Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/06/23
Update

映画『ウィザード・オブ・ライズ』ネタバレ感想と結末あらすじの評価解説。“嘘の天才~史上最大の金融詐欺”の見どころとは⁉︎

  • Writer :
  • 秋國まゆ

幸せな家族を崩壊させた史上最大の金融詐欺事件を描いた社会派サスペンス

バリー・レビンソンが監督を務め、名優ロバート・デ・ニーロとタッグを組んで2017年に製作した、アメリカの社会派サスペンス映画『嘘の天才~史上最大の金融詐欺~ウィザード・オブ・ライズ』。

数十年にわたって顧客たちを騙し、虚偽の取引を続けて破綻させた、証券投資会社の会長の姿とは、具体的にどんな内容なのでしょうか。

史上最大規模の巨額詐欺事件を起こしたウォール街の実業家、バーナード・マドフの実話をもとに描かれた、彼と彼の家族を混乱の渦に巻き込んでいく社会派サスペンス映画、『嘘の天才~史上最大の金融詐欺~ウィザード・オブ・ライズ』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『嘘の天才~史上最大の金融詐欺~ウィザード・オブ・ライズ』の作品情報


2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【脚本】
サム・レビンソン、ジョン・バーナム・シュワルツ、サミュエル・ボーム

【監督】
バリー・レビンソン

【キャスト】
ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、ハンク・アザリア、キャスリン・ナルドゥッチ、アレッサンドロ・ニボラ、ネイサン・ダロウ、クリステン・コノリー、リリー・レーブ

【作品概要】
『レインマン』(1989)のバリー・レビンソンが監督を務めた、アメリカの社会派サスペンス作品です。

2008年に、史上最大規模の巨額詐欺事件を起こしたウォール街の実業家、バーナード・マドフの実話をもとに描かれています。

『ゴッドファーザーPARTII』(1975)や『レイジング・ブル』(1980)、『マイ・インターン』(2015)、『ジョーカー』(2019)などに出演した名優、ロバート・デ・ニーロが主演を務めています。


映画『嘘の天才~史上最大の金融詐欺~ウィザード・オブ・ライズ』のあらすじとネタバレ


2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

2010年8月24日。ニューヨーク・タイムズ紙の記者ダイアナ・ヘンリケスは、被害総額約650億ドルと、史上最大の金融詐欺事件を起こした犯人、バーナード・L・マドフに独占インタビューを行いました。

時を遡ること2008年12月10日、アメリカ・ニューヨーク市。ウォール街の証券投資会社「バーナード・L・マドフ証券」の会長であるバーナードは、家族にだけある秘密を告白しました。

それは、今まで16年間、多くの富豪や投資家を相手に、大掛かりな投資顧問業の詐欺を働いたということでした。

19階にある株式取引部門で働く、バーナードの息子マックスとアンドリュー、バーナードの妻のルース、法令順守部門の責任者でバーナードの弟ピーターは耳を疑いました。

投資顧問業の部署がある17階は、バーナードと忠実な部下フランク・ディパスカリ、限られた社員しか出入りできません。

そのためマックスたちは、いつも疑問に思っていた投資顧問業が、まさか書類が全て偽造されたもので、取引も何もかもでっちあげの嘘だとは思いもしませんでした。

バーナードは、ナスダックを創設し近代市場を作り出した開拓者として、業界の誰もが崇拝するほどとても有名でした。

だからこそ、マックスたち息子や、バーナードを信頼して貯蓄や財産を預けていた投資家や富豪たちは大激怒。

マックスとアンドリューは、マックスの養父で有能な弁護士マーティン・ロンドンに相談し、専門家のマーティン・フルメンバウムを紹介してもらいます。

マックスたちは、フルメンバウムから「バーナードが家族や従業員に、詐欺で手に入れた利益を分配する気なら、今も犯罪は進行している。君たちも共犯になるんだ」と指摘され、すぐさまバーナードをFBIに通報。

2008年12月11日の朝、自宅にいたバーナードは、FBI捜査官2人によって逮捕されました。FBIでの手続きを終えたのち、バーナードは連邦裁判所へ移送されました。

この時、バーナードを逮捕し連行したFBI捜査官は、「逮捕された彼は、どこか安堵した様子だった」とのちに語っています。

取り調べを受けたバーナードは、終始一貫して「私1人でやった」と主張。ところが、投資顧問業の運営を任されたフランクも共謀していたのです。

ピーターから、「バーナードが逮捕され、裁判所命令で会社は操業停止になった」と聞いたフランクは、投資顧問業に関するデータを全て削除しようとしますが、FBI捜査官に見つかり失敗しました。

バーナードの逮捕だけでなく、彼の詐欺を全く知らず、指示に従っていただけのピーターまでも、刑事責任を問われる羽目になってしまったのです。

それらをダイアナから非難されたバーナードは、こう語っています。「投資詐欺をやめたくても、どんどん巨大化していってやめれなかった」

「弟は指示に従っただけで何も知らない」「結局のところ私は、自分が失敗した事実を受け入れられなかったんだ」


2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

バーナードは逮捕後、ルースに頼んで保釈金1,000万ドル用意できましたが、もう1つ保釈に必要な4人分の署名は、残念ながら集まりませんでした。

ルースがマックスたちに署名を求めた結果、彼らが拒否したからです。その結果、ルースとピーターの2人しか署名しませんでした。

それを知って落胆するバーナードに、彼の弁護士ホルビッツは、「あなたは自宅軟禁に置かれ、電子監視されるようになる。不動産は全て差し押さえされる」と伝えます。

ダイアナにそう語るバーナードは、彼女に「16年間、私は51年連れ添った妻や弟に隠し事をしていた。息子たちにもだ。そんなことを続けながら正気を保っていたとは、自分でも自分のことが心配になる」と言いました。

事件発覚前の2008年の夏。モントーク・ビーチで、マドフ一家とマドフ証券、マックスたちそれぞれの家族が集まったパーティーが開かれました。

昼間は、家族みんなで肩を組んで踊っていたマドフ親子。しかしその夜、バーナードは投資詐欺に関わらせたくないばっかりに、自分にもし何かあった時に投資顧問業は誰がやるんだと問うマックスたちを、冷たく突き放してしまうのです。

バーナードは、自分にもしも何かあった時、投資顧問業は全てフランクに任せようと考えていました。しかし、マックスたちはそれに猛反対。

特にマックスは、バーナードに任された別事業もやって、父親の跡を継ぐために必死に働いてきました。

それ故に、マックスは一向にバーナードが跡継ぎに決めてくれないこと、また「同じ業務をしているアンドリューの方がマシだ」と言われたことに、不満を募らせていました。

「投資詐欺によって貯蓄や家を失った被害者に、罪悪感はなかったのか」と、ダイアナに問われたバーナード。

彼がやった投資詐欺によって、被害に遭われた人々の中には、絶望のあまり自ら命を絶った人もいたのです。

それに対し、バーナードはこう答えました。「彼らは少し欲深い面があったから、何か変だと薄々気づいていても見ないふりをした。彼らも共犯者と言える」

「彼らは誠実さに欠け、責任を負う気がなかった」「正直、今はこう思う。私の最大の弱点は“人の幸せを願うこと”だ。そのせいで窮地に陥った」

以下、『嘘の天才~史上最大の金融詐欺~ウィザード・オブ・ライズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『嘘の天才~史上最大の金融詐欺~ウィザード・オブ・ライズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

アメリカの番組は連日連夜、バーナードが犯した投資詐欺事件の事を取り上げており、マドフ一家の自宅にはマスコミが常に張り込んでいました。

家から一歩でも出れば、街行く人には白い目で見られるマドフ一家。そんな状態に、先に音を上げたのはルースでした。

自分の意思で何かをやったことがないルースにとって、この先バーナードが刑務所に収監された後、家に1人でいることが耐えられません。

それどころか、マドフ夫婦はマックスたちから距離を置かれており、ルースからの電話さえもう出てもらえませんでした。

自分は何も悪いことをしていないのに、人々に憎まれることに疲れたルース。バーナードはそんな彼女の想いを聞き、彼女と一緒に睡眠薬による心中を決意。

ルースと一緒に眠ったバーナードは、黙ったままの息子に延々と話しかけたり、被害者やマスコミ、孫息子に非難される夢を見ました。

その時のバーナードの回想場面で、事件の真相が明かされました。時を遡ること1987年10月19日、株価大暴落により、10億ドル以上損失したバーナード。

彼はフランクと協力し、弱者を食い物にする富豪や投資家を相手に、投資詐欺を行い、取引報告書などの書類も全て偽造しようと企んだのです。

そんな悪夢に魘され、目覚めたバーナードは、既にルースも起きていたことにより、心中失敗しました。

バーナードたちは投資詐欺をした結果、2008年秋には十分な資金が集まりました。しかしそれと同時に、彼らには苦難も待ち受けていたのです。

1つ目は、不正に気づいた米国証券取引委員会(SEC)の監査官による聞き取り調査。

バーナードは、詐欺がバレる危険が一番高い預託信託会社(DTC)の証券口座の番号を、SECの監査官に教えてしまいます。しかしSECは、DTCに問い合わせませんでした。

2つ目は、2008年10月、投資詐欺によって多額の金を儲けさせてあげた顧客バンク・メディチ、キンゲート、スペインの会社が金を引き揚げたせいで15億ドルの損失が発生。

この大きな損失分を埋めようと、バーナードが必死に投資家や富豪が集まるパーティーで営業した結果、古参の顧客カールから2億5000万ドル、新規客から4億ドル。

ルースの姉の貯蓄が投資してくれることになりました。しかし、金を引き揚げた顧客フェアフィールドとは、その後のバーナードの交渉も虚しく大喧嘩し、結果11月には9億8000万ドルの損失が発生。

さらに2008年12月には、最低でも5億8000万のマイナス、マドフ証券の投資顧問業の資産は残り3億ドルとなってしまうので、小切手が不渡りになってしまう事態にまで発展していきました。

窮地に立たされてしまったバーナードとフランク。それを知らないアンディは、勇気を出して1人執務室にいたバーナードに、「マドフ証券から独立して、自分の会社を立ち上げたいんだ」と告げます。

未だ跡継ぎにしてくれるどころか、共同経営者にもして貰えないバーナードに、しびれを切らしたアンディが、勇気を振り絞って言った懇願でした。

当然ながらバーナードはこれを拒否。さらに彼は、「過去にゴールドマンから、マドフ証券を10億ドルで買うとオファーがあったが、将来息子たちに会社を譲りたかったから、売却しないと断った」と話しました。

でも現実、それが叶う未来はまだ遠い。アンディは怒り、バーナードの執務室を飛び出してしまい、彼ら親子の間に生まれた溝はさらに深まるばかりでした。

この日の夜、直筆の本を出そうと考えたマックスの原稿には、こう書かれていました。

「2008年12月10日まで、私はずっと、父に畏敬の念を抱いていた。仕事でもプライベートでも、実績や失敗を父親と比較してきた」

「父に認められることが何より重要であり、そのために努力した。だがある日、立派な父親像が崩れた」

「彼は蔑むべき犯罪者だった。我が親であり、私に善悪を説いてくれた父。公正かつ実直であり、人格を磨き、立派な夫であれと教わった。何よりも良き父親であれと」

「私はバーナード・マドフの息子。この名から逃れずにきたが、今や永遠にその名が付き纏う」

「家族が犯罪者とは誰も思わないのではないか?息子は父親が正しいと信じるものでは?」

「まだ幼い息子ニックが成長し、祖父がどんな人だったか聞く日が恐ろしい」


2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

その後、バーナードは証券詐欺や投資顧問詐欺、郵便詐欺など全ての罪状を認め、裁判はせず有罪として、このまま刑務所に収監されることを望みました。

しかしそれでは、捜査対象に入り非難を受けるマックスとアンドリューが、無実だと証明できません。

共謀罪で検察に起訴して裁判を起こしても、証人として世界有数の富豪や有権者、世界的金融機関が召喚されることになり、裁判にもなりません。

ただ真実を世間に知らせ、元の自由な生活を取り戻したいと願うマックスたちとその家族。話し合うマックスたちの元へ、ルースの留守電が入ります。

ルースは長年連れ添った伴侶を見捨てられないだけで、何故自分が家族に拒否されているのか分からず、かなり憔悴していました。

全ての罪状を有罪と認めたバーナードは、150年の懲役が言い渡され、ノースカロライナ州の連邦刑務所の重警備棟の独房に収監されました。

そんなバーナードに面会に来るのは、家族では、フロリダに住む姉夫婦の家に身を寄せたルースだけです。

マークと彼の家族、アンドリューと彼の家族もルース同様、街ではマスコミや被害者たちに追われ罵声を浴びせられ、憔悴していました。

特に精神的に追い詰められていたのはマークでした。マークは毎日憑りつかれたように、バーナードが犯した投資詐欺事件に関するネット記事、報道される番組をチェックしています。

ただその度に、マークは自分たち家族に向けられた誹謗中傷のコメントに、傷ついた心の傷口は広がっていく一方でした。

2009年の夏と秋にわたり、政府は被害額を回収するべく、バーナードの資産を競売にかけました。

マークは家族を守るため、妻と娘をフロリダ州オーランドにある彼女の実家へ預け、自分はニックと飼い犬と一緒に、マスコミに知られている家で隠れて暮らすことにしました。

2010年11月。事件発覚から2年間、アンディたちに距離を置かれ疎外された孤独と、マスコミによる監視生活に耐え切れなくなったマークは、離れて暮らす妻に「ニックの世話を頼む、愛してる」というメールを送りました。

心配になったマークの妻が、彼に電話をかけても繋がりません。話を聞いたマーティンが、マークの様子を見に行きました。

マーティンがマークの家で見たのは、首吊り自殺した彼の姿と、彼が死んだことを知らない愛犬とニックでした。

マーティンの死に、絶望するマドフ一家とマーティン。彼の死は、独房にいたバーナードにも知らされました。

マーティンは報道番組経由で、バーナードに写真と手紙を送り、内容を読み上げました。

「バーニー(バーナードの愛称)、孫の写真を送るつもりはないが、君に見てほしい写真がある。君の息子マークの最期の姿だ」

「私が君に望むのは、食事の席でプラスチックのフォークを手に取る時に、天井から君のテーブルの上に、真っ直ぐぶら下がる息子の死体を思い描くことだ」

「君の長男が、頭を左に傾けて君を見下ろしながら、“何故自分の息子を騙したのか、最期まで無条件な愛を父に捧げた息子をなぜ?”と尋ねるだろう」

そう話すマーティンは、マークが遺した遺書を読み上げます。「バーニー。こうなったのは、あんたの不実な人生が息子を破滅させたからだ。くたばれバーニー!」

マークの死をきっかけに、アンディたちと和解したルースは、ついにバーナードの面会に来ることをやめました。

2013年、リンパ腫が再発し化学療法を始めたアンドリューは、プリンストン大学で事件について講演をしました。

アンドリューは最後に、「私の中で父は死んでいる」と生徒に告げました。2014年9月3日、アンドリューは再発したリンパ腫により死亡。

バーナードは刑務所から、何度も何度もルースに電話を掛けましが繋がらず、仕舞いには着信拒否されてしまいました。

バーナードは取材の最後に、ダイアナに「私の心は破綻しているか?」と尋ねますが、彼女からの返事はありませんでした。

スポンサーリンク

映画『嘘の天才~史上最大の金融詐欺~ウィザード・オブ・ライズ』の感想と評価


2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

物語の後半で、被害総額約650億ドルという史上最大の金融詐欺事件の真相が、バーナードの回想によって明らかになります。

バーナードとフランクが犯罪に手を染めたのは、株価暴落により損失した10億ドル以上の穴を埋めるためです。

恐らく、莫大な金額の損失を出したことによる焦りと、失敗を認められないバーナードのプライドの高さが相まって、招いてしまった事件でしょう。

しかしそのせいで、彼の家族であるマドフ一家は、マスコミに張り付かれる日々を送る羽目になります。

ただでさえマスコミだけでも精神的苦痛だというのに、何の罪もないマークたちが、ネットやテレビで根も葉もない噂を垂れ流され、誹謗中傷されていく姿は思わず目を背けたくなるほど辛いです。

元々は、息子夫婦共々、仲が良かったマドフ一家。しかし、投資顧問業の後任と、バーナードに何かあった時の会社の跡継ぎに関して、バーナードとマックスたちで意見は対立。

両者の話し合いは平行線のまま終わり、どんどん溝が深まっていきました。バーナードは、隠し事をしていたからか、マックスたちにちゃんと上手く自分の気持ちを伝えられていません。

バーナード逮捕後は、ますます事件に関する記事を読むことに憑りつかれていったマーク。そのせいで、彼は2年間、家族から距離を置かれてしまうのです。

疎外感と孤独、誹謗中傷による精神的苦痛に耐えきれなくなり、マークが自殺してしまった場面は、劇中で一番悲しくて泣けます


まとめ


2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

実際に2008年に起きた、史上最大の金融詐欺事件と犯人のバーナードについての実話と、被害者と彼の家族に怒った悲劇を描いた、アメリカの社会派サスペンス作品でした。

本作の見どころはまさに、バーナードがどうして金融詐欺事件を起こしたのか、事件によって彼の家族にどんな影響を及ぼしたのかを描いたところです。

バーナードの不器用な家族愛が、隠し事をしているが故にマークたちに上手く伝わらないもどかしさ。マークたちの無償の愛を捧げられていることに気づかないバーナードの鈍感さ。

マドフ親子のそのすれ違いと事件が招いた結末が、マークの自殺という悲劇につながってしまいます。それにより、唯一の味方を失ったバーナードの姿も、こちらの涙を誘うほど悲しいものです。

バーナードを演じるロバート・デ・ニーロの最後のセリフが、本作では特に印象に残るセリフとなっているので、これから観る人は最後まで見逃さないでください。

史上最大の金融詐欺事件にハラハラドキドキし、ロバート・デ・ニーロの演技が印象に残る社会派サスペンス映画が観たい人には、特にオススメな作品です。

関連記事

サスペンス映画

映画『かごの中の瞳』ネタバレ感想とラスト結末の考察。あらすじに描かれた夫婦双方の視点からの悲劇

角膜の移植手術の成功により、視力を取り戻した女性ジーナと、ジーナの変化に強い嫉妬心を抱く夫のジェームズ、すれ違いの末に辿り着く、ある悲劇を描いた映画『かごの中の瞳』。 観客の視界を奪う、独特な演出が特 …

サスペンス映画

映画『ダラスの熱い日』ネタバレ感想と結末解説あらすじ。ケネディ大統領暗殺事件の“真実”を1970年代に探る政治サスペンス

大統領暗殺の裏で画策される陰謀を描く『ダラスの熱い日』 多くの謎に満ちたジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件にメスを入れ、当時のドキュメンタリー・フィルムを挿入しながら真実を探る作品『ダラスの熱い日』。 …

サスペンス映画

映画『悪の偶像』考察と内容解説。結末までのどんでん返しで怖い女リョナが導く運命とは⁈

映画『悪の偶像』は2020年6月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかでロードショー予定。 韓国映画界の実力派俳優ハン・ソッキュとソル・ギョングの演技合戦と、どんでん返しの連続で見せる予 …

サスペンス映画

Netflix映画『ステラ 真昼の誘拐』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末に向かう誘拐サスペンス劇は3者の濃厚時間

Netflix映画おすすめのサスペンス映画、3者の感情が交差する濃厚な誘拐劇『ステラ -真昼の誘拐-』 映画や創作物の多くは登場人物が少なければ少ないほど、登場人物同士の密度の濃い物語となります。 「 …

サスペンス映画

映画『テルマ』ネタバレ感想と結末で見せた少女の微笑みを解説【ノルウェー発ホラー作品】

少女の中の願い(タブー)が目を醒ます時…。 世界が固唾を飲んだノルウエー発の衝撃作、ヨアキム・トリアー監督の『テルマ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『テルマ』の作品情報映画『 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学