマー、クレイマー』(1979)でアカデミー主演男優賞した、ダスティン・ホフマンが“サヴァン症候群”を患っている主人公レイモンドを演じます。

また、そのレイモンドの弟チャーリーには、『トップガン』で爆発的な人気を得て、『7月4日に生まれて』(1989)で、初のアカデミー主演男優賞を受賞、代表作「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズが好演。

ウィザード・オブ・ライズ』(2021)のバリー・レビンソン監督が、ラストシーンでレイモンドの問診をする、マーストン医師役で出演しています。

映画『レインマン』のあらすじとネタバレ

(C)1988 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.

高級スポーツカーを扱うディーラーのチャーリー・バビットは、4台のランボルギーニの入管手続きをしますが、環境保護局から納車までに、審査が終わらないと連絡が入ります。

4台とも買い手は決まっていて、手付金も受け取っています。納車の期限を何度か延ばしていたため、ユーザーからはキャンセルの電話が入り、ランボルギーニを仕入れるための借入返済も迫っていました。

社員のレニーは顧客のクレーム対応をしています。チャーリーは嘘の対応をさせて、一旦、混乱を収拾させると彼に仕事を任せ、社員兼恋人のスザンナと週末を過ごすため、パーム・スプリングスへ出発します。

ところが道中、レニーから電話が入り、父のサンフォード・バビットが逝去したという報告を受けます。

チャーリーは父とケンカ別れをして、絶縁状態のまま疎遠になっていました。彼が2歳の時に母親を亡くして以来、2人で暮らしてきましたが、厳格な父親とは良い親子関係が築けませんでした。

そんな父の死はチャーリーにとって、悲しいとか淋しいという感情がわきません。スザンナに葬儀に参列するのか聞かれても、そっけない態度で相槌を打つだけでした。

葬儀に参列するといっても、チャーリーは喪服を着るわけでもなく、少し離れた木陰で終わるのを見ているだけです。

葬儀にはサンフォードの弁護士も参列し、チャーリーは父の遺言状を確認するため、生家へ来るよう言われます。

チャーリーが16歳の時、成績で“オールA”をとります。彼はその褒美として父の愛車、1949年製ビュイック・ロードマスターを運転させてほしいとせがみます。ところが父はそれを許しませんでした。

あろうことかチャーリーは、黙ってキーを持ち出し、友人らとビュイックでドライブに出かけてしまいます。

しかし、父は警察に車の盗難届を出したため、チャーリーは2日間警察に拘留されてしまいます。そのことがきっかけでチャーリーは家を出、それ以降は音信を断ってしまいました。

スザンナに亡くなった父親のことを話しているうちに、チャーリーは幼い頃の記憶を思い出します。「怖いことがあると、“レインマン”が来て歌を歌ってくれた」そして、チャーリーは“レインマン”を子供の空想の中の友達だと言います。

弁護士のムーニーが屋敷に来て、遺言状の前に彼に宛てた手紙を読み上げます。そこには母親を知らないチャーリーの頑なな心を理解し、父親を拒んだことを許し、息子のいない人生を与えたが、幸せな一生を祈るというものです。

そして、遺言状です。父がチャーリーに残された遺産は、親子関係を終わらせるきっかけとなった、1949年製のビュイック・ロードマスターと、数々の品評会で優勝したバラの木だけでした。

およそ300万ドル相当のそれ以外の遺産は、遺言状に書かれた受取人のために、信託銀行に預けられると言います。弁護士は受取人のことなど詳細は開示できないと言い、チャーリーは落胆します。

諦めのつかないチャーリーは、信託銀行へ行き受取人が誰なのか調べ始めます。そこでわかったことは財産を管理する管財人が、ブルーナーという医師ということです。

彼はブルーナに会うため病院に行き、遺産の相続人を聞きますが、ブルーナーは教えません。サンフォード・バビットのことは、チャーリーが2歳の時から知っていて恩義があるから、管財人を引き受けたと話します。

チャーリーは出るところに出る覚悟はあると帰ろうとしますが、ビュイックの運転席に妙な男が座っていて、降りるよう言いますが、男はこの車を運転したことがあると言います。

さらに「シートは茶色の革だったのに、赤に変わってる」と、チャーリーにしか知り得ないことを言い、年式や生産台数まで知っていました。

更に男は「パパが土曜日なら運転していい」と言ったため、名前を聞くと“サンフォード・バビット”と答え、母の名前を聞くと“エレノア・バビット”そして、亡くなった日も知っていました。

そこにブルーナーが現れると、彼はチャーリーの兄だと教えます。チャーリーは兄の存在を知らされておらず驚きます。

ブルーナーは兄の名前は“レイモンド”で、“自閉症”という先天的な病気があると教えます。チャーリーが詳しく尋ねると、知能指数は極めて高いが、感情のコントロール機能に障害があると教えます。

そんなレイモンドは一定の習慣的行為で暮すことが必要で、そのパターンから外れると、不安になりパニックを起こすと説明しました。また、300万ドルの遺産が入っても、お金の概念もないとも……。

チャーリーはレイモンドの部屋で、彼の私物を触りレイモンドを神経質にさせます。彼は極度の不安感があると、アメリカのコメディアン、アボット&コステロの「一塁は誰だ」というギャグを繰り返ししゃべります。

介助士のバーンはレイモンドに“親友”だと言いますが、9年担当していても身体に触れることを嫌がり、彼には人への興味もなく、明日自分がいなくなっても気にしないと言います。

チャーリーにはある思惑が浮かび、散歩に連れ出します。そして、レイモンドの好きな野球の話しを持ち出して、ロサンゼルスでドジャースの試合を一緒に観ようと誘います。

レイモンドは外出時間は2時間までだと教えますが、チャーリーは構わずにレイモンドのリュックサックを持つと、病院に黙って彼を連れ出してしまいます。

以下、『レインマン』ネタバレ・結末の記載がございます。『レインマン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)1988 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.

3人は宿泊先に到着しますが、前途多難です。財産分与に納得していないチャーリーは、遺産の半分を自分のものにするため、レイモンドを切り札に半ば誘拐しました。

兄がいたことに顔色一つ変えず、喜ぶわけでもなく、むしろ馬鹿にしているチャーリーに、スザンヌは病院に黙って連れ出したこと、お金のために自分やレイモンドを利用していると憤慨し、彼女はホテルを出て行きます。

翌朝、近くのダイナーで朝食をとったチャーリーは、レイモンドの特殊能力を目の当たりにします。ウエイトレスの名札を見て、ホテルの電話帳に載っていた電話番号をいい当てるのです。

本の代わりに与えた電話帳のA~Gの半分まで覚えたと、レイモンドは言います。また、不注意で落とした楊枝の本数も、一瞬で覚えてしまいます。

チャーリーはブルーナーに電話をし、財産分与について法廷で戦うと訴えます。ブルーナーはレイモンドのことを考えて、病院での生活に戻すよう説得しますが、チャーリーは忠告を聞かずレイモンドと出発します。

空港でラリーに電話をすると、ランボルギーニの納車もできず、借金の返済期限も過ぎ最悪な状況になっていました。

チャーリーは飛行機で3時間後にはロサンゼルスに帰り、なんとかしようとしますが、飛行機に乗ることがわかるとレイモンドは、歴代の飛行機事故の例を挙げて拒否をします。

チャーリーが「安全だ」と説得しても無駄で、無理やり連れて行こうと身体に触れると、レイモンドはパニックを起こし奇声をあげます。

仕方なくチャーリーはハイウェイを使い、ビュイックで戻ることにします。ところが途中で大規模の事故に遭遇し、危険だと察知したレイモンドは、車を降りて歩きだしてしまい、結局、チャーリーは一般道で、ロサンゼルスまで帰ることになってしまいます。

国道66号線のモーテルを宿にしますが、翌日からしばらく天気は雨模様です。レイモンドのルールでは“雨の日には出かけない”となっていて、ここでしばらく足止めをされてしまいます。

しかし、債権者には父の死で身辺整理と家族の世話ができたと、言い訳ができなんとかピンチを切り抜けます。弁護士とも連絡がつき、親権関する審問会の準備を進めます。

天気が回復しようやく出発したチャーリーでしたが、レイモンドの“こだわり”に苛立ちがピークになってきます。

チャーリーは最寄りの街で、レイモンドを医者に見せると、医師は数ケタの演算をレイモンドに試します。

答えを数字で答えるものの全て正解しますが、買い物をした時のお釣りの計算はできず、物に値段がついているという概念がありませんでした。

そして、次の宿でチャーリーは、レイモンドと離れ離れになった経緯を知ります。歯磨き中のレイモンドになぜ、難しい計算ができるようになったか聞きます。

歯磨きをやめようとしないレイモンドにコップの水を渡すと、彼はニヤニヤと笑っています。

チャーリーは「何がおかしい?」と聞くと「レインマンおかしい」とレイモンドは答えます。

チャーリーが幼少のころに、唄を歌ってくれていたのはレイモンドでした。幼くて“レイモンド”と言えず、“レインマン”と呼んでいたのです。

レイモンドが2人で写る写真をチャーリーに見せます。そして、病院へ行った日とその日の天気まで詳細に覚えています。レイモンドが病院に行く日、チャーリーは窓辺で「バイバイ、レインマン」と、手を振ったと話します。

チャーリーが自分に唄ってくれた歌を覚えているか聞くと、レイモンドは口ずさみます。チャーリーの記憶にもその歌が蘇り、一緒に唄いました。

チャーリーが浴槽に湯を張るため蛇口をひねると、突然レイモンドがパニックになり、「熱湯!ダメ!ベビーがやけどを!」と、叫びます。チャーリーはあわててなだめて落ち着かせます。

レイモンドは「チャーリーにケガをさすな……」と、何度もつぶやき始めます。

その言葉を聞いて、レイモンドは一緒に暮らしていましたが、母の死後、彼の不注意でチャーリーがケガをしそうになり、やむを得ず施設に入所させられたのだと、理解し始めます。

一方、ラリーから借金の形にランボルギーニが差し押さえられ、ユーザーからは手付金の返金など、8万ドル必要で支払えないと倒産してしまうと報告されます。

(C)1988 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.

ドライブインで食事をしている時、レイモンドはジュークボックスの番号と曲名を覚え、チャーリーはその才能をトランプを使って試します。

そして、彼はカードゲームのルールと合図をざっくり教えます。つまり、次の街ラスベガスで、レイモンドの才能を使い、カジノで一儲けしようと考えました。

チャーリーは時計を質に入れ、おそろいのスーツをあつらえると、2人でカジノのブラックジャックに挑戦します。レイモンドに手札4枚の組合せを記憶させ、勝てそうな手の時にチップを多く賭けます。

その思惑は当たり2人は勝ち進み、周辺には人だかりができます。カジノの支配人も彼らに不正があるのではと、カメラをチェックしますが怪しいところは見つかりません。

結局、チャーリーとレイモンドは8万6000ドルを儲け、バーで祝杯をあげます。チャーリーが中座したとき、レイモンドは正面に座っている女性のネックレスをジッとみつめてしまうと、彼女はレイモンドに声をかけます。

彼女はアイリスと名乗り「お相手探し」か尋ねます。レイモンドは“わからない”と答えますが、彼女は「お話しして知り合いましょうよ」と言います。

そこにチャーリーは戻りますが、レイモンドは意外にも彼女と“知り合い”になりたいと望みます。

チャーリーはしばらく2人きりにします。アイリスが何していたか聞くと、レイモンドは「カードを数えていた」と答えます。

ところがレイモンドが同じことしか言わないため、アイリスは呆れて帰ってしまいます。レイモンドはデートができると信じて、待ち合わせの時間を聞きます。彼女は10時だと答えて行ってしまいます。

部屋へ行ってもレイモンドは、アイリスとの約束を楽しみにします。チャーリーがうっかり「デートでダンスでも踊るか?」と聞いてしまい、その気になったレイモンドは、チャーリーからダンスの仕方を教わります。

チャーリーはバカバカしく思いながらも、2人で過ごす時間を楽しんでいました。そして、絆を感じたチャーリーは、レイモンドをハグしようとします。

ところが状況をつかめないレイモンドは、彼を拒絶してしまい、チャーリーは少しショックをうけます。そこにスザンヌが部屋を訪ねてきて救われます。

レイモンドはデートの時間が来たと2人に言い、バーへと向いました。しかし、途中でチャーリーはスタッフに呼び止められ、警備のケルソに会うよう促されます。

支配人はビデオ判定をした結果、周辺のカジノではゲームができないことを告げ、このままラスベガスを出て行くのが身のためだと、半分脅されてしまいました。

レイモンドもデートの約束を破られてしまいます。部屋に戻るエレベーターの中でスザンヌは、彼のピュアさに心を打たれ、ポータブルテレビから流れる音楽に合わせ一緒に踊り、レイモンドにキスの仕方を教えました。

翌朝、チャーリーはホテルのドライブウェイで、レイモンドにビュイックを運転させます。レイモンドは得意げに運転し、チャーリーもスザンヌも彼の運転に笑顔で楽しみます。

6日間かけてようやくロサンゼルスに帰りました。チャーリーの家に着くとレイモンドは、「一塁は誰だ」を連呼し始めます。

チャーリーはそのギャグをどこで知ったのか聞くと、父からもらった本だと言い、チャーリーはビデオで“アボット&コステロ”を見せ、ギャグの意味を教えます。

そこにブルーナー医師から電話が入り、審問会の前に話し合いたいと申し出があります。審問会には、精神科医のマーストン医師がレイモンドを診断し、彼の意見が判断材料になると告げます。

チャーリーは父親が相続人から、自分の名を外した理由も理解し、遺産のことはどうでもよく、ただ、兄の存在を隠されていたことだけが疑問で、レイモンドと一緒にいることに意味を見出そうとしました。

ブルーナーはチャーリーに25万ドルの小切手を渡し、レイモンドのことから手を引くよう言いますが、チャーリーは小切手を返します。

翌朝、チャーリーが起きて来る前に、レイモンドは冷凍食品を調理しようと、電気グリルの電源を入れますが、使いこなせず小火を出して、煙感知器が作動して警報が鳴ります。

チャーリーは飛び起き警報機を壊して音を消しますが、レイモンドはパニックに陥り、耳をふさぎながら、玄関に向かい“ぼくの親友、バーン”と、施設の介助担当の名前を呼びます。

審問会でマーストン医師は、レイモンドを診断しようとしますが、チャーリーの方が興奮気味に、マーストンにつっかかります。

マーストン医師はそんなチャーリーのことを、“責めているわけではない”となだめ、レイモンドの意思確認をしようと、質問を投げかけます。

「チャーリーと一緒にいたいのか」と「病院に帰りたいか」です。レイモンドは初めどちらの問いにも「あぁ」と答えますが、途中から「病院に帰って、チャーリーと一緒にいる」と答えます。

マーストンがどちらかしか選べないと言っても、答えは同じでした。いたたまれない気持ちになったチャーリーは質問を制止します。

マーストンとブルーナーが意見交換しに中座すると、チャーリーはレイモンドと一緒に旅した6日間で、心が通じ合ったと感じたことは本当で「兄を持ててよかった」と言います。

レイモンドはそんなチャーリーのおでこに、自分から額をくっつけます。その時間こそが兄弟の心が通じたという証でした。

そして、チャーリーが立ち上がり窓の外に目をやると、「C・H・A・R・L・I・E、チャーリーはボクの親友」とレイモンドはつぶやきます。

レイモンドはブルーナーと一緒にシンシナティの施設へ帰ります。チャーリーにあつらえてもらったスーツは、お気に入りになりました。そしてディバックには“アボット&コステロ”のビデオもあります。

チャーリーは2週間後に会いに行くと、レイモンドに何時間か聞きます。レイモンドは時間と分数も迷わず答えます。

レイモンドの表情は相変わらずですが、チャーリーの顔には安堵や肉親を得た喜び、兄との別離に寂しさがあふれます。

スポンサーリンク

映画『レインマン』の感想と評価

(C)1988 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.

レインマンは実在の人物がモデル

ダスティン・ホフマンが演じた“レイモンド・バビッド”にはモデルとなった実在の人物がいました。

先天性脳障害として誕生したキム・ピーク氏(享年58歳)です。キム・ピーク氏は“サヴァン症候群”という特殊能力を持っていました。

サヴァン症候群の能力には様々な特徴がありますが、キム氏はレイモンドが電話帳を一晩で覚えたように、9000冊以上の書籍の内容を記憶しました。彼には“直感像”による記憶能力もあり、カメラのように画像化して記憶をしていました。

ウエイトレスの名前から住所と電話番号が言えたのも、記憶した映像を元に引き出せたのでしょう。床に落ちた爪楊枝の数を瞬時に言えたシーンは、キム・ピークの実際にあったエピソードが、そのまま映画に採用されました。

そして、作中でレイモンドがカメラで写真を撮るシーンがあります。その写真がエンドロールの中で流れてきますが、それはレイモンドの“記憶術”を映像化したのではないでしょうか?

原作者のバリー・モローは、キム・ピーク氏の取材から、インスピレーションを受けました。そして他のサヴァン症候群の特徴なども脚色し、レイモンド像が完成しました。

また、そのレイモンド役を演じるにあたり、ダスティン・ホフマンもキム氏と何度も面会し、役作りに励んだというエピソードがあり結果、主演男優賞を受賞します。

「Main man」なれる日までの旅

サンフォード・ダビッドは自分が死の淵にいる時、何を思ったでしょう? 施設にいるレイモンドのことは、遺産を残せば何とかなっても、20年間音沙汰のないチャーリーが兄の存在を知った場合を想定したら、それは悩みの種ともいえます。

チャーリーに残された“1949年型ビュイック・ロードマスター”は、親子の縁が切れた因縁の車ですが、兄の存在を知る鍵ともなりました。

レイモンドにずば抜けた記憶力があったおかげで、兄弟を引き合わせることができ、ビュイックには切れた兄弟の縁を取り戻す役割もあったということです。

父はいつかチャーリーのことを話さねばと思ったはずです。単に愛情だけを注ぐだけでなく、障害のある兄とどう向き合っていくか、厳しく育てたのかもしれません。

しかし、チャーリーは家を出て行き、音信不通になり手だてがなくなりました。父はビュイックに乗って、レイモンドを探し出すことに賭けたとも思えます。

兄弟の旅は雨の日には出かけない……雨の日にはレインマンがやってきて唄を歌ってくれる。そして、兄の記憶から施設へ行ったきっかけ、全てが旅の中で解明されました。

チャーリーはこの旅を通じ、レイモンドとの絆を感じますが、彼の病は感情的な部分の回復は見込めません。

それでもこの旅はレイモンドに、弟の存在を思い出させ、閉鎖的で同じルーティーンの中でしか暮らしてこなかった、彼の記憶は上書きされていきました。

レイモンドがカメラで写真を撮るシーンがありました。その写真がエンドロールで流れます。これはレイモンドが見た病院以外の世界であり、チャーリーと兄弟の絆ができる旅の証で、レイモンドの記憶そのものです。

「C・H・A・R・L・I・Eは“Main man”」と言って、レイモンドがチャーリーのおでこに、自分のおでこをつけたシーンが、絆を示す象徴的なシーンとなりました。

まとめ

映画『レインマン』は6日間3,755kmの旅で、弟の意識を急速に変え、兄に弟との絆を育む姿を描きました。20年間の空白を6日間で埋めることはできませんが、旅は追憶の時間と新たな生き方を兄弟に与えます。

ビュイック・ロードマスターは兄弟の父となり、2人を乗せて兄弟の絆を育みました。時々面会に行った父は亡くなりましたが、今度はチャーリーが訪れ、施設の中でレイモンドはビュイックを運転するはずです。

ビュイック・ロードマスターのトランスミッション商標「Dynaflow」のロゴが最後に出たのは、2つのギアがかみ合ってはじめて起動する、未来の兄弟の関係を示したのでしょう。そして、この作品自体が脚本と演出、演技が絶妙にかみ合った名作ともいえます。

さらに、当時あまり知られていなかった、“サヴァン症候群”を広く認知させた秀逸作でもありました。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

ホン・サンス映画『夜の海辺でひとり』あらすじとキャスト。上映館情報も

ホン・サンス監督の映画『夜の海辺でひとり』は、6月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次ロードショー。 プライベートと映画の設定がリンクする?!これ …

ヒューマンドラマ映画

『モーリタニアン/黒塗りの記録』感想解説と考察評価。実話をもとに政府の隠ぺいした事実に挑む弁護士

映画『モーリタニアン/黒塗りの記録』は、2021年10月29日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開! 2001年9月11日に起きた、アメリカ同時多発テロ。 このテロの首謀者とされ、不当拘 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブギーナイツ』ネタバレ感想とあらすじ。ポルノ産業の裏側解説と共に人々の心の葛藤を描く

バート・レイノルズが復活を遂げた映画 80年代以降低迷の時期を迎え、かつての大スターの凋落を揶揄するように、ラズベリー賞のノミネートと受賞を繰り返していたバート・レイノルズ。 その彼が再評価されるきっ …

ヒューマンドラマ映画

『ニューシネマパラダイス』動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品『ニュー・シネマ・パラダイス』の日本公開は、イタリアから遅れること翌年1989年12月16日に、東京のミニシアターのシネスイッチ銀座でした。 史上空前の40週間ロングラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』感想評価と考察レビュー。原作「デイヴィッド・コパフィールド」から作家のユーモラス人生を描く

2021年1月22日(金)映画『どん底作家の人生に幸あれ!』がTOHOシネマズシャンテ、シネマカリテほか全国順次公開されます。 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』の原作は、2020年が没後150年にあ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学