Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2019/01/13
Update

映画『十二人の死にたい子どもたち』13人目死体役はとまん。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。

演出を務めるのは、『イニシエーション・ラブ』や『トリック』など、ヒット作を数多く持つ堤幸彦監督

”12人の子どもたち”を演じるキャストも発表され、話題を呼んでいます。

この記事では、13人目の死体を演じるとまんについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『十二人の死にたい子どもたち』の作品情報


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)

【監督】
堤幸彦

【キャスト】
杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗

【作品概要】
『天地明察』『光圀伝』といった時代小説や『マルドゥック・スクランブル』などのSF小説で人気の冲方丁が、初めて現代を舞台に描いたミステリー小説を実写映画化。

閉鎖された病院を舞台に、それぞれの理由で安楽死をするため集まった12人の少年少女が、そこにいるはずがない13人目の少年の死体を見つけたことから始まる犯人捜しと、その過程で少年少女たちの死にたい理由が徐々に明らかになっていくことで、変化していく人間関係や心理を描いています。

出演には杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜ら人気若手俳優がそろいました。

脚本は岸田國士戯曲賞受賞経歴を持つ劇作家の倉持裕。

監督はドラマ『池袋ウエストゲートパーク』をはじめ『SPEC』シリーズ、『イニシエーション・ラブ』を手がけた堤幸彦氏が務めます。

映画『十二人の死にたい子どもたち』のあらすじ


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

廃業した病院にやってくる、十二人の未成年たち。

建物に入り、金庫をあけると、中には1から12までの数字が並べられていました。

この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にとり、「集いの場」へおもむく決まり。

初対面同士の子どもたちの目的は、みなで安楽死をすること。

十二人が集まり、すんなり「実行」できるはずでした。

しかし、「集いの場」に用意されていたベッドには、すでに生温かい死体が横たわっていたんです。

この死体は一体誰なのか。

自死か、他殺か。

このまま「実行」してもよいのか。

この集いの原則「全員一致」にのっとり、子どもたちは多数決を取ります。

不測の事態を前に、議論し、互いを観察し、状況から謎を推理していく彼らが辿り着く結論は。

そして、この集いの本当の目的は…。

スポンサーリンク

映画『十二人の死にたい子どもたち』13人目の死体役はとまん

参考映像:映画『CAGE』(2017)

映画『十二人の死にたい子どもたち』で、13番目の死体役を演じるとまんは、1993年9月14日生まれの25歳。

俳優・モデル・タレント・アーティストです。宮城県出身。プラチナムプロダクション所属。

とまんという個性的な名は本名。幼い頃から芸能界に憧れて育ち、高校時代に仙台のモデル事務所にスカウトされてモデル活動を開始しました。

高校卒業後に事務所を抜けて、シドニーで二年間語学留学をしました。

帰国後、読者モデルイベントに行った際に、現在の事務所関係者に誘われて2014年から読者モデル活動を始めます。

ファッション雑誌やイベント、バラエティ番組などに出演。

ファッション好きな両親の影響を受け、独特のセンスを持ちます。中世的なファッションやキャラクターで、「ジェンダーレス男子」として人気が急上昇

読者モデルで結成された音楽グループXOX(キスハグキス)でリーダーを務め、2015年にシングル「XXX」でメジャーデビュー

ソニー・ミュージック主催の男性演劇ユニット・劇団番長ボーイズ☆メンバーでもありましたが、2016年に卒業。

2018年1月XOXも卒業しました。

2017年にはNHK大河ファンタジー『精霊の守り人』にコチャ役で出演しました。同年映画『CAGE』、舞台B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』などにも出演しています。

2018年2月から現在のプラチナムプロダクションに移籍し、俳優・モデルとして様々な方面で活躍しています。

2019年には本作『十二人の死にたい子どもたち』のほか、映画『明治東京恋伽』『バイバイ、ヴァンプ!』に出演予定です。

食事が嫌いで、噛んで飲むのがダメだという「絶食系男子」のとまん。主食は、するめとマシュマロ、ゼリー状のものなのだそうです。身長163㎝、体重38㎏というスレンダーな体形なのもうなずけます。

美白にこだわっており、日焼けを避けるためにカーテンを開けないとのこと。とにかく、おしゃれを楽しむことが幸せなのだそうです。

映画『十二人の死にたい子どもたち』13番目の死体とはどんな役?


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

『十二人の死にたい子どもたち』が集まった廃病院。

しかしそこにはすでに十三番目のまだ生あたたかい死体がありました。

謎そのものともいえるこの十三番目の存在。参加者十二人だけしか知らない計画のはずが、この十三人目が現れたために、彼らの安楽死は阻まれてしまいます。

「密室サスペンス」の柱という重要な役割です。

スポンサーリンク

とまんの演技力の評価は

ジェンダーレスモデルとして知られるとまん。韓流スターかと思うような凛とした美しさで、ドラマや映画、舞台で俳優としても活躍しています。

2017年に出演した『精霊の守り人』では、14歳の美少年・コチャという、イメージ通りの役を演じました。

演技力についてはまだ未知数ですが、透明感あるルックスは大きな武器。

2019年には本作を含め、3本もの映画出演を控えているとまんの、これからのさらなる活躍が期待されます。

とまんの公式SNSの紹介

とまんの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

【とまん公式Instagram】

【とまん公式Twitter】

  • とまん公式Instagramはこちら
  • とまん公式Twitterはこちら
  • まとめ


    (C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

    衝撃的なタイトルからも大きな話題を呼んでいる映画『十二人の死にたい子どもたち』

    ”十二人の子ども”を演じるキャストには、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、黒島結菜といった若手の実力派が勢ぞろいしています。

    謎だった4番目のキャストを橋本環奈が演じることが発表され、更に注目が集まっています。

    鬼才・堤幸彦監督が「人に観せたくないほど面白い」と公言しており、作品への期待がすます大きく膨らんでいる本作。

    人気ジェンダーレス・モデルのとまんが、サスペンスの鍵となる存在13番目の死体役を演じることが発表され、公開を前に更に盛り上がりを見せています。

    衝撃的な密室サスペンス映画『十二人の死にたい子どもたち』は2019年1月25日より全国ロードショーです。

    関連記事

    サスペンス映画

    映画『パトリオット・デイ』感想とあらすじネタバレ!ラスト結末も

    2017年6月9日より劇場劇公開中の『パトリオット・デイ』。 マーク・ウォールバーグ、ケビン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハンが出演! 2013年に発生したボストンマ …

    サスペンス映画

    ドラマ『ザ・レイン シーズン1』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

    『マッドマックス』(1979)や『ザ・ウォーカー』(2010)のように、文明の崩壊した後の世界を描く「ポストアポカリプス」と言うジャンルがあります。 退廃的で暴力的な世界観だからこそ、人間そのものの性 …

    サスペンス映画

    映画『コクソン/哭声』ネタバレ考察と感想!ラスト結末も

    映画ファンから良作の声が高い『チェイサー』『哀しき獣』を制作した、ナ・ホンジン監督。最新作『コクソン/哭声』が現在公開中。この作品は日本人俳優の國村隼も出演していることで注目も評判の高い作品です。 『 …

    サスペンス映画

    映画『迫り来る嵐』あらすじネタバレと感想。ミステリー仕立てに描く社会派のチャイナノワールの魅力とは

    2017年に開催された第30回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、最優秀男優賞と最優秀芸術貢献賞のダブル受賞。 経済発展で社会が激変した中国の1990年代を舞台に、連続殺人の捜査にのめり込む …

    サスペンス映画

    【ネタバレ映画感想】『サンセット』ラスト結末まで謎を残したネメシュ・ラースロー監督の意図とは

    ネメシュ・ラースロー監督の長編第2作『サンセット』 『サウルの息子』(2015)でカンヌ映画祭グランプリを受賞し、センセーショナルなデビューを果たした若き映画監督ネメシュ・ラースローの長編第2作。 1 …

    映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
    【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
    【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
    【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
    【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
    【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
    【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
    【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
    【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
    日本映画大学
    ニューシネマワークショップ
    FILMINK
    国内ドラマ情報サイトDRAMAP