Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『ルイの9番目の人生』あらすじネタバレと感想 。ラスト結末も

  • Writer :
  • 桃から生まれた尻太郎

9歳のルイはこれまでに9回も命の危機を迎えました。不遇すぎる運命のその真相に迫ります。

ロングセラー小説「ルイの9番目の命」を原作に、ファンタジックに描かれたサスペンス映画をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ルイの9番目の人生』の作品情報

(C)2015 Drax (Canada) Productions Inc./ Drax Films UK Limited.

【公開】
2018年公開(カナダ、イギリス合作映画)

【原題】
The 9th Life of Louis Drax

【監督】
アレクサンドル・アジャ

【キャスト】
ジェイミー・ドーナン、サラ・ガドン、エイダン・ロングワース、アーロン・ポール、モリー・パーカー、バーバラ・ハーシー、オリヴァー・プラット

【作品概要】
ダニエルラドクリフが主演を務めたことで注目を集めた『ボーンズ 容疑者と告白の角』や『ピラニア3D』などB級映画に定評のあるアレクサンドル・アジャ監督が描くファンタジーなサスペンス作品。

世界的ベストセラーとなっているリズ・ジェンセンの『ルイの9番目の命』を原作としています。

2.映画『ルイの9番目の人生』のあらすじとネタバレ


(C)2015 Drax (Canada) Productions Inc./ Drax Films UK Limited.

ルイは崖から転落しヘリで救助され病院へ緊急搬送されました。

9歳になる誕生日を祝うために別居中の両親ナタリーとピーターと3人で崖にピクニックに来ていた時の出来事でした。

ルイは不遇な人生を歩んでいました。

ひどい難産で産まれたことをはじめに、骨折、窒息、食中毒、怪我etc…。

不運な事故が絶えず、この崖の転落でなんと9回目の命の危機を迎えているのでした。

病院では全身骨折に一部臓器を摘出するなど、状態は非常に芳しくありませんでしたがルイは命をなんとか取り止めました。

しかし、意識が戻ることはなく。昏睡状態のままでした。それでも医者は奇跡的だと言います。

それにこの事故において不自然な点がありました。

事故後、ピーターが姿を消していたのです。

警察はこれを受けて事故ではなく事件として操作を進めますが、一向にピーターは見つかりませんでした。

そんなルイの元に小児昏睡が専門の医者パスカルが訪れました。

パスカルは脳が壊れても心は繋がると、脳が壊れてもルイはルイだと言い、親身にルイの回復に努めました。

またパスカルは、傷心のナタリーにも優しく接してケアします。

そんな日々を送るうちにパスカルとナタリーはお互いを思い合うようになっていました。そして病院の庭でふたりはキスをしました。

その時でした。突然ルイが目覚めナタリーとパスカルのキスをジッと見たのです。

ルイの視線に気づいたふたりは大慌てで病室へと戻りますが、再びルイは昏睡状態へと戻ってしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ルイの9番目の人生』ネタバレ・結末の記載がございます。『ルイの9番目の人生』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ルイが一度目覚めて以降、不思議な出来事がパスカルとナタリーに降りかかりました。

パスカルは悪夢を見て眠れない日々が続き、ナタリーのもとにはパスカルとの関係を断とうとする警告文が届きました。

パスカルはルイが何か特別な存在かも知れないと思い、ルイのことを独自に調べ始めました。

するとルイはセラピーを受けていたことが分かりました。パスカルはセラピーを担当していたセラピストペレーズに会いにいきます。

ペレーズによるとルイの両親は喧嘩が絶えずストレスを抱えており、また学校でも友達がひとりもいなかったことを知ります。

これまでの事故は周囲の関心を引くための自傷行為である可能性も考えますが、それでは例外になる事故が多すぎて現実的ではありませんでした。

パスカルはペレーズに自らが見る悪夢についても話します。

その頃、警察はピーターを発見しました。ピーターはルイが落ちた崖の下で死亡していました。

死因は転落死。同じ所から転落したものと考えられました。

そしてナタリーのもとに届いた警告文の差出人も判明しました。パスカルが悪夢を見ている最中に夢遊行動をしていたのでした。

パスカルはルイが昏睡状態の中で、自分を通して何かを伝えたいのだと考えペレーズにセラピーを頼みます。

ペレーズがパスカルの無意識に潜り込み、ルイ自身の話を聞くというものでした。

パスカルは椅子に深く座り、ペレーズの質問に答えていきます。

しばらくしてペレーズはパスカルの中にいるルイに辿り着き、ついにルイ本人から事故の真相が語られました。

その内容はまずナタリーがペーターを崖から突き落としたという衝撃的なものでした。

そしてこれまでルイが経験した事故や病気などは全てナタリーによるものだったことが判明しました。

ナタリーは近親者を傷つけることにより、周囲の同情を得ることが目的でした。

ルイはそんな母の為に自ら崖から飛び降りたのでした。

その後、ナタリーはペレーズによって精神病棟にて治療を受けることになりました。

ルイは夢の中のような深い昏睡の中で、生きるべきかこれからどうすべきかを考えやがて、明るい光の差す方へと向かいました。

ルイは昏睡から目覚めました。

スポンサーリンク

3.映画『ルイの9番目の人生』の感想と評価


(C)2015 Drax (Canada) Productions Inc./ Drax Films UK Limited.

昏睡状態のルイの頭の中はファンタジック。

事故や怪我などはコメディタッチ。

しかし、物語の土台はとてもシリアスでリアルな問題を扱っています。

そんなふたつの要素のメリハリの効いた作品でした。

謳い文句の「ラスト9分のどんでん返し」というキャッチフレーズとは若干違った印象を受けました。

どちらかと言うと、丁寧に積み上げて追い詰めていくような作品でした。

宣伝を強くイメージして鑑賞すると期待はずれの可能性がありますので、参考までに。

筆者が印象に深く残ったポイントを3つに分けてご紹介させて下さい。

ポイント1:エイダン・ロングワースの奇妙さ

やはりなんといっても、賢くて邪悪で純粋でなまいきで大人も驚くようなことをしでかす役に完全にハマりきっていたエイダン・ロングワースの存在が色濃かったです。

この作品はいわゆる“容疑者”に挙げられる人間がサスペンスとしてはとても少ないたった3人しかいません。

ピーターが突き落としたのか、ナタリーなのか、それともルイ自身なのか。それだけです。

なので物語が進むにつれて犯人の目星が付いて来てしまうのですが、エイダン・ロングワースの醸し出す底知れぬ奇妙さと、ファンタジックな演出でついつい目を逸らされてしまいます。

この作品がサスペンスとして成り立つ、ましてや実写で成り立っているのはエイダンくんの魅力が大きいです。

彼の今後のイケメン奇妙俳優としての活躍が今から楽しみです。

ポイント2:男はなんにもわかってない

・ルイの事件を探っているふたつの要素。
・ルイを担当しているパスカルと女性警部。

このふたりの会話が本当に面白いです。

またピーターの母親も登場するのですが、このふたりの女性は物語中盤から言わずもがな真犯人に勘付いています。

つまり女性陣はすでに“証拠”待ちの状態なのです。

しかし、容姿端麗なナタリーの魅力にやられているピーターは観客でさえもう気づいているであろうタイミングでもまだ気づきません。

ナタリーの手のひらで転がされている男とそれを知って呆れながら話す女性の構図は、きっと僕自身経験していることなんだろうなと可笑しいです。

「綺麗な人間なら、中身も綺麗だと信じたがる」というセリフが劇中登場します。

美女ならなにをしてもいいという極端な男性の意見も存在しますよね。

「そんな訳ねぇだろ」知っている女性だからこその空気感。最高でした。

ポイント3:女性サイコパス

騙しや泥棒といった“悪女”が登場する作品は数多くあれど、サイコパスのように“狂っている”女性が登場する作品は少ないのではないでしょうか。

女性だからこそ説得力のある恐怖や狂気。

女性サイコパスが登場する2作品を紹介します。

参考映像『ゴーン・ガール』(2014)

冷え切りすぎた夫婦関係。

浮気した夫に巧みな策略で自らの殺害容疑を掛け、失踪し自分は悠々自適な生活を送る嫁。

しかし、自分がピンチになったら男騙して人も殺して、挙げ句の果ては大嫌いな夫のもとに生還者として奇跡のヒロインとして戻ってきます。

マスコミなど周囲の注目を利用して、自分の利益だけを追求する。

夫は最後、全てを諦めて腑抜けのような状態で“幸せな”結婚生活を演じることになります。

『ルイの9番目の人生』のナタリーと違うのはその戦略性。

故に、絶対に周囲にはサイコパスであることがばれません。恐ろしいです。

参考映画『ミザリー』(1990)

事故を起こしたまたま立ち寄った見知らぬ家の女性ミザリーに、傷が治るまで居候させてもらうことになった作家。

ミザリーはこの作家の大ファンでした。

ミザリーは最初こそ丁寧に優しく介抱していましたが、だんだんと要求がエスカレートし、作家がすでに完結させた小説がなっとくいかないと自分の思うように書き直させます。

さらにミザリーは作家がずっと家にいるために、危害を加えようと計画を立てます。

それに気付いた作家は死に物狂いで脱出を図ります。

『ルイの9番目の人生』と比べて、こちらは愛情が行き過ぎた結果なのでしょうか。

とてもとても恐ろしい映画なので、怖いもの見たさに是非ご鑑賞ください。

4.まとめ

(C)2015 Drax (Canada) Productions Inc./ Drax Films UK Limited.
これからのエイダン・ロングワースくんに期待しよう!

ファンタジックなのに痛いほどリアルという不思議な作品でした。

是非、劇場で奇妙な魅力を味わっていください。
(C)2015 Drax (Canada) Productions Inc./ Drax Films UK Limited.

関連記事

サスペンス映画

映画『テルマ』ネタバレ感想と結末で見せた少女の微笑みを解説【ノルウェー発ホラー作品】

少女の中の願い(タブー)が目を醒ます時…。 世界が固唾を飲んだノルウエー発の衝撃作、ヨアキム・トリアー監督の『テルマ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『テルマ』の作品情報映画『 …

サスペンス映画

映画『スノーデン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

たったひとりの若者が世界中を震撼させた。 米国家安全保障(NSA)がテロ対策として極秘に大量の個人情報を収集していたことを、元外部職員であったエドワード・スノーデンが世界中に暴露した「スノーデン事件」 …

サスペンス映画

三浦しおん原作映画『光』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

「まほろ駅前」シリーズでタッグを組んだ三浦しをん&大森立嗣監督がん再タッグを組んだサスペンス。 25年前に犯した罪がもとで、周囲の人間も巻き込みながら再び不穏な空気の中に身を投じる男女の姿を演じる主演 …

サスペンス映画

映画『ゴッド・セイブ・アス』あらすじ【主演賞ロベルト・アラモ紹介あり】

スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞や海外の国際映画祭でも話題となった『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』。 前代未聞の猟奇事件を追う2人の刑事は、何かと問題行動の多いハビエル& …

サスペンス映画

三度目の殺人|若手弁護士・川島輝役は満島真之介!演技評価と感想

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。 キャストは是枝監 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP