Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『卒業』あらすじネタバレと感想。略奪愛のラストシーンに隠れている数々“ズレの違和感”こそが名作の見どころ

  • Writer :
  • 桂伸也

アメリカン・ニューシネマを代表する秀作の一本

映画史に残る伝説的なラストの“略奪愛”シーンで語り継がれたラブストーリー『卒業』

作家チャールズ・ウェッブの同名小説大学を原作として、卒業したある一人の青年が抱える将来への空虚感、不倫、恋愛、結婚への思いといった複雑な思いや事情を斬新なアプローチで描いた作品です。

俳優ダスティ・ホフマンの出世作としても名高い映画『卒業』の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『卒業』の作品情報


(C)1967 STUDIOCANAL. All Rights reserved.

【日本公開】
1967年(アメリカ映画)

【原題】
The Graduate

【原作】
チャールズ・ウェッブ

【監督】
マイク・ニコルズ

【キャスト】
アン・バンクロフト、ダスティン・ホフマン、キャサリン・ロス、マーレイ・ハミルトン、ウィリアム・ダニエルズ、リチャード・ドレイファス

【作品概要】
将来に不安を抱えるエリート青年が、人妻と不倫の末にその娘と恋に落ちる姿を描いた青春映画。チャールズ・ウェッブの同名小説をもとに、当時ブロードウェイの人気演出家だったマイク・ニコルズ監督が作品を手がけました。

主役のベンジャミン役を演じたダスティン・ホフマンは、この作品で一躍スターダムに躍り出ました。また当時新人だったキャサリン・ロスがヒロインのエレーン、そしてミセス・ロビンソン役を演じたアン・バンクロフトをはじめ舞台経験者が多く出演しているのも本作の特徴。またサイモン&ガーファンクルが歌う挿入曲「ミセス・ロビンソン」「サウンド・オブ・サイレンス」「スカボローフェア」もこの映画で大ヒットを飛ばし、彼らの代表曲として今も歌い継がれています。さらに本作は第40回アカデミー賞で監督賞を受賞しました。

作品は1968年に上映されましたが、2019年6月には4Kデジタル修復版でリバイバル上映も行われました。

映画『卒業』のあらすじとネタバレ


(C)1967 STUDIOCANAL. All Rights reserved.

大学の卒業を機に家に戻ることになった、ベンジャミン・ブラドック(ダスティン・ホフマン)。大学では陸上部のスターで新聞部長も務めた彼は、友人親戚一同が集まった卒業記念パーティーで、人々に陽気に話しかける一方でどこか将来に希望を見出せないうつろな目をしていました。

そのパーティーで、父親(ウィリアム・ダニエルズ)の仕事のパートナーであるミスター・ロビンソンの妻ミセス・ロビンソン(アン・バンクロフト)と再会。彼女からの頼みにより車で彼女を家に送ったベンジャミンでしたが、自分の家に戻ろうとしたそのとき、彼女から思わぬ誘惑を受けてしまいます。

急にミスター・ロビンソンが帰宅したこともあり、一度はその場をごまかしたベンジャミンでしたが、結局その誘惑には勝てずある日、ミセス・ロビンソンに呼び出されてとあるホテルへ。さらに「経験はないの?」と挑発する彼女の言葉にも惑わされ、ベンジャミンは彼女と男女の一線を越えてしまいます。

そしてコロンビア大学大学院への進学を目前に、エリート街道を突き進みながらも目標を失ったベンジャミンの不毛な夏休みがおとずれる中、彼は夜ごとミセス・ロビンソンに誘い出され、消し去れない虚無感をごまかすかのように情事を繰り返します。

将来有望な若者として卒業パーティーではわが息子を自慢していた両親は、家ではずっと希望のない表情を見せるベンジャミンを心配し同時期に帰郷したミスター・ロビンソンの娘、エレーン・ロビンソン(キャサリン・ロス)をデートに誘えと勧めます。

エレーンはベンジャミンの幼馴染み。気の乗らないベンジャミンでしたが、両親とミスター・ロビンソンの勧めで一度きりのはずだったデートに出向くことに。

そこで彼はわざと天邪鬼な発言をし、彼女に嫌われるようにし向けますが、その態度に対しあくまでも誠実に返す一途なエレーンの性格に打たれ、徐々に惹かれていきます。そしてすっかり意気投合し、行くつもりなど全くなかった二度目のデートを約束してしまいます。

二度目のデートの当日、約束の場所に来たのはミセス・ロビンソン。彼女はあくまでもベンジャミンがエレーンのそばに近づくことを、影ながら反対していたのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『卒業』ネタバレ・結末の記載がございます。『卒業』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ミセス・ロビンソンはベンジャミンに自分との情事をエレーンに告白すると脅し、エレーンと別れるように迫ります。その脅迫に苦悩するベンジャミン。エレーンは彼のことが心配になり、悩みを打ち明けるよう即します。ベンジャミンは不倫をし後悔の念にさいなまれていることをエレーンに告白、彼女はその話を優しく受け入れます。

ところが、そんな彼にさらに脅しをかけるミセス・ロビンソン。強い焦りを見せたベンジャミンは自らエレーンの家に出向き、対して不倫の相手は、他ならぬミセス・ロビンソンだと告白、大きなショックでエレーンは、詳しい話も聞かずにベンジャミンを家から追い出す。

さらにその夜、家にミスター・ロビンソンがおとずれます。妻よりベンジャミンから無理やり襲われたといわれたという彼は、妻と離婚することを告白、そしてベンジャミンに対し今後エレーンに近寄らないよう警告を発します。

それでもエレーンを忘れられないベンジャミンは、ついには彼女の住む街にアパートを借り、大学に押しかけてエレーンにつきまといます。最初は疎ましく振る舞っていたエレーンでしたが、いつしか再びベンジャミンとの距離を縮めてきます。その一方でエレーンは今付き合っている男性がいることを告白、さらに結婚しようというベンジャミンの言葉への返答を躊躇していました。

そんな彼女に対して決意を固めたベンジャミン。婚約指輪を購入し、プロポーズに出向いたベンジャミン。しかし大学にたどり着くと、エレーンの姿は見当たらず、学生課に問い合わせするとすでに彼女は退学したことを知ります。

さらにベンジャミンは、再び彼の目の前に現れたミセス・ロビンソンから、エレーンが他の男と結婚することになったという事実を知ります。


(C)1967 STUDIOCANAL. All Rights reserved.

激しく動揺しながらも、ベンジャミンは意を決して結婚式が行われる会場を探し始めます。そして彼はエレーンの相手の友人が結婚式に出席することを突き止め、ついに結婚式の場所を探り当てます。

急いで車をハイウェイで飛ばし、結婚式場に向かうベンジャミン。しかし式場を目の前に車はガス欠に。なおもベンジャミンは自力で走り、どうにか式場にたどり着きます。

式場の後方二階の窓から式場を眺めるベンジャミン。そこではエレーンと新郎が今まさに誓いの口づけをしていました。感極まったベンジャミンは、ガラス窓を叩きながらエレーンの名前を何度も叫びます。

一瞬の間。そしてベンジャミンへの愛に気づいたエレーンはそれに答えます。ベンジャミンの行動に悪態をつくミセス・ロビンソンと新郎、そしてベンジャミンを阻止しようとするミスター・ロビンソン。しかしベンジャミンはエレーンを援護し、式場の出入り口扉に大きな十字架のオブジェで参列者たちを足止め、ついに二人で式場を逃げ出します。

嬉々とした表情で路線バスに飛び乗り、やがてもう追っ手が届かないと安堵する二人でしたが、やがてうつろな表情を見せるベンジャミンに、エレーンは少し複雑な思いを抱くのでした。

スポンサーリンク

映画『卒業』の感想と評価


(C)1967 STUDIOCANAL. All Rights reserved.

映画史の中でも大きなムーブメントとして数えられるアメリカン・ニューシネマ、その代表的な作品の一つがこの『卒業』です。

多くの禁止事項を取り決めた検閲制度である「ヘイズ・コード」からの映画の解放を掲げるかのごとく、今見ても刺激的な表現を見せる『俺たちに明日はない』の公開から、このムーブメントは産声を上げたといわれています。

そしてこの『卒業』も、時代的な流れからみれば不倫を絡め巻き起こる男女のもつれという当時としては斬新な視点、そして斬新な表現で物語を描き、結果として「映画の解放」に大きな役割を果たす作品となりました。

ユニークなのは、当時から考えると表現に実験的な手法や方向性が用いられているように感じられ、その後の映画作りに大きな影響を与えるものとなった点であります。

物語としてはチャールズ・ウェッブ作の原作小説がベースとなっていますが、単純にラブストーリーとして見ても、ところどころに違和感のようなものが感じられます。例えばダスティ・ホフマンという俳優の起用

ウェッブの原作小説でベンジャミンという青年は、どちらかというと端正な二枚目のイメージであるといわれています。実際に物語では学業優秀で、さらに大学生活では非の打ち所のない人物というのがバックグラウンドですから、ホフマンのイメージとは少し違うようでもあります。

また、ウェッブは本作の後日譚として2007年に『「卒業」Part2』(原題:『Home School』)を執筆しています。この物語は前作の11年後、ベンジャミンとエレーンの間に生まれた子供に対しての教育について学校とベンジャミンが対立、そしてこともあろうかベンジャミンはミセス・ロビンソンに学校長を誘惑させようと企てるというもの。

当初からそういった構想があったかどうかは不明ですが、この流れから考えるとウェッブの原作にはどちらかというとサスペンスやミステリー的な意向も感じられ、本作の「不倫を絡めながらも純愛を貫く」というラブストーリーとはかなり印象が異なります。そんな点からも、やはりあくまで原作をモチーフにしつつも、映画自体を独立した作品として成立させようとする強い意向も感じられます。

キャスティングに関しては、監督が舞台をメインに手がけていたマイク・ニコルズだけに出演者は舞台経験者で固められており、こうした点も『卒業』の先進的な作風が感じられるところであります。

また、単にシリアスな恋愛物語にせず、主題歌、挿入歌であるサイモン&ガーファンクルの『サウンド・オブ・サイレンス』と『ミセス・ロビンソン』を絶妙に切り替え音楽の効果を最大限に発揮している部分も、注目すべき印象的な演出であるといえるでしょう。

まとめ


(C)1967 STUDIOCANAL. All Rights reserved.

映画のラストシーンで、ベンジャミンがガラス戸を叩きながらエレーンの名を叫ぶ場面は本作の象徴的なシークエンスとしてあまりにも有名なものであり、今日までさまざまな方面で語り継がれています。

このワンシーンが本作のイメージを決定づけてしまったことは、まさに作品にとって両刃の剣となったといえるでしょう。

それは時代的なアイコンの一つとして作品が知られるようになった一方で、その印象があまりにも強過ぎて、作品に作り込まれたアクティブなアプローチが見過ごされる傾向にあります

その意味では素直な思いで作品を見て違和感をおぼえる、その大切さを知ることができるという、映画の見方の一つを示唆してくれるような重要な作品であるともいえます。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『クレアのカメラ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

イザベル・ユペール×キム・ミニ×ホン・サンス 陽光まぶしいカンヌを舞台に繰り広げられる、映画祭の裏事情。 ホン・サンス監督の『クレアのカメラ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『 …

ヒューマンドラマ映画

ベルルスコーニ映画『LORO 欲望のイタリア』感想とレビュー評価。政治家の半生をコミカルで豪華絢爛な大作に昇華

映画『LORO 欲望のイタリア』は2019年11月15日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー! 政局が混乱し短命の首相が次々誕生するイタリア政界 …

ヒューマンドラマ映画

映画『50年後のボクたちは』あらすじと感想レビュー!原作はある?

ファティ・アキン監督の『50年後のボクたちは』は、かつて、14歳だったすべての大人たちに贈るロード・ムービー! 2017年9月16日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順 …

ヒューマンドラマ映画

映画『キーパーある兵士の奇跡』ネタバレ感想レビューと評価。実話の元ナチスのサッカー選手と妻の愛のドラマ

イギリスの国民的英雄となった元ナチス兵のサッカー選手の実話 映画『キーパー ある兵士の奇跡』が、2020年10月23日(金)より新宿ピカデリーほかで全国順次公開されています。 第二次世界大戦で捕虜とな …

ヒューマンドラマ映画

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』ネタバレ感想。結末で火葬された宮沢りえ演じる母双葉の演技力とは

家族とは何かを問う物語 2017年開催の日本アカデミー賞を初めとし、さまざまな映画祭で数多くの賞を授かった、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』。 難病を扱った本作ですが、それだけでは終わらない、深い感動と …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学