Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『レッドゾーン 脱出』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。仲間を失った男の葛藤と帰還兵の“PTSD問題”

  • Writer :
  • 秋國まゆ

特殊部隊の男たちにいったい何が起きたのか、秘密裏に進められたミッションとは!

ストーム・アッシュウッドが脚本・監督を務め、2019年にオーストラリアで製作されたサスペンス・アクション映画『レッドゾーン 脱出』。

紛争下のミャンマーの密林地帯を舞台に、国連に雇われ、極秘任務を行っていくオーストラリア人の特殊部隊の姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

1人のジャーナリストが知った極秘任務に秘められた衝撃の事実と、深刻化する帰還兵のPTSDの問題を物語として描いた、オーストラリアのサスペンス・アクション映画『レッドゾーン 脱出』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『レッドゾーン 脱出』の作品情報


(C)2019 BRONTE PICTURES PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND PTY LTD, AND BEEPS PTY LTD

【公開】
2019年(オーストラリア映画)

【脚本・監督】
ストーム・アッシュウッド

【キャスト】
ジョシュ・マクコンヴィル、ボニー・スヴィーン、ヒュー・シェリダン、フィラス・ディラニ、スティーヴ・ル・マルカンド、ジュワン・サイクス、レナ・オーウェン

【作品概要】
『Paper Planes』(2011)や『Moth』(2015)、『The School』(2018)などを手掛けた映画監督、ストーム・アッシュウッドが脚本・監督を務めた、オーストラリアのサスペンス・アクション作品です。

『モーターギャング』(2017)のジョシュ・マクコンヴィルが、主演を務めています。

映画『レッドゾーン 脱出』のあらすじとネタバレ


(C)2019 BRONTE PICTURES PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND PTY LTD, AND BEEPS PTY LTD

武力衝突により、軍の残忍な行為が過激さを増しているミャンマー。

地雷除去の監視を目的に、国連に雇われたセス・コーバン大尉率いる特殊部隊の男たちが、紛争下の密林地帯へヘリで降り立ち、現地入りしました。

国連から認定されたセスたちでしたが、彼らの真の目的は、地雷除去以外に別の目的がありました。

それから3ヵ月後のオーストラリア・ゴールドコースト。紛争地域での惨状を目にし、PTSDを患い心を病んだセスは、軍を退役後も妻子と一緒に住めなくなってしまい、妻に離婚を言い渡されてしまうのです。

そんなセスのことを独自で調査しているジャーナリスト、レベッカ・スタンズベリーは、あらゆる伝手を使ってようやく、セスの居場所を突き止めました。

レベッカがそうまでしてセスに会いたがったのは、彼の部隊にいた亡き双子の弟、ジョシュ・スタンズベリーの死の真相を知りたいからでした。

実はセス以外、ジョシュを含めた3人の特殊部隊の男たちは、ミャンマーでの任務で命を落としてしまったのです。

レベッカはジョシュを弔おうとも、埋葬する遺体がなく、また報告書には地雷除去とありましたが、現地で本当は何が起きたのかも知らされていません。

そこでレベッカは、ジョシュが特殊部隊の皆の兄貴だと、自身の親友だと手紙で語っていたセスに、現地で何が起きたのか聞かせて貰おうと思いました。

森の中で静かに暮らすセスは、そんなレベッカの問いに何も答えられませんでした。

セスにとっては、仲間を失った3ヵ月前の出来事を誰かに話せるほど、まだ精神状態が安定しないのです。

当時の幻覚に今もまだ苛まれるセス。そんな彼に一度門前払いされても、レベッカは諦めず、バーに向かった彼を尾行してまで真相を追求していきます。

しかしセスの口は堅く、レベッカはなかなか彼の口から、現地で何が起きたのか聞かせて貰えませんでした。

場面は変わって、3ヵ月前のミャンマー南部のカイン州。

仲間と共に、銃を構えながら密林地帯を歩くセスとジョシュには、それぞれ娘と双子の姉から貰ったお守りを身に着けていました。

そんなセスたちが密林地帯で遭遇したのは、難民を襲い殺害するミャンマー軍の兵士たちでした。

セスとジョシュ、特殊部隊の兵士ストレッチとウェルシーは、そんなミャンマー軍の兵士12人を殺害。

その場に取り残されていた1人の少女を救い、応急処置を施した後に生き残った難民たちに引き渡しました。

セスたちはその後、難民たちと別れ、地雷除去とは別の目的である、ボディという男の捜索に取り掛かります。

そこまで回想していたセスは、オーストラリア国防諜報本部へ行き、当時のことを知る彼の上司ペニーショウと話をしました。

2人が話したのは、地雷除去が目的ではないと嗅ぎつけたレベッカに、本当の任務を知らせるべきかどうかです。

ペニーショウはセスに、「唯一の目的に向け訓練し、人生を懸けたのに、家に帰れば目的も存在意義もない。護ってきた者が敵になる」と言います。

そしてペニーショウは、当時のことを誰にも話さず、偽りの任務を告げるよう強要したセスに、「自制心を保ちなさい」と新たな任務を言い渡しました。

後日、セスはレベッカに飲みに行こうと誘われ、彼女と最初に飲んだバーへ行きました。

レベッカは、セスから何も真実を聞き出せないのであれば、単身ミャンマーへ赴き真実を追求することを彼に告げます。

当然、セスはミャンマー行きを反対しましたが、レベッカの意思は固く、彼女からはPTSDなどのトラウマ専門の医師フロイト・ラカン博士を紹介されました。

そこでセスは、勇気を振り絞って現地で起きたことを、レベッカに打ち明けようとしますが、彼女は酔っ払いの男に絡まれてしまうのです。

レベッカに邪な思いを抱く酔っ払いの男は、彼女が断っても執拗に誘ってきたため、セスは彼女を守るために、酔っ払いの男とその仲間を返り討ちにします。

しかし元軍人故か、セスは過剰な正当防衛をしてしまい、危うく絞め殺そうとしてしまったのです。レベッカはそんなセスを止め、彼と一緒に店を出ます。

その際、レベッカは未だ真実を話せないと言うセスに、「今週の金曜にミャンマーへ出立する。もし話すなら今週中に話すことね」と告げ、彼と店の前で別れました。

セスは再びペニーショウへ会いに行き、レベッカに真実を話すべきか相談しましたが、彼女は当時の任務を美談に仕立てあげ、真実をこのまま闇に葬るつもりでした。

セスは葛藤の末、レベッカに真実を話し前に進むことを決断し、彼女の家へタイ料理を振舞いに行きました。

小さい頃から、お互いを助け合って生きてきた大事な弟の死を、未だに受け入れられないレベッカ。

セスはそんな彼女と、大事な人を失った傷口を舐め合うように、キスをして体を重ねようとしました。

しかしその際、レベッカの首飾りを見たセスの脳裏によぎったのは、同じ首飾りをつけたジョシュが鉄条網に磔にされている姿でした。

以下、『レッドゾーン 脱出』ネタバレ・結末の記載がございます。『レッドゾーン 脱出』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 BRONTE PICTURES PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND PTY LTD, AND BEEPS PTY LTD

セスは後日、愛娘リジーと一緒に中華料理屋へ食事しに行きましたが、「奴は俺たちの兄弟だった」と叫ぶ男の幻覚に苛まれ、発狂してしまいます。

リジーはそんなセスを止めながらも、優しい父親とは打って変わり、恐ろしい形相で叫ぶ姿を見て恐怖し、「必ずまた会いにくる」と言う彼に答えず母親に抱きつきました。

このままでは娘を失ってしまう、そう思ったセスはレベッカと会い、彼女に真実を打ち明けることにしました。

「君の弟と俺は特殊部隊にいた。この任務には私的な意味合いもあった」

「ターゲットの男は俺の元仲間で、最低な野郎だ。奴は最後の任務で自分の部下を連れ、姿を消した」

「それが今年、ミャンマーで一般人を殺害し、麻薬の密売を行っていた」

「俺たちは3日間に渡り奴の捜索を行い、現地の状況を把握した。そして奴を捕らえに向かった」

そう話すセスの回想場面。セスはジョシュたちと一緒に、ボディの捜索を続ける中、彼の居場所を知っていると話す子供2人と遭遇。

ウェルシーとストレッチは、その子供たちをボディの手下だと疑い、ただの子供だと主張するジョシュと衝突しました。

そんな彼らを諫めつつ、セスは子供から情報を聞き出そうとしますが、少し目を離した隙に1人の子供が逃走。

セスは思わず、その子供を銃で撃ってしまいます。ジョシュはそんなセスから離れ、逃げようとするもう1人の子供を引きとめ、情報を聞き出そうとしました。

子供たちはただ、家族を殺したボディに恐怖しているだけで、彼の手下ではありませんでした。

そう話す子供の兄弟を撃ってしまったセス。彼は子供にボディの居場所とされる病院まで案内させ、ジョシュたちと一緒に突入を開始。

そこでセスたちが目にしたのは、病院を襲撃したボディがやったであろう、虐殺された人々の遺体と惨状でした。

ボディを探すべく、セスたちが病院内を捜索しようとしたその瞬間、ミャンマー軍の兵士たちからの襲撃を受けます。

ミャンマー軍の兵士たちの数は、セスたちより倍以上の人数がいて、敵は「M60」機関銃や装甲車まで持っていました。

襲撃してきたミャンマー軍の兵士たちとの戦力差がありつつも、病院内から外にいる敵と、侵入してきた敵を次々と倒していくセスたち。

ストレッチが投げた手榴弾によって装甲車を破壊後、彼らは病院を脱出し、森へと逃げ込みます。

先行するセスとウェルシーは、案内してくれた子供と遭遇。しかし彼は、何故か銃を持っていたのです。

やっぱりボディの手下だったと憤るウェルシーに、セスは子供を殺させないため、子供に銃を向ける彼の左足を撃って止めます。

子供はすぐさま武器を置いてその場を逃走。セスは、自分たちと合流しようとするストレッチの右肩と左足を撃ったミャンマー兵を2人殺し、木の幹に凭れかかるウェルシーの手当てをします。

しかし、セスの必死の手当ても虚しく、ウェルシーが被弾した場所が悪かったせいか出血が酷く、彼は一服してから静かに息を引き取りました。

セスは倒れたストレッチの元へ向かうも、彼は既に死んでいました。

セスは、生き残っていたジョシュの元へ向かい、左の腹に傷を負って動けない彼を肩に担いで、その場を離脱。

セスはジョシュを一旦地面に降ろし、近くの木の幹に凭れかかるように座らせた後、彼に子供を殺そうとしたウェルシーを撃ったこと、ストレッチが死んでしまったことを告げます。


(C)2019 BRONTE PICTURES PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND PTY LTD, AND BEEPS PTY LTD

その直後、セスとジョシュはミャンマー兵に捕まり、「どこの軍の兵士で、何が目的でここに来たのか」と尋問されました。

そんなミャンマー兵を指揮していたのは、ボディでした。セスはミャンマー兵から水責めにあってもなお、「俺たちは軍人ではなく、国連に雇われた地雷除去を監視するチームだ」とだけ答えます。

そんなセスに対し、ボディは「俺がこのミャンマーを気に入っているのは、雨が良く降り泥を洗い流し、静寂と平和をもたらすところだ。お前は平和を好まない、俺とお前は昔は似ていたのにな」と言いました。

それに抗議の声を上げたジョシュに、ボディはその髪を掴みながら、左の腹にある銃弾の傷痕に見せ、こう言います。

「セスと俺はかつて仲間だった、今のお前みたいにな」「10歳ぐらいのガキが銃を持って狙ってた、セスは先回りして子供を捕らえた」

「分かるだろう?セスはガキを撃たず、俺の膀胱を撃って逃がした」「その後、アヘンを密輸しているところを捕まえて、たっぷりと痛い目にあわせてやった。そうだろうセス?」

そう話すボディに、セスは「何故ここに戻った?」と尋ねると、ボディは「ここでは俺が神だ」と答えました。

セスは嘲笑すると、ボディはミャンマー兵に彼を殴らせたのち、こう言います。

「俺を殺しに来たんだろう?俺に勝てるとでも?お前は臆病者だ」「仲間になるか?兄弟」

セスはボディの誘いを断ると、怒ったボディはジョシュの腹の傷口に指を突き立て、彼を脅迫します。

「簡単なことだ。お前がこいつ(ジョシュ)を殺すか、2人ともゆっくり死んでいくかだ」と。

ミャンマー兵に無理矢理木の棒を持たせられたセスは、その棒でボディの前に立ち塞がるミャンマー兵の首を突き刺し、殺しました。

そんなセスはミャンマー兵に後頭部を殴られ、気絶。彼が次に目を覚ました時、彼とジョシュは竹で囲った壁に両手を縫いつけられ、泥水の中に半身以上浸かっていました。

天候が悪化し、雷鳴が轟く中、瀕死のジョシュはセスに、自身の姉には真実を告げるよう約束させます。

そしてジョシュは、セスに「俺はもうだめだ。お前1人でもここから逃げろ」と言いました。

しかしセスは、何としてでもジョシュを連れて生還する道を選び、自分と彼の掌に突き刺さった木の棒を無理矢理抜き取ります。

そんな2人の元へ現れたのは、武器を置いて逃げ出した子供でした。その子供の助けにより、縄を伝って脱出したセス。

そんな彼が手を伸ばしたジョシュは、既に雨水によって増えた、泥水に溺れてしまいました。

セスが懸命に手を伸ばし、呼びかけようとも、ジョシュの姿は見えません。

セスはジョシュの死に悲嘆に暮れながらも、助けてくれた子供に礼を述べました。

その後セスは、近くでテントを張り、焚火のそばで眠っていたボディの首に、ゆっくりナイフを突き刺して殺しました。

そこまで話したセスに、レベッカは「理解できない。彼を残して?溺れさせた?あなたは私に嘘をついていた、早く知りたかった」と非難します。

セスはレベッカに、ジョシュの首飾りを渡してその場を立ち去りました。その日の晩、荒れてるセスの自宅へ、ペニーショウが訪問。

ミャンマーへ部隊を派遣し、現地で死んだジョシュたちの遺体を捜索させていたペニーショウは、セスに「遺体が見つかった。こちらへ輸送するから、皆戻ってくる」と報告します。

セスたちが現地で会った難民の長が、ミャンマー軍に殺害されてしまったことも…。

セスはペニーショウに、「事情を知っている難民の長が都合よく死んだのか?今度はレベッカの口封じをする気か?」「真実を隠し、虚偽の真実を公表するお前らのせいで、俺は化け物になった」と糾弾しました。

そしてセスは泣き崩れ、ペニーショウに自身の葛藤する気持ちを打ち明けます。

「娘にはちゃんとした父親が必要なんだ。それなのに俺がこんな男じゃ…。苦しい、どうしたらいいか分からない」

これに対しペニーショウは、こう返しました。「その辛さはずっと続く、でも救いはある。生き残る道を見つけるの」「思い出して、訓練は生き残るためにある」

ペニーショウが去った後、セスは殺してしまった子供とウェルシー、助けられなかったジョシュとストレッチの幻覚を見ました。

ただ黙ってこちらを見つめる彼らに対し、セスはこう懇願します。

「忘れさせてくれ、雨も泥ももうたくさんだ。俺は失敗した、本当にすまない。生き残るはずだった、悪かった」「ジョシュ助けてくれ、もう許してくれ、やめてくれ」

「幻覚よ消えてくれ」そう言うセスの前から、ジョシュたちの幻覚は消えていきました。

後日、ジョシュたちの遺体は無事、オーストラリアの地に埋葬されました。

その墓地に訪れたセスは、喪服に身を包んだレベッカと再会。ジョシュの墓の前で、2人は和解し、手を握りながらジョシュの死を弔いました。

そのまた後日、セスは元妻と暮らすリジーと会い、海辺に見つけた素敵な家を、彼女にプレゼントしました。

スポンサーリンク

映画『レッドゾーン 脱出』の感想と評価


(C)2019 BRONTE PICTURES PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND PTY LTD, AND BEEPS PTY LTD

セスたち特殊部隊vsミャンマー軍とボディの戦い

主人公のセスの回想場面で繰り広げられる、セスたち国連に雇われた特殊部隊と、ボディ率いるミャンマー軍の激しい銃撃戦は、迫力満点のアクション場面ばかりです。

装甲車やM60の機関銃があり、セスたち4人の倍以上いる敵兵といった、圧倒的な戦力差に、セスたちは苦戦を強いられます。

しかも他の戦争映画とは違い、セスたちを助けてくれる援軍はいません。セスたちだけで対処しなければならないのです。

それでもセスたちは、最後まで諦めず、自分たちに課せられた任務のために命懸けで戦います。

その結果、敵の戦力を半数ほど減らしてもなお、追っ手を完全に撒くことは出来ず、セスの大事な仲間が1人、また1人と死んでいく悲劇。

その残酷なまでの現実を、生き残ったセス1人だけが背負うことになる悲しさと辛さに、同じ軍人でなくても悲しくなります。

PTSDに悩まされるセスの苦しみ

3ヵ月前に、ミャンマーの密林地帯に潜伏し悪事を働くボディを殺すため、現地に派遣されたセスたち特殊部隊。

双子の弟を失ったレベッカが知りたかった真実には、誰の救いにもならないほどの惨劇があったのです。

物語の終盤あたりで語られているように、セス自身本当は、仲間も現地の難民も両方救い、皆で生き残るために戦いました。

しかしそんなセスの願いも虚しく、子供を殺そうとした仲間ウェルシーを止めるつもりが致命傷を負わせ、殺してしまったこと。

ボディの手下だと疑い、子供を殺してしまったこと。助けようとした仲間のストレッチが、あと一歩のところで間に合わず死なせてしまったこと。

瀕死状態に陥った親友のジョシュを救うため、自分が先に彼の肩を土台にして上がってしまったせいで、溺死させてしまったこと。

セスの想いとは裏腹に、彼の大事な仲間が彼の目の前で死んでいく様は、セス本人でなくてもとても悲しいです。

戦場での惨劇を目の当たりにしたから、オーストラリアに帰還してもなお消えない幻覚、悪夢。

心を病みPTSDを患ったセスの苦しみ、涙ながら辛いと訴える彼の姿に、観ているこちらも胸にグッと込み上げてくるものを感じます。

まとめ


(C)2019 BRONTE PICTURES PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND PTY LTD, AND BEEPS PTY LTD

セスたち、国連に雇われた特殊部隊が、紛争下のミャンマーを舞台に、悪事を働く軍人ボディを暗殺しようとするサスペンス・アクション作品でした。

本作の見どころは、そんなセスたちの戦いを描いたアクション場面と、帰還しPTSDを患ったセスの苦悩です。

エンドロール前には、「戦闘を経験する兵士の2割がPTSDに苦しむ。そのうち5割は必要な治療を受けられていない」というテロップが流れます。

戦闘を経験した多くの兵士たちが、セスのようにPTSDに苦しみ、セスのようにPTSDの治療を受けられていないという現実は、決して他人事だと思ってはいけません。

今もこの世界のどこかで、PTSDに苦しむ帰還兵がいたならば、彼らを遠巻きに見るのではなく、レベッカのように手を差し伸べてあげましょう。

そうすることで、セスのようにまだ苦しい気持ちはあれど、どこか救われることだってあるはずです。

PTSDを患い心を病んだ帰還兵の苦しみと、紛争下の国で繰り広げられる軍人同士の激しい銃撃戦を描いた、サスペンス・アクション映画が観たい人には、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

サスペンス映画

映画『逃亡者』ネタバレ結末あらすじと感想評価。60年代の人気ドラマをリメイク版としてハリソン・フォードを迎えて描いた追走サスペンス

1960年代に大ヒットしたアメリカのテレビドラマを映画化したアクションスリラー! アンドリュー・デイヴィスが監督を務めた、1993年製作のアメリカのアクションスリラー映画『逃亡者』。 妻殺しの容疑で逮 …

サスペンス映画

『愛なき森で叫べDEEPCUT』ネタバレ感想と考察評価。実在事件を基に園子温監督が描く“人の恐怖と善悪”

人をマインドコントロールする恐ろしい犯罪者を描き出す。 『愛のむきだし』(2008)や『ヒミズ』(2011)など、パワフルで容赦のない表現が、多くのファンを持つ園子温が手掛けた『愛なき森で叫べ DEE …

サスペンス映画

映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』ネタバレ感想と評価レビュー。衝撃の事件を犠牲者の側から描く

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で注目を集める、あの事件が映画化された! ハリウッドを震撼させた事件から50年、今再び注目を集めるシャロン・テート殺害事件。 “マンソン・ファミリー”に …

サスペンス映画

映画『殺意の誓約』あらすじとキャスト!監督コルマウクル評価は

映画『殺意の誓約』はアイスランド・アカデミー賞6部門受賞!本国ではNo.1大ヒット作。 また、映画『2ガンズ』『エベレスト3D』のバルタザール・コルマウクル監督が、母国アイルランドで作り上げた本格派サ …

サスペンス映画

映画『サンセット』あらすじ感想と考察。ネメシュ監督が誘う“解けない謎”とは

『サウルの息子』のネメシュ・ラースロー監督が贈るミステリー 映画『サンセット』は、2019年3月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで公開! 初の長編映画『サウルの息子』( …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学